*** 『幸せ』ですか !? ***

薄れていく記憶をここに...
リュ・シウォンさんのファンなの~!

^^

笑う門には福来る.
ウスミョン ポギ ワヨ.



☆ 気象庁 高解像度降水ナウキャスト ☆

*^^*更新グッズ

*^^*2015.10.25


. .

オンラインユーザーカウンター by   Simple Free Counters
コメントには住所や電話番号等記入されない事を望みます ...
コメント等管理人の判断で削除もあり、自らロム専もありです.ヨロシク!...
文章がおかしくても、さらーっと読んで下さればと思います。
いつもありがとうございます。

************************************************************************
F1 KoreanGrandPrix
Formula 1- The Official F1 Website (英語です)
KOREA SPEED FESTIVAL
************************************************************************
青森出発から(2004年8月1日(日)8:00)
gooブログ開設日:2005年11月08日(火)
アメブロ:2008.5.7(水) 13:39:43(blog8/6スタート)
福岡出発から(2010年2月11日(金)12:30)
Twitter(2010.8.31(火) 17:01:47 から
FB(2011.7.2(土)21:22:45)
************************************************************************
XTM - 2015 CJ SUPERRACE
米子市の天気 - 日本の鳥取のAccuWeather天気予報 (JA)
米子(ヨナゴ)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp
気象庁 Japan Meteorological Agency
地震情報 - goo 天気
米子市にようこそ…「米子市ホームページ」
米子いんふぉねっと『暮らしと観光ガイド』
鳥取県西部広域行政管理組合消防局
震災関連情報をTwitterで入手 フォローしておきたいアカウントリスト

R's Company facebook
ryusiwon.net (Ryusiwon Korea Official Site)
  click! 

(@_@)

2018年04月24日 16時43分41秒 | Ryu Siwon...*^^*



この記事をはてなブックマークに追加

第1戦: [イ・ジュサンのeファインダー]レーサーとモデル、'男と女でない同僚であり家族のような存在!'

2018年04月24日 10時06分06秒 | Ryu Siwon...*^^*
(翻訳機使用)

스포츠서울 2018.04.24. 07:29
[이주상의 e파인더]레이서와 모델, '남자와 여자가 아닌 동료이자 가족같은 존재!'
[イ・ジュサンのeファインダー]レーサーとモデル、'男と女でない同僚であり家族のような存在!'

(画像)
チーム106のモデル キム・ダナがスーパー6000クラス スタートに先立ちリュ・シウォンに向かってファイティングを叫んでいる。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

[スポーツソウル文写真龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者] “レーサーは大胆だったし、モデルは涙をばらまいた”

去る22日京畿道龍仁ヨンインスピードウェイで‘2018 CJスーパーレース チャンピオンシップ’が開かれた。 スーパーレースのハイライトは最上位スポーツカーであるストックカーが競演を行う‘スーパー6000’クラスであった。 23台のストックカーが時速250kmの轟音を出してスタート ラインを沸いた。 だが、1ラップを回っている間俳優兼レーサーで活動しているリュ・シウォンの車両が後続車の強力な追突で防御域に閉じ込められる事故が起きた。 前部が大きくゆがんでその衝撃でドアが開かなくてリュ・シウォンは身動きもせず車中に閉じ込められていなければならなかった。 幸い安全要員が駆け付けてリュ・シウォンを救助した。

リュ・シウォンは昨年レーサーとして公式競技にだけ100回を出場して‘100クラブ’に加入した20年経歴のベテランだったが予想できない追突でシーズン開幕戦が壊れてしまった。 自身の所属チームである‘チーム106’ブースでリュ・シウォンは“スタートがとても良くて期待が大きかった。 予想できないことが広がって惜しいがレースの一部分だと考える”として淡々と話した。 だが、そばで生放送を通じて事故転末を目撃したモデル キム・ジミンは“昨年チームが振るわなかった。 監督様がたくさん準備した。 スタートが良くてチーム員が浮き立っていたが突然事故にとても残念だった”としてずっと涙を浮かべた。

