中川の現在地

月に一度は更新してます。

恐縮と感謝です・・・

2021年11月27日 | Weblog
年齢を重ねる度に、1年間・1ケ月間・1週間・1日の過ぎゆくスピードが

なんという早さなんでしょうかぁ。

もぅ2021年残すところ1ケ月。

全国的な新規感染者数もかなり減少し、少しずつではありますが

日常が戻りつつあります。(南アフリカの変異株が心配ですが…)

12月の忘年会たる非生産的カルチャーもこれを機になくなりそうですが

緊急事態宣言中に、この先、没頭するような趣味を持ち合わせてない

ことに将来危機を感じ、つまらない50歳のオッサンとならぬよう

2022年は「没頭できる趣味」を見つける準備期間にあてたいと思います。

私は自他共に認める「熱しやすく冷めやすい性格」でありますが、

神社仏閣好きは今も変わらずなので、人生一度はお遍路さん(四国88ケ所)

を50歳(2023年)から訪れてみようと考えております。

3ケ月~4ケ月に1度、2泊で四国へ行き時にはコツコツ歩き・時には車で

ワープして数ケ所を訪れる。

60歳になるまでの約10年間をお遍路巡りをして、私や私の家族に巻き付く悪縁を

絶ちを願い、「健康」を手に入れると共に私の中の「セコイい思考」を修行によって

撲滅したいと思います。

50歳~60歳の10年は太陽でいうところの午後3時から4時頃でしょうし

真夏でいうところの目を覆いたくなる程のまぶしい西日を、相手にギラギラと照らすように…

これからの10年間を謳歌し、訪れたお寺と四国ご当地料理を写真に収め、

「お遍路さんと私の10年」をつづり「中川の現在地50代」を残したいと思います。

←テーマ「写真」

そして、60歳までの10年間は12月に開催される「ホノルルマラソン」に毎年参戦し

続けられるよう仕事の「質と量」のカイゼンを繰返し、緻密な計算と戦略による事業構築

を目指します。

孟子の言葉に「時代を読み」「場所を選び」「人の力を借りる」とありますが

コロナ渦によって社会は都心一極集中からローカルが見直され、(場所を選び)

新しい暮らし方、働き方が社会に浸透したところ(時代を読み)

弊社のローカルへの取組みについて注目度が増し、各方面からご支援や

ご声援を頂き、今年は上昇気流が吹いたなぁ…実感できました。

「あとは人の力を借りるだけかぁ…と」考えておりましたところ、

京都府さんから連絡が・・・・なんと!弊社が「京都府中小企業優良表彰」

たる企業に選んで頂きました。(実力と結果が伴ってなくて恐縮です)



「社会に貢献した企業」

「その道のフロントランナー企業」

というカテゴリーで弊社が表彰を頂いたのではなく、

「地域の課題解決に頑張りたまえ!」的に選んで頂いたと思いますが、そうそうたる

京都府の中小企業様がいらっしゃる中「恐縮と感謝」を感じながら、2021年

NO1ドヤ顔で表彰式に参加し 西脇京都府知事から 表彰状を頂きました。



「色眼鏡なく本質を見極めて頂き、弊社にとって最善の支援策」に京都府さん対して

結果でお返しを…と決意を新たにした次第でございます。


話は戻ります・・・孟子の言葉で時代はポストコロナ、場所はローカル、そして人の力を

借りるは、MVV(mission・vision・value)を再定義も完了し、京都府さんからも

この様な表彰を頂きましたので、2022年声高らかに「この指とまれ~」的に

人を募集したいと思います。(弊社MMVに共感してくれる方で弊社が求める方)


 「沈みゆく夕日が最後に照らし我人生に悔いはなし!」

…と88ケ所巡りの修行でセコイ性格も解消され、サラっとロマネコンティを祇園界隈で

飲めるような70歳を目指し残り現役生活20年間頑張ります!



毎度オオキニ中川住研です!
ポストコロナは地方の時代です
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宮津プロジェクト始動!

