子供は一人じゃ作れない!非協力的な夫と私の妊活奮闘記

妊活を始めたものの、夫が超非協力で四苦八苦。同じ環境の方、これから大人になる男の子、女の子にも知ってほしい性のお話です。

クマ子、里帰る。

2019-10-25 | 私の夫の妊活の末の妊娠日記

里帰り当日。

台風19号直撃の翌週末にあたるのですが、今度は警報レベルの雨。

よりによってこの雨の中帰省とは😨

 

「ザ―――☔️☔️☔️」


っとカタカナで表現するのがぴったりなぐらい、雨が地面を打ち付けています。


こりゃJRや新幹線が乱れるかも・・・

 

と思っていたらクマ吉も同じことを考えていたようで、予定よりも30分早く家を出ることになりました。


幸いどの路線も遅延はなかったので、早くに東京駅についたクマ子たち。


早め早めの行動は三文の得!


おかげで東京駅構内の「祭」でゆっくり駅弁を選ぶことができました😚

 

普段帰省の時はコンビニのサンドイッチかおにぎりですが、今日はなんとグリーン席で帰省😊


だからお弁当もちょっと奮発して駅弁を新幹線で食べることに決めたのです♩

 

祭では全国の駅弁を取り揃えているので、ひとたび店内に踏み入れば、魅惑的な駅弁に魅せられ頭の中はわっしょいわっしょい😍😍


石川県の握りの弁当もいいし、仙台の牛タン弁当も捨てがたい・・・

いや、今の季節はきのこの炊き込みご飯か栗ご飯か・・・・

 

2人して弁当選びに夢中になり気が付けば30分経過。


早めに家を出て良かったですよ、本当😁


最終日にクマ吉は牛タン弁当、クマ子は栗のおこわ弁当を選択。


旅気分、盛り上がってきました🥰


そして時間通りに新幹線は新大阪を目指して出発。


朝ごはんをしっかり食べてきたのに11時の時点で2人してすでにお腹がペコペコ。


新横浜を過ぎたら食べようと決めていたので新横浜駅を出発したと同時に駅弁のがっついてしまいました😀



そんなこんなであっという間に2時間半が過ぎ、我がふるさと、大阪に到着です。


クマ吉がクマ子の両親にケーキを買って行きたいというので阪急百貨店に立ち寄り、実家へ。


歳がいってるとはいえ娘の里帰り。

さぞかし両親は楽しみにしていただろうと思いきや、誰もいない我が家、、😑


父と兄は会社、母はマダムのお仲間とゴルフ。



出迎えのないシーンと静まり返った我が家に里帰ったわけです。


玄関には母お手製のウェルカムボードがかかっていて、「クマ子おかえりなさい!クマ吉さん、誰もいなくてごめんね💕」の文字が🤣


なんという我が家らしい。

クマ吉も「クマ子の家らしいね😁」と一言。


さて、クマ吉は仕事の都合でこのまますぐに東京に戻ります。


せめてお茶だけでも、と思い母が用意してあった洋菓子とコーヒーでほっと一息。


落ち着いたところでクマ子の部屋を2人でのぞいてみるとそこにはたくさんのベビーグッズと新生児服が❗️‼️


そういやしょっちゅう高島屋で何か買ったとか言ってたな。


「お母さん、スゲー」

クマ吉ももう自分たちが買うものがないと驚きの表情。


確かに買うものがない🤨

赤ちゃん。

赤ちゃんのおじいちゃんおばあちゃんはこんなにも君が生まれてくるのを楽しみにしてるんだよ。


嬉しいねえ。

お母さんも嬉しいよ



そう心の中で唱えながらお腹を撫でました



「じゃ、僕はそろそろ帰るわ」

いよいよ本当にクマ吉ともしばしのお別れ。


言葉少なに玄関先で靴をはくクマ吉。


「ありがとう、ついてきてくれて。」

そう言いながらクマ子も急に離れる寂しさがこみ上げてきました。



それを察してかどうかわからないけど、突然玄関でぎゅうーーっと強く抱きしめてくれたクマ吉。


「実家なら安心してクマ子を置いていける。元気な赤ちゃんを産んでね。頑張ってね」


思わず涙がこぼれそうになって。

クマ子もクマ吉にぎゅううっと縋り付いてしまいました。


そうやってしばらくハグをして。

クマ吉は何度も振り帰り、クマ子に手を振って帰っていきました。



ああ、ついに帰ってきてしまった。

大阪に。


次、東京に戻る時には家族が増えているんだ。


クマ子、しばし大阪で過ごします。




 

コメント

里帰り前日②

2019-10-25 | 私の夫の妊活の末の妊娠日記

明日はいよいよ里帰り。前日のうちに食品、日用品の買い出しを終え夫への引継ぎ帳も完成!

