ネクシスの海外視察レポート

ネクシスジャパンでは、定期的にスタッフが現地の学校を訪れています!

ネクシススタッフによる海外視察レポート

2019年09月18日 | TOP
ネクシススタッフが、海外にある提携校や街を視察した際のレポートです。
スタッフそれぞれの感想や写真もありますので、ぜひ今後の学校・プログラム選びの参考にしてください。 

☆左のカテゴリー一覧より見たい国を選択して下さい

皆さまに楽しみながら、ご参考にしていただけると嬉しいです。
 





Hamitons_fraser_high_school2 Photo

資料請求はお気軽にどうぞ!!


ネクシスジャパンのホームページはこちら↓↓↓


オーストラリア視察 6(全6) 2019年3月 担当:鈴木

2019年09月18日 | オーストラリア視察

最後はシドニー

オーストラリアの写真 = シドニーの写真って思うくらいのイメージですよね。

THE シドニーの写真を撮るのに迎えたのは夕方以降だったのですが、
おかげできれいな夜景を見るができました
港に浮かぶようにあるオペラハウスに、石畳の通り
そして、ガーデンなどの緑も多くあります。

   

   

  

 街は工事をしているところが多かったです。トラムの開通工事のため、フェンスが並んでいました。
開通はまだ先みたいですが、できたら、また市内の移動が便利になりそうですね。

行列を発見!あまりみかけないので、目立っていました。
Rice x YOGURT 
美味しくなさそう。。。と思ってしまいましたが、
中国人にとっても人気だそうです。

 

愛犬家の私は飼い主目線。水飲み場は人の高さと犬の高さと2つありました!

 

 

 

 

さて、学校紹介です。

 

レクシス・イングリッシュ・シドニー校

 

シドニー市内からフェリーで約20分マンリーにあります。
目の前がビーチ!!学校からの景色もとってもキレイです!
近くにはお店もたくさんありとても便利です。
ヌーサやブリスベンと違い、日本人スタッフ常駐ではありませんが、スタッフさんがとてもフレンドリーですし、
他都市の日本人スタッフとすぐに連携を取っていただけるのも安心ですね。

   

   

 

 

 

フェリーはICでも購入できますが、私は往復しかのらないので、券売機で購入しました。
通勤・通学に使われている方も多く、景色もいいので、あっという間でしたよ。

 

   

 

 

市内に戻って。。。

シドニー・カレッジ・オブ・イングリッシュ

 

大学や短大が集まる地域にあります。中高生の留学も多く受け入れられており、
伺った際は、春休みの短期留学生、高校進学準備コースの長期留学生の中高生もたくさんいらっしゃいました。
大人のコースでは、医療英語コースなどもあり、プラスαで学びたい方におススメです。
RU OK?(Are you OK?)を合言葉にコミュニケーションをしっかりとれるサポート体制です。

    

   

ちょうど伺った際は、金曜日のお昼だったので、
大人コース、中高生のコース共に終了式と優秀者の発表が行われていました

中高生のお写真は載せられないので、大人のコースのお写真をご紹介
終了する人だけではなく、在校生も集まって、大盛り上がりでした

 

ILSC シドニー校

ビジネスの中心街にあり、電車の駅は目の前、またバス停も近くにあります。ビルの1回にはスーパーもありとても便利な立地です。
金曜日の夕方にお邪魔しましたが、レッスンも行われていて、たくさんの生徒さんがいらっしゃいました。
とても広々としていて、おしゃれな共有スペースと教室もガラス張りで明るく広い印象です。
無料モーニングニュースクラブでは、朝食を食べながら他の留学生とともに、

最新の世界各地のニュースや出来事についてディスカッションをされています。

   

   


 

今回の出張では、中高生の春休みのプログラムを見せていただける機会や
参加されている生徒さんにも会うことができました
初めての留学で不安な表情での到着でしたが、移動の車内では、皆さん仲良くなっていたり、
一生懸命に英語で応えているのを目の当たりにし、本当に少しの間で、成長されるんだなと実感しました

1週間では短すぎて、意味がないのでは?とお問い合わせをいただくこともありますが、
数日だけでも親元から離れて、頑張られているので、短くても行く意味はあると思います!


ETASをと忘れていたり、出発の時間やゲートが変更になったり、カメラが壊れたり、空港までの移動のシャトルバスがキャンセルになったりなど
小さながハプニングがありました。都度の対応で、私もよい経験になりました。

学校訪問で各学校の様子をしり、また、周辺のことも知るだけではなく、
留学生の皆さんも起こるかもしれないことを体験し、勉強になりましたので、
カウンセリングの際にもお話ができたらいいなと思います。


 


オーストラリア視察 TOPへ

オーストラリア視察 5へ戻る


オーストラリア視察 5(全6) 2019年3月 担当:鈴木

2019年09月18日 | オーストラリア視察

続いての都市はケアンズ

夜についたのですが、満点の星空に移動の疲れが吹っ飛びました。
私のカメラ技術では写真に収めることはできないので、皆さんにご紹介できなくて残念
毎日、こんな星空をみて癒されるたい!と思いました。

 

街の中心は、リゾート地なので、お店もたくさんありますし、観光客も多いです
常夏ですし、グレートバリアリーフ観光でも有名で、
海!というイメージが強いですが、海産物は他の地域から来ているでそうです。

夜にはナイトマーケットもあるので、お土産の購入にいいですね

ラグーンのプールは市が開催している無料のイベントもあり、
私が見たときは水中エクササイズ

老若男女問わず、プールの中で楽しそうでした。

    

    

 

また、少し市内から離れれば、緑も多い大自然
キュランダにも連れて行ってもらいました。
インスタ映えになりそうな壁もたくさんありました
時間がなくて行けてないですが、観光電車に乗ったり、コアラガーデンズもあるので、1日楽しめますよ

   

   

 

さて、学校訪問です。

 

SPC ケアンズ校

 

ケアンズ中心地から車で約25ほどの場所にあります。
英語オンリーポリシーがとても厳しいので、英語を話さずを得ない環境です。

敷地内には校舎と学校の寮以外に
プール、テニス、バスケットコート、ゴルフ、ジムなどのスポーツ施設や

旅行やアクティビティの申込みができるデスクもあります。
また、敷地内にはフルーツもたくさん育てられていて、生徒さんも食べることもできます

   


現地の学校にはプールのない学校もあるとのことで、地元の方もプールを利用されているので、
プールで地元の方とコミュニケーションをとったりできます。

看板にも留学生と地元の方向けの注意書きが書いてありました。

 

寮に泊めていただいたので、小食は生徒さんと同じビュッフェをいただきました。

    

お部屋は自主勉強や宿題などができるように1人1人のスペースをしっかり確保されています。

  

   




現地校
トリニティ・アングリカン・スクール・ホワイトロック校

 

短期の体験入学プログラムはSPCのスタッフさんのサポート付でご紹介しています。
ケアンズの市内から車で15分ほどの場所にあります。幼稚園から高校までの私立の一貫校です。
日本で言う理科教室のたくさんある専門の建物ができたとのことで、すごく大きな建物でビックリしました。


   

    




CCEB

 

ケアンズの市内にあります。
学校の1階にはカフェとツアーデスクがあり、一般のお客様もいらっしゃいました。
生徒さんがインターンシップとして働いているので、
より実践的な練習がしっかりとできる環境です。
休憩時間になるとカフェは大賑わいでした。
長期留学でインターンシップを考えている方、
ワーホリやビジネスで働きたい方におススメの学校です。