2021年10月29日 | Weblog
皆様のご声援、京都府さん、金融機関さんからご支援によって、晴天に恵まれた

10月7日宮津市 元伊勢神社前 にて建物の上棟をすることができました。

着工を迎える日まで、ハラハラとラッキーの連続でございました。

振返りますとイケイケドンドンでインバウンド対象とした建物建築しを長期保有・・・

…という安直な事業計画で突き進んだコロナ前、その後、感染拡大し着工前のタイミングで

一旦計画を白紙にし・計画と建築の中止が出来たのはツイていたと思います。

万が一、今頃…建築していたら塩漬け建物になるところで考えただけでゾッとします。

「さて土地を売るかぁ…コロナが収束するまで放置するかぁ、、と思案しておりました時

「コワーキング・ローカル地方、働き方改革、ポストコロナ、シェアオフィス、ワーケション・・・」

…ということで対個人に対してアプローチするのではなく、コロナ渦で生まれた新市場と事業の

連結を狙って「交流人口増加を狙ったオープンイノベーションサブスクサービス」



で再度計画を練り直したところ、各方面からご支援を頂けるようになり、特に、京都府

海の京都DMO、森の京都DMO、お茶の京都DMO、京都銀行・京都中央信用金庫、京都信用金庫

京都北都信用金庫 が出資し組成した「地域づくり京ファンド」という官民創生ファンドの1号

投資先に採択頂き着工にたどり着けることができました。

そんなハラハラ、ドキドキ、土俵際からの粘り腰が重なり上棟日を迎えましたので 感無量 

でございました。この感情を忘れることなく、また、皆様と共有する為に上棟の翌日、

緊急事態宣言も解除されましたので、宮津市内でお世話になっている工務店さんらと共に、

地元にだけに流通する地元酒蔵の幻の日本酒に一献を傾けて参りました。

この建物が完成してもビジネスモデルの完成まではまだまだ道半ば、富士山で言うところの

現在4合目まであたりなので、アクセルを踏込み、引き続き出会った皆さんを中川大風呂敷

ワールドに巻き込みたいと思います。

…ということで私の源泉となった本で、何度も読んでおりますのが

「ビジョナリーカンパニー」3部作です。

(新刊のビジョナリーカンパニーZEROは…はイマイチ)

1995年出版と随分前の本でありますので、登場するビジョナリー企業が事業環境も変化し

現在では倒産しているということは気にせずに、ビビビときたパワーフレーズを手帳に書き

留めております・・・



   「時を告げるのではなく、時計をつくる」
→ これはモノを売るのではなく仕組みをつくれってこと!


読書せずに育った男が30歳から読書の大切さを教えて頂き気が付けば18年

やはり若い時に衝撃を受けた本というのはいつまでも心に焼き付いてますね。。


ちなみに私の読書スタイルは、アマゾンで購入した本は到着後にデスクに積上げて

サラっと読み、「ん?」と思った本を深入りして読むスタイルです。

そして、中国古典のど真ん中「貞観政要」派でございます。



毎度オオキニ中川住研です!
ポストコロナは地方の時代です
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっぱりアート的なセンスは大切です!

