自由設計 福岡市東区工務店・注文住宅・木の家・建て替え・狭小・ローコスト住宅・低価格オーダー住宅・清武建設

ローコスト住宅・健康住宅・注文住宅・朝倉市筑前町福岡市東区古賀市福津市大野城市糟屋志免新宮筑紫野市春日市・工務店・設計

福岡市西区姪の浜 注文住宅 新築住宅 工務店の木の家 H様 家づくりアルバム

2019年01月24日 18時01分40秒 | Weblog

【福岡市西区姪の浜】


2019年1月19日 初回ご来社

建築条件付き宅地において、設計契約をいただきました。


清武建設ご案内 

https://www.kiyotake.co.jp/

家づくり相談窓口 (株)清武建設一級建築士事務所

創業1968年 福岡市東区箱崎7-2-14

電話0120-01-5040(火水GW盆正月定休)

 


福岡市東区注文住宅 新築住宅 工務店の木の家 K様 家づくりアルバム

2019年01月24日 17時43分38秒 | Weblog

 

【福岡市東区K様邸】


2018年11月12日 (初回ご来社)


2018年11月15日 (プランお打合せ)


2018年12月4日 (宅地決定)

㈱清武建設による用地取得が決定。


2018年12月24日 (ご予算の把握)

資金計画をご提案し、住宅ローンの検討も並行して進めていきます。


2019年1月18日 (宅地取得)

㈱清武建設に宅地の所有権移転完了。


2019年1月26日 (現地調査及び解体内容の把握)

弊社スタッフ及び解体工事会社と現地調査。


2019年2月末 (解体予定)


 

清武建設ご案内 

https://www.kiyotake.co.jp/

家づくり相談窓口 (株)清武建設一級建築士事務所

創業1968年 福岡市東区箱崎7-2-14

電話0120-01-5040(火水GW盆正月定休)


 


糟屋郡篠栗町注文住宅 新築住宅 工務店の木の家 I様 家づくりアルバム

2019年01月24日 17時29分27秒 | Weblog

【篠栗町I様】


2017年9月24日 (初回ご来社)

ご希望宅地において建築が可能か弊社にて検討開始。


2017年10月15日 (ご見学)

弊社新築完成物件、ご案内


2017年11月~ (宅地探し)

お客様及び弊社において、宅地探し


2019年1月19日 (宅地決定)

ご来社 ご希望宅地において建築が可能か弊社にて検討開始。


2019年1月20日 (現地調査)

ご希望宅地において弊社にて検討の為に現地調査。


2019年1月26日 (設計契約)

ご希望宅地での住宅規模とご予算把握の為のプラン案(第1案)ご提出。

これから様々な観点から考えられる複数のプラン案をご提出していきます。


清武建設ご案内 

https://www.kiyotake.co.jp/

家づくり相談窓口 (株)清武建設一級建築士事務所

創業1968年 福岡市東区箱崎7-2-14

電話0120-01-5040(火水GW盆正月定休)

 

福岡市博多区注文住宅 新築住宅 工務店の木の家 M様 家づくりアルバム

2019年01月24日 17時09分45秒 | Weblog

【福岡市博多区M様邸】


2018年10月8日 初回来社


2018年11月11日 設計契約


2018年11月25日 弊社完成物件ご案内


2018年12月23日 プランお打合せ(建築基準法からのご説明)


2019年1月14日 プランお打合せ


2019年1月28日 現地にて不動産仲介業者及び施主と宅地状況の把握


2019年1月28日 現地状況(水道引き込み工事)


清武建設ご案内 

https://www.kiyotake.co.jp/

家づくり相談窓口 (株)清武建設一級建築士事務所

創業1968年 福岡市東区箱崎7-2-14

電話0120-01-5040(火水GW盆正月定休)


 


福岡市南区注文住宅 新築住宅 住宅設計 工務店の木の家 N様 家づくりアルバム

2019年01月24日 16時47分36秒 | Weblog

【福岡市南区N様邸】 


2018年5月1日 初回来社


2018年7月7日 ご来社、お打合せ


2018年7月8日 宅地ご検討の為、現地へ同行


2018年12月16日 宅地ご検討の為、現地へ同行。


2018年12月17日 ご検討宅地の建築プランお打合せ。


2018年12月27日 設計契約

住宅ローン本審査開始。


2019年1月12日 打ち合わせ過程(数種類のプランを作成中です。)