  


  





You Study

  

市内から少し離れていますが、歩いて15分位です。建物の2階が学校です。
弊社のパンフレットなどではご紹介させていただいていない学校ですが、
日本人スタッフさんもいて、スタッフさ
んが皆さんとてもフレンドリーでした
春休みの日本人の留学生のグループが来ていたのですが、皆さんとても楽しく過ごされていましたよ
また、ダイビングコースがあり、人気の学校です
日本人スタッフさんもダイバーだったとのことで、
が好きな方にはお勧めですとのことです。
大学や専門学校へのパスウェイもあるので、長期の方におススメです。
平日発着も対応してくださるのもいいですね

    



オーストラリア視察 4(全6) 2019年3月 担当:鈴木

2019年09月18日 | オーストラリア視察

続いての時はブリスベン

ヌーサ、サンシャインコーストとは違って、都会の街!
中心地はそんなに大きくないので、色々と回れます。
各学校を廻る際にも歩きながら、伺い、移動の際には写真をとりまくり(笑)
カンガルーもちらほら見かけましたよ


   

   

   

 

ダイソーもあり、日本でみる商品もですが、時期的なもので、
イースターの飾りなども多かったです。

日本より割高ですが、長期留学の方も現地で購入できるので、
日本で購入していく必要はないかなと思います。

 

 

街なので、仕事もたくさん募集されていますので、ワーキングホリデーの方におススメの都市です。

 

 

それでは、学校訪問です。

SPC ブリスベン校

大きな通りから少し入った建物にあります。
看板がないので、住所で見つけました。

 


英語オンリーポリシーを厳しくされている学校です。
小規模の校舎なので、生徒さんとスタッフさんとのお話を聞いていると
すごくフレンドリーな雰囲気を感じました。
リラックスできるスペースもあり、映画を観たりもするそうです。

  

 

各部屋の案内が、車のナンバープレートで可愛かったです。

素敵なお話も伺いました。
今まで一度も会ったことない日本とブラジルにいとこがSPCブリスベンに同時に入学し、
初めて会い、一緒に生活し、勉強をしていたとのことです。
地球の真反対の国でそれぞれ暮らしていて、会いたいけど会えない。
英語を勉強したいという共通の目標から、オーストラリア留学を考えられたそうです。

 

 

ブラウンズ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール ブリスベン校

 

ブリスベンシティーホールとKing George Square Stationがすぐ隣にある
とても便利な立地に学校があります。

  

 

 白に赤が映えていて、とてもきれいで明るい雰囲気です。
ベランダを除く校内ではEnglish Only Policyが厳しく定められています。
休憩時間や、自分のレッスンの授業ではない生徒さんも自主勉強に励まれていました。

また日本人の70代の女性も他の年代の他の国の生徒さんと
楽しくコミュニケーションをとっていらっしゃいました。

英語のスキルを8つに分け、それぞれ英語力を確認されて、クラス分けを行っているので、
苦手なスキル、得意なスキルがそれぞれあると思いますが、それぞれ、しっかり学べる環境です

日本人スタッフとのカウンセリングは毎週水曜日に実施されていて、
勉強のこと以外でも相談される方も多いようです。

   

 


見学しているとなにやら行列が個々に合わせての課題の受け取りの列でした。
個々にというのが英語力UPとしてよいですね

 


また、小中学生の通年実施のコースもありますが、
大人の方と子供たちはフロアも別なのも安心です。

小中学生のフロアは撮影禁止なので、様子を写真でご紹介できないのですが、
小さな子たちものびのびと、身体も動かしながら、授業を受けられていましたよ。

私が伺ったのは、春休みの期間だったので、
アクティビティ付のコースに参加されている生徒さんにもお会いしてきました。
春休みは日本人ばかりですが、校舎ないでは日本語が使えないので、
勉強できていますとのことでした。



カプラン・インターナショナル・ブリスベン校

 

他の学校の比べて、少し街中から離れますが、歩いて行ける範囲に学校はあります。
アカデミックなコースが多く、ビジネスコースの生徒さんがほとんどです。
日本人の生徒さんは見かけませんでした。通年を通しても少ないそうです。

ブルーとグリーンを基調としたおしゃれなオフィスのような雰囲気。
生徒用ラウンジ、キッチンもきれいで大人の方に喜ばれそう感じでした。
教室以外にも勉強のできるスペースもあります。

   

  

 

 

 

ラングポ―ツ・イングリッシュ・ランゲージ・カレッジ・ブリスベン校

  

1つの建物全て校舎になっているので、
校舎内にいる方がスタッフさんか生徒さんというのも安心です。
隣のビル壁面には、生徒が楽しめるよう壁画が描かれています
教室事に見える絵が違うのも楽しいですね。

 

図書室には書籍だけでなく雑誌や新聞、DVDも用意されています


毎年56か国以上の国から留学生が参加されています。各週19か国以上はいるそうです。
各スキルによってクラス分けされているので、
毎時間クラスメイトが違うので、たくさんのお友達が作れる環境です。
40歳以上のシニアコースもあり、土曜日も終日観光が組み込まれているので人気です。


   

   




レクシス・イングリッシュ・ブリスベン校

街の中にあり、バス停や駅も近いので、とても便利な場所にあります。
ビルの1フロアがキャンパスです。

遅い時間にお伺いしたので、夜のレッスンに参加の生徒さんのみで、授業中でしたので、静かでした。
お部屋もキッチンもとてもきれいでした。
また、お天気のいい日はテラスには生徒さんもたくさんいらっしゃるようです。


   

   

受付にはアクティビティ参加の受付票があり、結構埋まっていましたよ!




次の都市に移動のため、空港まで電車で向かいました。

券売機でなぜかクレジットカードが反応しなかったので、窓口へ
無事にチケットを購入できました。

  

 

 

 

 

空港では自動チェックインと荷物預けるのも自分で行いました。
前の方がなかなかスーツケースが行かないので、

後ろからみていると、クレームタグの紙が規定の場所から出ているようでした。
きちんと画像も出ていたのですが、

みえてなかったみたいで、教えてあげました。
灯台下暗しですね。遠くからみている方が気づくこともありますね!

 



オーストラリア視察 5へつづく

オーストラリア視察 3へ戻る




 


オーストラリア視察 3 (全6) 2019年3月 担当:鈴木

2019年09月18日 | オーストラリア視察

それでは、学校訪問です。

 

レクシスイングリッシュ ヌーサ校

 

毎年弊社からの生徒さんがたくさんこの学校に留学しています。
特に中高生の留学でお世話になっています。
学校スタッフさんとも密にコンタクトをとりあっているので、安心してご紹介できる学校です。


  

  

 

 

 

学校の周辺はジャンクションになっており、バスターミナルもあり、とても便利な場所にあります。
学校をでると直ぐにフルーツショップもあり、フルーツのいい匂いを感じました。

  

 

目の前にはモールがあり、スーパーもあります。日本食のコーナーもありましたよ。
イースター前だったので、イースターエッグチョコがたくさん並んでいました。

  

 

 

月曜日でしたので、新入生が登校され、受付で学生証を作ったり、手続きをしていました。

 

 

 

この週から、中高生のジュニアプログラムが開始でしたので、
オリエンテーションの様子を見学させていただきました。
※未成年の方のため、写真は加工させていただいております。

 