2021年09月26日 | Weblog
今月も緊急事態宣言中につき、会社と家との往復で終わりました。

「外食」も自粛し、連日自ら作る濃いハイボールを片手に観る

ネガティブニュースは精神衛生上、不安ばかりが大きくなりあきまへんな。。

さて、世の中のITは進化しメルカリやラクマなどフリマサイトたるものが

市民権を得ております。

過去、ヤフオクでバッタモノを本物と信じてダマされた経験から、個人間の

フリマサイト全て信用せず、季節ごとに百貨店やショップに行き「最新の服を買ったり」

「衝動を繰り返して後悔」する世代であります。

「この服ハイブランドで高かったでしょう・・」

「よくお似合いで・・・」

「その服オシャレですね…」と周囲からの言葉に

「いや~そうでもないですよ」と言いつつドヤ顔になり優越感に包まれると

高額だった服が、その言葉の度に減価償却されていく感覚です。

しかし、緊急事態宣言で暇だったのでハイボール片手に、試しに某フリマサイトで

品物を物色しているとPRADA秋冬ニットセーターを発見し、商品説明も確認し

ポチっとクリック、数日後届いた商品に驚愕・・

相撲取りが着るようなデブ用ニットが届きました。。。あのPRADAが

デブ用ニットなんかだしているのかな?と思いましたが、返品手続きが面倒だったので

イラっとして即ゴミ箱行きでした。

お酒飲んでスマホ片手で買い物は、百貨店で衝動買いするより精神的ダメージが大きいので

二度とフリマアプリは利用しないようにします。


さて、今月のお題「アートと中川」ですが、過去を振り返ると絵やアートなどの

芸術ジャンルとは、180度真逆の人生を歩んで参りました。

お恥ずかしながら、部屋に絵を飾ったり、絵を観て感動したり、陶芸品

に奥ゆかしさを感じることがない出来ない幼稚なレベルでございまして・・・

若い頃、経営者は美的センスを持てと「古美術商や道具の目利き力を養えたければ、

暇があれば術館へ行き世界の本物の作品を観ろ!」と助言に耳を傾けなかったことが後悔です。

激動の時代だからこそ経営者はアート的な感性を持つことが大切だなと痛感しております。

そんな美的センスがゼロの私ですが、日々の業務で昔の大工さんの細かな造作仕事、

床の間横の書院の建具、欄間のデザイン、日本庭園の庭師など昔の技術力・感性に

触れていると、「日本伝統建物 古民家」って世界に誇るアーティスト集団(職人)が

手掛けたアート作品ではないかと思うようになってきました。

70年~100年前当時の技術力やデザイン力を深堀し、その魅力を世界へ‥と言っている

私自身「アートな感性」を持つことが事業の成功への道と考えておりますが、美的センス、

アートな感性、老眼が始まった50歳を前にして果たして養えるのでしょうかぁ・・・


…てなわけで、特に今月のお題である「絵やアート」に特別エピソードがないので、

古民家と無理やり繋げた感がバレバレでございますが、10月も早寝早起きし、

コロナに気を付けて、皆様とワイガヤするとします。


毎度オオキニ中川住研です!
ポストコロナは地方の時代です
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私の愛車遍歴

2021年08月28日 | Weblog
2021夏は「デルタ株感染拡大と線状降水帯」で終わりました。

コロナが感染拡大して1年半、都心一極集中、希少地・利便性重視の従来型

不動産価値の考え方に危機感を感じます。

今後はゼロコロナとはならず、「働き方」「学び方」「暮らし方」が

進化した withコロナ時代 になることを想定し弊社はローカル事業に

アクセルをベタ踏み中でございます!