2019年1月17日 不動産契約


 (株)清武建設 一級建築士事務所
創業1968年 『土地の買取致します』
 
福岡市東区箱崎7-2-14(木工所:筑前町)

電話:0120-01-5040(火水GW盆正月定休)

◆清武建設HP http://kiyo.jpn.com/

 


◆山路秀一写真館◆直方市福智山スノードロップ◆阿蘇熊本空港◆和白干潟◆アイランドシティー◆山口市蒸気機関車D51 

2019年01月14日 18時09分00秒 | Weblog

 

 

 

 

【 山 路 秀 一 写 真 館 】 2019年1月~ 


撮影者: 山路 秀一 (福岡市東区箱崎在住)

https://www.kiyotake.co.jp/gaiyou#staff 


2019年1月22日 上色見熊野座神社にて

 


2019年1月22日 草千里にて オリオン座


2019年1月22日 阿蘇熊本空港にて PART2(リベンジ)


2019年1月15日 野母崎にて 軍艦島とスイセン(ニホンズイセン)


2019年1月11日 直方市福智山にて スノードロップ

 


2019年1月6日 阿蘇熊本空港にて

 


2019年1月4日 福岡市東区 和白干潟にて

 

 


2019年1月4日 福岡市東区 アイランドシティーにて

 

 


2019年1月1日 山口市にて D51蒸気機関車




【広告】


注文住宅福岡 工務店福岡市 ダークブラウンでコーディネート 注文住宅福岡市東区 注文住宅古賀市 注文住宅新宮町 注文住宅福津市 注文住宅宗像市

2019年01月10日 20時08分17秒 | Weblog

注文住宅福岡 工務店福岡市 ダークブラウンでコーディネート 注文住宅福岡市東区 注文住宅古賀市 注文住宅新宮町 注文住宅福津市 注文住宅宗像市

無垢の床材を使い、ダークブラウンでコーディネートした室内は、

落ち着いた濃い色ならではの『シックな印象』と、

木々の幹、生命の源である大地、自然界のベーシックとなる色。

自然から生み出される『包容力と安心感』も感じます。


収納と物干し動線を考える 注文住宅福岡 工務店福岡 新築住宅福岡

2018年10月15日 10時16分30秒 | Weblog

【共働きのご家庭にとって、家事の効率化が家づくりにおいて重要な要素。】


◆『洗濯』⇔『物干し』⇔『収納』、

この一連の動作を短くする事が、家事の効率化の一つであると考える。



◆『玄関ホール』より『リビング』へ通じる出入口はあるが、

それとは別に、『玄関ホール』より『キッチン』へ直接つながる出入口を設け、重い食材を運ぶ距離が短くなる動線計画。


◆無垢材の床、無垢材の野地板を使い、ホルムアルデヒドを70%カットしたオーガニックで、木の香る家づくり。

(株)清武建設一級建築士事務所
  創業1968年 『土地の買取致します』
 
 福岡市東区箱崎7-2-14

(木工所:筑前町)

電話:0120-01-5040(火水GW盆正月定休)

◆清武建設 スタッフ案内 動画
http://kiyo.jpn.com/




たくさん収納 注文住宅福岡 工務店福岡市 新築住宅福岡市 豊富な収納 土間収納 ベビーカー収納 

2018年10月05日 16時19分02秒 | Weblog

たくさん収納 注文住宅福岡 工務店福岡市 新築住宅福岡市 豊富な収納 土間収納 ベビーカー収納 

 


福岡市東区の歴史から日本の歴史を徒然なるままに。多々良浜の戦い・名島門・名島城

2018年09月22日 14時53分46秒 | Weblog

 

(多々良川の夕べ:撮影清武)