まずは、担当の先生やスタッフさんの挨拶と、1日の流れの説明がありました。
日本人スタッフさんも英語のみご挨拶。
(個々で、質問にいき、日本語で話たいときは日本語で話でくださいます。)

  

 

そのあとは、数名ずつ、校長先生たちとインタビューです。
生徒さんたちの緊張をほぐしながら、とてもユニークにされていましたよ。
生徒さんたちも少しずつ笑顔も出てきたり、長い文章になって応えていました。

 

インタビュー以外の生徒さん達は、ゲームを2つ行っていました。
他の参加者の名前をお互いに覚えやすいようなゲームでした。

 

 

それから、学校の周りを一緒に歩き、何があるかなどを紹介していました。
歩いている間に、何人かの生徒さんとお話しましたが、ほどんどのみなさんが、ホストファミリーとお話できてたり、楽しく過ごせたようでした。
少し不安な顔をしていた生徒さんはそのあと、日本人スタッフさんとお話し、不安なことがすぐに解決できたようでした。

ランチボックスも見せてもらいました。
皆さん、日本のお弁当とは違って驚いていらっしゃいました。

(せっかくの機会なのに、写真を撮り忘れちゃいました

私はここでお別れしましたが、午後からはアクティビティの観光に出かけられました。




 

私は、サンシャインコースト校へ連れて行っていただきました。
まずは、窓から見える海 
これが一番の印象ですね

窓が大きいので、とても明るく気持ちいいです


レクシスイングリッシュ サンシャインコースト校

 

サンシャインコースト校はアカデミックなプログラムが多く、英語力がある学生さんが集まっています。

 

    

  


 学校の周りにはアーケード内にお店たくさんもあり、とても便利です。

 

 


オーストラリア視察 4へつづく

オーストラリア視察 2へ戻る

 


オーストラリア視察 2 (全6) 2019年3月 担当:鈴木

2019年09月18日 | オーストラリア視察

3月23日に出発
春休みということもあり、伊丹空港の国内線のチェックインカウンターはすごい行列でした。
スタッフさんに誘導されて、並んでいたのですが、
成田空港からの国際線もあるので、国際線のチェックインカウンターへ行って下さいと。。。

 

チェックインする際に、ETASの登録を忘れて慌てて登録
皆様の書類や手続きの忘れ物がないかをしっかり確認していたのに、
すっかり自分のことを忘れていました。

 

成田空港に着いて、入国審査を終え、電子掲示板を確認するとすでに15分遅れ、
出発の1時間半ぐらい前にゲートの変更の案内がありました。

※皆さんも、常に電子掲示板をチェックしておきましょう

 

 

はやり春休み
飛行機の乗客は、短期留学や、修学旅行のようでほとんど中高生だったので、賑やかでした。


隣はおばあちゃんと小学生のお孫さんが2人
すぐ隣のお姉ちゃんはCAさんと話が通じず、注文の手伝い
弟さんは何度か鼻血が止まらなくて、おばあちゃんは大変そうでした。。。

 

 

ブリスベン到着

たくさんの学校からお迎えも来ていて、すごい人でした。
到着ゲートのお迎えはこんな感じです♪


私も皆さんと同様に送迎をお願いしました。
ドライバーさん

10人の中高生と一緒にヌーサまで向かいます。
お友達同士で参加されている方もいましたが、一人での参加の方がほとんどだったので、
皆さん、緊張の色が隠せません。

トライバーさんが冗談を言っても、反応なし。
そして、私は通訳のようにお手伝い

 

 

移動中の車内では、数名の生徒さんたちはすぐに仲良くなり話も盛り上がっていました

ホストファミリーのお宅が近づくにつれ、皆さんのテンションは上がっていました
どんな家なんだろう?どんなファミリーなんだろう?最初になんと話せばいいのだろう?

次は自分の番だと思うと緊張はピークに来ている生徒さんもいらっしゃいました。
※未成年の方のため、写真は加工させていただいております。


  

 生徒さんとホストファミリーの最初の瞬間に立ち会うことができ、
自身の留学の時を思い出しました。

ドライバーさんもホストファミリーによろしくね!と声をかけたり、
生徒さんに、っと笑顔で見送っていらっしゃいました。

 

 

私も宿に送っていただき、その後、学校のスタッフさんと合流して、ヌーサを案内してもらいました。
スタッフさんは、ずっと暑いとおっしゃっていましたが、日本の夏に比べると本当にすごいやすいです

  

  

 

  

 

遅めのランチを取っていると街中なのに、野生動物が!

  

トカゲはランチを狙って寄ってきました

 

メイン通りのHasting Streetは、それほど長い通りではないですが、両脇にはオープンテラスのカフェやブティックが立ち並んでいています。
アジア人はほぼみかけず、老若男女問わず、ほとんどの方が水着で歩いていらっしゃいました。

 

 

サンセットを観にビーチへ

  

 

風邪も気持ちよく、とっても癒されました。

 

オーストラリア視察 3へつづく

オーストラリア視察 1へ戻る

 

 

 


オーストラリア視察 1 (全6) 2019年3月 担当:鈴木

2019年09月18日 | オーストラリア視察

カウンセラーの鈴木です

2019年3月にオーストラリアの学校の視察に行って参りました
現地のスタッフさんから暑いよ~といわれていたので、覚悟していたのですが、
日本の蒸し暑さとは違い、日差しは暑かったですが、気持ちの良い暑さでした。

 


今回は小中高の春休みの留学の様子も観ることができました。
留学の参考にして頂ければと思います

 

下記にて各ページをぜひご覧ください。

2. 出発、ヌーサ到着

3. ヌーサ、ンシャインコースト

4. ブリスベン 

5. ケアンズ

6. シドニー、帰国へ

 

 海外視察レポートTOP


アメリカ視察 5 2017年9~10月 担当:鈴木

2018年02月18日 | アメリカ視察

最後の目的地にロサンゼルスに到着です!
FLSインタナショナルではネクシスから参加されるのが一番多い都市です!

空港に着くと日本人スタッフの大森さんがお迎えに来てくださっていました。
日本では学校の先生をされていたこともあって、お話の仕方がとても分かりやすいです
(他の方もいらっしゃるので英語です)

最初に、ジュニアプログラムでは絶対に行くというバーガーショップIN-N-OUTへ
ハンバーガーは予想していたより大きくなかったので、ペロリと食べました(笑)
  

 

 

 

シトラスカレッジ

2年生の短大の中でも大きな敷地です。
例年たくさんの中高生の方が、お世話になっている学校です。

中高生の方はホームステイ先の送迎がついていますが、
一般の方はバスでの通学になります。バス停は学校のすぐ近くにあります。

 

  

 

他のカレッジ同様、シトラスカレッジのIDカードを発行されるので、敷地内の建物は自由に使えます。
図書館も開放的です。

 

中高生の方のコースもランチはご自身で購入ですが、行内に購買もあるので、安心です。
 

 

FLSインタナショナルはシトラスカレッジの敷地内で20年以上行っています。
下の写真はFLSインタナショナルのスタッフのいる建物P2オフィスです。
なにかあれば、まずはこちらのオフィスにて相談ください。
日本人スタッフは本社にいるので、こちらには常駐はしていませんが、
日本語で話たいときはこのオフィスから本社に電話していただけます!

 

FLSインターナショナルからそのままシトラスカレッジへ進学される方もいらっしゃいますが、
大学のスタッフは別になるので、シャイな日本人はなかなか慣れないこともあるそうですが、
P2オフィスに顔を出しにくる生徒さんもいらっしゃるようです。
通常は語学学校と大学(短大)などは全く違うところにあるので、そのまま同じ敷地にあるのは
ストレスも軽減されますね

 

夏休みの場合は参加人数も多いので、現地の生徒さんと同じ校舎を使用する場合もありますが、
通常はFLSインタナショナルの専用の校舎があります。
  


 

 

 

 

 

カリフォルニア州立大学・フラトン校

中高生の夏休みのみ利用されている学校です。
寮エリアと校舎エリアの大きく2つに分かれています。

 

 

まずは寮エリア
自身の宿泊する寮の建物以外は入れないようにセキュリティーもばっちりです。
建物も新しくきれいです。

   

   

飲料水ができる機械もあるので、水筒を持参すれば、節約もできます。

食堂もとっても広くて、たくさんの種類があります

  

 

 

 

 

続いて校舎エリア
時間もないので、見に行きたい人だけと言われて、手を上げたのは私一人
一人だったらやめておくようなムード・・
中高生の方も参加されるし、観ておきたいといったら、私も!といってくださる参加者もいたのですが、急ぎでの案内。
広い校舎を小走りしながら、カメラのシャッターを押していました

こちらもきれいな建物でした。緑も多くて、自由時間もとても気持ちよく過ごせそうです。
  

  


   



 

 サドルバック カレッジ

 とても広い敷地の学校です。あまりにも広いので、バスで校内を回ってくださいました。
他の学校と違い1階のみの建物が多かったです。

 

 

FLSインターナショナル専用の建物があります。
優秀な人が多く、進学率も高いそうです。

   

   

  

 

 

近くにはビーチもあります。

 

 



本社

お客様の皆さんが訪問することはないですが、本社にもお邪魔しました。
各国や地域に分かれて、各国の担当者内でもしっかりコミュニケーションが取れています。
私も質問や、受け入れ確認のメールをすると早いお返事をいただけるので、いつも助かっています。
中高生の方のコースがある場合は、初日のオリエンテーションの際に日本人スタッフさんが顔を出してくださることが多く、
日本語での追加説明もしてくだるので、安心です!
 
日本人スタッフの大森さん  日本人スタッフの吉岡さん

 

CEOやメールなどでお世話になってる皆さん

   

FLSインターナショナルについてやコースについても教えていただきました。
アメリカ視察 3 でもお話したが、
一番の特徴はほとんどの校舎が現地の大学か短大の中にあり、現地の学生と同じように学校内の施設が利用できます。
また、英語レベルも18に分かれており、よりご自身のレベルにあったクラスで学べます。
また、レベル14になるとテスト無しで大学もできるので、進学を考えている方にはとてもお勧めの学校です。

  

ウェーブをしてお見送りしてくださえるというお茶目な皆さんです!

 

 

 

 

 

アメリカ横断の視察も終わり、空港へ向かうのにシャトルバスの予約に四苦八苦
PMとAMの時間を打ち間違えて予約するという
ずっと同行してくれていたFLSインターナショナルのスタッフに助けてもらって、きちんと予約完了
なのに、なかなかお迎えが来なくて、焦っていたのですが、30分ほど遅れて無事に乗り込めました

 

空港につくと高校生の団体に囲まれチャックインカウンターに並びました。
皆さん、個々にチャレンジをされていたのですが、最初の機械で荷物なしと選択しちゃったなど、バタバタしていました(笑)

 

 

前回に引き続き、今回もファムトリップに参加し、他の国のカウンセラーさんたちの英語力が素晴らしく、
自分の英語力のなさに勉強しなくては!!と思いました。

また、アメリカ国内での時差や移動距離、早朝出発が多いこともあり、時差ボケというか睡眠不足でしたが、
体調を崩すこともなく、無事に帰国でしました!!

 

 

 

アメリカ視察 1へ戻る

海外視察レポートTOP


アメリカ視察 4 2017年9~10月 担当:鈴木

2018年02月18日 | アメリカ視察

続いては

フィラデルフィアへバスで移動しました。
ペンシルベニア州の南東部にあります。

 

チェスナットカレッジ
ニューヨークから一転、自然の空気の感じられる場所にあります。
市内まで約30分のところにあります。



建物はご覧いただけるように、趣があります。中に入っても、吹き抜けで開放的な空間。
各階に椅子などもおいてあり、皆さん、自習勉強などされていました。

     
中庭にはいつも学長の愛犬の大型犬がいるそうなのですが、あいにくのこの日は不在でした。

 

体育館や廊下には様々なスポーツの賞がありました。
勉強にスポーツに励み、また、くつろげるスペースも多々ありました。

   

    

  

 

    

 

学校見学の後は、学校のスタッフさんにお話を伺いました。

 

キャンパス内にはバスも通っており、移動に使用できます。
また、建物はほとんどがつながっているので、雨の日なども濡れる心配もありません 


10月にはイベントがあり、町の人との交流の機会もあるそうです。
留学生が100名以上在籍し、80%以上が寮滞在だそうです。
ホームステイは平均30分くらいだそうです。

週末にはニューヨークやワシントンに観光に行く方も多いそうです。(約2時間)

 

お話のあとは、ランチをいただき、参加者のみなさんとお話をしていました。

 こちらでもお土産をいただきました!

 

 その後、観光へ

学校の近くの街はこじんまりしていて、ゆっくり過ごせる地域でした。


映画『ロッキー』の撮影があったというフィラルデルフィア美術館へ

まずはロッキーといえばこのシーンというくらいの、ランニングしたロッキーが駆け上るシーンの撮影場所です。
男性陣はテンションが上がって、いきなり、『GO!』と駆け出しました

 

 

 

晩御飯ではTHE アメリカと思いました。
伝わりますかね?この量



スポーツバーだったので、フリースローゲームも楽しみました。

 

 

 

続いてはボストンへ
朝5:30集合

 

 まずは、ボストンのFLSインターナショナルの学校です。


ボストンの中心にあります。
駅や公園が目の前にあるとても便利な立地です

 

ボストン校は他の校舎と違い大学や短大の敷地内ではないです。
しかし、ボストンにはたくさんの学校があるので、
まずは英語をしっかり勉強し、自身にあった大学を選ぶことができます!


みなさん、生徒さんもスタッフの方もとてもフレンドリーでした

左から、今回のファムツアーでずっとお世話をしてくださっていたマイケルさん、
ボストン校のスタッフのレイチェルさんと日本人スタッフのあずみさんです。
マイケルさんは日本で英語の先生をしていたこともあって、日本語も少し話せます。



学校の各スタッフさんがボストン校やFLSインターナショナルについてのお話をして下さいました。


テクノロジーの教室で、授業でムービーを使ったり、ワークショップでは発音の強化なども行われています。
国籍は、1位中国 20%、2位日本 13%とのことです。

 

他の校舎と違い大学の敷地内ではないですが、現地の学生との交流ができるアクティビティもありま。
毎週水曜日にはカンバセーションクラスがあり、IELTSのコースではなくてもお試しで模擬試験が受けることもできたりします

 

ホームステイは、ホームステイは全てのご家庭をホームステイコーディネーターが訪問しています。
始めてホストファミリーをされるご家庭には、何度もサポートもされていて、
生徒さんからのフィードバックもしっかり聞いていらっしゃいます。
ほどんどのご家庭がノースサイドの安全な地域だそうです。
通学はバスか地下鉄で約45分位のご家庭が多く、交通費は月に約80ドル位だそうです。

