団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

住友銀行名古屋支店長射殺事件

2018-08-17 09:40:19 | 回想の新電電
図書館で文藝春秋4月号に許永中のインタビュー記事が出ていたのを読んだ。そのなかに住友銀行名古屋支店長射殺事件に触れてあり、にわかに1994年当時の日本高速通信(現KDDI)の記憶が呼び覚まされた。 住友銀行名古屋支店長射殺事件、1994年(平成6年)9月14日早朝、住友銀行(現・三井住友銀行)名古屋支店長が何者かに射殺された事件。2009年(平成21年)9月14日午前0時に時効となった。by w . . . 本文を読む
コメント

場所の記憶 議員会館、大臣室などと米国コングレスの地下通路

2018-06-27 17:19:16 | 回想の新電電
記憶をつなぎとめるために、書物の材料とするためにメモを書いてみた。しかしいずれも14年から20年経っており細部は忘失してしまっている。 1998年頃か、米国に通信網接続の調査に出向いたことがある。ある上院議員秘書を議員後援会員でもある米国人コンサルタントと尋ねると愛想よくインタビューに応じ、コングレスまで案内してくれた。(上の写真はコングレスに向かった地下道路だがその時のものではない ) . . . 本文を読む
コメント

NTTの洞道 再利用してはどうか

2018-06-22 11:37:42 | 回想の新電電
洞道の再利用検討の時期が到来 間もなく2025年、メタル線完全撤去の時期が迫っている。そこで気になるのが洞道で、これは地下にあるために誰にも関心が注がれない。おそらく経営幹部でさえほとんど関心のない巨大資産である、しかもだれも注目しない簿外の含み資産が巨大である。そろそろ洞道の利用について考えてもいい頃だと思う。NTT局舎から局舎あるいは市内に伸びる通信ケーブルのトンネルで、人が通れるも . . . 本文を読む
コメント

日本の通信事業とグローバリズム13 長期増分費用方式に功績はあったか

2017-02-03 09:12:07 | 回想の新電電
長期増分費用方式に功績はあったか 長期増分費用方式は接続料金を下げるドライブになったと一般には評価されている。これは事実だろうか。本来、減価償却期間を含めた個別の要因を対象に議論しても、接続料金は同様に下げられたのだが、長期増分費用方式が法律化され政府の強制力を持つにいたったという点が大きいと考えられている。2000年の第一次モデル採用後、3年間は確かにIC接続料の引き下げ効果がみられるが第2次 . . . 本文を読む
コメント

米国ワ-ルドコムが米連邦破産法11条の適用を申請し経営破綻

2016-07-30 22:00:27 | 回想の新電電
<7月21日 米国ワ-ルドコムが米連邦破産法11条の適用を申請し経営破綻。粉飾推定額110億ドル 負債総額410億ドル> 日本法人であるワ-ルドコムとは仕事上でなにかと話をする機会があり、又1990年代にはアクセスチャ-ジの調査や長期増分費用方式の意見交換に米国MCIを訪問したことがあるだけにこの報道に接したときは実に驚いた。経営破綻の原因となった粉飾決算は、本来レンタル費用として各年費用化しな . . . 本文を読む
コメント

団塊の世代対策と接続料金

2015-09-12 21:13:49 | 回想の新電電
団塊の世代と接続料金 NTTデータ通信㈱がデ本といわれていた時のことだ。25年も前のことになる。虎ノ門の17森ビルの地下にある社員食堂で全善電通本社支部データ通信分会のオルグが行われていた。オルグとは労働組合の現場への運動方針周知活動だ。 私も当時一組合員として参加していた。オルグの内容はすっかり忘れたが、確か書記長は津田さんだった。 データ分会書記長は当時は専従ではなかった(現在はどうか知 . . . 本文を読む
コメント

弁護士のおすみつき

2015-09-12 20:41:11 | 回想の新電電
外資系の通信会社にいたときのこと、米国人の経営幹部はNTTとの交渉にロイヤーを採用すると当初考えていた。ところがその話も沙汰やみになった。ロイヤーの数が圧倒的に多い(10倍)米国では通信問題の交渉を専門とするロイヤーの採用も容易なのだろう。でも日本でNTTとの交渉を専門とするロイヤーはいないのではないか。   日本でも、弁護士を頼りにする経営者はいる。しかしその利用の仕方がどうもおか . . . 本文を読む
コメント