大胆なレーサーと涙を流すモデル. 1万人余りの観衆が殺到したサーキットでレーサーとモデルは同苦同楽を繰り返す。 すばらしく見えるようなレーサーは自身の成績によりスポンサーシップの規模が変わるので重大な責任感を持つほかはなくて、派手に見えるようなモデルも‘チームの花’、‘サーキットの花’でないレーサー、メカニックと共にあらゆる嫌なことを拒まないチーム員で多くの役割を遂行しなければならない。

チーム106の監督であり選手で活動しているリュ・シウォンは“レーシング大会が男たち中心に組まれている。 モデルはそのような雰囲気をやわらかくする役割をして合わせてチームを知らせるのに大きい役割をする”として“レーサーはどうしてもレーシングに集中するほかはない。 スポンサーシップなど後援企業を広報するにはモデルの役割が大きい。 単に顔とスタイルが美しい‘人形のような人’でない数多くのことをやり遂げる大切な存在だ”と話した。

チーム106のモデルで活動しているキム・ジミンは“時間が過ぎるほどチームに対する愛情が大きくなって行く。 モデルでないチーム員として多くの役割をして自負心を感じることになる。 他のチームで一緒に仕事をしようとしながら提案がくるけれどもそんなことは絶対起きることはできない”としてチームに対する深い愛情を表わした。


シージェイロジスティックス レーシングチームの女性レーサーで活動している俳優イ・ファソンは“選手、メカニック、モデルはレーシング大会で必ず必要な‘三位一体’のような存在だ。 試合が開かれる日には選手とメカニックは非常に鋭敏になるほかはないので観衆らと簡単に疎通するのが容易でない”として“モデルは大衆と一緒にしてチームを知らせて疎通を導いてくれる。 美貌を誇る人々でないチームに代わって観衆らと直接的に疎通する人々だ”と話した。 引き続き“同じ女性として暇が出来る時ごとに悩みをさらけ出してお互いを励まして応援してくれる。 特にソーシャル メディアに文と写真が上がってくれば互いに‘良いです’を押したり応援コメントをするなど濃い同僚の愛を発揮することになる”として笑った。


ストックカークラスの強者であるエクスタレーシングチームには4人のモデルが活動している。 ユジンは5年目、イ・ヒョヨンは4年目、ユ・ダヨンとパン・ジヒは3年目でチームとねばっこい友情を結んでいる。

最古参であるユジンは“他のチームで仕事をして見たことがない。 私にチームはエクスタレーシングチームだけだ。 チームの看板であるチョン・ウィチョル選手を‘ケア’ということが私の任務だ。 常に良い成績を維持するように力を加えることが私の役割だ”と話した。

9年経歴のモデル イ・ヒョヨンは“競技をするたびに‘私の競技’という気がする。 緊張を解くようにして‘ファイティング’を叫んで気を呼び込もうとする。 選手たちがどれくらい苦労したかを分かるので母性愛が感じられる時もある。 モデル仕事を終わらせる時まで一緒にしたい”としてチームに対する愛情を現わした。

178cmのスマートなラインとあどけない容貌を自慢するパン・ジヒは“チームのレーサーである日本出身の井手有治が静かな性格だ。 日本語で‘スゴイ’、‘ファイト また’と話せばとても良いです”としてノウハウを教えることもした。

悩殺的な目つきで有名なユ・ダヨンは“レーサーは守らなければならない存在、家族のような存在だ。 太陽の光が熱かったり、雨が降れば止めるなど選手たちが良いコンディションを維持して、良い成績が出てこれるように黙黙とそばで助けなければならない”として自身の役割を聞かせた。

エクスタレーシングチームを代表する選手であるチョン・ウィチョルは“選手とモデルという二分法ではなく家族のような存在だ。 お互いを励まして頼る。 弟のように、姉のようによく対してくれる。 特に背が高くて強固だ”とパッと笑って同僚に向かって親指を立てるポーズをした。