また、寮はFLSインターナショナルの生徒以外もいらっしゃいます。
学校から15分位で、朝夕の2食付きです。

レベル16のクラスの生徒さんたちがプレゼンテーションをしてくださいました!
皆さん、緊張されていたり、楽しんでいたり、様々でしたが、生の生徒さんの声が聞けて、
参加している私たちもたくさん質問もさせていただきました。

 

その後、校舎内の見学をさせていただきました。

教室からの眺めもいいです

こちらでもお土産をいただきました。

 

 

バスでの移動で街中を見学

バスの中では、他の参加者たちと色々なお話もしました

 

 その後、あの有名なハーバード大学のキャンパスツアーに参加しました。

付近には60を超える大学がある街です。
ノーベル賞受賞者を合わせると累計150人を超えるなど、世界有数の学園都市だそうです

最初の寄付者で清教徒派の牧師ジョン・ハーバードに由来されていて、銅像もありました。
像の脚先に触れると幸運が訪れるというそうで、足先はピカピカでした

 

 

他の大学同様に公式グッズのお店もあったのですが、さすがハーバードブランド高額でした


続いては、フィッシャー・カレッジ

FLSインターナショナルのボストン校からも徒歩15分位です。
小規模な学校でアットホームな雰囲気です。
地下鉄やバスへのアクセスも良いこと、またFLSインターナショナルの学生寮もすぐ近くにあります。

生徒さんに校舎内も案内していただきました。アンティークで素敵な感じでした。

 

FLSインターナショナルの学生寮
FLSの生徒さんだけではなく、他の方も滞在されています。
ツインルームで、朝夕の食事つき

  

 

 

そして、最終目的地のロサンゼルスへは翌日も早朝4時集合
アメリカを横断するのでフライト時間も6時間!そして、時差3時間!

途中でどこにいるのか、何時なのか分からなくなってしまいました

 

 

 

アメリカ視察 5へ つづく

アメリカ視察 1へ戻る


アメリカ視察 3 2017年9~10月 担当:鈴木

2018年02月18日 | アメリカ視察

 続いては、

FLSインターナショナルのファムトリップに参加するため、ニューヨークへ

ニューアーク空港を利用しました。



移動手段は地下鉄を利用しました。
地下鉄の一口にはSubwayと記載があるのでわかりやすいです。
また、駅名も道路名と一緒なので、行先もわかりやすいです

地下鉄に乗るには、券売機で購入します。プリペイドカードがお得です。改札にカードを通して入ります。

週末に地下鉄に乗る際は要注意です
乗ろうと思っていた地下鉄の線が動いていなかったり。。
他の線が動いているので、目的地まで行けますが、事前に調べた行き方と違ったので、移動に時間がかかってしまいました。

 



自由時間やファムトリップでもニューヨーク観光も楽しみました
街中はやはり大都会!たくさんの人が行き交っていましたよ。

 

ハロウィンの時期ということもあり、スーパーの前にはかわいいパンプキンがありました。



セントラルパーク
大都会に大きな公園とっても自然豊かで、ここはどこかと思うくらいでした。


チェルシーマーケット
昔ながらのマーケットだそうです。建物の中なので、雨の日でも楽しめますね。

看板などがかわいかったです。

バッテリー公園
自由の女神が見える公園です。といっても工事中?なのか、柵があって近くまで行けなかったです。

 

 FLSインターナショナル

 ネクシスジャパンは主に中高生の方がたくさん短期留学されている語学学校です。
一番の特徴はほとんどの校舎が現地の大学か短大の中にあり、現地の学生と同じように学校内の施設が利用できます。
また、英語レベルも18に分かれており、クラス人数も最大15名です。

アクティビティには現地の学生との交流ができるものも組み込まれていますので、

ネイティブスピーカーと知り合いになるチャンスも多いです!

 

ファムトリップで最初の学校見学は

セント・ピーターズ・ユニバーシティ

ニューヨークの市内からバスで約20分の所にあります。
学生さんはシャトルバスが利用可能です

 毎週水曜日にはFLSインターナショナルの留学生だけではなく、セント・ピーターズ・ユニバーシティの学生と
コニュニティーが一緒なので、現地の学生と交流できるチャンスがたくさんあります。
その他にもボランティア、アクティビティ、ニュースレターも共有されています。

また、セント・ピーターズ・ユニバーシテイが長期休暇の間も
イベントが考えられているので、寂しくないよとのことです。

 

FLSインターナショナルのロバートさん
とっても気さくで、とっても気配り上手な方です。
元先生ということもあって、とっても聞き取りやすい話し方をしてくださいます。

また、グループチャットや事務所でもスタッフさんがなんでも相談にのってくださいます。

 


FLSインターナショナルの卒業生で、セント・ピーターズ・ユニバーシテイの在校生であるフランクさんも
体験談をお話してくださいました。
FLSインターナショナルを卒業してもFLSインターナショナルのスタッフが色々と相談にのってくれるので、
卒業生もよくFLSインターナショナルの事務所に顔を出すそうです。

 


FLSインターナショナルで9カ月学び、ホームステイ滞在を4か月されたとのことです。

ホームステイ先は老夫婦で、たまにお孫さんが遊びにいらっしゃるご家庭でしたが、とても親切で、
大丈夫? ●●は問題ない?などいつも質問し、気にかけてくれたとのことです。
FLSインターナショナル在学中は、どう英語力を上げていくか悩んでいることもあったが、ロバートさんがいつもアドバイスをくれたとのことです。

 

 その後、大学内を案内してもらいました。
ランチタイムだったので、食堂はおいしそうな匂いが充満していました。
学校内に寮があり、校舎まで徒歩2~3分です。
日本人の参加も10%ほどと少ない環境です。
生徒さんも私たちが通ると笑顔を見せてくれたり、カメラにポーズをとってくれたりしました。

   

  

  

 素敵なお土産もいただきました。

 

 

 

 

 



アメリカ視察 4へ つづく

アメリカ視察 1へ戻る


アメリカ視察 2 2017年9~10月 担当:鈴木

2018年02月18日 | アメリカ視察

伊丹空港から成田空港へ向かい、乗り継ぎをする際の案内はペッパー君でした

 

アメリカへ向けて出発

空席も多く、1列3席を使用できたので、窓側で景色をみたり、
機内サービスの際は通路側で食べたりとゆっくり過ごせました。

 

 

 

 

まず最初の目的地はIMGアカデミーのあるタンパです。

IMGアカデミーはアメリカ・フロリダ州にある世界的エリートスポーツ養成機関です。
ネクシスジャパンはIMGアカデミーの正規代理店です。

スポーツのレッスンだけでなく、英語レッスンもできます。
スポーツを通して国際交流し、将来世界に羽ばたく生徒さんがたくさんいらっしゃいます。
短期留学だけでなく、長期留学もできますし、
大人の方も参加可能です!