博多湾河口、多々川。
私の散歩コースから、日本の歴史を徒然なるままに。

弊社、清武建設(福岡市東区箱崎7-2-14)より歩くこと5分、

ここ、多々良川にも、歴史的な出来事が数々あります。


【南北朝時代の多々良浜の戦い~】

◆本来、天皇は一人だが、その時代は複数の天皇がいた南北朝時代 、福岡市東区の『多々良川』 河口にて、『菊池武敏(南朝の懐良親王が玉) 』と『室町幕府を創始する足利尊氏(北朝が玉)』が戦った。※玉→ぎょく(天皇より認可される事が大義であるという日本の歴史から。)
(南朝の後醍醐天皇の建武政権に反旗を翻し、京都を追われた足利尊氏が多々良浜の合戦より再起する。)
◆細川氏( 足利氏 )
そして、時代は変わり、「清和天皇」→「源(みなもと)氏」→「足利氏」→「細川氏」と名字を変え、小倉藩の領主から、熊本藩(肥後)の領主になる「細川氏(足利氏)」と、熊本を中心に勢力があった「菊池氏」とは、不思議な縁である。
◆弊社(筑前町店)の近くの大刀洗公園 に、 菊池武光 の銅像があります。菊池武光が太刀を洗ったので大刀洗という地名、大刀洗町 に。
◆せごどん(2018年現在、放映中につき)
足利尊氏(北朝)が勝ち、 室町時代 になるが、せごどん( 西郷どん )大河ドラマ放映中の 西郷隆盛 のルーツは、菊池氏(南朝)の家臣だったので 西郷南洲 、南朝の『南』を名前に入れて名乗ることもあり、南北朝時代『九州に実在した南朝国家』 を復活させる思いがあったのかもしれない。
◆『九州に実在した南朝国家』とは、懐良親王(菊池氏)は、中国(明朝)より、日本国王としての、『位(日本国王良懐)』をいただき、あくまでも対外的だが、太宰府を都(日本国の都)として、認識されていた時代があり、その時の国家。
◆南朝
鎌倉幕府 を潰したのは、南朝 の 後醍醐天皇 だが、北朝の武将、足利氏 の 室町幕府 の時代になり、 南朝の後醍醐天皇の数十人の子は、北陸(尊良.たかよし、恒良.つねよし)、近畿( 後村上天皇 )、長州、九州(懐良親王 .かねながしんのう)・・・南朝天皇の子孫が全国各地へ。
◆南朝の祖の亀山上皇が、1274年、元寇襲来の時に炎上した社殿の再興にあたって書いたとされる『敵国降伏』を、時代を経て、1594年、小早川隆景が『箱崎宮楼門』を築き、『敵国降伏』の文字を拡大して掲げる。(箱崎宮に豊臣秀吉の朝鮮出兵の時に陣を置く。)

(箱崎宮楼門:撮影清武)

◆南朝の祖の亀山上皇の像が、箱崎宮 と東公園にあります。



【戦国時代の多々良浜の戦い~】

◆福岡市東区と 糟屋郡新宮町 にある 立花山 にあった山城の 立花城 の帰属を巡り、大友宗麟 と 毛利元就 が多々良川で戦う。(立花氏は柳川藩へ移る。)
◆毛利元就の三矢の教えは有名だが、毛利元就の三男が小早川隆景。
◆小早川隆景には実子がなく、豊臣秀吉の親族(羽柴秀俊)が養子になり、小早川秀秋と名乗る。
◆小早川秀秋は、関ヶ原の合戦において、『石田三成』率いる西軍より寝返り、東軍の『徳川家康』が優勢になった。
◆小早川秀秋は、小早川隆景(たかかげ)が築いた名島城(現在の名島神社)より、備前岡山へ。
◆小早川秀秋が移り、黒田長政(黒田勘兵衛の息子)が福岡入りし、名島城主に。
◆名島城は、早々解体され、名島城の石垣は、黒田長政が初代城主の福岡城(舞鶴城)に使われる。名島城の跡地には、現在の名島神社( 福岡市東区名島1-26 )があります。



(名島神社:撮影清武)

◆1588年、小早川隆景(たかかげ)が築いた名島城に由来し、現在に残るのは、『名島門』がある。福岡藩初代藩主・黒田長政の居城を名島城から福岡城に移すとき、黒田二十四騎の一人である林掃部(はやしかもん)に下げ渡され、邸宅の門として使用される。その後、『名島門』は、平和台陸上競技場前より大濠公園へと抜ける途中に移転され、現在に至る。

(名島門:撮影清武)

 


 

(株)清武建設一級建築士事務所
  創業1968年 『土地の買取致します』
 
 福岡市東区箱崎7-2-14

(木工所:筑前町)

電話:0120-01-5040(火水GW盆正月定休)

◆清武建設 スタッフ案内 動画
https://www.kiyotake.co.jp

 


480倍速 棟上げダイジェスト 注文住宅 宗像市 

2018年09月03日 16時06分24秒 | Weblog

 

