c'est joli ここちよく たのしく すこやかに・・・

庭で育てた草花と描く情景画 
les couleur
高折みゆき

秋めく日々 虫の音に癒されて

2019年09月03日 | 日々 diary


雨上がりの朝
ようやく現れた青空
ほんのりと、つめたく感じる風・・・

夜になると
コロコロコロォ・・・
ギリィギリィ・・・
カラカラカラァ・・・
庭から聞こえてくる虫の音

日中はまだまだ暑い日が続いていますが、

朝夕は、すっかり秋めいてきました

とくに
夜になると、庭からにぎやかに聞こえてくる虫の音・・・

とても幼いころ・・・
ちいさな小人たちが音を奏でていると聞いたことがあって、
幼いわたしは、いっときそれを信じてしまっていました

秋になると、聞こえてくる様々な虫の音を
小人たちが、
時には一人で、
時には二人がかりで、
木の葉や、つるを使って、
音楽を奏でているのを想像していました
そんなこともあって、いまだに、
虫の音を聞くと、幼いころに想像した小人たちの奏でる楽器や、楽し気な小人たちの様子が目に浮かんで、
思わずくすりとしてしまいます

ますます深まってくる秋の夜
どうかこの季節・・・
穏やかで、災害の少ない季節になりますように




コメント

夜空に浮かんだちいさな花火

2019年08月12日 | 日々 diary



見慣れてしまい
あたりまえのように感じていた街の夜空・・・
そこに突然現れた
いろとりどりの花火
にぎやかな音とともに・・・

星の少ない
街の夜空の景色・・・
瞬く間に、うつくしい景色へと変わっていきます

ちいさな花火大会で出会うことのできたうつくしい景色
おおきな花火大会のように、連発しての打ち上げが少ない分

一つひとつ、大切に丁寧に打ち上げられる花火たち
眺めている観客も、
その一つひとつの打上げ花火を
なんだか愛おしく感じ、
にぎやかな音とともに
大地から、空に昇っていく様子を、
そして、夜空に花開くうつくしい花火を、
そして、静かに散りゆく様子まで
丁寧に・・・大切に・・・
味わいながら、じっと見つめるような時間がつづきます

その一瞬一瞬は、いつもと変わらない同じ時間なのかもしれませんが、
その時間は、まるで時が止まってしまったかのように
いつもよりも、ずっとずっと長く長く・・・
そんな風に感じられる
深い時間の刻みが、そこにはあるように感じました

いつも、
時のながれが早くて、
一瞬一瞬
まるで瞬く間に、
すぐに消えてしまうように感じてしまっていましたが

昨夜、出会った景色は、いまという一瞬が、かけがえのない
うつくしい時間に感じられて、
時の刻みが、いつもよりもずっと深く深く感じられ、
心にまで、刻まれていくような気持がしました

いまというこの瞬間が、
世界でたった一つしかないかけがえのない時間であることを、
そして、今日という1日がその積み重ねであることを
あらためて教えてくれたように感じられました


きょうも笑顔を贈りあえる
あたたかな気持ちの一日になりますように
一瞬一瞬が、心に刻まれる
うつくしい景色の一日になりますように!









コメント

笑顔を贈りあえる幸せな時間

2019年08月09日 | 日々 diary



炎暑・・・
そんな言葉が浮かぶほど
今年の夏の暑さはきびしいですね

陽の光のあまりのつよさに
いつもは、元気な草花も
さすがに、ただただ、じっと耐えているように感じられる程・・・

それでも、暦の上では立秋を迎えたせいか
朝夕の風は、これまでとは、ほんのすこしだけ変化が感じられます
それでも、まだまだ厳しい暑さは続きそうですね
どうかココロもカラダも健やかに過ごされますように

笑顔を贈りあう
そんな言葉を聞いて、どんなことを想像されるでしょうか

家族だったり
気の置けない友人
お仕事仲間だったり・・・
そんな方々とは、
自然と笑顔を贈りあえるかもしれないですね

日々のなかでは、
たくさんの方々と、ほんの短い時間だけでの
ちいさな出会いは、とてもたくさんあるように思います

ほんの少しだけ挨拶を交わすだけのお店の方だったり
なにかの問合せで電話したり、
道ですれ違ったり、バスや電車の中で、隣り合わせたり・・・
気にも留めないようなささいな瞬間に、日々のなかでは、
ほんのすこしだけの小さな縁が、生まれては消えているように感じます
それが、日常なのかもしれません