ヒューストンでの乗り換えでしたが、タンパまでの飛行機は小さく、また通路も狭かったので、事件が

 

私の左半分が茶色
機内のコーヒーのカップを回収の際にこぼれて、
ひじ掛けもびちょびちょ
ちょっと当たったなと思ってたので、まさかかかっているとは気づかず、トイレにいってびっくり。。。
腰のあたりがひどく、トイレにこもって、シミ取りするも、取れないので、CAさんになにかないか聞くと
炭酸飲料をタオルにつけて、シミ抜きをしてくれた
炭酸飲料そんなの聞いたことないですが、親切にしてくれているので、なにも言えず。。。
その後も席で、他にも見つけたシミをひたすらたたきとる作業に。。。
CAさんたちは機内を降りるときもごめんね。かわいい服なのにと謝罪してくれました。
(宿について速攻で、再度しみ抜きしたので大丈夫です)

 

到着ゲートからモノレールで移動し、バゲージクレームへ
きちんと指示がでているので、従っていけば、大丈夫です

バゲージクレームの前では、お迎えのおじさまがIPADに私の名前を表記して待っていてくれました。
IMGアカデミーへ留学される方と同じお迎え方法で今回はお願いしたので、みなさんのお迎えも同じです。

 

スーツケースもターンテーブルから降ろしてくれて、車まで運んでくれました
長旅で疲れているだろうから、1時間ほどかかるし、寝てていいよという優しいお言葉
最初は景色をみたり、おじさんと話ていたのですが、どんどん眠くなってきて少し居眠りさせていただきました。



IMGアカデミーへ到着。受付の前まで連れて行ってくれます。

 

チェックインをして、IDカードを作ってくれます。
(こちらは大人用の寮なので、ジュニアの皆さんは別の建物です。)

荷物も多いので、スタッフさんがカートで宿泊のお部屋まで乗せていってくれました

 

翌日は広大な施設を見学させていただきました。
大きく2つに分かれており、その移動はトラムや自転車で可能です。
トラムは5分間ほど待てば、来ます。


テニスの見学の際には、創業者のニックさんにお会いできました。
生徒さんにも声を掛けておられ、私のも新しいテニスの生徒?と気さくに話しかけてくださいました。

現地日本人スタッフの田丸さんです。生徒さんと関わるお仕事ではないのですが、
日本人の生徒さんの相談にものってくださいます。

当日はお休みでお会いできなかったのですが、寮の受付には日本語がはなせるスタッフさんがいらっしゃいます

 

まずはキャンパスセンター
ジュニアの生徒さんの総合受付のあるところです。
また、食堂・カフェ、売店、病院が入っている建物です。

 

ジュニアの生徒さんはm空港から送迎はこの建物の前で車で送ってくれますので、
建物の中に入り、受付でチェックインをしてもらいます。

チェックインは名前を伝え、書類のチェックをし、IDカードを作ってもらいます。その後、寮に移動します。

 

食堂
スポーツをするための身体つくりに重要です。
バイキングスタイルですが、メニューの取り方のアドバイスもあります。

 

また、カフェやピザなどの販売もあります。

 

売店
IMGアカデミーのオフィシャルグッズや、トレーニングでしようする物の他、シャンプーや歯磨き粉などの日用品などもあります。

売店の前にはATMもあります。

ヘルスセンター
ドクターは平日のみいますが、看護師さんは土日もいらっしゃいます。

 

パフォーマンスセンター
東と西に2つあります。プロも羨む設備が整っています。

アスレティックトレーナーが常駐していて、トレーニングの仕方や身体のケアの仕方、
テーピングの巻き方など個々に教えてくれます。

日本では怪我をしてから、病院に通ったりしますが、
こちらでは、怪我のしないための練習やテーピングの巻き方などを教えてくれます。

見学した際はサッカーの方々がトレーニングをしていました。
個々のデータを管理されていまて、トレーナーがついていてくれますし、
サッカーのコーチも一緒にいて、トレーナーと連携されていました。

 

また、脳の反応速度をあげるためビジョントレーニングも行われています。


アカデミック・センター

長期留学の方の通う学校です。(短期の方は別も建物での英語レッスンがあります)

 

大学進学のアドバイザーもいます。10人ほどの少人数制です。

 


アカデミー フィールド

陸上競技や、アメリカンフットボールの試合なども行われるスタジアムです。


 

フィールド ハウス

アメリカンフットボールなどのロッカールームや、作戦会議などを行う部屋などがあります。
ロッカールームはプロの方々も羨ましがっているそうです。

 

 


アセンダー ホール

ジュニアの方の寮です。2018年夏前には建物が増える予定で、建築中です。
1~4人の相部屋になります。他のスポーツをされている方と同室になる場合もあります。

門限は10時。寮母さんがお部屋を確認しに来てくれます。



ウェルネス・スパ

敷地内には美容室があります。予約制です。

 

その他、各スポーツのコートや施設

 

各スポーツの場所にはドリンクも用意されており、午前中は燃料系、午後は回復系と成分も分けられています。
スポーツをされる方にはとても素晴らしい環境です。
ちょっとお試しにと短期留学された方が、その後長期留学される方も多いです。

 

敷地内は自然保護区(トラムで移動する周り)でもあり、野生動物もちらほら見かけました。



アメリカ視察 3へ つづく

アメリカ視察 1へ戻る




 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


アメリカ視察 1 2017年9~10月 担当:鈴木

2018年02月18日 | アメリカ視察

海外視察レポートをご覧頂きありがとうございます

 

アメリカのタンパにあるIMGアカデミー
全米にまたがって校舎のあるFLSインターナショナルのファムトリップに参加してきました。

移動が距離も長く、時間もかかるので、少し疲れましたが、
校舎を実際に訪れ、また、留学生からお話も直接伺える機会なので、
今後のカウンセリングにも活かしていきたいと思います

FLSインターナショナルのファムトリップでは
ブラジル、チリ、タイ、カザフスタン、ロシアなどの
エージェントの方々と約20名が参加していました

南米の方はテンションが高くて、よくしゃべる(笑)
圧倒されながらも楽しく参加してきました


下記にて各ページをぜひご覧ください。

2.出発、IMGアカデミー

3.FLSインターナショナル ファムトリップ ニューヨーク

4.FLSインターナショナル ファムトリップ フィラデルフィア & ボストン

5.FLSインターナショナル ファムトリップ ロサンゼルス


 

 海外視察レポートTOP

 


カナダ視察 5(全5)2017年9月 担当:井上

2017年10月20日 | カナダ視察

さあさあカナダ出張最終日!
気合いを入れていきますよーー

【CSLI】


高級エリアのイェールタウンに学校があります
他の学校はビルの2フロアとかフロアごとだったりするのですが、こちらの学校はしっかり校舎を持っています。
入るなり大きな受付、横には大きなラウンジ、キッチンがあります。
教室はいかにも学校らしくお洒落な雰囲気はないですが、学校!という感じが好きです
キッチン横の壁には生徒全員分のマグカップが掛けられていて、私が留学生だったらあなたはこの学校の学生よと認められた気分になりホームシックにかかることなく上手く馴染めそうだなと思いました
また、ラウンジにはソファもあり自然と生徒同士がコミュニケーションを取りやすい雰囲気です。
30代以上の方が多いそうで、落ち着いた環境で学びたい方におすすめです
ちょうど25周年の時で学校がすごく装飾されていました。老舗学校で安心ですね。

   
   
   
   

 

【VGC】

ダウンタウンに学校があり、2つの校舎を使っています。ビル4階全てが学校です。
机が両側から座れるようになっていて、授業中は生徒同士がお互い横ではなく向き合っているシステムで
こういう形にすることでペアワークやコミュニケーションを取る際、とても良いそうです
ビジネス系のコースを受講している人は専用の校舎で行われますが、大人向けにシックな内装で
廊下にある椅子もとってもお洒落
そして、VGC以外にも教室の壁のレンガがとてもお洒落だなと思っていたのですが、
これはとても古い建物でそこをリノベーションすることが建物の安全上できないそうです。
でも、この壁がレンガだからすごくお洒落な雰囲気だなぁと思いました
   
   
   
   
   
  

【タムウッド バンクーバー校】


ダウンタウンの中心から本当にわずかだけ外れていますが、周りは日本食屋さん、お洒落なショップが立ち並ぶエリア
ビルの2フロアを使用している数年前にリニューアルをした校内は白を基調としたスタイリッシュな雰囲気
いつもいつもジュニアキャンプでお世話になっている日本人スタッフさん。
タムウッドの魅力はアットホームな雰囲気、しっかり集中的に勉強したい方におすすめのようです
スタッフルームに入らせてもらった時はみんな明るく楽しそうでした!
   
