銀座まるかん人プラト-ク

“元気ときれいをサポート!?”をモットーに、健康・美容・ダイエット・地域の情報を収集、発信 !?

人の胃も牛のように多層構造 !?

2014-03-21 | 健康・病気
約1千万人もの方が胃の不調に悩んでいる?

口腔内を観察すると、粘膜状になっていることに気が付きます。
最近は内視鏡の写真などを見る機会があり、胃などの内部は粘膜状態で口の内部から連なっていることを認識します
通常、何らかの異常がない限り非常にきれいな粘膜状態を確認できます。
慢性的に、食欲不振に陥り少量の食事量で満腹になりそれ以上に食が進まない。
食事の楽しみが全く感じないと医療機関に受診される方が多数いらっしゃるとのことです。
だが、内部はきれいな状態で何ら疾患を確認できないと医師もストレスなどの精神疾患を疑い助言している。それは今まで、胃が一つで消化作用をしているとの認識で詳細な作用が共有できていなかったとの見解です。
実は、人の胃の作用は二層構造で食物は口腔内で咀嚼され食道を経由して胃に届くが一度入り口付近で留まっている。食事量は下へ移動するのではなく、背中側へ膨らんでいく。一時期上層部に居座ることが重要であるとのことです。その後消化した物が小腸の方へ蠕動運動で移行していく。この過程がポイントになります。ところが、ある物質(神経伝達物質アセチルコリン)が不足すると食物がストレートで下の方へ落ちていくため食事イコール満腹感を認識してしまう。欲求が不完全状態なり、ストレスが増幅してしまうという悪循環に陥るようです。ピロリ菌などの常在菌やその他の要因も看過した上で新薬も開発されているとのこと再度受診がおすすめのようです。
胃腸の活性化が、自己免疫力の基本です。水溶性・非水溶性の食物繊維をバランスよく食し蠕動運動を活性化する食生活の習慣が良好な体調の維持に欠かせないようです。
コメント

命は有限、だが老化は生活習慣の産物!?

2014-03-15 | 日記
都市伝説との楽しい付き合い方!?

肉体は、寿命が来ると土へ帰ります。その時点で心は魂として浄化され、彷徨し愛と光の世界へ旅立つか悪霊として浮遊するか?? それはお気の向くまま!?
過酷な肉体的条件を要求される、プロスポーツ選手の中で常識を超越し現役を続行している話題の選手たちがいます。特に今、最も輝いているスキージャンプの葛西選手やサッカーの三浦、野球の山本選手等の現役続行は頼もしい限りです。
長寿大国日本の多くの元気な年寄は、特別な人たちとは思われません。
神は、自然の摂理にのっとてそれぞれの生活環境や伝承的習慣に鑑み個々の寿命を想定しているようです。
一律でないことは明白で、模索し実践している人々に元気で長寿の人生を楽しまさせてくれているようです。
多種多様な気づきや閃きを、言霊として下ろしてくれます。それは神からの伝言か悪魔の囁きか見極めは非常に難しいことです。とにかく実践してみることが寛容なようです。神の意に反する行為は、必ず浄化されることは一連の謝罪会見が物語っています。
そんな中の一つに、何故か中年になると変わらない食事量なのに徐々に肥満体型になる人を多く見かけます。
これは、一説による細胞内に存在するミトコンドリアの影響が関与していることを否定できません。
ミトコンドリアは、筋肉質の細胞内に多く存在しています。体はその生命の存在を維持していくうえで、何通りもの方法を用意してます。どの回路を選択しても、本体に何ら悪影響を及ばしません。本体は気づきがないということです。ただ言えることは、ある日突然不調に遭遇し短命で終わる回路があるということです。
ミトコンドリアはエネルギー産出に大きく関わり、燃焼効率が他の方法より18倍も高いのです。だが、エネルギー変換時に活性酸素を放出しその影響で自らの活力を減少させるのです。老化現象と言われる年齢を迎えるということです。燃焼効率の低下は、血管内の糖分の増加をきたし高血糖値体質に移行するのです。
ミトコンドリアの活性化と数量の増加確保は、適宜、有酸素運動と30分に一度ぐらいの無酸素運動との組み合わせが有効とのことです。
諸般の事情で、簡便性を模索する方には赤ブドウから抽出のポリフェノールの一種レスベラトロ―ルが一考です。特にまるかんのサプリメントに、抗酸化剤との組み合わせの商品がございます。参考までに・・・!?
コメント