*** 『幸せ』ですか !? ***

薄れていく記憶をここに...
リュ・シウォンさんのファンなの~!

^^

笑う門には福来る.
ウスミョン ポギ ワヨ.



☆ 気象庁 高解像度降水ナウキャスト ☆

*^^*更新グッズ

*^^*2015.10.25


. .

オンラインユーザーカウンター by   Simple Free Counters
コメントには住所や電話番号等記入されない事を望みます ...
コメント等管理人の判断で削除もあり、自らロム専もありです.ヨロシク!...
文章がおかしくても、さらーっと読んで下さればと思います。
いつもありがとうございます。

************************************************************************
F1 KoreanGrandPrix
Formula 1- The Official F1 Website (英語です)
KOREA SPEED FESTIVAL
************************************************************************
青森出発から(2004年8月1日(日)8:00)
gooブログ開設日:2005年11月08日(火)
アメブロ:2008.5.7(水) 13:39:43(blog8/6スタート)
福岡出発から(2010年2月11日(金)12:30)
Twitter(2010.8.31(火) 17:01:47 から
FB(2011.7.2(土)21:22:45)
************************************************************************
XTM - 2015 CJ SUPERRACE
米子市の天気 - 日本の鳥取のAccuWeather天気予報 (JA)
米子(ヨナゴ)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp
気象庁 Japan Meteorological Agency
地震情報 - goo 天気
米子市にようこそ…「米子市ホームページ」
米子いんふぉねっと『暮らしと観光ガイド』
鳥取県西部広域行政管理組合消防局
震災関連情報をTwitterで入手 フォローしておきたいアカウントリスト

R's Company facebook
ryusiwon.net (Ryusiwon Korea Official Site)
  click! 

<大雪山系>黒岳で初雪 観測史上最も早く

2018年08月17日 12時56分34秒 | goo ニュースより
北海道・大雪山で初雪 平年より1カ月早く

10:36 朝日新聞

 北海道・大雪山系黒岳(1984メートル、上川町)で、17日未明、初雪が観測された。平年より約1カ月早いという。

 「大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ」を運行しているりんゆう観光によると、黒岳石室(いしむろ)の避難小屋(1900メートル)で、午前0時52分、管理人が雪が降っているのを観測したという。気温は0度だった。午前5時ごろには、小屋の屋根や周辺がうっすらと雪をかぶり、午前9時ごろにはほとんど解けていた。

 石室での初雪は、昨年は9月28日。平年は9月18日という。

 旭川地方気象台によると、16日から17日にかけ、前線を伴う低気圧が北海道南岸を通過し、この動きに引き込まれるように上空の寒気が下がってきたという。

 りんゆう観光は登山者に「十分に防寒対策をして登ってください」と呼びかけている。(本田大次郎)



<大雪山系>黒岳で初雪 観測史上最も早く

10:41毎日新聞

 北海道上川町にある大雪山系の黒岳(1984メートル)で17日、初雪が観測された。黒岳でロープウエーを運行する「りんゆう観光」(本社・札幌市)によると昨年(9月28日)より1カ月以上早く、観測記録が残る1974年以来最も早かった。

山頂から約700メートルの距離にある避難小屋「黒岳石室」の管理人が17日午前1時前に確認し、早朝には小屋周辺がうっすらと白くなった。これまでに一番早い記録は2002年の8月21日で、平年は9月18日という。

 札幌管区気象台によると17日朝、低気圧が東に抜けた後、北海道上空に寒気が流れ込んだ。札幌市の同日未明の最低気温は13.4度で平年より5.7度低く、9月中旬並みだった。【横田信行、阿部義正】

東京五輪・パラ マスコット名前決定、ミライトワ(オリンピック) & ソメイティ(パラリンピック)

2018年07月23日 17時50分56秒 | goo ニュースより
(TOKYO MX NEWS )


東京五輪・パラ マスコット名前決定
17:00 TOKYO MX NEWS

 2020年東京オリンピックパラリンピック組織委員会は22日、大会マスコットの名前を発表しました。オリンピックのマスコットは「ミライトワ」パラリンピックはソメイティ」です!