480倍 ダイジェスト 宗像市注文住宅 棟上げの様子

YouTube を見る ↓ ↓

https://youtu.be/lkkbjiqmOG4


 

宗像市にて棟上げでした。
8時に開始し、16時頃完了。

ダイジェストで、開始より完了まで、
動画にて作成しました。

(株)清武建設一級建築士事務所
  創業1968年 『土地の買取致します』
 
 福岡市東区箱崎7-2-14

(木工所:筑前町)

電話:0120-01-5040(火水GW盆正月定休)

◆清武建設 スタッフ案内 動画
https://www.kiyotake.co.jp

 

 


注文住宅福岡工務店福岡市ナチュラル木の家スキップフロアー中二階 春日市 那珂川町 博多南

2018年07月15日 14時02分32秒 | Weblog

福岡の注文住宅

福岡市工務店 ㈱清武建設

スキップフロアー(中二階)の家づくり


福岡市城南区樋井川E様邸 注文住宅アルバム ㈱清武建設・設計施工・清武建設建築条件付き販売宅地

2018年07月15日 11時30分07秒 | Weblog

 

【城南区樋井川2号地E様邸】 ㈱清武建設・建築条件付き販売宅地における注文住宅


◆平成29年3月23日 清武建設 と 宅地所有者 との不動産売買契約

福岡市内において、住宅購入の為の宅地購入を希望される方への負担が大きく、一度、清武建設で広い宅地を購入し、その宅地を分割(分筆)し、販売しています。

以前より、弊社にご来社いただき、I様とご一緒に宅地を探していましたが、ご希望の宅地が見つからず、弊社で、宅地開発する事になりました。

(写真は平成29年3月)


 ◆平成29年5月25日 43条1項ただし書き 許可通知 認可 (2区画の敷地分割が可能になりました。)


◆平成29年6月19日 清武建設社有地として、所有権移転完了。


◆平成29年6月23日~ 土地家屋調査士による測量及び宅地を二区画に分ける為の分筆作業開始。

1号地 I様邸(平成29年12月・㈱清武建設・設計施工の注文住宅・完成及びお引渡し・I様お引っ越し)

2号地 E様邸(平成30年6月・E様の宅地購入・買い付け依頼)   


◆平成30年7月8日 E様 と ㈱清武建設一級建築士事務所 にて設計契約

住宅ローン借り入れ範囲内で、複数の間取りと工事費用を計算し、ご検討いただいています。


◆平成30年7月29日 午前中、現地に縄を張り建物位置の確認ができるように準備しました。

29日未明に三重県伊勢市に上陸した台風12号は、午前7時、岡山市付近を西に進み、午後6時には北九州市付近に。今回の台風は西日本を東から西へ横断する異例のルート。


◆平成30年8月19日 ショールームにてお打合せ。


◆平成30年9月16日 ショールームにてお打合せ。


◆平成30年9月24日 午前中、地盤調査を行いました。数日後、解析されます。


◆平成30年10月20日(午前) 『不動産(宅地)売買契約』 及び 『建築工事請負契約』 及び 『銀行本申し込み』 を行わせていただきました。 


◆平成30年10月20日(午後) ショールームにてお打合せ。 


◆平成30年10月21日  ショールームにてお打合せ。


◆平成30年11月16日  福岡銀行千早支店にて土地決算。所有者㈱清武建設よりお客様へ所有権移転手続き。


◆平成30年11月18日  降水確率0%でしたが、小雨が降り出し、テントの中で、地鎮祭を行いました。


◆平成30年12月20日  基礎工事開始しました。(建物の位置、地盤高の確認をしました。)


◆平成30年12月21日  基礎工事(砕石敷及び転圧)


◆平成30年12月23日  基礎工事(防蟻防湿シート敷き完了状況確認)

シロアリを寄せ付けず、湿気は家屋内に上がりにくいシートを貼っています。このシートの上に鉄筋を組んで、コンクリートを流します。


◆平成30年12月28日  基礎工事(基礎配筋検査)

瑕疵保険会社所属の建築士による基礎配筋検査の様子。


◆平成31年1月8日  基礎工事(ホールダウン、アンカーボルト確認)


◆平成31年1月21日  木工事(土台敷)

 

◆平成31年1月24日  木工事(前起し)