明日は平日なので、クマ吉は休暇をとり実家まで同行してくれるので安心です☆

 

「ただいま~」

 

いつもより早めに帰宅をしてきたクマ吉。

どうやら彼も家のことについてきいておきたいことがあるらしく、夕食を食べる前に引継ぎを済ませることにしました。

食品、消耗品のストックの場所を伝え、書類関係の説明をして・・・。

ふんふん、と頷きながら聞くクマ吉。

ま、大人だしそもそも独身生活が長かった彼なので、身の回りのことは大丈夫でしょう!

 

と、いうことで夕飯をすまして、今晩は早めにお風呂にはいって寝ることにしました。

 

「クマ吉~、お風呂わいたよ。先にはいって。私洗い物済ませるから。」

と、食器を洗いながら声をかけると・・・・

 

「うん」

と言ったきりソファから動かないクマ吉。

特にテレビを観ている感じでもない。

 

「お風呂冷めるから。どうぞ。」

再度お風呂を促すと・・・・

 

 

「・・・・。

今日は赤ちゃんとクマ子と一緒にお風呂にはいる。」

という返事が。

 

なんと!

クマ吉は私と一緒にお風呂にはいりたい様子!

明日から来年2月まで離れるので、彼の寂しがりの癖がでてきたようです。

普通なら大の男が何言うてんねん、きも!!と思うところですが、そんな彼がちょっとかわいいと思ってしまうクマ子も我ながらどうかしてますな。

 

と言うわけで一緒に湯船につかることに。

大きくなったお腹をクマ吉がなでながら、赤ちゃんに話かけます。

 

「しばらくお父さんとは離れ離れですね。でも産まれたらすぐに会いにいきますよ。お父さんと一緒に遊びましょうねえ」

クマ吉に答えるようにポコポコと胎動を繰り返す赤ちゃん。

 

それを見ながら産まれる前から親子の絆はこうして深まっていくんだなあ、なんてしみじみ思うクマ子。

 

明日の帰省準備も終えて、就寝の時間。

「おやすみ~」

とクマ吉に声をかけて目をつむったとたん・・・・

 

 

く・・・・くるしい・・・・

 

 

それもそのはず。

クマ吉がクマ子に絡みついてきたではありませんか。

しかもそのまま寝息をたてているし・・・

 

「ねえ、ちょっと・・・私、寝にくいんだけど・・・」

そう訴えても「明日からしばらく離れ離れだもの。くっついとく」

と言ったきり離れる気配なし。

 

無理やりひっぺはがすのは可哀そうだしなあ・・・・

 

と、いうことでクマ吉にがんがらがじめにされてそのまま眠りについたクマ子でした。

 

 

コメント

里帰り前日。

2019-10-24 | 私の夫の妊活の末の妊娠日記

里帰りを明日に控え、クマ子は大忙しです。

午前中に最後の妊婦検診を終え、午後は買い出しのためスーパーへ。

 

夫のクマ吉はまったく料理をしないので、レトルト食品、冷凍食品、朝食用のシリアルを大量に買いました。

このお腹では1度で買い切れないのでスーパーまで2往復。良い運動です。

その後はドラッグストアへ行って歯磨きや洗剤やシャンプーなど消耗品の買い出しです。

 

それだけでどっと疲れがでてしまったのだけど、一番重要なことをしなくては。

 

それはクマ吉への引継ぎ帳の作成。

 

もともと今の住まいで一人暮らしをしていた彼なので、ゴミ出しについては問題なし。

引き継いでおくべきことは次の2点。

 

・何をどこにしまってあるか

・年末年始の公的書類の手続きについて

 

クマ子が実家に戻るのが11月から2月初旬まで。その間やっかいなのは年をまたぐということ。

季節も真冬になるのでクマ吉は一人で寝具や着る物の冬物を出さないといけません。

 

ホットカーペット、毛布、電気毛布をどこに収納しているか、とかマフラー、手袋、セーターはどこの衣装ケースに入れているか、などクマ子自身もあまりはっきり覚えていないので、いちいち場所を確認しながら引き継ぎノートに書いていきます。

 

 

そして年をまたぐので必要になってくるのが公的な書類関係の引継ぎ。

 

12月に赤ちゃんが産まれたらすぐに役所に提出する書類一式(事前に区役所でもらってきました)の書き方、2019年度分の医療費控除の申請の仕方、年末調整の時に出す保険の控除証明の保管場所についてどうするかを細かく記入。

 

特に不妊治療分の医療費控除は大きいので、これはしっかりやらなくてはなりません。毎年クマ子が書類作成や手続きをしているのでクマ吉はやり方をまったく知らないのです。

 

できる限りわかりやすーくイラスト入りで引継ぎノートを作成して終了!