インバウンド需要が溶けてなくなり、飲食店に悪のレッテルを貼られ、

人流制限により航空、鉄道、観光地に閑古鳥が鳴き、経済がボロボロに

なっておりますが我々の業界も相変わらずウッドショックとやらで木材の

高騰が続いております。

このままが続けば、いよいよ不動産業界でもあちらこちらで悲鳴が聞こえ

てくるのではないでしょうか。弊社は只今アクセルをベタ踏み中の為、

別の意味で心の中で悲鳴を出しておりますが・・・

さて、今回の皆の共通のお題は「乗り物」ということなので私の愛車遍歴を

お伝えしたいと思います。

18歳の免許取得後
 86トレノ

 シビック

 インテグラ


計13台の車を乗り継いで参りましたが、購入に際して趣味や車のこだわりに

全く一貫性なく、平均約4年に1台乗り換えてきた大馬鹿野郎な愛車遍歴でございます。

 インスパイア

 ウインダム

 セルシオ

 ジャガー

 ウインダム

 アウディA6

 アウディTT

 プリウス 

 プリウス

 テスラモデル3


あと10年経てば世の中の車の大半がEV車に移行しているので、「今のうちに

ガソリン車に乗っておくべきだ!」というご意見に同意し、少し前の燃費の悪い

某ミッション車の購入を検討しましたが、信号待ちの度にニュートラル、

サイドブレーキという動作などクラッチ動作などいろいろと忙しいんです。

テスラのオートパイロット機能の楽ちんさに慣れたら本当にミッション車の運転が

怖くなりました。

若い時は「車はミッション車でしょう!」と言っていたのに・・

免許取得して30年、4年に1台のペースだと私の愛車遍歴も2~3台でしょうから

スポーツカーだのミッション車などに迷うことなく、今後、購入する際は

「超安全で運転が超楽チンなEV車」になりそうです。


毎度オオキニ中川住研です!
ポストコロナは地方の時代です
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

唯一無二の立地やロケーションは付加価値です

2021年08月01日 | Weblog
ご縁あって人生で初 M&A にて 城崎温泉駅から一つ先の竹野町

竹野浜海水浴場の砂浜の中に建つ旅館を所有する株式会社を購入致しました。



現在の建築基準法では、県所有地に個人財産が建てられる可能性は0%です。

しかし、当該施設は明治時代に当時の兵庫県知事から当該地で建築することに

ついて承諾した証文もあり、正真正銘、適法に建築確認も受けた建物であり

今後も建替えや増改築が可能な正真正銘の適法な建物であります。

また、夏になれば 京都の鴨川の床のように床を組み立てて県所有地内で営業を認める

許可書も引き継げるなど、国定公園に指定された砂浜と海と空、波音、風を独占できる

贅沢旅館なんです。



もちろん、砂浜に建っておりますので 台風 や 満潮時 などは



雪が積もれば


一体、私がこの株式譲渡情報をどうして知ったのか?

それは、「夢とロマンと一升瓶外交!?」です。

特別な情報サイトにも登録してませんし、金融機関さんからの情報提供でもありません。

八百万の神から試されているのでは?と思うぐらい偶然に頂いたお話でありました。

私も数々の不動産売買に関与して参りましたが、海沿い砂浜に建つ実物をみるなり

飛びつき、抱きつき、希少性、付加価値を感じて離しませんでした。

不動産価格の算出の際、希少性というストロングポイントが加わるとそれが付加価値と

なって売買価格も時価相場、固定資産評価額など一定基準価格がぶっ飛び購入したい方は

何が何でも購入したいスイッチが押されます。

まさにそんな心境でしたので、交渉で一円の価格交渉という意識もなくむしろ、下手な

価格交渉をするより自ら購入資金を金策しようと決意しました。

弊社にとっては、ローカルとグローバルを紡ぎ、ローカルの当たり前の景色を世界へ

届け地方の当たり前を可視化し「地方に共感とにぎわいを」もたらす

グローカル企業へ脱皮する為の第一号案件であります。

ということで、素人がスマホで動画撮影したプロモーションビデオではこの希少性が

訴求しませんので、天下の電通でCM作成をされておられる方をご紹介頂き、ロケ撮影に

同行して参りました。(有名CMも手掛けられている方なので思考力がすごい!)


たけの観光協会
http://www.takeno-kanko.com/

ロケ班の皆さんらと竹野の魅力をどの角度から発信するべきか?

竹野の魅力、この建物の歴史訴求ポイントなど意見交換をしながら…お酒を酌み交わし

ました。竹野町に限らずローカルに人を呼び込むには?その地域にランドマーク的な

存在が必要だと考え、この建物を軸として世界から竹野浜に人が集い、結果的に地域に

賑わいが創出されるという 【循環】 こそが私たちが目指す最終系のソーシャル

ビジネスであることを共有したので、PVの出来上がりが楽しみです。

また、大手ハウスメーカーさんにも全面改装図面と概算見積、そして、完成予想パースが

9月頃には全てが出揃いますから いざ世界に 向けて発信です。

世界へ発信となれば英語。

せめて、日常会話レベルでも・・と思いながら

毎日、朝ジョギングしながらSpotifyで 「レイニー先生の今日から役立つ英会話」を

聴いておりますが・・・なかなかどうして。。まだまだ日常会話まで長い道のりです。

毎度オオキニ中川住研です!
ポストコロナは地方の時代です
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新MVVで32期目からも精進です