なつかしい上司のご冥福を

2015-09-12 20:38:13 | 回想の新電電
日本高速通信時代に東京タワーの屋上に近い階に21GHZの無線設備をもっていた。専用線として利用してもらうためだ。 これがなかなか利用されない睡眠設備と化していた。雨に弱い、つまり、雨天時に回線が安定しないとのことだった。 なんとか復活する方法はないものかと考えていた。当時は(今でも?)放送記者が現場からバイク便でテープを送っていたがこれを21GHZで東京タワーに直接送ればいいのではとのアイデア . . . 本文を読む
コメント

NTTネットワークのオープン化 接続ポイント(POI)

2015-04-13 11:05:51 | 回想の新電電
POIの全国展開競争は1992年9月4日に日本テレコム株式会社が他の2社に先駆けて全都道府県に電話サービスを提供した。全国展開を決断したのは第二電電が先であったが結果的には鉄道網への敷設に利がある日本テレコムがこのPOI展開レースに先に到達したことになる。1992年9月17日には東名阪の間の県間通話数で新電電三社の合計シェアがNTTを逆転したことからもこの全国展開競争の進展と新電電各社のシェアが比 . . . 本文を読む
コメント

電子出版しました。 「相互接続クロニクル NTT 新電電 孫正義 1989~2005」

2013-12-13 10:58:10 | 回想の新電電
今年の9月20日に下記の電子出版をしました。5年ほどかけて書いたブログ記事「新電電メモランダム」をもとに大幅に加筆修正した内容です。実際に見聞したことを書くという方針で足かけ17年間の相互接続交渉で体験したこと、感じたことをクロニクル風にまとめたものです。興味のあるかたはぜひ読んでみてください。ipadや iphone 等スマホで読めます。(残念ながらPCでは読めません)   & . . . 本文を読む
コメント

元駐日大使 トム・フォーリー氏逝去と長期増分費用方式

2013-10-20 09:46:18 | 回想の新電電
1997年に駐日大使として赴任してまもなくの頃、アメリカ大使館横の大使公邸で日米イニシアティブの中心課題である通信問題を意見聴収された。朝の8時からの朝食会で外資系の通信事業者が招待され、当時問題となっていた線路敷設権や長期増分費用方式のことが話題になった。MCIワールドコム、タイタス・コミュニケーションズ、在日米国商工会議所、英国企業などが参加しており。フォーリー氏は熱心に耳を傾け、質問を重 . . . 本文を読む
コメント

ようやくキンドル電子出版にこぎつける

2013-09-20 01:08:26 | 回想の新電電
今から4年半前にバリに滞在して半年ほどしてから書き始めた連載ブログ記事「新電電メモランダム」は初稿が2009年8月31日となっている。その後に4回改訂を繰り返した掲載稿をベースに大幅加筆修正してようやく本日キンドルに原稿をアップロードした。当初のもくろみは1年程度で仕上げるつもりが実に4年もかかったことになる。現在キンドルでチェックに入っており、問題が無ければ48時間後には出版されるらしい。(実際 . . . 本文を読む
コメント

PNES

2013-06-03 22:43:05 | 回想の新電電
PNESは新世代通信網利用高度化協会の略称でピーネスと発音する。外国人からこの名称は卑猥だからやめた方が良いと指摘されて、後にマルチメディア振興センタ-FMMCに変更した。 郵政省のポスト拡大のための組織というわけではなかった、その根拠として理事長の給料は郵便貯金振興会から出ていたし、理事長以外には郵政天下りは居なかった。むしろ、巨額の予算を使うプロジェクトを持ち、期待の大きかった通信・ . . . 本文を読む
コメント

新電電メモランダム(リライト)75 2005年

2013-05-25 11:07:28 | 回想の新電電
連載した新電電メモランダムシリーズは大幅加筆訂正後「相互接続クロニクル NTT 新電電 孫正義 1989~2005」としてキンドル電子出版いたしました。スマホ、ipad、キンドル端末でご覧いただけます。 この年2005 年、ブロードバンド加入者数は 2,000 万を超える。しかしADSL サービスの加入者増は1,330万から 1,440万と純増は110 万となるが一方FTTHサービスが  . . . 本文を読む
コメント

新電電メモランダム(リライト)74 2004年

2013-05-23 15:23:45 | 回想の新電電
連載した新電電メモランダムシリーズは大幅加筆訂正後「相互接続クロニクル NTT 新電電 孫正義 1989~2005」としてキンドル電子出版いたしました。スマホ、ipad、キンドル端末でご覧いただけます。 2004 年はADSLサービスの加入者数が 1,000万を突破することになるが伸びは鈍化傾向になる。通信速度も50Mbps 超が出現する。一方2004 年 12月末時点で、FTTHサービスの加入 . . . 本文を読む
コメント