びじゅつクラブ

松原カルチャークラブの子供造形教室

6月のクラブ 粘土制作

2020-06-28 09:15:29 | 20年度作品
ジュニアコースの今年度最初の課題は粘土制作です。
ステイホーム中は絵をおうちで描いていた子も多かったのではないかなと思い、クラブでは粘土を使って立体制作をしてもらいました。
テーマは自由です。


新一年生のかいとくんの作品です。すきな生き物としてカブトムシとゾウを作りました。難しい足もちゃんとできています。いい表情ですね。


るうちゃん(3年生)の作品です。テーマはイースターですね。着彩にも一工夫あってとっても素敵です。リビングに飾りたい作品です!

次の回からは幼児コースも始まります。教室の場所も変わりますので、ご注意ください。

幼児コースは今年度はAコースは1名で締め切りです。Bコースはまだ余裕があります。体験希望の方はカルチャークラブにお問い合わせください。
コメント

6月のクラブ 1

2020-06-13 20:43:51 | 20年度作品
なんとか始まりました。
本年度もどうぞよろしくお願いいたします。
ドキドキの令和2年度初のクラブでしたが、みんな元気に来てくれました。
水筒を持ってきてる子は、時々ドリンクタイムを持ってもらうように気を付けました。
どう距離を保って机を配置するか悩みましたが、お借りしてる教室の机配置がよかったので、そのままにしておこないました。

こんな感じです。かえって集中できたかな。
まずは紙粘土で自由に立体を制作しました。動物や食べ物などいろいろなモチーフが出てきました。
もう少し片付け時間をゆったり取りたかったかな。最後がいつもバタバタで久しぶりなのにあまりご挨拶できなかったかも。
次回は慌てず終わりの時間も落ち着いてお見送りできるようにします!
コメント

6月の予定

2020-06-07 12:42:39 | カリキュラム
まつばらカルチャーのブログにも6月のクラブについてお知らせがUPされました。
美術、英語、ピアノなどの室内のクラブはマスクの着用のお願いをすることになりました。

美術クラブでは以前から手の消毒用、テーブルの清掃用にアルコール消毒液を使用しております。
手洗い用のハンドソープも美術クラブ専用で準備しております。
レッスン中はいつもよりテーブルとテーブルの間隔を開けるなど、対策をおこなっていきます。
お道具の洗い場での3蜜をさける為、少人数で順番におこない片付け時間を十分に取っていきます。
またこれから暑くなってきますので、水分補給用に飲み物を持参してくださいね。

このところハンドソープが近所のお店に売っていなくて焦りましたが、急に入荷があったようでなんとか前期分は余裕をもって用意することができました。


こちらは6月10日に配布するカリキュラムです。
美術クラブでは、アクリル絵の具用のパレットとして玉子パックを使っています。
使い捨てパレットの代わりとして使用できるので、おうちにありましたら持ってきていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。
まずはジュニアのみのスタートですが、みんなの会えるのをとても楽しみにしています
コメント

6月のクラブについて

2020-05-31 11:45:15 | Weblog
カルチャークラブの方からも皆様に連絡があったかと思いますが、まずは取り急ぎ日程のお知らせです。

6月はジュニアコースのみの開講となります。
幼児コースは7月からスタートする予定です。

6月の美術クラブは10日、17日、24日です。
10日のみ5時20分スタートの予定です。17日からはいつも通り4時50分からです。

6月2日頃にカルチャーのブログやHPでもお知らせするそうなので、そちらもチェックしてみてください。


コメント

5月のレッスンについて

2020-05-03 11:11:19 | Weblog
4月の緊急事態宣言からもうすぐ一か月経ちます。
皆さん、お変わりありませんでしょうか。

5月のレッスンに向けて準備をしておりましたが、
先日カルチャークラブから5月も休講の連絡がありました。

カルチャークラブの予定
↑まつばらカルチャークラブブログ

何卒、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

4月は美術クラブの一回目のレッスン日の前日に休講が決定になりました。
私は、みんなと教室でお花見しようと桜をモチーフに用意していました。
みんなに描いてもらえなくてとても残念です。
せっかくなので、久しぶりに鉛筆デッサンしてみました。
おしべとめしべの様子や花の根本の形などよく観る機会があまりないので、描いていて楽しかったです。





みんなもいろいろとおうちで身近なものを描いてみてくださいね。
6月には良い方向に向かっていて、みんなと一緒に制作できることを願っています。


コメント