明澄五術・南華密教ブログ (めいちょうごじゅつ・なんげみっきょうぶろぐ)

明澄五術・南華密教を根幹に据え、禅や道教など中国思想全般について、日本員林学会《東海金》掛川掌瑛が語ります。

張明澄講義<命卜相>DVD 明澄五術・張明澄記念館

2018年07月09日 | 目録・全集・型録
 
 
 太乙
 
明澄派太乙の作盤法や判断法については、既に公開されておりますが、太乙風水の理気の見方については、流世の見方のみが公開されただけで家相盤・墓相盤の実際つまり五訣の見方については掛川掌瑛ほか若干名が直接伝授されたほかは全く公開されておりません。
太乙風水のできる人は、世界でも数えるほどしかいませんから、その希少価値は言う可くもありません。
『太乙大全』掛川掌瑛編著(定価21,000円) 
【新刊】『太乙家相盤・墓相盤』(五訣吉凶一覧表)掛川掌瑛編著(定価600,000円) 
※【セット販売】
■書籍2点『太乙家相盤・墓相盤 五訣吉凶一覧表』『太乙大全』+DVD3枚セット
                                                                          セット割引価格 500,000円

 

 
 風水
 
『明澄五術・風水大法』は、「星平会海」の理論で書かれた家伝書ですが、その『巒頭篇』は「奇門風水」の「格局」によって説明されています。つまり「風水」の「巒頭」(外家)とは「地理」そのものであり、人間にとっての「地利」を決定する要因と言えます。
 
 
 
 子平
 
「子平(四柱推命)」の象意は「用干」と「在位」によって判断され、「強弱」「格局」「体用」「喜忌」さえ取れればどんな命式でもあらゆる象意を知ることができます。「子平命理」は、「命学の王」と呼ばれております。




 
 紫薇

「紫薇斗数」の「命宮」はその人のタイプをズバリと表すもので、「紫薇」の「命宮」とは「如来蔵」そのものであり、その人の「守護仏」が決まるところです。「紫薇風水」は、「門向」「屋向」を測定して、「十二支方位」で「月支」と「時支」、旧暦の日付の代わりに「門向」の角度を使って「陽宅盤」を作るというユニークなものです。
 
 
 
 
 卜易
 
「断易」では占的ごとに「用神」を定め、「用神」の爻に付された「十二支」が「五行」の「生剋」の結果、強ければ「吉」、弱ければ「凶」と決定します。「明澄五術」の『卜易大法』によりますと、「用神」の決定は原則がはっきりしております。
 
 
 
 
 六壬
 
「六壬風水」は「巒頭」に関しては「奇門風水」と内容的には何ら変わるところはありません。「六壬風水」の価値は「理気」にあり、「奇門風水」にはない「巒頭」を超える力を秘めています。
 
 
 
 
 星平
 
星平会海とは、「星度派」ともいわれ、「七政星」という「実星」を使い、「子平(四柱推命)」と「七政星学」を合わせてより精度の高い判断を可能にしたのが「星平会海」です。「星平風水」は、「明澄五術」の「風水大法」でも使われているように、その「理気」に特長があります。
 
 
 
 遁甲
 
「奇門風水」は、特に「外家巒頭」(地理)の見方に優れており、まさに「地式」の真骨頂を示すものと言うべきです。逆に、「風水」の「巒頭」から「奇門遁甲」が出来たというのが張耀文先生の見解です。「風水」の「巒頭」(外家)とは「地理」そのものであり、人間にとっての「地利」を決定する要因と言えます。
「奇門遁甲姓名学」は「音声」だけで判断するものであり、呼び名の音声から「天・地・門・神」を取り出して「格局」を構成する、非常に合理的なものであり、現実の人物名や、企業名などに当てはめて、たいへんよく的中するものです。
 
 
 
 
 姓名
 
 
 

 

 

    お申し込み先  日 本 員 林 学 会 代表 掛川掌瑛(東海金)   

            ☎Fax 0267-22-0001

      〒384-0801 長野県小諸市甲4655-15 中国占術研究所

              E-MAIL    showayweb〇msn.com

            ご利用可能なクレジットカード

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 張明澄 占術特別秘伝講座 DVD... | トップ | 張明澄講義《員林学》講座 DV... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

目録・全集・型録」カテゴリの最新記事