クレーンが入ることは可能でしたが、旋回スペースを確保できず、手上げでの建て方になり、大工さんは大変な作業でしたが、無事に進みました。

周辺にお住まいの方々には、近接しており、ご迷惑をおかけしました。 


(7時50分)工事開始前


(7時55分)酒と塩で安全を祈願。


(8時15分)1階柱を建て「桁」を掛けています。


(8時35分)1階柱を建て「梁」を掛けています。
 

(8時45分)1階柱を建て「梁」「桁」を掛け終わり、金物ボルトを締めています。

(10時30分)2階柱を建て「小屋梁」「小屋桁」を掛けています。


(10時45分)2階柱を建て「小屋梁」「小屋桁」を掛けています。

 

(13時30分)「小屋梁」「小屋桁」を掛け終わり、金物ボルトを締め始めます。


◆平成31年1月25日  木工事(棟上げ)

(8時50分) 棟が上がりました。

屋根の頂部を「棟」と言います。「棟」が上がる事を、「棟上げ」と言います。


(11時00分) 無垢材の杉板(野地板)を貼っています。

 

(11時10分) 全景。

 

(14時00分) 無垢材の杉板(野地板)貼り完了状況

弊社の住宅の場合、瓦屋根の下地材は、写真のように「杉板」を使用していますが、世間一般の住宅の場合は「合板」がほとんどです。

「合板」は、入手が手軽で、施工が早い(職人の人件費が少なくて済む)というメリットがありますが、

「合板」は、長期間継続する湿気は、劣化の原因になるというデメリットがあります。

外壁内部より小屋裏を通り、空気を循環させ、結露が発生しにくい家づくりを行っていますが、

特に屋根下の空間は、冬の寒さで、結露が発生する事を前提に考える必要があります。

また、夏の暑さでは、屋根下の空間は高温になり蒸されます。(日本は四季がありますので・・・。)

雨漏りが無くとも、それらが原因の経年劣化で、特に合板の場合は、強度が減衰し、耐用年数は短期間になる場合があると考えられます。

また、シックハウスの観点からも、合板が不要であれば、減らしたいと考えています。

 


◆平成31年1月29日 屋根工事


◆平成31年2月2日 外壁工事(通気シート及び外壁取付金物用下地工事)

白いシートは、水は弾くが、湿気は通す、「透湿防水シート」です。

このシートを貼った段階で、室内には、雨水が侵入せず、

将来にわたって壁内の湿気を通し、壁内結露を抑えます。


◆平成31年2月3日 電気配線打ち合わせ(電気工事会社社長、弊社建築士、施主にて)


◆平成31年2月4日 中間検査(確認検査機関及び瑕疵保険会社による)

特に問題がなく、次の工程に進むことになりました。


◆平成31年2月8日 断熱工事完了(現場吹付発泡ウレタン工事)

普段、壁の中で、ご覧いただける機会が少ない断熱部分です。

様々な断熱材があり、それぞれ、メリット、デメリットがあります。

写真の『発泡ウレタン断熱材』は、グラスウールやロックウール断熱材より高価ですが、
工事現場で吹き付ける断熱材の為、木材に密着し、隙間が少なく、気密性が高いというメリットがあります。


また、築年数を経て、断熱材が湿気を吸収し、断熱材が重くなり、断熱材が下がり、
断熱材と、柱や梁との間に、隙間が生じて、断熱効果が少なくなる事は、
『発泡ウレタン断熱材』の場合においてはありません。

(基礎側面、基礎スラブ 及び 1階壁面部分) ↓ ↓


(屋根及び2階壁面部分) ↓ ↓

 


清武建設ご案内 

https://www.kiyotake.co.jp/

家づくり相談窓口 (株)清武建設一級建築士事務所

創業1968年 福岡市東区箱崎7-2-14

電話0120-01-5040(火水GW盆正月定休)

 

福岡市西区姪の浜Z様邸 注文住宅の設計施工 清武建設 建築条件付き宅地販売 姪の浜1号地

2018年07月15日 11時09分36秒 | Weblog



  ◆姪の浜6丁目 2区画分譲地

地下鉄 姪浜駅 徒歩9分

建築条件付き1号地(2018年6月 済)

建築条件付き2号地(2018年9月 販売中・売地情報↓ 

弊社販売中・売地 https://rabbynet.zennichi.or.jp/agency/15402149/buy/land/


【福岡市西区姪の浜Z様邸 注文住宅(建築条件付き1号地)】


◆2018年6月15日

㈱清武建設 と 土地所有者様 との不動産売買契約を締結。

2区画の宅地分割(敷地分筆)の為の測量開始。


◆2018年6月24日

Z様 と ㈱清武建設一級建築士事務所 にて建築設計契約。


◆2018年7月19日

土地の所有権を㈱清武建設へ移転。(決算)