 千代田区で行われたマスコットのデビューイベントには、大会組織委員会の森会長や小池知事、それに千代田区の小学生らが参加しました。オリンピックのマスコット「ミライトワ」は「未来」と「永遠」の2つの言葉を結びつけて、素晴らしい未来が永遠に続くようにという願いが込められています。パラリンピックのマスコット
「ソメイティ」は、桜を代表する「ソメイヨシノ」と非常に強いという意味の「ソーマイティー」の組み合わせから決まったということです。

 小池知事は「日本、そして東京を代表するような名前が決まって、これからますます機運を高めていく、その準備が整ったという感じがする。世界中に“これが東京大会のマスコットだ”と伝わるようにいろいろ努力していきたい」と話しました。

 デビューイベントの後には「ミライトワ」と「ソメイティ」が浅草で初仕事となる水上パレードを行いました。晴海ふ頭の選手村予定地を通り小学生が待つお台場へと向かいました。子供たちは「すごくかわいかった」「未来とか日本の文化とかを象徴しているかっこいいマスコットだと思った」「オリンピックでみんなにかわいいって言ってもらいたい」と楽しんでいました。

 また、東京ミッドタウン日比谷では22日から、ぬいぐるみやTシャツなどのグッズを購入できる店が期間限定でオープンしました。

埼玉 熊谷で41度1分 国内最高を更新 熱中症に厳重警戒

2018年07月23日 17時38分01秒 | goo ニュースより
埼玉 熊谷で41度1分 国内最高を更新 熱中症に厳重警戒
14:23NHKニュース&スポーツ

東日本と西日本を中心に記録的な猛暑となり、埼玉県熊谷市では午後2時すぎに41度1分を観測し、観測史上、国内で最も高い気温となりました。東京や岐阜県、山梨県でも気温が40度を超えたところがあるなど各地で命に関わる危険な暑さになっています。熱中症に厳重に警戒してください。

気象庁によりますと東日本と西日本を中心に、23日も広い範囲で勢力の強い高気圧に覆われ、特に関東や東海で猛烈な暑さになっています。

埼玉県熊谷市では午後2時すぎに41度1分を観測し、5年前の平成25年8月に高知県の四万十市西土佐で観測された41度ちょうどを上回り、観測史上、国内で最も高い気温の記録を更新しました。

また、午後3時半までの最高気温は東京青梅市で40度8分、岐阜県多治見市で40度7分、甲府市で40度2分となっています。東京都内の観測点で40度以上を観測したのは統計を取り始めてから初めてです。

このほか、午後3時半までの最高気温は群馬県桐生市で39度9分、名古屋市で39度6分、東京の都心で39度ちょうど、京都市で38度7分と各地で35度以上の猛暑日となっています。

豪雨の被災地やその周辺でも気温が上昇していて、岡山市で37度6分、広島市と愛媛県大洲市で35度4分などとなっています。

各地で命に関わる危険な暑さになっていて、連日、熱中症と見られる症状で病院に搬送される人が相次ぎ、死亡する人も出ています。

熱中症に厳重な警戒が必要で、日中の運動は控えるほか、室内ではためらわずに冷房を使い、こまめに水分を補給して塩分も不足しないようにしてください。

特に豪雨の被災地では、環境の変化や疲れで熱中症の危険性が高まっているため、十分な対策をとってください。
【観測史上最高気温 埼玉 熊谷では】観測史上、国内で最も高い気温となる41度1分を観測した埼玉県熊谷市のJR熊谷駅周辺で、暑さについて街の人に聞きました。