2021年06月27日 | Weblog
弊社の「mission」 「vision」 「value」の再々定義を…

…という話になり、ここ数か月またもや1人悩んでおりました。

「何故ローカル事業なのか?」 

この自問自答をまたも朝ジョギングしながら…

美容と健康の為に続けている半身浴をしながら…

カッコつけたmissionや、抽象的missionとならぬよう

私自身のミッションステートメントを再度見つめなおし

私を支えてくれている方と共に練りに練りました。

我々の活動に「共感」を頂くところから中川住研は出発し

現在があります。

「地方」「共感」「にぎわい」が弊社の揺るぎない軸であり

「楽しむこと」「トライ&エラー」が私の原動力。

日々の活動を通じて「田舎」と「世界」を繋ぐ会社を目指し

目には見えない不思議な「ご縁」を大事にしたいという想いを込めて

「M・V・V」が再定義できました。

■MISSION・・地方に「共感」と「にぎわい」を

■VISION・・・人の心を紡グローカルな懸け橋

■VALUE・・ 目 的(人・縁・紡ぐを大事に)
        役 割(利他の精神を大事に)
        思 考(楽しむことを大事に)
        行 動(やってみることを大事に)
        連 携(共有を大事に・共感を大事に)
        基 準(わいがやを大事に)

「ワクワクドキドキ企業」から「ワイガヤ企業」へ…

㈱中川住研 第32期目 も とりあえずやってみて、なんだか楽しそうだ

と「共感」頂けけるよう精進して参ります。


今月のお題の「お気に入りの風景」でした。

田園で遊び、川で泳ぎ、山々を歩き、野菜を食べて育った私の故郷

南丹市八木町氷所 の山頂から見る景色が私の「お気に入りの景色です」

氷所~神吉への峠、別名「紅葉峠」山頂付近にちゃんと展望台と望遠鏡

ベンチも設置されております。


私の幼少期はTheガタガタ林道だったのに、今では乗用車でも安心のアスファルト

に舗装されており、「八木の花火大会」と「亀岡の花火大会」の際は隠れたベスト

ポジションですが、夜の山は大人でも怖いので要注意です。

朝の霧深い日「雲海」もみれるこの「紅葉峠」紅葉峠と言われるだけあって紅葉

の季節はすごく綺麗なこの展望台スポットはオススメです。

 

毎度オオキニ中川住研です!
ポストコロナは地方の時代です
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第31期がおわりました!

2021年05月26日 | Weblog
現在、緊急事態宣言が発令されておりますが、京都府も6月20日まで延長

されそうなので、また、我慢の1ケ月が続きそうです。

アルコール提供も控えられている中、サントリー角ビンとウィルキンソン(炭酸水)で

家でハイボールを作って飲んでいるのですが、一杯あたりのウイスキーの量が多すぎて

フイフイの即酔い、そして、ポテチンと即寝の毎日でございます。

さて、株式会社 中川住研は5月31日をもって無事に第31期目を終えることが

できました。コロナによって営業制限、赤字転落、業績不振など世間では後ろ

向きなニュースが連日報道されておりますが、おかげ様で周囲の皆さんに支えて頂き

また、各方面からご支援を賜り、昨年対比 「増収増益」で決算フィニッシュを迎える

ことができました。改めてお礼申し上げます「有難うございました!」


毎年、決算前に節税対策で生命保険とかレバレッジリースなど色々とご提案を

お受けするのですが、コロナウイルス感染拡大によって我国の税収が減っている時

に節税対策って…と思いまして、カッコつける時は舘ひろしのようにカッコつけて!