◆2018年7月20日

既存住宅解体開始


◆2018年7月26日

既存住宅解体過程


◆2018年8月3日

既存住宅解体完了


◆2018年8月4日

現地状況(1号地 及び 2号地)


◆2018年8月24日

1号地Z様プランお打合せ

8案目ご提出


◆2018年8月28日

1号地Z様 地盤調査


◆2018年9月17日

宅地売買契約

㈱清武建設・建築条件付き宅地1号地


◆2018年9月24日

クリナップ→トクラス→LIXIL ショールームにて、水廻り器具、建具のご検討。(弊社女性建築士2名にてご案内)


◆2018年9月24日

確認申請の為、現地調査中。


◆2018年9月29日

TOTO → ニチハ → コイズミ 

ショールームにて、水廻り器具、建具のご検討。(弊社建築士2名にてご案内)


◆2018年10月15日

建築工事のご契約。 


◆2018年10月29日

地鎮祭を「飯盛神社」にお願いしました。

地鎮の儀もおこない、鎌(かま)・鍬(くわ)・杭(くい)の儀式を行いました。

5枚のお札をお預かりし、棟上げ後(発泡ウレタン断熱工事後)、小屋裏の四隅と小屋裏中央に取付させていただきます。


◆2018年11月8日

基礎工事開始前、現地にて建物の位置を確認しました。

 


◆2018年11月12日

砕石敷の上、転圧状況。


◆2018年11月12日

砕石敷の上、シート敷開始。


◆2018年11月14日

瑕疵保険会社に所属する建築士による検査状況。

 


◆2018年11月22日

基礎出来形確認状況。

 


◆2018年12月1日 棟上げ

(8時)棟梁が酒と塩で安全を祈願しています。


(8時)棟梁と一緒に工事していただいている大工さんも酒と塩で安全を祈願しています。


(8時15分)一階の柱を建てています。


(8時40分)2階の床部分の梁を掛け、ボルト締めを行っています。


(9時40分)2階の天井部分の梁を掛け、ボルト締めを行っています。


(11時40分)「棟(棟木)」が上がり垂木部分の工事中。

屋根部分の頂部の「棟」「棟木」が上がったので、「棟上げ」といいます。

 


(12時20分)昼食中。


(14時30分)野地板貼り

近年は、「合板」を使う住宅が9割以上ですが、

ホルムアルデヒドを低減する為に、弊社では「杉板」の野地板を貼っています。


(15時30分)野地板貼り完了


(17時)瓦工事下地(防水の為のゴムアスルーフィング貼)


◆2018年12月6日 木工事

(小屋裏状況)

(玄関框工事)

(サッシ取付)

準防火地域の為、網入りガラスの窓になります。


◆2018年12月6日 瓦工事完了

 


◆2018年12月6日 外観状況


◆2018年12月10日 電気配線、棚位置、確認状況


◆2018年12月10日 建築確認中間検査、瑕疵保険中間検査


◆2018年12月13日 発泡ウレタン断熱工事中


◆2018年12月14日 発泡ウレタン断熱工事完了確認


◆2018年12月21日 工事状況


◆2018年12月27日 工事状況


◆2019年1月11日 室内状況(大工工事完了)

室内工事としては、次に、壁紙工事になります。

施主に、壁紙の種類を決定いただき、室内状況もご確認いただきました。


◆2019年1月28日 室内状況(壁紙工事過程)

階段部分に室内足場を建てて壁紙工事を行っています。


◆2019年2月10日 室内状況(壁紙工事完了)


◆2019年2月10日 屋外状況(勝手口前階段、給湯器設置土間工事完了)


◆2019年2月21日 建築基準法上の完了検査(確認検査機関及び弊社建築士にて)


清武建設ご案内

https://www.kiyotake.co.jp/

家づくり相談窓口 (株)清武建設一級建築士事務所

創業1968年 福岡市東区箱崎7-2-14

電話0120-01-5040(火水GW盆正月定休)


新築住宅福岡 工務店福岡市 注文住宅糸島市 スキップフロアー 中二階

2018年06月21日 20時34分38秒 | Weblog