katsunori.jp独自ドメインは2013年解約済木村勝則税理士滋賀県高島市と関係はありません!

木村勝則税理士ITC事務所名刺アドレス
www. katsunori. jp は
メールも2013年にすべて解約済

経営者にいい続ければ気づく時期がある。

2005-08-23 00:14:38 | Weblog
経営者にいい続ければ気づく時期がある。
いくらすばらしいアドバイスをしても
経営者が気づかないと行動も変わらないし、
企業は変わらない。
変化の激しい時代に
企業が瞬時に対応しないと
発展は望めない。
経営者は判断の連続であり、
この判断の基準は大量に収集された情報と
経営者の腹をくくった決断だと気づく。
伸びている経営者は勢いがある。
見ているとハラハラするが、
はらをくくっているので経営者自身は落ち着いている。
成功しているときには、人の意見をなかなか
受け入れてない場合が多いが、
きっと経営者にいい続ければ気づく時期がある。
逆に失敗して落ち込んでいるいる時期の方が
気づいてもらえるときがあるように感じるのは
私だけだろうか。
木村勝則www.katsunori.jp



参考リンク : http://katsunori.jp
コメント

経営者にいい続ければ気づく時期がある。

2005-08-23 00:13:56 | Weblog
経営者にいい続ければ気づく時期がある。
いくらすばらしいアドバイスをしても
経営者が気づかないと行動も変わらないし、
企業は変わらない。
変化の激しい時代に
企業が瞬時に対応しないと
発展は望めない。
経営者は判断の連続であり、
この判断の基準は大量に収集された情報と
経営者の腹をくくった決断だと気づく。
伸びている経営者は勢いがある。
見ているとハラハラするが、
はらをくくっているので経営者自身は落ち着いている。
成功しているときには、人の意見をなかなか
受け入れてない場合が多いが、
きっと経営者にいい続ければ気づく時期がある。
逆に失敗して落ち込んでいるいる時期の方が
気づいてもらえるときがあるように感じるのは
私だけだろうか。
木村勝則www.katsunori.jp



参考リンク : http://katsunori.jp
コメント

経営者にいい続ければ気づく時期がある。

2005-08-23 00:11:34 | Weblog
経営者にいい続ければ気づく時期がある。
いくらすばらしいアドバイスをしても
経営者が気づかないと行動も変わらないし、
企業は変わらない。
変化の激しい時代に
企業が瞬時に対応しないと
発展は望めない。
経営者は判断の連続であり、
この判断の基準は大量に収集された情報と
経営者の腹をくくった決断だと気づく。
伸びている経営者は勢いがある。
見ているとハラハラするが、
はらをくくっているので経営者自身は落ち着いている。
成功しているときには、人の意見をなかなか
受け入れてない場合が多いが、
きっと経営者にいい続ければ気づく時期がある。
逆に失敗して落ち込んでいるいる時期の方が
気づいてもらえるときがあるように感じるのは
私だけだろうか。
木村勝則www.katsunori.jp



参考リンク : http://katsunori.jp
コメント

経営者にいい続ければ気づく時期がある。

2005-08-23 00:10:38 | Weblog
経営者にいい続ければ気づく時期がある。
いくらすばらしいアドバイスをしても
経営者が気づかないと行動も変わらないし、
企業は変わらない。
変化の激しい時代に
企業が瞬時に対応しないと
発展は望めない。
経営者は判断の連続であり、
この判断の基準は大量に収集された情報と
経営者の腹をくくった決断だと気づく。
伸びている経営者は勢いがある。
見ているとハラハラするが、
はらをくくっているので経営者自身は落ち着いている。
成功しているときには、人の意見をなかなか
受け入れてない場合が多いが、
きっと経営者にいい続ければ気づく時期がある。
逆に失敗して落ち込んでいるいる時期の方が
気づいてもらえるときがあるように感じるのは
私だけだろうか。
木村勝則www.katsunori.jp



参考リンク : http://katsunori.jp
コメント

経理とは、経営管理の略である。

2005-08-19 23:02:20 | Weblog
経理とは、経営管理の略である。
簿記は、帳簿記入の略であり、
会計は会社計算の略である。
よく、私は講義のネタに使う。
コンピュータ会計が進み、
パソコン会計となり、
入力の端末が携帯電話や端末リーダを使用する
企業が登場した。
コンビニがまさにその典型例である。
まさに電子がキワードの電子会計
の世界がやってきた。
零細企業においても
自らの手でデータを入力し、
瞬時にデータを把握することが大切である。
会計は本来、税務と切り離されて
真の経営の指針になりえるものであったが、
中小零細の経理、会計は税務会計に引きずり込まれていた。
わが国の中小会計は税務を対象にした財務会計であった。
しかし、「中小企業の会計に関する指針」が
日本税理士会連合会等の答申で確定した。
これからの会計処理の指針となる。
税務を意識しない経営を管理するための会計が
中小企業でもスタートする。
金融機関等の利害関係者、ステイクホルダーはこの会計基準により判断を
することのなるだろう。
会計が本来の機能をとり戻し始めている。
コンピュータ会計によって瞬時にデータを
時間のずれなく管理することは、
財務会計を超え、管理会計の側面を持つ。
会計が内部へ、浸透し始める効果を持つ。
この時点で経営者自らが自社の電子データを管理し、
分析できれば、生きた情報となり、
10年後、企業の将来像、あるべき姿が見えてくる。
戦略も変わる。
企業の経理が本来の意味である
経営管理にもどれるチャンスかもしれない。
中小企業の経営者にとっても朗報かもしれない。

日本商工会議所
電子会計実務検定試験初級公式ガイドブック―弥生会計対応版
平成17年の秋から日本商工会議者主催、電子会計実務検定試験初級の話題や簿記3級講座をメールマガジンで好評連載中。コンピュータ会計及び簿記の小説を携帯電話やサイトから読む。

電子会計実務検定試験対策講座通常価格の半額で期間限定で募集中。

木村勝則 www.katsunori.jp
コメント

経理とは、経営管理の略である。

2005-08-19 22:18:10 | Weblog
経理とは、経営管理の略である。
簿記は、帳簿記入の略であり、
会計は会社計算の略である。
よく、私は講義のネタに使う。
コンピュータ会計が進み、
パソコン会計となり、
入力の端末が携帯電話や端末リーダを使用する
企業が登場した。
コンビニがまさにその典型例である。
まさに電子がキワードの電子会計
の世界がやってきた。
零細企業においても
自らの手でデータを入力し、
瞬時にデータを把握することが大切である。
会計は本来、税務と切り離されて
真の経営の指針になりえるものであったが、
中小零細の経理、会計は税務会計に引きずり込まれていた。
わが国の中小会計は税務を対象にした財務会計であった。
しかし、「中小企業の会計に関する指針」が
日本税理士会連合会等の答申で確定した。
これからの会計処理の指針となる。
税務を意識しない経営を管理するための会計が
中小企業でもスタートする。
金融機関等の利害関係者、ステイクホルダーはこの会計基準により判断を
することのなるだろう。
会計が本来の機能をとり戻し始めている。
コンピュータ会計によって瞬時にデータを
時間のずれなく管理することは、
財務会計を超え、管理会計の側面を持つ。
会計が内部へ、浸透し始める効果を持つ。
この時点で経営者自らが自社の電子データを管理し、
分析できれば、生きた情報となり、
10年後、企業の将来像、あるべき姿が見えてくる。
戦略も変わる。
企業の経理が本来の意味である
経営管理にもどれるチャンスかもしれない。
中小企業の経営者にとっても朗報かもしれない。

日本商工会議所
電子会計実務検定試験初級公式ガイドブック―弥生会計対応版
平成17年の秋から日本商工会議者主催、電子会計実務検定試験初級の話題や簿記3級講座をメールマガジンで好評連載中。コンピュータ会計及び簿記の小説を携帯電話やサイトから読む。

電子会計実務検定試験対策講座通常価格の半額で期間限定で募集中。

木村勝則 www.katsunori.jp
コメント

法人よりも個人商店経営のほうが最適な経営ができるのはなぜか。

2005-08-11 15:38:04 | Weblog
法人よりも個人商店経営のほうが最適な経営ができるのはなぜか。
誤解を恐れずに私の独自の見解を書くと・・・・・・
個人商店の経営は通常、
経営者本人が行う。
配偶者がいても、働いていてくれれば、
ある程度、経営の選択の幅を持った方法で
働くことができる。
本当に自由業である。
多くの個人商店は家族で経営をしているが、
創業期や零細で生業、
生活のため、
として経営をしていたならば、
経営者本人だけという場合も多い。
生業、生きがいとして
事業を行うのであれば、
都会にでなくても、
コンピュータを駆使しさえすれば、
人を雇用せずに経営をすることは、
可能である。
電子化が進めばこの傾向は
さらに強くなると思う。
個人商店の場合、
組織を社内に形成せずに済むため、
固定費を究極的に抑えることができる。
現に自宅を事務所にするSOHOなどが典型的な
例である。
このため経営で一番大切な時間、資金繰り等に余裕ができ、
家族と時間を過ごしながら人生をおくれるように感じる
のは私だけだろうか。
法人よりも個人商店経営のほうが最適な経営ができると
感じる理由は個人商店の場合、
事業は
経営者そのものである場合が多い。
だれにかまうことなどなく、
自分の思うままに経営ができる。
このような個人商店を事業といわないという人もいる。
創業期から個人商店という選択をせずに
法人、株式会社等を設立し、
人を雇用すれば、
構成する人たちと同じ夢をみながら、
一緒にがんばれる。
辛い、悲しいことも、喜び、楽しみも共有でき、
世界一の企業になれる可能性もある。
これこそ事業であるという人もいる。
しかし、大きくなればなるほど、経営者のセンスをもった
人は少なくなり、雇用される人は、人事評価を考え、
サラリーマンとして生きるための自己の最適化を考え始める
営業担当であれば売上が評価の対象であれば、
それだけに固執する傾向になる。
こうなると全体最適が崩れ、組織の全体最適は個人商店で
一人で経営する経営者より難しくなる。
いや、伝わりにくくなり、働いている人は考える必要がなくなる。
このため経営者だけが、孤独感を感じる。
しかたない見ている方向が違うのだから・・・・・・
人を多く雇用する経営者は全体最適の経営を経営理念
に掲げ、働く人たちに全体最適の大切さを
熱く語りかけることが大切であると思う。
大きくなるためには・・・・・・
木村勝則www.katsunori.jp

コメント