ふざける時は猫ひろしのようにふざけるのが男の流儀!?

今期は節税という意識を捨去り、我、日本国に貢献する為に納税をしたいと思います。

また32期もmission、visionを掲げ頑張りますので、ご支援、ご声援、叱咤激励の程

宜しくお願い申し上げます。


しかし、戦々恐々はコロナよりも「ウッドショック」であります。

アメリアの住宅バブル、中国の資材確保、日本の住宅減などが重なり日本への木材輸入量が

減ったことで木材高騰が我々の業界を直撃しております。

今、新築を建てようと思っても、木材が確保できない事態に直撃するわけですから、

そもそも建てられない → 土地が売れない → 土地が売れないと売上が確保できない

→ 赤字転落の工務店・不動産会社が続出し、「コロナ」と「ウッドショック」のダブル

パンチを受けて急転直下する同業者が増えるのではないかと思います。

そんなダブルパンチをモロにうける新築分譲地絶賛工事中という…不安いっぱいの

32期目の始まりではありますが、第32期目はベタですが「更なる挑戦」ですね!

まず、「天橋立」で建物を建築し「ローカル」と「グローバル」を繋ぐ拠点として

交流人口を増やす取り組みをしたいと思います。

また、ローカル事業の可視化とブラッシュアップをして「ローカル事業モデル」として

全国のローカルの事業者さんに対してのFC化を目指し、「空家問題をbusinessの手法

で解決する 「循環」 を作り上げたいと考えております。


以上、32期中に達成すべき目標は定まりましたので、株式会社 中川住研32期目は

アクセルを踏み、ポストコロナの上昇気流をつかみ更なる高みを目指したいと思います!

先ずは、今更ながらですが「mission」「vision)「value」の策定からだ!という

指導を外部から頂いておりますがこれがごっつう難しいんです。


このMVVの件は次回に!

さて、今月の共通お題「パソコン」についても語らなければ・・・

アップルのiMacなどの時って一部の人が使うのがパソコンってイメージで

私はワープロを使っておりましたところ、ITバブルからインターネットが

普及し、「そんなことならパソコンを買おうか?」と購入してからパソコン

なしでは立ち行かなくなりました。

数年前、グロービズ経営大学院の1コマだけ受けた授業の際、ノートを取って

いる者は私と数人、40数名のほとんどが授業を聴きながらパソコンにメモって

いるではないか!

「そんなんで頭はいるん?」と聞いてみると「これでしか頭にはいりません」って

「書いて覚えろ」が成功の秘訣である昭和世代からすれば、見て、聞いて、ブラインド

タッチでパソコンを打っている若者の隣で必死にノートにメモっておりました。

「決めた!俺も小型パソコンを買って同じことする!」と小型パソコンを購入し授業に

持ち込んだのですが、、結局ノートに書いておりました。。

昭和世代は「書いて覚えるねん」が私のデジタル化を邪魔しております。



毎度オオキニ中川住研です!
ポストコロナは地方の時代です







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何回も挫折している英会話を旗印に!?

2021年04月04日 | Weblog
ポケベルやたまごっち世代ど真ん中の私ですが、約30年前から登場した関西セルラー、

関西デジタルホン、PHS、月額利用料が発生したiモードの@docomoメールスマートホンに

心踊らされたと思ったら、ホームページたるものが普及し、そこへ基本使用が無料グーグル、

Facebook、Instagram、TwitterというSNSが登場する。


老若男女がスマホ片手に調べ、登録して、ナビゲートされ、来店し決済ができる。


消費行動の1歩目が【調べる】という行動が一般的となり、そして、ポストコロナは

開業立地や働く場所、学ぶ場所さえも変えようとしております。

100年間で車がEVになり、100年でスマホになり日本国中で利用できるように

なったのに、我々の不動産業界は相変わらず同業者同士TEL&FAXが主役です。

ポストコロナでは、分散型社会(働き方・暮らし方・学び方)となるはずなのに、

ITを活用しないのは、顧客とかなりの温度差が生じ、発想や考えが一昔前の

不動産会社はきっと市場から退場するだろうと思います。

弊社はこのテクノロジーによる恩恵を最大限業務に活用し生産性向上・販路業務

拡大・顧客対応が業務と直結できないかと模索し、地球の裏側まで無料で発信できる

ITは絶対は業務に活用すべきツールではないかという結論にたどり着きました
(だからレクサスやポルシェ、ベンツではなくテスラなんです!?)