   
 
近くのタイ料理屋さんに連れて行ってもらいました
エスニック好きの私は大満足\(^o^)/


【EC バンクーバー校】

グランビル駅近くで一本道を中に入ったところにあります。
内装などはどのEC校舎とも同じなのですが、私が訪問した日はちょうど金曜日で
卒業式が執り行われていました
ケーキ、お菓子が並べられていて卒業した生徒がそれを目当てに遊びにきたりして
卒業しても学校のスタッフさんとお話して楽しそうな雰囲気でしたよ
   
   

さあさあ、無事に2018年カナダ視察も終わりこの日はどっと疲れが出ちゃいました
今回のカナダ出張は歩ける距離は全て歩こう!普段できないことに挑戦しよう!と決めていたので
歩ける距離は全てスニーカーをはいて歩き倒しました
そしたら、足裏にでっかいマメができて途中悲鳴をあげながら、涙を流しながら、変な奇声を発しながら
たまにかかと、つま先だけで歩くというハイレベルな歩き方をしたり
それでも応急処置で絆創膏を貼りまくり最後まで歩き倒しました

歩くことで綺麗な景色も見れて、人を観察できて、日本未進出のお店を発見できたり、
歩くことでしか見れない街の雰囲気を感じ取ることができました

そして、なんと歩くだけじゃ物足りず自転車にも乗って、サンセットも見に行き
1人遊びの達人になりました

  
 
 

 バンクーバーでタワーにのぼりました!
最上階にはレストランがあり、全ての景色が見渡せるように床が回転しています
たまに海外の原始的なシステムに感心させられます・・・。

 

そして、今回もJALの朝ご飯は吉野家でスカイ
毎回だと飽きちゃいますよね。

今回、トロントでカメラがぶっ壊れて途中から携帯で写真撮影をしました。
そして、既述した通り飛行機をミスしたり、足にマメができたりいろーーーんなことがありましたが
それでもパスポートが手元にあり命あるだけ有り難いと思い、涙をぬぐい最終日までがんばりました

とにかくカナダは、良かった。
みんなが揃ってカナダは良いよ!という意味が実感できました
カナダに一度行けば住みこんでしまう人の気持ちもとてもよく理解できました。
空気も綺麗、治安が良く、人も温かい、過ごしやすく、もっと歩きたい!と思わせる国でした

このレポートを読みカナダに興味を持ってくださった方!
是非、お知らせくださいませ。

それでは、さようならー!



 


カナダ視察 4(全5)2017年9月 担当:井上

2017年10月20日 | カナダ視察

さあ、いよいよトロントの学校視察が終わりました!
実は、学校視察の合間にトロント大学を訪問していました
ジュニア・プログラムの実施場所として選ばれることが多い、トロント大学とやらを見ておこうと思い足を運んでみました!
すっごく歴史的な建物で素敵でした!
学生に混ざってカフェでコーヒーを頼んで優雅に過ごしていたら、まさかの次のアポにちょっと遅刻しちゃいました!


 


そして、学校視察が終わればいざ空港へ!(''ω'')ノ
バンクーバーへ向かいます!

BUT
途中で降りる駅を間違えたり、駅で迷ったりしていたらトロント空港に到着するのがすっごく遅れてしまいました。

チェックインをしようと自動チェックイン機でトライしてももう受付時間終了していますって出ちゃって
チェックインカウンターに行ってももうダメだって言われてしまい・・・
ごり押ししてもダメだったので、仕方なく次の時間の便を追加費を支払ってチェンジしていただきました
前回のニュージーランドの時もフライトをミスして、まさか今回も・・・・!
すっごく落ち込みましたし、もう少し早めに空港に向かってればと悔やみましたが
パスポートも無事にあって、携帯もあって、命あることに感謝しようと思い「ま、いっかー!」という
ポジティブ・シンキングで難なく乗り越えました

皆さんも、海外では何かあるのが当たりまえです
そこから学んで、今ある命を大切に生きることが大切です。
(フライトミスばっかりしてるやつに言われたくねーよ!と思わないでくださいね笑)

そして、バンクーバーに無事に到着です!
モントリオール、トロントと真夏でしたがバンクーバーは少しだけ涼しかったです。
 



ILACの日本人スタッフさんに晩ごはんに連れて行ってもらい、ハッピーな夜を過ごしました

さぁ!バンクーバーですが、私は大好きになっちゃいました
街中は歩けるぐらい小さくて、海もビーチもすぐそばで山もあって、心からリラックスできる場所だと感じました。
1人で自転車に乗ったり、サンセットを見に行ったり素敵な時間を過ごせました
街を歩けば、まず綺麗!これが印象です。
ビルも綺麗、道も綺麗、風景も綺麗!洗練された街並みがとっても印象的でした

【ILAC バンクーバー校】

市街に4つ校舎があり、ビジネス系を学んでいる人、一般英語やジュニアコースに参加する人たちで分かれています
遅刻した人は途中から教室に入ることが出来ず休憩時間になるまで外で待っている必要があり
けっこう厳しく決められているようです。
私が行った時も5~6名はラウンジのクッションでコロコロしたり宿題したり携帯をいじっていました。
校舎は天井が高く全てガラス張りの教室がずらり。
閑散期でしたが、1クラスの人数は15名程いました。
みんなでワイワイと大人数で楽しみたい方におすすめの学校です
ILACは大学進学準備コースもとっても人気なので長期的に見据えた方にもおすすめです!
   
   
   
   
   

【シュプラッハ・カフェ バンクーバー校】

あの有名なガスタウンのど真ん中にあります!
他にもこのエリアには語学学校の看板が目立つところで、学生がとても多いエリアなんだと思いました。
他校舎と同じくとても小さい学校ですが、先生とスタッフさん同士、生徒さんもみんな混ざって仲が良い雰囲気が伝わりました。
   

校長が、スタバに連れて行ってくれ
その後、ハーバー・センターへ連れて行ってくれました
ここは、なんとトップの部分がレストランなのですが、レストランの床が動きます!
なのでレストランで食事をしながら回転するので、動かずして様々な角度の景色を眺めることができます!
たまに海外のこういう原始的な思い付きに感心させられます・・・!

【インリンガ】

同じくガスタウンにあるアットホームな学校です。
分岐校などなく、ここだけですが、2017年新しくビジネス・キャリア・カレッジを作り
ますます、様々な学生さんが集まりそうです
インリンガの魅力は、温かい雰囲気です。留学は皆誰でもホームシックにかかっちゃうこともありますが
ここの学校だったら、スタッフ、先生、学生皆で明るく自然と環境に慣れていくはずです。
そして、インリンガはグッズも豊富です!
ボールペンはもちろんのこと、パーカー、コップ、キーホルダー、携帯置きなどなど。
毎回、日本人スタッフさんがオフィスに来る時にアップデートされたグッズをいただけるのが楽しみです
   

【ILSC バンクーバー校】

こちらも校舎が7つに分かれていますが、基本的にはダウンタウンの中にあります。
選択授業の中でもヨガが男女問わず人気のようです
ヨガの授業って簡単そうに見えて全て英語で用語等もお話されるので案内難しかったりするのですが
身振り手振りでなんとか皆さん頑張っていらっしゃいます!

