合宿免許 サイト管理者日記

安全 安心に合宿免許が取れるよう自動車学校をご紹介します。

高速道路を高速運転する時、近くのものが見えにくく、飛散物が・・合宿二種免許学科試験問題N509解説

2012-04-02 10:00:19 | 運転免許学科試験問題 解説
合宿二種免許学科試験問題N509解説
問題 N509

高速道路を高速運転する時、近くのものが見えにくく、飛散物が飛んでくることもあるので、前方だけに全神経を集中して走行する。  

解答を戻る >>

【解説】 「合宿免許スーパー by海野」

前方だけでなく、ルームミラーやサイドミラーなどで後方等の状況も確認しながら運転しなければなりません。

$$$$$ 独り言 $$$$$$$

たしかに、高速運転していると、近くの物は見えにくくなります、だから、危険な情報を早く発見できるように、周囲の状況確認が必要です。



合宿免許スーパー 二種 N509

saport by 合宿免許スーパー

他の問題で勉強する >>

運転免許学科試験問題 力の1000題

東京から交通費自己負担なしで行ける自動車学校。>>
大阪から交通費自己負担なしで行ける自動車学校。>>

温泉旅館に泊まって合宿免許が取れる自動車学校。>>
ホテルに泊まって合宿免許が取れる自動車学校。>>

二種免許が合宿免許で取れる自動車学校 >>
大型免許、けん引免許を合宿免許へ申込 >>

合宿免許スーパー >>
0120-501-519
ジャンル:
運転・道路
コメント   この記事についてブログを書く
« 高速道路の本車線の道路で低... | トップ | 高速道路を運転中、トンネル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

運転免許学科試験問題 解説」カテゴリの最新記事