そして、第二創業の際に「IT × 古民家」でビビビと…きまして


【古民家】って日本人より外国人にウケがいい!という不思議と根拠のない


自信が私の全身を包んだ瞬間今でも忘れられません。


「これもしかして…。。みーっけた!コレいけるんちゃうん!!」


そして、今日まで私が実践してきた必勝思考はチャレンジして失敗しても


「祇園のクラブで高い酒を飲んだと思って精神」が、先行投資やめておこう、


という様な思考にならなかったと思います。周囲から散々無駄使いだと非難を


受け続け、その度に自己研磨だ!と言い張っていた夜の祇園投資も今となっては


そこそこ役に立ちました。


余談ですが・・・


若かりし20~30代の頃、「場末の店でケチって安い酒と自慢話をあてに

酒は飲むな!そして飲み屋は背伸びしろ!」


「お金が大事なら徹底してケチになれ!着る服、車、食べるモノ、靴、時計、鞄すべてに

おいて中途半端にカッコつけるな!」という大先輩からの教えが今となっては実感できる

ようになりました(この境地を悟るまで高くつきましたが・・)が結果的に一つの答えに

たどり着きました。


酒は1文の得もないので、一滴も飲めない方がいいと思います。


これから10年間、旧態依然の延長線上でゴールを定めてそれを目指すのか?


或いは、自社の事業をもっとブラッシュアップして大きく出るのか?


はたまた縮小して三代目に節税対策を活用して事業承継を目指すのか?


私は今おかげ様でこの3つを選択できる環境下にいれることに感謝です。



そして私の結論は。。。これから20年間で使った祇園投資も回収しなければ


なりませんので(笑)

零細企業として、ポストコロナはここ亀岡市から世界と繋がり


亀岡の中川住研から京都の中川住研 京都へ移住するなら中川住研へと【京都】を


最大限に活用しするため、もう少し少し大きく出たいと思います。



世界の「KYOTO」ブランドを存分にSNSやホームページなどの最先端の


ネットツールを駆使して発信し、中川住研は「ローカル」と「グローバル」を繋ぐ


【架橋】となって【本業で地域の課題を解決しながら、ローカルに賑わいを


創出する会社】を目指します。



その目的を達成する為の手段として、中川住研から分社化して新たな法人格で第三者から


投資を受け入れることも選択肢の一つとして検討しております
(詳しくはまたの機会に!)


それに伴い、中川場当たり的カンピューターや、祇園で飲んだと思ってのドンぶり勘定発想


投資から、ロジカルな思考へ移行し私自身も変化を受け入れなければなりません。


来年でわたくしも50歳を迎えることから60歳までの10年を【中川克之勝負の10年】


として、断捨離を断行しながら自らの変化で上昇気流をつかみたいと思います。


とりあえず断捨離ストイックレベルはレベル1からスタートするにし、耐え忍ぶ主従関係


的な仕事をするのではなく、常に弊社と関係するお客様、金融機関さん、取引先業者さんが


一緒になってワクワクドキドキしながら事業の拡大を図りつつ、その先にある海外古民家


移築を夢見て今年1年で英語を勉強したいと思います。


50歳の誕生日に英語で簡単な会話が出来るように頑張るぞ!



毎度オオキニ!中川住研です。
ポストコロナは地方の時代






















コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サバイバルグアム旅行!?