専門学校に通う女子学生は、「突き刺すような暑さで肌が痛いです。暑くなると言われてはいましたが、予想以上に暑くてびっくりしました」と話していました。

また、70代の女性は、「殺人的な暑さで5分も歩くことができません。熱中症にならないよう水分をこまめにとり、なるべく家から出ないようにしています」と話していました。
【熊谷で中学生が熱中症注意喚起】また、熊谷市では地元の中学生たちが高齢者などにうちわを配りながら、熱中症に注意するよう呼びかけました。

この取り組みは、地域の人たちを熱中症から守ろうと熊谷市立江南中学校の3年生の生徒たちが企画し、23日学校の近くにある行政センターには、夏休み中の生徒12人が集まりました。熊谷市では、23日、41度1分を観測し、観測史上、国内で最も高い気温の記録を更新したほか、ことし20日目の猛暑日になるなど、厳しい暑さが続いていて、熱中症の疑いで病院に搬送される人が相次いでいます。

生徒たちは「水分は体が悲鳴あげる前」などと書かれたのぼり旗を持ち、センターに訪れた高齢者などにうちわや塩あめを配りながら熱中症に注意するよう呼びかけました。

うちわなどを受け取った69歳の女性は、「子どもたちが一生懸命になって取り組んでいたので水分や塩分をこまめにとるなど改めて熱中症に気をつけようと思いました」と話していました。


埼玉・熊谷で41.1度=国内最高、5年ぶり更新―熱中症防止を・気象庁
16:01 時事通信

 日本列島は23日、関東と東海を中心に猛烈な暑さとなった。気象庁によると、埼玉県熊谷市で午後2時16分に41.1度となり、国内の観測史上最高気温を約5年ぶりに更新した。

 これまでの最高は高知県四万十市の「江川崎」観測点で2013年8月12日に観測した41.0度。熊谷市では07年8月16日に、岐阜県多治見市とともに江川崎に次ぐ40.9度を観測したことがある。

 多治見市は今月18日に40.7度を観測したのに続き、23日も午後1時40分に40.7度を観測した。

 一方、東京都青梅市では午後1時29分に40.8度を観測し、都内で観測史上初めて40度以上を記録した。東京都心(千代田区・北の丸公園)では同34分に39.0度を観測した。

 甲府市では午後3時31分に40.3度を観測した。

 気象庁は東北南部から九州に高温注意情報を発表。水分や塩分の補給、冷房の使用などで熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 

追記。
埼玉・熊谷で41.1℃「猛暑あと2週間…」統計開始以来 7月は最も暑い


ミライトワ&ソメイティ 五輪マスコットの名前決まる

2018年07月22日 11時52分01秒 | goo ニュースより
ミライトワ&ソメイティ 五輪マスコットの名前決まる
11:12 日刊スポーツ

 2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットの名前が22日、決まった。五輪の「ミライトワ」とパラリンピックの「ソメイティ」。東京大会組織委員会が都内で行ったデビューベントで発表された。

 五輪マスコットの「ミライトワ」は「未来」と「永久(とわ)」という2つの言葉からの命名。素晴らしい未来を永遠にという願いが込められている。

 パラリンピックマスコットの「ソメイティ」は、桜の「ソメイヨシノ」と英語で「とても力強い」という意味の「so mighty」から生まれた。

 東京大会のマスコットは史上初めて小学生の投票によって決定。昨年12月に3作品が発表され、投票の結果今年2月に谷口亮氏デザインのものに決まった。組織委のマスコット審査会ではネーミングを検討し、国際オリンピック委員会(IOC)理事会の承認を経て決定。この日、正式なデビューとなった。

 「ミライトワ」と「ソメイティ」は今後、東京大会ならではのメッセージを日本中、世界中に伝える大会アンバサダーとして、さまざまな活動をする。


〔出梅〕東北北部が梅雨明け 期間降水量は平年より多く(7/20)

2018年07月20日 21時59分24秒 | goo ニュースより
〔出梅〕東北北部が梅雨明け 期間降水量は平年より多く(7/20)
11:20 レスキューナウニュース

