きじとら小部屋

ねこちぐら きじとら猫の個人部屋

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

036:組(きじとら猫)

2006-05-31 05:44:43 | 題詠100首blog
ゆっくりと腐敗が進む組織だが生まれ変わるか二〇〇七年
コメント (3)

035:株(きじとら猫)

2006-05-31 05:41:34 | 題詠100首blog
一株の苺が徐々に殖え続け甘い香りが埋め尽くす庭
コメント (3)

034:シャンプー(きじとら猫)

2006-05-31 05:37:48 | 題詠100首blog
「シャンプーは使わない主義」あなたからふうわり香る化粧石鹸
コメント (3)

033:鍵(きじとら猫)

2006-05-31 05:27:10 | 題詠100首blog
新しい鍵を手にしたその日から開くことないあなたの扉
コメント (3)

032:上海(きじとら猫)

2006-05-16 21:49:21 | 題詠100首blog
水底の青に染まってしまいたい私の頭上海猫が啼く
コメント (4)

031:寂(きじとら猫)

2006-05-16 21:44:36 | 題詠100首blog
寂しさと気楽さをスパイスにして煮込んだカレーひとりで食べる
コメント (4)

030:政治(きじとら猫)

2006-05-16 21:38:19 | 題詠100首blog
君という堅固な城を落とすにはまだ政治的手腕がたりぬ
コメント (4)

029:草(きじとら猫)

2006-05-16 21:34:42 | 題詠100首blog
蒲公英の綿毛吹き吹き草の上 金蛇たちと握手を交わす
コメント (4)

028:おたく(きじとら猫)

2006-05-05 13:42:52 | 題詠100首blog
イヌにネコ飛脚に鳥にカンガルーおたくの国の宅配戦士
コメント (2)

027:嘘(きじとら猫)

2006-05-05 13:37:24 | 題詠100首blog
玉葱の皮むき作業するように剥がしても嘘剥がしても嘘
コメント (2)   トラックバック (2)