2021年02月27日 | Weblog
私にとって決して忘れることのない旅行があります。

約30年前、当時ピチピチイケイケの10代最後の夏休みに

両親に何も告げずに黙って出発したグアム行です。

当時は格安航空会社もなく、グアムといっても結構な料金だったので

パチンコ屋、道路交通量の台数勘定などのバイトなどで旅費を稼ぎ

無事にグアムに到着し、初日の夕食終わりに立ち寄ったドックレース場が

私の忘れることのできない事件の始まりです。

競馬経験もない若造が試しにグアムの地でドックレース場で賭けてみたのです。

2着おしい、2着おしい、2着おしい、の連続で負け続け、負けを取り返す為に

倍々で賭け続け気が付けば、お土産代、飲食代で予定していた私の血と汗と涙の結晶が

無くなりスッテンテンとなりました。。。

海外でスッテンテンになると土産も買えず、食事も食べれず、飲み物さえ買えません。

クレジットカードも一部の富裕層が持つもので、学生が持つなどありえない時代で

スッテンテンが恥ずかしくて黙ってましたが、私の様子がサバイバル感丸出しだったので

友人からの融資もありサバイバル生活からは脱却しましたが、借りたものは返すのが社会の

常識です借金返済のため帰国後もバイトに明け暮れました。

また、両親に何も告げずにグアムへ行ったものですから何日も帰宅しない私が誘拐されたのではないか?と

早合点し(そらしますわ)警察へ捜索願を出す寸前だったようです。(当時は電話もポペベルもありません)

今ではドックレースの負け以来、TVなどでG1レースシーンを観るとグアムの切ない空腹感が蘇り、

思わずチャンネルを変えてしまいます。

30年前のことですが、今でも鮮明に思い出しますから今後も競馬(ギャンブル全般)とグアム旅行だけは

絶対にないと思います。

毎度オオキニ中川住研です!
ポストコロナは地方の時代です







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チャンスは深海にあります!?

2021年01月19日 | Weblog
世界にはビックリするサイトがあるものです。

弊社事業『ローカル』物件を『グローバル』に発信して頂くことをお願いしております

神戸の不動産会社さんから『世界中の富裕層が観るサイトに物件登録が出来ますよ!』と

聞いたもので、どれどれ?的にサイトを閲覧しました。
https://www.jamesedition.com/


世界中の富裕層の方々が閲覧するサイトってすごいですね!

お城、豪邸、豪華客船、ヘリコプター、フェラーリなどが…何時間でも見てられるサイトとは

このことですね!そして、世界にはビックリするような不動産が、ビックリする価格で売りに

でているのですね!しかも、ポ~ンって買う人が実際にいらっしゃるのですね!

サントリーの社是『やってみなはれ精神』がある私のことですから、厚かましくもその神戸の不動産会社さんに

『弊社の古民家を掲載して~』とお願いしましたので、近日堂々世界の富裕層に弊社の古民家を発信します(笑)

『ローカル』と『グローバル』を繋げる架橋・・・・を掲げておりますと分散型社会の起点となる『ローカル』は

ポストコロナにおいて、『弊社にとってチャンス到来や!』と毎日少々鼻息が荒ろうございます。

しかし、このチャンスを掴み取るにはリクスも背負わなければなりません。

リスクがないところにチャンスはない!…ということで不動産会社ですから資金投下は避けて通れません。

コロナウイルス感染拡大ド最中に、遠方で資金投下、弊社にしたらおっきいのでビビります。と思っていると、

チャンスが通り過ぎますので、実は城崎温泉近くで旅館一棟を購入します。

天橋立元伊勢神社前の土地も購入し建築を中断しているのに、えぇ?なんで?城崎温泉近くで旅館を??

それには、ふか~いご縁がありますねん。そして、私なりに、ふか~~~い戦略が・・・

詳しくはまたの機会に・・・

ふか~~い戦略、名付けて『風が吹けば桶屋が儲かる』的な戦略でコロナ渦だからこそ

携わる皆さんがワクワクドキドキする仕事をしたいと思います。





毎度オオキニ!中川住研です。
ポストコロナは地方の時代





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする