家づくり福岡・営業社員ゼロ。建築士に直接相談する福岡注文住宅・低価格オーダー住宅・福岡市清武建設

ローコスト住宅・健康住宅・注文住宅・朝倉市筑前町福岡市東区古賀市福津市大野城市糟屋志免新宮筑紫野市春日市・工務店・設計

宗像市K様邸 新築注文住宅 福岡市東区工務店 ㈱清武建設一級建築士事務所

2019年05月19日 19時07分23秒 | Weblog

【宗像市K様邸新築注文住宅】


◆2019年3月31日 土地契約


◆2019年4月21日 初回来社


◆2019年4月27日 現地調査


◆2019年4月28日 初回提案


◆2019年5月19日 設計契約・本審査申し込み


◆2019年5月29日 金消契約 及び プランお打合せ


◆2019年6月4日 土地決算


◆2019年6月16日 プランの方向性の決定


◆2019年6月21日 地縄張り


◆2019年7月14日 建材ショールームへ
建材ショールームにて仕様の確認をしました。

◆2019年8月29日 建材ショールームへ
建材ショールームにて仕様の確認をしました。

◆2019年9月7日 現地状況
草刈りしました。
 

◆2019年9月18日 スウェーデン式サウンディング試験(地盤調査)
スウェーデン式サウンディング試験は地盤にロッド(鉄の棒)を垂直に突き刺し、 その沈み方から地盤の硬軟や締まり具合を調査します。 ロッドがスムーズに沈んだ場合は地盤が弱いと判断し、 逆に沈みにくかった場合は地盤が固いと判断します。

◆2019年9月26日 工事契約
お打ち合わせを重ねさせていただき、本日ご契約させていただきました。

◆2019年10月4日 地鎮祭
宮地嶽神社にお願いしました。

◆2019年10月15日 地盤改良工事(MS基礎)
(①掘削工事)幅450mm、深さ500mmの掘削。


(②埋め戻し)改良剤を混ぜて埋め戻し。


(③転圧)ランマーにてしっかりと固めています。
※①~③の工程をもう一度繰り返し、基礎下の高さまで埋め戻して完了。


◆2019年10月24日 基礎工事開始
建物位置を弊社建築士と職人で確認。必要な掘削深さを確認中(下記写真)。


◆2019年10月24日 基礎工事開始
余分な土を処分場へ搬出しています。

◆2019年11月1日 基礎配筋検査
弊社及び瑕疵保険会社の一級建築士による検査を行いました。


◆2019年11月9日 基礎出来形確認
玄関部分の高さ調整で打設し、基礎が完成しました。



◆2019年11月14日 棟上げ準備
土台を敷き、柱、梁の構造材を並べ、棟上げ前の準備完了。

◆2019年11月18日 棟上げ
8時 酒と塩で安全を祈願。

8時10分 一階の柱を建てています。

8時30分 一階の柱を建てて、二階の床梁を架けています。


9時 一階の柱を建てて、二階の床梁を架けています。

9時40分 外観

11時 二階天井部分の梁、桁を架けています。(小屋組み)

12時 棟が上がりました。
屋根の頂部を『棟』と言い、棟が上がったので、『棟上げ』と言います。
柱、梁の構造部分の組み立てが完了しました。

15時 タルキの上に杉板(野地板)を貼っています。
午前中は雨が降りましたが、午後には雨が止み、野地板は濡れずに貼れました。
木材運搬の日程は一か月前より予約しなければならず、木材が現場に届いた時の天候は予想しにくい状況です。現場に届いたら、速やかに木材を組み立て(棟上げ)、木材の乾燥状況を確認しながら、棟上げ後の作業を行います。

弊社の住宅の場合、瓦屋根の下地材は、下記写真のように「杉板」を使用していますが、世間一般の住宅の場合は「合板」がほとんどです。
「合板」は、施工が早い(職人の人件費が少なくて済む)というメリットがありますが、長期間継続する湿気は、劣化の原因になるというデメリットがあります。弊社では外壁内部より小屋裏を通り、空気を循環させ、結露が発生しにくい家づくりを行っていますが、特に屋根下の空間は、冬の寒さで、結露が発生する事を前提に考える必要があります。また、夏の暑さでは、屋根下の空間は高温になり蒸されます。(日本は四季がありますので・・・。)
雨漏りが無くとも、それらが原因の経年劣化で、特に合板の場合は、強度が減衰し、耐用年数は短期間になる場合があると考えられます。
また、シックハウスの観点からも、合板を減らしたいと考えています。