   

   
   
    
次へつづく・・・



カナダ視察 3(全5)2017年9月 担当:井上

2017年10月20日 | カナダ視察

 

無事にモントリオールの学校を視察し終わり、ダッシュで空港行きのバスへ乗り込みます

行きと同じ747のバスを待ちますが、
時間になっても来ずすっごく心配しましたが、よく分からない時間に結局来てなんとか空港まで到着出来ました
恐るべし海外のバス・・・・

次の目的地はトロント
国内線なのでドメスティックへ!

トロントまでは、約1時間ほど旅です

トロント空港に到着すれば、スーツケースをピックアップしていざ!
トロント空港から市街は電車、バスで移動できます

空港出て掲示板等に書いてあるので下調べ無しの私でも難なく見つけることができました
電車で25分でユニオン駅まで行けるのですっごく便利です!

トロントの街の印象は、THE都会!!
少し雰囲気はニューヨークに似ていると思いましたトラムが街中に走っていて(わたしはトラムが大好き)
地下鉄も十字でシンプルで分かりやすいです!
ただ、トロントの地下鉄に乗る時は、他のエリアと違ってトークンと呼ばれるコインを買う
もしくは、1日乗り放題券を駅員さんのいるところで買うかです。

不思議なのが、なぜ都市によって地下鉄の表示とかチケットの買い方、方法等が違うのか・・・
ややこしいぞ!と思いながら、致し方ないと無理やり理解しましたが、すっごく不思議です
そう思うと、日本のイコカとかピタパ、スイカ?とか地域によって使っている電子マネーの種類が違うのも
外国人からすれば、意味不明なのかもしれない・・・

街中には目立った観光スポットはなく、少し郊外に行く必要があります。
   
   
   

そして、今回の出張では普段しない事をしようと決めていました!
そこでいつもだったらすぐに電車に乗ってしまうところを、歩ける距離、場所は歩いていく事にしました!
トロントに到着してホテルまではトラムに乗れたのですが限られた時間の中で街を感じたかったので歩いていく事に
そこで!なんと!!!!
日本未進出の韓国のお店を発見
思わず飛び上がりました!
しかも、誰一人店内にいなくて本当にラッキー
  

いちごかチェリーか悩みましたがこんな大量のマスカットを満喫できるのも珍しいのでマスカットで。
1人で食べる量ではないけど、疲れていたし晩ごはんをこれにしたのでペロリ
本当に幸せな時間でした



【ILAC トロント校】

バンクーバーとトロントに展開するカナダ一大きく、人気な学校です。
単なる英語の授業だけではなく、大学進学を見据えた長期で真剣に学びたい!という方が集まっています
トロント校は、ヤングストリートからすぐのビルを利用しています。
校舎内は、とっても洗練されたスタイリッシュな内装でお洒落です!
学校の中に、街中、観光スポットにあるような置物?があったりして圧倒されちゃいました
学校入ってすぐに大きな受付があり、色んな言語を話すスタッフがいてくれるので
日本語やその他の言語を話す生徒にとっても安心です。


 


【タムウッド トロント校】

カナダのバンクーバー、ウィスラー、トロントに展開する学校です!
ジュニアプログラムのサマーキャンプから始まった語学学校ですので、
カナダ、アメリカで行われるジュニア・サマー・キャンプはとっても老舗
豊富なアクティビティが用意され、下は7才から参加できます
トロント校は、駅から直結のビルにあるので、冬の寒さが厳しいトロントでも難なく通学できそう
学校はとても小さい規模でアットホームな雰囲気です
教室もガラス張りで受付もすぐで安心です。


 

 

【クエスト】

トロントのダウンタウンに位置しているので、一番便利な場所にあります。
最寄り駅から徒歩1分!
とても学校らしい雰囲気で入り口から学校の看板がどどーんと掲げられています
入口に入れば、ウッディーな雰囲気でクエスト・カフェがあり、パン、お菓子、コーヒーが学生価格で買えちゃいます
自然と学生同士の憩いの場になり、素敵です
学校の授業は、iPadを駆使して行われ、もしiPadを持っていなくても学校のをレンタルすることも可能!
学校のみんなで仲が良いのでシャイな学生さんでもみんなの輪の中に入れます
ジュニアプログラムは、歩いてすぐのライアソン大学(時期によりメイン校舎で)行われますが
都会の中にある大学なのでオープンなキャンパスです。
授業を担当している先生がアクティビティにも一緒に連れて行ってくれるので学生さんにはとても安心です!








日本人スタッフさんと食べたランチです!
もう、美味しすぎました!
現地の方が行くレストランってはずれが無いんですよね!
日本ではあまり見かけない組み合わせ、味付け、盛り付けだったりするので楽しいです!

出張の時は、基本的に1人なので1人でどこでも入れちゃう根性がつきました(^O^)/
出張の時にふとお肉が食べたい・・・ってなるとステーキ屋さんに行き1人なのにテラスが良いと言い張り
1人でステーキをほうばるフランス出張・・・
お天気の良い日にテラスでカフェをしていて大量の鳩に襲撃されて泣く泣く中に逃げ走るニュージーランド出張・・・
日本でもどこでも1人で入っちゃうので、良い経験になったなーと思います

 

 

【シュプラッハ・カフェ トロント校】

ユニオン駅から徒歩でいけますが、最寄り駅からも歩いて3分程。
ダウンタウンに近いですが、中に入った場所に学校があるのでとても落ち着いた雰囲気のエリアです。
学校の規模はとても小さくて、教室も全部で10個以内!
日本人スタッフは、パートタイムで勤務されています
いつもジュニア・プログラムで生徒さんをお送りしていますが、
アットホームな環境の中初めての留学に行く方にとっては大都会のトロントの中
学校ではみんなで仲良くなれる環境は最適だと思います
   
    
  


【ILSC トロント校】

ダウンタウンから西に行ったチャイナタウンの入り口のエリアにあります。
こちらも駅から、トラムの降りばから歩いて1分もかからない便利な場所にあります
夏等の繁忙期になると校舎がたくさん散らばっています!
毎日豊富なアクティビティが実施され、土・日でナイアガラの滝観光なども実施されます
私が訪問した際は、選択授業のディスカバー・トロントの授業説明をラウンジで行っている最中でしたが
授業なのにすごく楽しそうでした
楽しい、楽しみながら受ける授業が一番いいですよね!
   
   
   

 

 

【EC トロント校】

中心街から北へ離れたビジネス街のミッドタウンにあります
地下鉄に乗れば10分程でダウンタウンへ行けちゃいますし、落ち着いた環境です。
意外とホームステイ先は北側に多いみたいで通学自体も通いやすいそうです
近くにはショッピングモールがあり、地下鉄からも3分程。
トロント校はECで人気の「30+」というコースが実施されている素敵な校舎です(^O^)/
30+とは、30才以上の方はそれ以下の学生と教室、ラウンジ等一切別で授業を受け学校生活を送ることができます。
集中的に学びたい方、年齢の部分で気にされている方、同年代以上の方と交流したい方におすすめです!
   
   
   
   




次へつづく・・・