仙台管区気象台は20日15:00、東北北部が梅雨明けしたとみられると発表しました。平年より8日早くなっています。
期間降水量は、平年の1.5倍前後に達しています。

【梅雨期間降水量】(06/11〜07/19:速報値)
        降水量/平年値(mm)
・青森      239.5 126.2  189.8%
・秋田      347.5 224.6  154.7%
・盛岡      182.0 209.6   86.8%

【各地の梅雨明け時期】(気象庁)
      2017年   平年    2018年
沖縄    06/22頃   06/23頃  06/23頃
奄美    06/29頃   06/29頃  06/26頃
九州南部  07/13頃   07/14頃  07/11頃
九州北部  07/13頃   07/19頃  07/09頃
四国    07/13頃   07/18頃  07/10頃
中国    07/13頃   07/21頃  07/09頃
近畿    07/13頃   07/21頃  07/09頃
東海    07/15頃   07/21頃  07/09頃
関東甲信  07/06頃   07/21頃  06/29頃
北陸    08/02頃   07/24頃  07/09頃
東北南部  特定しない 07/25頃  07/14頃
東北北部  特定しない 07/28頃  07/20頃

※梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。

岐阜・多治見で40.7度=40度超、5年ぶり―猛暑連続、熱中症警戒・気象庁

2018年07月18日 18時45分30秒 | goo ニュースより

岐阜・多治見で40.7度=40度超、5年ぶり―猛暑連続、熱中症警戒・気象庁
18:17 時事通信

 日本列島は18日、北海道と東北地方北部を除いて気温が上昇し、特に東海と近畿で記録的な猛暑となった。気象庁によると、18日午後2時半に岐阜県多治見市で40.7度、同19分には同県美濃市で40.6度を観測した。国内で最高気温が40度を超えたのは約5年ぶり。

 5年前の2013年8月12日には高知県四万十市の「江川崎」観測点で全国観測史上最高の41.0度を記録し、翌13日には40.0度を観測した。多治見市は07年8月16日、埼玉県熊谷市と共に観測史上2位の40.9度を観測した。

 18日に岐阜県以外で気温が高かったのは、愛知県豊田市39.7度、名古屋市39.2度、京都市39.1度。美濃市と豊田市は、それぞれの地点の最高記録となった。

 30度以上の真夏日となった所は全国観測点の7割、35度以上の猛暑日となった所は2割に上った。主要都市の最高気温は東京都心35.3度、大阪市37.0度、福岡市33.4度。

 気象庁が13日に異例の記者会見を開き、7月下旬まで猛暑と熱中症に警戒するよう呼び掛けた後、岐阜、京都両府県を中心に厳しい暑さが続いている。西日本付近が太平洋高気圧と上空のチベット高気圧に覆われているのが要因で、晴れが続いて熱がたまった状態となった。

 気象庁は19日についても、北海道と沖縄を除くほぼ全国に高温注意情報を発表。水分や塩分を小まめに取ったり、冷房を使ったりして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 

鉄道施設被害100カ所超 西日本豪雨、影響深刻

2018年07月12日 13時59分35秒 | goo ニュースより
鉄道施設被害100カ所超 西日本豪雨、影響深刻
13:38 共同通信

 西日本を中心とする豪雨 被災地で、JR西日本などの鉄道27路線の少なくとも100カ所以上に、土砂の流入や線路下の盛り土の流出など運行を阻む施設被害があったことが12日、国土交通省のまとめで分かった。橋が流された路線もあり、主要交通が寸断されたことで通勤や通学、物流など生活に大きな影響が出ているが、復旧作業の長期化も予想される。

 中国・四国地方を中心に岐阜県や京都府、九州地方まで被害が広がり、国交省の担当者は「これだけの広域被害が出たのは東日本大震災以来。降雨を原因とするケースでは初めての経験ではないか」と指摘している。