17時 ルーフィング貼り

17時50分 ルーフィング完了

◆2019年11月21日 玄関付近の屋外状況

◆2019年11月25日 玄関付近の屋外状況
壁面の白いシートは雨を弾き湿気を透すシートです。そのシートを木材で押さえ、その厚み部分が空洞になり外壁内部に風が通る仕組みになります。間もなく、仕上げの外壁材パネル(サイディング)を貼っていきます。


◆2019年11月25日 2階部分の屋根状況
瓦工事完成しました。

◆2019年11月25日 1階屋根及び2階壁状況
秋ですが黄砂が飛んでいる昨今、瓦が少し汚れていますが、瓦材は陶器製品の為、雨で流されます。金属屋根、スレート屋根、様々な屋根材がありますが、それらの屋根材は、将来的には、塗装が必要な時期が来て、メンテナンス費用が発生しますが、写真の瓦材は、塗装不要のメンテナンスフリーです。

◆2019年11月25日 室内の様子

◆2019年11月25日 中間検査状況(瑕疵保険及び建築確認検査)
構造的に問題ないか、屋根及び壁面の防水状況に問題ないか、弊社建築士によるチェックに合わせて、保険会社所属の建築士によりチェックいただいています。


◆2019年11月28日 断熱工事完了状況
(屋根及び壁の断熱完了状況)
(床下断熱完了状況)
◆2019年12月2日 大工工事状況
2階部分は石膏ボードを貼り終えつつあります。
木製階段を設置しています。

◆2019年12月5日 外観状況
外壁仕上げ工事中です。白い透湿防水シート(水は弾くが湿気は透すシート)の状況で雨水侵入がない事を確認しながら、その上に黒い外壁パネルを貼っています。

◆2019年12月7日 大工工事状況
石膏ボードを貼り終えています。(2階部分)

◆2019年12月14日 大工工事状況
石膏ボードを貼り終えています。(1階部分)

◆2019年12月16日 電気工事状況
スイッチ、コンセント、照明器具の設置の為に石膏ボードに穴を開けています。

◆2019年12月19日 塗装工事状況
室内の木部(化粧柱、カウンター、棚板)を塗装しています。


◆2019年12月27日   壁紙工事中
天井部分の壁紙を貼り終えました。



◆2019年12月27日   足場解体前の外部確認



◆2020年1月9日   吹き抜け部分ガラス清掃
壁紙工事が完了し、室内足場を撤去する前に、窓及び周辺を清掃。


◆2020年1月30日   建築完了検査(確認検査機関による)
細部の残工事はありますが、建築基準法に基づく不備がないか、確認検査機関より検査いただきました。合格すると建物を使用する事(住宅なので生活する事)が許可されます。

◆2020年2月24日   屋外状況
玄関ポーチ及び玄関周囲の左官工事をおこなっています。

◆2020年2月28日   タイル工事状況
玄関及び土間収納の床部分にタイルを貼っています。


 


清武建設ご案内 

https://www.kiyotake.co.jp/

家づくり相談窓口 (株)清武建設一級建築士事務所

福岡市東区箱崎7-2-14

電話0120-01-5040(火水GW盆正月定休) 


福岡注文住宅・設計事務所&工務店・㈱清武建設 一級建築士事務所
営業マンなし。営業経費削減。建築士に直接相談する低価格オーダー住宅

(施工エリア)
・福岡市
中央区、博多区、東区、西区、南区、早良区、城南区
・糟屋郡
新宮町、久山町、粕屋町、志免町、篠栗町、須恵町、宇美町
・福岡県他
筑前町、大刀洗町、朝倉市、小郡市、久留米市、うきは市、筑紫野市、太宰府市、大野城市、春日市、那珂川市、糸島市、古賀市、福津市、宗像市、宮若市、直方市、飯塚市
・佐賀県
基山町、鳥栖市

一級建築士事務所登録 福岡県知事 第1-60550号
建設業登録 福岡県知事 第97896号
宅地建物取引業者登録 福岡県知事 第17677号

設計室:福岡市東区箱崎7-2-14 kiyotakeビル(地下鉄貝塚駅徒歩8分・Pあり)
木工所:福岡県朝倉郡筑前町 (創業1968年)
連絡先:092-201-8201相談室窓口:0120-01-5040
定休日:火.水.GW.盆.年末年始







この記事についてブログを書く
« 福岡市早良区N様邸 新築注文... | トップ | 福岡市東区K様邸 注文住宅 ... »