きっともう二度と話したり、会うことはない相手かもしれない・・・
一生で出会う人と人との関係は、じつは、そうした相手がほとんどなのでしょうね

袖振り合うも多生(他生)の縁

袖が触れ合うようなちょっとした出会いも、前世からの因縁によって起きるという意味

という言葉がありますが、
さいきん・・・
そんなことを考えるきっかけになった出来事があって、
できれば、そうした気にも留めていなかったちいさなご縁にも
できるだけ、意識して心地よい対応を心掛けたいなって思っています

例えば、何気ない日々のなかで、理不尽な感じの悪い応対に出会ってしまった際、
なんだか1日がとても悲しい気持ちになったりすることって、経験された方も多いように感じます
そうした日は、自分のなかで気持ちを切り替える意識をしないと、
ひょっとしたら、笑顔も元気もなくなって、
周りの方々まで、巻き込んでしまって、暗い気持ちにさせてしまっているかもしれません

逆に、朝の始まりが、なんだか憂鬱なはじまりでも、
とても感じのいい笑顔に出会ったり、何気ないやりとりの中で、親切にしてもらったことで、
とても元気になったり、前向きになれることも、たくさんあるように感じます
元気だったり、前向きだったりすると、周りの方々にまで、自然と笑顔を贈っているように感じます


そう考えると、大げさかもしれませんが、
前者は、悪気はなくても、知らぬ間にココロやカラダに穢れが、ちいさな罪や過ちを犯してしまっているのかもしれないですね
そう考えると、目には見えない罪や過ちだからこそ、とても怖いと感じてしまいます

そして、後者は、清らかな気持ちで、周りの方々にも、心地よい空気をもたらし、幸せなご縁を築いているのかもしれないですね

日々過ごす中で、短いちいさなご縁であっても、目の前に現れた人は、
ひょっとしたら、深いご縁があった方かもしれない
今生もう二度と会わないかもしれないからこそ、心地よい関係で区切りををつけていけたら・・・
そんな風に感じます

もうすでに、いっぱいやらかしてきてしまったと、頭を抱えたくなりますが、
それでも、今日というあたらしい1日から、またあたらしい日々が始まります
これからの日々のなかで、少しずつでも意識していきたいなって思います


きょうも笑顔を贈りあえる
あたたかな日でありますように
そして、きょうも健やかで、元気な一日をお過ごしください!






コメント

桜いろの空を見あげて

2019年04月05日 | 日々 diary


空を見あげると
あおく澄んだ空に
やさしく淡いピンクの
ソメイヨシノの花がひろがって
空と桜につつまれているような感覚になります

今年は、春になってからも気温が低い日が多かったので、
この景色を見ると、いっそううれしい気持ちになります

今月1日
あたらしい元号が決まりましたね
あたらしい時代がはじまろうとしています

どうかあたらしい時代も平和で
光と希望に満ちたうつくしい時代になりますように

そう願うとともに、そうなるように
責任の一翼を、この国の誰もが担っているかと思うと
あらためて、気持ちも引き締まります

あたらしい季節・・・あたらしい時代・・・
あたたかな笑顔に満ちた日々となりますように!
その大切な一歩として、
今日という日
今というこの瞬間
自分らしい笑顔で、思いやりにあふれた時でありますように






コメント

うつくしい朝の景色

2019年02月14日 | 日々 diary





ペールイエロー

ペールピンクから

ペールブルーへ

そして ペールヴァイオレット

今朝はうつくしい朝焼けに出会うことができました


朝焼けに出会う日は、お天気が悪くなるというけれど、

きょうもとても良いお天気になりそうです


立春のあたたかさから

寒気がもどってきましたが、

それでも、朝出会うお陽さまの光は、

あたたかく、やわらかな光もすこしずつ強まって

春の訪れを感じずにはいられません

あたらしい季節はもうはじまっています


今年に入ってあっという間に1月は終わって

立春を迎えると、2月もあっという間に駆け抜けていきそうです

ばたばたと日々の仕事をしていると、

1日はあっという間に過ぎていきます

忙しい日々のなか、忙しいとは、心を亡くす・・・

忙しい時間のなかでは、意識しないと、ふっと心が無くなってしまいそうです


そんな日々のなかだからこそ、そんな忙しい時間の中だからこそ、

植物を触れ合ったり、お気に入りの紅茶をいれたりすると、

呼吸が深くなって、自分らしい心が戻ってくる気がします

もう春の花たちが笑顔で咲いています


冬の間あたらしい季節を待ちわびて、その季節の訪れを祝福するかのように

きょうも自分らしい笑顔に出会える日でありますように

 健やかな笑顔が輝く日でありますように



コメント