(画像)
エクスタレーシングチームのユジンとイ・ヒョヨン(右側)がチョン・ウィチョル選手とともにグリッドウォークを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(*画像*)
チーム106のキム・ミジンとキム・ダナ(右側)がリュ・シウォン選手とともにグリッドウォークを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
アトラスBXのチョン・ジュミとハン・ジオ(右側)がチョ・ハンウ選手とともにグリッドウォークを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
シージェイロジスティックス レーシングチームのイ・ファソンがモデル イ・ダリョンと共にグリッドウォークを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
ジュンフィティッドのユン・ヒソンがパク・ヒチャン選手とともにグリッドウォークを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
CJスーパーレースの本部モデルであるソイが招待お客さんである俳優イ・サンユンと共に行事を進めている。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
アトラスBXのチョン・ジュミがファンの要請で撮影に応じている。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
チーム106のキム・ミジンとキム・ダナ(右側)がファンたちと共にフォトタイムを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
エクスタレーシングチームのパン・ジヒがファンたちと共にフォトタイムを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
エクスタレーシングチームのユ・ダヨンが井手有治 選手とともにグリッドウォークを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
モデル イ・ヒョヨンがフォトタイムを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
エクスタレーシングチームのユジン、チョン・ウィチョル選手とともにグリッド ウォークを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
チーム106のキム・ダナがリュ・シウォンと共にフォトタイムを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
チーム106のキム・ミジンがファンたちと共にフォトタイムを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
エクスタレーシングチームの監督である歌手キム・ジンピョがモデル ユ・ダヨンと共にフォトタイムを消化している。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

(画像)
エクスタレーシングチームの井手有治がスーパー6000クラスで優勝した後ポディウムに上がるとすぐにキム・ジンピョ監督をはじめとしてモデル ユ・ダヨンとパン・ジヒが走るように喜んでいる。 龍仁(ヨンイン)|イ・ジュサン記者rainbow@sportsseoul.com

この記事をはてなブックマークに追加

リュ・シウォンのメモリーズ インタビューSP (YouTube)

2018年04月24日 08時47分19秒 | Ryu Siwon...*^^*
"リュ・シウォンのメモリーズ インタビューSP" を YouTube で見る


この記事をはてなブックマークに追加

第1戦: スーパーレース1Rキャディラック6000,オ・イルギ シーズン優勝...チーム'最初'

2018年04月23日 20時52分36秒 | Ryu Siwon...*^^*
(翻訳機使用)

서울파이낸스 2018.04.23 20:21


슈퍼레이스 1R 캐딜락 6000, 오일기 시즌 우승...팀 '최초'
スーパーレース1Rキャディラック6000,オ・イルギ シーズン優勝...チーム'最初'

(画像 11car)
▲スーパーレース キャディラック6000クラス1位を占めたオ・イルキ選手の走行場面. (写真=JP WORKS)

井手有治、黄旗区間追い越しペナルティ+30秒…1位で6位に降格

[ソウルファイナンス(龍仁(ヨンイン))クォン・ジンウク記者] スーパーレース最上位クラスであるキャディラック6000クラスはクムホタイヤの完ぺきな勝利で終わった。

CJ大韓通運スーパーレース チャンピオンシップ2018(以下スーパーレース)が22日京畿道(キョンギド)ヨンインエバーランド スピードウェイ(1ラップ=4.346km)でシーズンを知らせる開幕戦が開催された中でキャディラック6000クラス決勝戦が進行された。 この日進行された決勝戦でオ・イルギ(E&Mモータースポーツ. クムホタイヤ)は開幕戦初優勝でありE&Mモータースポーツ チームに最初優勝を抱かれた。

キャディラック6000クラスは合計23台のストックカーがローリング スタートで合計21ラップに進行された。 予選でポール・ポジションを占めたチョン・ウィチョル(エクスタレーシング、クムホタイヤ))が前に出た中で井手有治イとチョン・ヨンイル(E&Mモータースポーツ)が2位を置いて競技序盤から競争を広げた。 レース途中チョン・ヨンイルが隙間を見せる瞬間予選戦に困難を見せたチョ・ハンウ(アトゥラスBXレーシング、韓国タイヤ)が3位にのぼってレースは新しい局面を迎えた。

(画像)
▲スーパーレース キャディラック6000クラス決勝戦スタート場面. (写真=JP WORKS)

(画像)
▲スーパーレース キャディラック6000クラス決勝戦オープニングラップ走行場面. (写真=クォン・ジンウク記者)

最上位クラスらしくオープニングラップから一寸の譲歩なしでレースで競技場を訪ねた観覧客にモータースポーツの妙味を見せてくれた。 特に中位圏でレースを広げたチョン・フェウォンが2番コーナーから抜け出してスピンをリタイアをしたし3番コーナー進入時今年のシーズン一人立ちに出たリュ・シウォン(チーム106)がチャン・ヒョンジン(ソハンパープル モータースポート)と追突をしながらレースは瞬間血なまぐさい場所になった。 事故の余波で車両に大きい破損を圧力はリュ・シウォンは結局オープニングラップでリタイアして残念な思いをした。

競技は止まらなくてずっと進行された。 黄色期が発令されたし以後チョン・ウィチョルはチーム同僚である井手有治に追い越しにあって2位に降りてきた。 合計21ラップを回るキャディラック6000クラスの見る面白味は競技序盤3位を置いてチョ・ハンウとチョン・ヨンイル、キム・ジョンギョムとオ・イルギ(E&Mモータースポーツ)の4巴戦に集中した。 4人のドライバーが広げる順位競争にファン・ジンウ(CJロジスティックス レーシング)が後に従ってサーキットをより一層熱い熱したし競技場を探した観覧客の歓呼が聞こえ始めた。

(画像 11car)
▲スーパーレース キャディラック6000クラスで1位を占めたオ・イルギが走行する場面. (写真=クォン・ジンウク記者)

井手有治はチョン・ウィチョルと距離を広げ始めた。 席を渡したチョン・ウィチョルは力走したし3位圏の距離が4秒以上違いが生じながら井手有治とともに1,2位を継続した。 3位を置いて競争した選手たちも6ラップに入ってチョン・ヨンイルがチョ・ハンウを抜いて3位に上がったし同じチーム オ・イルギもキム・ジョンギョム(アトゥラスBX)を追い越し、5位に順位を引き上げてクムホ
タイヤを装着したエクスタレーシングチームが韓国タイヤ勢いを押し始めた。 3位にのぼったチョン・ヨンイルはチョ・ハンウと距離を広げ始めたが先頭圏と距離はすでに遠ざかった状態であった。

競技が中盤に入って中位圏に位置したキム・ウイス(CJ第一製糖)が先んじた柳田真孝(アトゥラスBXレーシング)を追い越して10位圏までのぼった。 井手有治、チョン・ウィチョル、チョン・ヨンイル、オ・イルギ順で先頭圏はレースを継続したし5位を置いて競争を広げたチョ・ハンウ、キム・ジョンギョム間にファン・ジンウが加勢してアトゥラスBXチームには残ったラップが力に負えない時間になった。

(画像 7car)
▲スーパーレース キャディラック6000クラスでペナルティ+30秒を受けて1位から6位に降格された井手有治選手の走行場面. (写真=クォン・ジンウク記者)

(画像 11car)
▲スーパーレース キャディラック6000クラス1位を占めたオ・イルギ選手の走行場面. (写真=クォン・ジンウク記者)

(画像 6car)
▲スーパーレース キャディラック6000クラスで2位を占めたチョン・ウィチョル選手の走行場面. (写真=クォン・ジンウク記者)

(画像 01car)
▲スーパーレース キャディラック6000クラス決勝戦で3位を占めたチョ・ハンウ選手の走行場面. (写真=クォン・ジンウク記者)

井手有治は予選1位に決勝に上がった同じチーム チョン・ウィチョルと5秒以上広げていったし4位にあったオ・イルギもチョン・ヨンイルを追い越して3位にのぼってベテランの老練味を見せて新しい流れを作り始めたし中位圏にキム・ウイス(CJ第一製糖レーシング)を追い越した柳田(アトゥラスBX)は無理な追い越しでスピンをして順位圏で後に押し出された。

スーパーレース開幕戦が開かれるヨンインサーキットでクムホタイヤは強い姿を見せた。 競技序盤から1位を維持した井手有治(エクスタレーシング)と2位チョン・ウィチョルは後半に行くほど自身のペースを維持して安定したドライビングを広げた。 ペースを上げようとしていたチョン・ヨンイルは車両に問題があるようにスピードを出せなかったしその隙間にチョ・ハンウとキム・ジョンギョムは4,5位に一段階のぼった。 再び再整備をしてレースに臨もうとしていたチョン・ヨンイルはファン・ジンウに追突にあってコース離脱してしまった。 以後チョン・ヨンイルは4位から11位に落ちて車両整備のためにピットに入った。

(画像 81car)
▲スーパーレース キャディラック6000クラス予選3位を占めたE&Mチョン・ヨンイル選手の走行の姿. (写真=クォン・ジンウク記者)

(画像)
▲キャディラック6000クラスでチョン・ウィチョル、井手有治、チョン・ヨンイル、チョ・ハンウが2番コーナーを抜け出た. (写真=クォン・ジンウク記者)

(画像 99car)
▲キャディラック6000クラス決勝戦で現代レーシングチーム キム・テフンが走行する姿. (写真=クォン・ジンウク記者)

(画像 74car)
▲スーパーレース キャディラック6000クラス チーム フクス チェ・ジャンハンが13位を占めた。 (写真=クォン・ジンウク記者)

最上位クラスらしく最後のラップをいくら残さないで先頭圏戦いは激しかった。 2位チョン・ウィチョルが速度が落ちたように上昇の勢いにあったオ・イルギに席を渡してチョン・ウィチョルは3位に押し出された。 7グリッドから出発して2位まで上がってきたオ・イルギだが先頭である井手有治との距離はこれ以上狭めることができなく見えた。 オ・イルギの同じチーム同僚であるチョン・ヨンイルもあきらめないで再び復帰して観衆に歓呼を受けた。 だが、チョン・ヨンイルは順位よりは完走に注力するようだった。

結局、3ラップから21ラップまでずっと井手有治が先頭席を出さないで完ぺきなレースでポディウム頂上で優勝トロフィーを持ち上げたし、その後 オ・イルギとチョン・ウィチョルがそれぞれ開幕戦2,3位にポディウムに上がった。 ポディウム セレモニーまで終えたキャディラック6000クラスの公式記録は大会が終わった後の19時51分審査委員長の承認落ちた。 優れた技量を見せた井手有治にペナルティ適用(黄色旗追い越し30秒)させ井手有治は1位から6位に降格された。

(画像)
▲キャディラック6000クラス決勝戦暫定記録に進行された授賞式場面. 公式結果は1位オ・イルギ、2位チョン・ウィチョル、3位チョ・ハンウに決定された。 (写真=クォン・ジンウク記者)

これによって2位にポディウムに上がったオ・イルギが開幕戦優勝でチームとドライバーにクラス初優勝を抱かれたしチョン・ウィチョルが2位に確定したしチョ・ハンウが3位に競技を終えた。 国内を代表する大会を総括する審査委員のはやくない判断は開幕戦で大きい残念(物足りなさ)として残った。

次のスーパーレース2ラウンド競技は来る5月5日と6日両日間霊岩(ヨンアム)、コリア インターナショナルサーキットで進行される。

この記事をはてなブックマークに追加

第1戦: スーパーレース開幕厄払い?'リュ・シウォン初競技初ラップ'追突事故ひやり'

2018年04月23日 19時52分45秒 | Ryu Siwon...*^^*


(翻訳機使用)

지피코리아 2018.04.23 15:39
'슈퍼레이스 개막 액땜?' 류시원 첫경기 첫랩 '추돌사고 아찔'
'スーパーレース開幕厄払い?' リュ・シウォン初競技初ラップ'追突事故ひやり'

(画像)

今シーズン カーレーシング デビュー20年目をむかえた韓流スター兼レーサーリュ・シウォン(チーム106)が22日龍仁(ヨンイン)スピードウェイで開かれたCJ大韓通運スーパーレース キャディラック6000クラス開幕戦でくらっとした事故に遭った。

リュ・シウォンは初ラップを回っている間後車が追突したせいで防護壁にぶつかる不運を体験した。

幸い負傷はなかったが2018新しいシーズン最初の競技の初めての輪で事故に遭って今シーズンあらかじめ厄払いをしたのではないかという周辺の慰労と激励があふれた。

(画像)
(画像)
(画像)
(画像)
(画像)
(画像)
(画像)

この記事をはてなブックマークに追加

第1戦: チャンネルAスポーツ 2018CJ大韓通運スーパーレース チャンピオンシップ1回【YouTube】

2018年04月23日 16時40分08秒 | Ryu Siwon...*^^*
"채널A 스포츠 2018 CJ대한통운 슈퍼레이스 챔피언십 1회" を YouTube で見る


(チャンネルAスポーツ 2018CJ大韓通運スーパーレースチャンピオンシップ1回)

この記事をはてなブックマークに追加

race_team106 インスタより (4/23)

2018年04月23日 15時33分36秒 | Ryu Siwon...*^^*
画像 10枚。



15:25

#2018 슈퍼레이스 챔피온쉽😎
#TEAM106 #엔트리72
#슈퍼6000클라스😉

#아쉬운 경기...하지만 얻은것도 많았던...
#2전에는 더멋진 모습 보여드릴께요~!!
많은 응원 감사합니다~!!

#RYUSIWON #ryusiwon #류시원
#ryusiwon106 #팀106 #TEAM106 #team106
#류시원인스타 #KOREA

この記事をはてなブックマークに追加

第1戦: E&Mモータースポーツ オ・イルギ、キャディラック6000初優勝

2018年04月22日 23時50分22秒 | Ryu Siwon...*^^*



2018 CJ大韓通運スーパーレース チャンピオンシップ キャディラック6000 1ラウンドは異変の中で幕を下ろした。 エバーランド スピードウェイ(1ラップ4.346km) 21ラップ決勝はエクスタレーシング 井手有治に初めてのチェッカー旗を送ったが、レース終了後順位が大きくさかさまになったためだ。

暫定1位井手有治イが不運を迎えた反面、暫定2~4位ドライバーは順位を一つ階段ずつ上げた。 これに伴うキャディラック6000 1ラウンド ポディオム ドライバーはオ・イルギ、チョン・ウィチョル、チョ・ハンウ. 今年E&Mモータースポーツ移して初めての競走を行ったオ・イルギはキャディラック6000デビュー後初めて優勝の光栄を享受したし、チョン・ウィチョルとチョ・ハンウも2018シリーズ開幕戦をポディオム フィニッシュで終えた。

タイヤ対決で予選と決勝さらったクムホタイヤ完勝
スーパーレース チャンピオンシップ看板種目、キャディラック6000開幕戦決勝はエクスタレーシング デュオの強攻で始まった。 予選ワン・ツー チョン・ウィチョルと井手有治がオープニングラップからレース隊列をリードしてワン・ツーフィニッシュに向かって猛攻に入ったのだ。 3ラップ以後二人の選手の順位が変わったが、エクスタ ワン・ツーに揺れるということはなかった。

しかし決勝終盤に入り込んでエクスタレーシング ワン・ツーに亀裂ができた。 7グリッドから出発した後粘り強く順位を引き上げたオ・イルギが10ラップ目エクスタデュオ間に食い込んだのだ。 この順位は21ラップ チェッカー旗が発令される時までそのまま維持されて、井手有治が2018シリーズ開幕戦暫定1位に上がった。 暫定2,3位はオ・イルギとチョン・ウィチョル.

しかし決勝が終わった後審査過程で井手有治は黄旗区間追い越しにともなう30秒ペナルティを受けた。 これによって井手有治イは6位に転がり落ちたし、オ・イルギが開幕戦優勝トロフィーを占めることになった。 チョン・ウィチョルの最終順位は2位. 予選4位チョ・ハンウは決勝した時5位圏に押し出されたが、チャンピオンの貫ろくを発揮して3位を記録した。

アトゥラスBXレーシング キム・ジョンギョムは1ラウンド4位. 2017 GT1チャンピオン タイトルを持って新しいチームで移籍したキム・ジョンギョムは第一製糖レーシングのキム・ドンウンボより先立ってフィニッシュラインを分けた。 スーパー6000 3回タイトルを保有したキム・ウイスは決勝7位. 昨年このクラス2勝を記録した柳田真孝がその後に従った。

ソハン-パープルモータースポート キム・ジュングンは力走を繰り返したあげくポイント フィニッシュを編み出した。 21日予選を正常に履行できないために23グリッドから出発したキム・ジュングンは強力な意志を燃やして順位引くのにまい進した結果9位にランクされた。 引き続きCJロジスティックス レーシング ファン・ジンウがキャディラック6000開幕戦トップ10を終えた。

惜しくトップ10をのがしたドライバーはハンター-ラクロ レーシング キム・ジャンレ。 オープニングラップで順位を大きく操り上げた後落ち着いて決勝を行ったキム・ジャンレは2018キャディラック6000開幕戦で印象的な走行を広げて11位に名前を上げた。

パク・ジョンジュンは12位. チーム創立後初めての競走を行ったフックス モータースポーツ ユーロ チーム チェ・ジャンハンは13位にランクされたし、一度ピットインして復帰したキム・ジェヒョンは15位に開幕戦を終えた。 一方、チーム106リュ・シウォンは1ラップで起きた追突事故後リタイアしたし、チョン・フェウォン、青木孝行、キム・ミンサン、キム・テフンもエバーランド スピードウェイでフィニッシュ チェッカー旗を受けることができなかった。

クムホと韓国のタイヤ対決ではクムホタイヤが完勝をおさめた。 予選ワン・ツー、予選10位圏中7人がクムホタイヤを選択して善戦を広げたし、決勝ドライバーのうち6人がクムホタイヤを申告 トップ10に入った。

2018 CJ大韓通運スーパーレース チャンピオンシップ キャディラック6000 1ラウンド決勝記録
1 オ・イルギ / E&Mモータースポーツ/ クムホ/ 42分01.919秒
2 チョン・ウィチョル/ エクスタレーシング/ クムホ/ 42分05.166秒
3 チョ・ハンウ/ アトゥラスBXレーシング/ 韓国/ 42分09.994秒
4 キム・ジョンギョム/ アトゥラスBXレーシング/ 韓国/ 42分15.510秒
5 キム・ドンウン/ 第一製糖レーシング/ クムホ/ 42分18.560秒
6 井手有治/ エクスタレーシング/ クムホ/ 42分21.445秒
7 キム・ウイス/ 第一製糖レーシング/ クムホ/ 42分43.853秒
8 柳田真孝/ アトゥラスBXレーシング/ 42分44.971秒
9 キム・ジュングン/ ソハン-パープルモータースポート/ 韓国/ 42分45.693秒
10 ファン・ジンウ/ CJロジスティックス レーシング/ クムホ/ 42分53.668秒
※ 4月22日、エバーランド スピードウェイ 1ラップ=4.346km、21ラップ




オ・イルギ(イーアンドエムモータースポーツ)が2018 CJ大韓通運スーパーレース チャンピオンシップ開幕戦キャディラック6000クラス主人公で決定になった。

21日エバーランド スピードウェイ(4.346km)で開かれた予選で7位をしたオ・イルギは22日同じ場所で続いた大会決勝戦で5階段を跳ね上がって42分01秒919の記録で井手有治(エクスタレーシング. 41分51秒445)に続き二番目にチェッカー旗を受けた。 2位成績も非常に良い結果だったが 思うことが出来なかった異変が広がった。 競技後審査を経て追い越しを禁止する黄色旗が発令された時 井手有治が追い越しをしたのが確認された。 これに伴い、井手有治が30秒加算のペナルティを得ることになってオ・イルギが1位にのぼることになった。 2位はチョン・ウィチョル(42分05秒166),授賞台セレモニーに参加できなかったディフェンディング チャンピオン チョ・ハンウ(アトゥラスBX. 42分09秒994)が3位をした。

今年のシーズンを準備してイーアンドエムモータースポーツはドライバーラインナップを変えて車のデザインも新しくして雰囲気を変えた。 メディアデー当時選手たちと専門記者団の質問結果を通じて先頭競争を行う‘3強’の一つの軸に選ばれるほど今年のシーズンに対する周辺の期待が小さくなかった。 そのような期待に応じるようにオ・イルギは決選で‘3強’に含まれるほどの十分な資格を証明した。 これに加えて今年のシーズン初めて制定された‘フェアプレイ賞’の初代受賞者になる重慶事を享受した。

フェアプレイ賞は昨年持病で運命を別にある故ソ・スンボム君が同僚に伝える賞なので格別な意味がある。 故ソ・スンボム君の家族と生前に彼を好きだった友達、同僚は同意を集めて‘ソ・スンボム レーサー記念事業会’を構成した。 記念事業会は今年のシーズン毎ラウンドごとにたとえ順位圏の外であっても不屈のスポーツ精神を見せたドライバーに賞を授けることにした。 キャディラック6000選手を対象にメディア投票を通じて授賞するフェアプレイ賞は今年のシーズン毎ラウンド授賞する予定だ。

この記事をはてなブックマークに追加

第1戦: 決勝日 2018.04.22 -3

2018年04月22日 22時51分15秒 | Ryu Siwon...*^^*

各クラス決勝結果



BMW M 決勝結果




ASA GT 決勝結果





Cadillac6000 決勝結果




Cadillac6000 決勝結果
1. No.11 オ・イルギ(イーアンドエムモータースポーツチーム)
2. No.06 チョン・ウィチョル(エクスタ)
3. No.01 チョ・ハンウ(アトゥラスBXレーシング)
4. No.09 キム・ジョンギョム(アトゥラスBXレーシング)
5. No.02 キム・ドンウン(第一製糖レーシング)
6. No.07 井手有治(エクスタ)
7. No.17 キム・ウィス(第一製糖レーシング)
8. No.08 柳田真孝(アトゥラスBXレーシング)
9. No.83 キム・ジュングン(ソハンパープルモータースポーツ)
10. No.12 ファン・ジンウ(シジェイ ロジスティックス レーシング)
11. No.31 キム・ジャンレ(ラクロレーシング)
12. No.77 パク・ジョンジュン(ジュンフィティッド)
13. No.74 チェ・ジャンハン(チームフックス)
14. No.51 ハ・テヨン(ディーアールモータースポーツ)
15. No.88 キム・ジェヒョン(シジェイ ロジスティックス レーシング)
16. No.66 チャン・ヒョンジン(ソハンパープルモータースポーツ)
17. No.23 キム・ジュンウ(オートシティレーシング)
18. No.81 チョン・ヨンイル(イーアンドエムモータースポーツチーム)

Not classified
DNF No.99 キム・テフン(現代レーシング)
DNF No.05 キム・ミンサン(チームフックス)
DNF No.03 青木孝行(インジェレーシング)
DNF No.72 リュ・シウォン(チーム106)
DNF No.37 チョン・フェウォン(ソハンパープルモータースポーツ)

Announcements
#72, #7, #1, #8, #12
(*画像を読み取れないから😅)

#72 oo oo 禁止違反ペナルティ: 警告 (#72 #66 oo 審議結果)
#7 競技信号違反(黄旗区間追越)ペナルティ: +30秒
#1 #81 oo : 競技中 Racing accident 状況で oo oo
#8 oo oo 違反ペナルティ: +25秒 (#8 #17 oo 審議結果)
#12 oo oo 違反ペナルティ: +30秒 (#12 #81 oo 審議結果)
その他 oo 審議結果: 競技中 Racing accident 状況で oo oo


Cadillac6000 ウォームアップ



Cadillac6000 決勝 公式
















この記事をはてなブックマークに追加

第1戦: 決勝日 2018.04.22 -2

2018年04月22日 19時15分26秒 | Ryu Siwon...*^^*

動画






グリッドウォーク
























イ・サンユンさん































































































この記事をはてなブックマークに追加