10日 四国でも梅雨明け

2018年07月10日 12時41分40秒 | goo ニュースより
10日 四国でも梅雨明け
11:07 tenki.jp

きょう(10日)、四国も梅雨明けしたとみられると発表がありました。平年より早い梅雨明けです。

四国も梅雨明け
きのう(9日)に梅雨明けが発表された九州北部、中国、近畿、東海、北陸に続き、きょう(10日)は四国も梅雨明けしました。平年より8日早く、昨年より3日早い梅雨明けです。
※梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の移り変わりの期間があります。また、梅雨入り・明けの時期は、秋に再検討され、見直されることがあります。

梅雨明け後の注意点
この先一週間も晴れる日が多く、うだるような暑さでしょう。夜間も気温が高く、体にこたえる暑さですので、体調を崩さないよう、お気をつけください。大雨の被害にあった地域では復旧作業の際も熱中症に十分注意して下さい。
梅雨明け後も気温が上がると大気の状態が不安定になり、にわか雨や雷雨の可能性があります。これまでの大雨で地盤が緩んでいる所がありますので、少しの雨でも土砂崩れの危険があります。急な斜面など、危険な場所には近づかないでください。

〔記録的豪雨〕「平成30年7月豪雨」と命名−気象庁(7/9)

2018年07月09日 17時54分15秒 | goo ニュースより
〔記録的豪雨〕「平成30年7月豪雨」と命名−気象庁(7/9)
14:20 レスキューナウニュース

9日、気象庁は 、6月28日からの台風7号や梅雨前線の影響によって、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨となり、全国各地で甚大な被害が発生したことを踏まえ、今回の豪雨の名称を「平成30年7月豪雨」を定めたと発表しました。
気象庁が顕著な災害を起こした自然現象の名称を定めたのは、昨年(2017年)7月5日から6日にかけて福岡県と大分県を中心に大きな被害をもたらした「平成29年九州北部豪雨」以来となります。

気象庁は、顕著な被害をもたらした自然現象について、その名称を定めることとしています。
気象現象では、その基準を、損壊家屋等1000棟程度以上または浸水家屋1万棟程度以上の家屋被害、相当の人的被害、特異な気象現象による被害などが発生した場合としています。

九州北部 中国地方 近畿 東海 北陸と新潟県が梅雨明け

2018年07月09日 12時51分23秒 | goo ニュースより
九州北部 中国地方 近畿 東海 北陸と新潟県が梅雨明け
11:06 NHKニュース&スポーツ

気象庁は9日午前11時、「九州北部、中国地方、近畿、東海、北陸と新潟県が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

気象庁によりますとこれらの地方ではこの先1週間程度も高気圧の影響で晴れる日が多くなる見込みです。

梅雨明けの発表は、いずれの地方も去年、平年よりも早く、九州北部が去年より4日、平年より10日、中国地方と近畿が去年より4日、平年より12日、東海が去年より6日、平年より12日、北陸と新潟県が去年より24日、平年より15日早くなっています。




追記。
〔出梅〕九州北部から北陸地方にかけて梅雨明け 期間降水量は平年より多く(7/9)
07月09日 18:45 レスキューナウニュース

気象庁は9日11:00、九州北部地方、中国地方、近畿地方、東海地方、北陸地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。各地の梅雨明けは平年より10〜15日、昨年より4〜24日、それぞれ早くなっています。
期間降水量は、平年よりかなり多くなったところがあります。

【各地の梅雨明け時期】(気象庁)
      2017年   平年    2018年
沖縄    06/22頃   06/23頃  06/23頃
奄美    06/29頃   06/29頃  06/26頃
九州南部  07/13頃   07/14頃
九州北部  07/13頃   07/19頃  07/09頃
四国    07/13頃   07/18頃
中国    07/13頃   07/21頃  07/09頃
近畿    07/13頃   07/21頃  07/09頃
東海    07/15頃   07/21頃  07/09頃
関東甲信  07/06頃   07/21頃  06/29頃
北陸    08/02頃   07/24頃  07/09頃
東北南部  特定しない 07/25頃
東北北部  特定しない 07/28頃

※梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。