一碧星究

安価な10cm反射望遠鏡のみで細々と天文活動する人のサイト。

金水土(海)木(天)火

2022-12-26 23:32:33 | 天体観測

2022-12-26
26日夕 寒いが風が弱めなのが幸い。
晴天で惑星パレードに月が加わるのが見られた。
18日とほぼ同じ17時15分頃のタイミングでの薄明下の水・土出現だが、
金星が沈むのが遅くなり全惑星が一度に見られた。金星の沈む場所は北寄りに移動。
なお25日は細月・水・金最接近の日であったがこの日は曇天。

2022-12-18
四つの外惑星が集中する中、火星接近、夕方の惑星パレード。
17時過ぎ、夕陽が赤いのと同じ理由でオレンジ色の金星と木星・火星が空全体に並ぶのが見える。
間もなく山稜線に金星が沈んだ後、17時15分頃に薄明中から土星と水星が出現。
薄明で五惑星一度には見られなかったが、水星・土星・木星・火星と寒空下の夏の三角形が見られた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022-12-8火星衝

2022-12-10 20:36:44 | 天体観測

2022-12-10
12月10日 快晴 18時頃大シルチスが見えるとのこと(「AstroArts火星くるくる2001」で確認)で、
前述の通り中接近で見え方は今一つであるが、それらしき黒模様をかすかに確認。

2022-12-9
12月8日 火星と並ぶ満月(あの月食から一ヵ月)に時折暈が掛かるような薄曇だが概ね晴れ。
2年2ヵ月毎接近の火星は今回は中接近と小さめ、望遠鏡(D115mm)では黒模様がかすかに見える感じ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

皆既月食×天王星食 同時天文現象

2022-11-09 20:15:12 | 天体観測

部分食直前の濃い半影食がかすかに見える時点から快晴。土星・木星・後で昇る火星も良く見える。
19時頃(皆既予報19時17分)肉眼で本影部分の赤銅色やおひつじ座二星など恒星が見え、
望遠鏡でようやく天王星や周囲の恒星が見え始める(使用機材:SKYDREAM GX5000 D115mm)。
皆既中の19時29分にまず恒星が雨の海付近で潜入、19時34分別の恒星がティコクレーター付近で出現した後、

いよいよ天王星の潜入。
天王星潜入東京の予報20時41分・皆既終了予報20時42分とほぼ同じ。
20時36分に恒星出現(ティコ付近・19時29分潜入の恒星の可能性)を見た後、
184倍レンズの交換に手間取りピントが若干甘くなったものの、赤銅色の月縁でスーっと消えていくのが見えた。大体の時刻で20時40分50秒頃。

月の明るさが戻るのを見ながら待機、月の明るい部分を視野外に出しながら、今度は46倍レンズで本影月縁からの天王星出現が見えた。大体の時刻21時21分50秒頃。
部分食終了直前、地球の影の円弧の延長線をガイドとすることで、かすかな見え味になった天王星が見える。
そして部分食終わり、更にかすかにしか見えなくなった天王星を見て終了。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

火星食直後の月と火星

2022-07-22 19:33:56 | 天体観測

火星食は予報では東京での地平線7度と見るのが困難な上、曇天で諦める。
午前2時半頃、月齢22.0の月と月視直径一つ分よりもう少し離れた火星が並んでいるのが見られた。
この時点でも雲が多かったが、木星・土星・夏の三角形・カペラも見られた。
なお今日の夜明け以降の天気は、午前9時台に雷雨、夕方快晴。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

とりあえずかすかに見えた金環日食から10年

2022-05-21 18:19:37 | 天体観測

2012年5月21日 見えたのは薄雲中の金環食が約10秒のみ。
雲が薄くなった僅かな瞬間に観望に集中したため時刻は未確認。
やむを得ず青い下敷を使用しての観望。基本的に禁止とされる観望方法であるが、光が弱く他の方法では見られなかった。
一面の雲で、言われていたような青空がコーラ瓶の底のような色かどうかも確認できず。
部分食開始前から曇天・雨天のため金環食中の暗さ加減も体験できず。
辛うじて見ることができたものの、いまいちな天気でちょっと残念。9時02分の部分食終了時刻直後になってから晴れ間が広がっても…
(なお2012年6月6日の金星日面経過は全面的に雨天)
ボール紙と回転鏡で適当に作った自作太陽投影板も金環食中の出番なし。

用意した日食グラスは、以後も部分日食時の曇天が続いたため、2020年6月21日部分日食で初使用するまで出番なし。

当時の経過は大体こんな感じ。
2012年5月21日、未明から曇で午前3時に土砂降りの雨、6時19分の部分食開始時刻も曇で7時に再び雨。
7時30分 金環直前の一瞬の晴れ間。

7時37分 金環直後の一瞬の晴れ間。

8時15分 金環後の一瞬の晴れ間。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする