こ ゆ る り お も ふ

感動を絵と文でお届けするイラストライターこゆりの
体験レポート&日々のひとりごち。
こゆるりとお楽しみください

花見

2008-03-30 11:07:22 | Weblog
今年は東京のお得意様のお花見に 寄せていただきました。 神田川沿いの桜並木を愛でながら、 椿山荘で豪華なお花見バイキングを ごちそうになりました 椿山荘の素晴らしい庭園 ここ数年は花粉が辛く、 春は引きこもりがちでしたが、 目の前で見る桜はほんとにきれい 出なきゃだめですね ありがとうございました! ドンペリで乾杯! きゃー!贅沢すぎる 初めていただきました。 がんば . . . 本文を読む
コメント (1)

春ですね

2008-03-28 04:37:43 | Weblog
散歩の途中、つくしを見つけました。 桜のつぼみもふくらみ、 もうすっかり春ですね。 . . . 本文を読む
コメント

ありがとう

2008-03-27 06:25:20 | Weblog
二年生もぶじ修了した息子。 一年間のいろんな作品や記録を持って帰ってきました。 「なっつかしー」 と自分の作品を笑いながら見る息子 生活科の「こんなに大きくなったよ」の中で、 おうちの人へかんしゃのきもちをこめてという欄に おかあさんぼくが8さいになるまでだいじにそだててくれてありがとう と書いてありました。 こちらこそありがとう。 これからも大事に育てます。 . . . 本文を読む
コメント

あと少し

2008-03-22 01:11:25 | Weblog
打ち合わせの帰り 大阪の繁華街の通路の脇の手すりにまたがって 前にすすんでいるスーツ姿のおじさんを見かけた。 「この手すりをこのまま最後までわたりきったら きっと・・・・・」 と、思ってるんじゃないかと思うような顔をしてた。 . . . 本文を読む
コメント

手紙

2008-03-20 13:12:41 | Weblog
懐かしい友達から手紙が来た。 ちょっと疲れてたので 思わず涙が出てしまった。 「かあちゃん、なんで泣いとるん?」 と息子が聞くので 「母ちゃんの大好きな友達から 久しぶりに手紙がきてうれしくて泣いとるんよ」 と言うと 「かあちゃんらしいなあ」 と、頭をなでてくれた。 息子も成長したもんだ。 特別でない、飾り気のない内容の手紙は 懐かしい友をそのまま蘇らせてくれる。 ありがとう わ . . . 本文を読む
コメント (2)

卒業

2008-03-19 07:01:55 | Weblog
冬でも半袖の近所の元気な男の子が、 今日は新しいシャツで登校している。 (もちろん半袖) 「あっ、卒業式?おめでとう!」 思わず、近所のおばちゃんらしく、 うれしそうに声をかけてしまう。 「はい、ありがとうございます。」 ちょっと恥ずかしそうに、 でも誇らしげに笑顔で答えてくれた。 きちんと挨拶の出来るとてもいい子だ。 中学生になって、制服になって、 もう真冬でも半袖姿を見ることはない . . . 本文を読む
コメント (2)

大きな声で

2008-03-17 06:58:33 | Weblog
夢のようなことでも 本気で思って努力して 大きな声で手をあげてたら いつかはあててもらえるんだなあと 思いました。 がんばります! . . . 本文を読む
コメント

気持ち

2008-03-15 12:42:39 | Weblog
こゆりは季節のポストカードを描いては お世話になった方やご縁のある方によく送ります。 わたしなんかの、へたくそな絵や文章でも お礼の気持ちやご挨拶に 相手の負担にならなくて 気持ちが通じるのは やっぱり手紙かなと思ってます。 私も手紙もらったらうれしいですしね。 決して下心があったわけではないのだけど カードのお礼にと おいしそ~なお菓子とポストカードを送ってくださいました。 きゃー! . . . 本文を読む
コメント

おつかれアイスクリーム

2008-03-14 00:27:18 | Weblog
「かあちゃん、アイスつくろう!」 息子が得意げに、自由帳を見せながら言ってきた。 学校の図書の本から、レシピを写してきたらしい。 その名も 「おつかれアイスクリーム」 なになに、 材料を混ぜて、容器に入れてきちっとふたして 両手で持ってふりながら 「げんこつやまのたぬきさん」を5回歌う ふって、ふって、またふって ふえー つかれた もうくたくた ・・・・・・・・・・・・・ . . . 本文を読む
コメント (2)

東京土産

2008-03-12 07:53:49 | Weblog
ひよこたるとっち かわいすぎるパッケージに負けた 味もなかなかおいしい! 「かあちゃん、絵の勉強にするかな思って」 と、包装紙をきれいに破らずとっておいてくれる息子… . . . 本文を読む
コメント (6)