 

ではありません!!

 

お正月、クマ吉側の親戚のちびっこに渡すお年玉用の新札の用意やポチ袋も用意しておかねば!!

 

今から??と思われるかもしれませんが、12月にはいると銀行で新札両替ってすごく並ぶし時間もかかるんですよ。きっとクマ吉に平日休みとってやらせるとイライラするだろうから、今まだ銀行が空いているうちに段取りしておくのが良いと思って。

 

はあー。

我ながら段取り上手。

しかしクマ吉はそんな先まで私が考えていることに特に感謝も感動もしないだろうな。

ま、いいんですけど。

 

とりあえず、クマ吉が仕事から帰ってきたら引継ぎ帳を見せながら説明しなくっちゃ。

コメント (2)

里帰り前最後の妊婦検診

2019-10-24 | 私の夫の妊活の末の妊娠日記

ご無沙汰してしまいました、クマ子です。

 

いよいよ33週目。

もう明日実家に里帰りをするので、本日が今住んでいる場所での最後の妊婦検診となりました。

 

思い起こせば不妊治療のクリニックで妊娠がわかったのが4月、それから5月から今の産婦人科医院に妊婦検診でお世話になり、気が付けば10月の終わり。

 

あっという間だったなあ。

日に日に大きくなっていくお腹。

このお腹でいられるのも残すところあと1か月半程度。

 

実家に戻る前の最後の妊婦検診はいつも通りの検診でした。

体重をはかって血圧をはかってエコーで赤ちゃんの状態を診てもらって。

 

うん、赤ちゃんは今日も元気!

この段階までくるとだんだん脂肪がついてきて、ふっくらしてきているのが画像からわかるのでより我が子が宿っていることを実感します。

 

心臓の鼓動もたくましい。

前回の検診では、赤ちゃんはお顔を手で覆って表情を見せてくれなかったけど、今日はしっかりを顔を見せてくれました。

 

 

「赤ちゃんは順調ですね。お母さんも血圧も体重も何も問題ありません。」

それから出産する病院宛の紹介状を先生からもらっていよいよ最後。

 

「先生、5月から今までありがとうございました。こちらでとても安心して検診を受けることができました」

 

そう言いながらなんだか目頭が熱くなってきた・・・

まだ出産したわけじゃないのに。

 

すると普段クールな先生がにっこり笑って

「長い間よく頑張って検診に来てくれましたね。地元に戻って元気な赤ちゃんを産んでくださいね」

そういって下さいました。

 

そして気がつけば先生の後ろにいつもお世話になっていた看護師さんたちも揃っていて、皆さんが「元気な赤ちゃんをまたみられるのを楽しみにしています!」がおっしゃってくださいました。

 

それがどんなにうれしかったことか。

胸にこみあげてくるこの感情。

どう表現したらぴったりなのかわからないけど、どうしようもなく胸が熱くなったのです。

 

 

一礼して診察室をでてお支払いを済ませて。

最後受付の皆さんにもお礼を述べて。

そしたらやっぱり皆さん「元気な赤ちゃんを産んでくださいね!」って。

 

ああ、この産婦人科医院に診てもらってよかった。

気持良く送り出してもらって良かった。

 

医院を後にすると外は晴れ。

きっとこの子は大丈夫。

みんなに愛される子供に育ってほしい。

 

 

コメント

くるっと回転

2019-10-16 | 私と夫の妊活日記

逆子の心配があったので灸などをうけてみたクマ子。

 
 
そこで鍼灸師の先生に「赤ちゃんにとって今は逆子の状態が心地よいんだよ」と言われてハッとしました。
 
 
赤ちゃんが心地よいなら良いじゃないか。
 
 
それから30周目の検診を受けてみると、、
 
 
逆子じゃなくなってる‼️‼️
 
 
先生も「あ、今日は逆子じゃないね。でもまだまだ子宮に余裕があるから回転したりして遊ぶよ」
 
 
赤ちゃ〜ん!
なんてお利口さん‼️
 
 
 
2週間前のあの不安はなんだったのだ。
ちゃんと赤ちゃんは赤ちゃんなりに考えているのね。
 
 
もちろんお灸の効果もあったことだと思います。
 
 
 
いろんな情報が溢れているからいちいち不安になりがちな今。
 
 
母親として正しい情報を得て正しく判断できるようになりたいと思います😃
コメント (2)