すぎな野原をあるいてゆけば

「おとのくに はるのうた工房」がある

葉ねのかべ第6弾「鳥の影たち」

2017-03-06 00:00:00 | すぎな日記
※会期終了まで、この記事を一番上にします。

下記のとおり、大阪・中崎町の「葉ね文庫」での展示に参加しています。
鳥のうた5首(登場する鳥は、ツグミ・キジバト・ヒヨドリ・白秋の童謡の鳥・影だけの鳥)です。

イラストレーター秦直也さんが、うつくしくて繊細で、そして意外な絵を描いてくださいました。
おもしろいお店がたくさんある中崎町にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

わたしも時々おじゃまする予定です。
すこしおまけつきの歌集『ミドリツキノワ』の販売、リスペクトブックスの展示などもあります。

【ご案内】曜日・時間にご注意ください。

葉ねのかべ第6弾「鳥の影たち」(やすたけまり・短歌×秦 直也・絵)
会 場 : 葉ね文庫 大阪市北区中崎西1-6-36 サクラビル1F
会 期 : 2017年1月3日(火)~3月4日(土)/火木金 19:00~21:30/土 11:00~21:30
    ※2月25日(土)は「大阪短歌チョップ2」に出張です。

葉ね文庫HP 
秦直也さんHP 
大阪短歌チョップHP 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真珠体

2017-02-06 19:46:55 | 短歌
ひだまりのハキダメギクのはなびらの牙をちいさく覗かせている

月齢は11 きょうのツユクサはきょうの月には会えないままだ

うまれたのこわれたのこのあいだまでまんまるだった蜘蛛の卵嚢

真珠体つめたいだろうヤブガラシ夜には夜のひかりあつめて

十三夜だった ねむりにおちるときさっきの白い光がわかる


(「未来」780号 2017.1月)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひらくドアに

2017-01-27 00:36:16 | 短歌
炎天のホームに影を連れてくる列車の影を待っているんだ

カヤの木にツクツクボウシあかるいねふるえる腹が見えるくらいに

夏の砂すこし入ったままの靴 砂は九月の砂に踏みこむ

山崎もそのひとつですひらくドアにアオマツムシ、という夜の駅

アオマツムシの声をいったん遮断してゆっくりうごきだす車両たち




(「未来」779号 2016.12月)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

氷河時代展

2017-01-27 00:35:38 | 短歌
孤独相/群生相いろとりどりの陸上部員で満ちる公園

     大阪市立自然史博物館は、長居公園にある。

雷鳴をよけて長居のピクトさん看板のなか駆けこんだまま

     水月湖の年縞は、またひとつ。

湖底にはことしの花粉うっすらと積もる どこにもいかないからね

こどもたちおぼえておいてマンモスとナウマンゾウのあたまのかたち

ながいながい間氷期(いまどのあたり)黒い日傘をかかげてあるく

阪和線いったりきたりロッカーの奥に氷河の地図を忘れて


(「未来」778号 2016.11月)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トゲチシャの道(2)

2017-01-27 00:35:11 | 短歌
ふりかえる夏の坂道さかあがりできてそのあとできなくなった

ぎくしゃくとゆらりゆらりとすくすくと花穂は起きあがってトゲチシャ

カスタードクリーム色の(すぐきえる)花はあたまのてっぺんに咲く

夕立をはねかえす場所 高架橋を見あげる道にきみはうまれた

灯台になるから明日おいでよとフェンスをよじのぼるヤブガラシ



(「未来」777号 2016.10月)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トゲチシャの道(1)

2017-01-27 00:34:40 | 短歌
刺萵苣の名を突き止めてあるきだす道のゆくさきざきにトゲチシャ

あそこにもひとりひとりで立っている夏草 ぼくの背丈を超えて

スズガヤでにじむ視界をよこぎった鳥はおおきな生き物だった

あれは影だったのですか六月のそれきり見ないクロガケジグモ

ユーミンにうたってもらうことねってヒメジョオン先輩は言うんだ

やりすごすことは得意、とおちてゆくナガミヒナゲシ夏の眠りに

ヒメムカシヨモギの群れのてっぺんはむかしむかしの光に透ける




(「未来」776号 2016.9月)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニワゼキショウの橋

2017-01-27 00:34:11 | 短歌
野茨ののぞきこむ川くらい水そこにいるのにみえないものを

いまはないおおきな桐の記憶だけうかんで雲になる駐車場

それぞれの仕事はつづく一枚の田に耕運機・しずかなカラス

      ニワゼキショウが咲く橋、と覚えているので。

車道へとはみだしながら花は咲く 橋の名前はいつも忘れる

傘をいつひらくかきめられないままでバスに乗りこむかわいた傘と

花びらのみえない花のあかるさをクスノキいつまでもみあげる樹



(「未来」775号 2016.8月)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

砂をあるいて

2017-01-27 00:33:30 | 短歌
かたほうの目をとじて見る鼻のさきぼんやり西山は春になる

まるごとの牛タンのこと原木と呼ぶんだって、とひらひらの舌

あけがたの駅のベンチがいっせいに横向いた春 春に呼ばれた

靴と砂おなじ温度になるまでのしばらくあるくのをやめようか

ゆるされた海鳥たちよ突堤の「飛び込み禁止」の文字は消えそう

   須磨海浜公園駅からではなく、須磨駅から。

ひと駅ぶん砂をあるいて鳥をみて海のほうからまわる組です

「蟹が畳に上がれば雨になる」という町のどこかの畳に蟹が

須磨海浜水族園のそとがわへ還ればとおく見えた幻日

巻貝の殻に詰まった砂粒をほろほろおとす 海をわすれる



(「未来」774号 2016.7月)








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪堺電軌鉄道上町線

2017-01-27 00:33:03 | 短歌
天王寺駅をぐるぐる天王寺駅前駅をみつけられずに

    たまたま乗ったのがモ161形という車両だったと後で知る。

しあわせとしらないうちに真鍮の手すりの金色に触れていた

「乗車口」って左右対称たて書きのまるい書体は扉に透ける

どこへ行くときいているのはだれだろう 降車ボタンはチン、とひと声

からからと記憶(ほんとは無い記憶)日よけの鎧窓のおもたさ

「はまでら」のアクセントってこうなのかわたしはとおくきたひとなのか

    終点は「浜寺駅前駅」。

夕暮れの松の林のほうへゆくカラス うみどり みんな帰ろう

まっくらになったからって松虫という名の駅に降りないままで


(「未来」773号 2016.6月)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地衣類スタンプ

2017-01-27 00:32:31 | 短歌
ファンデルワールス力を持たない指先よ 歌なら窓をのぼってゆける

ナンジャモンジャながく生きたと地衣類のまるいスタンプあつめてわらう

熱風に髪を泳がせぼくたちも軋む鱗を持ったいきもの

編みかけのレースはずっと動かない(ウメノキゴケの育つ冬の日)

みちひきのみえるおおきなみずうみの、後ろ四両を切り離します



(「未来」772号 2016.5月)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0番ホーム

2017-01-27 00:32:07 | 短歌
風の消えるほうへ曲がってゆけばいい 橋の向こうに白くない駅

濡れた脚が水面をぬけるそのときがいちばんつめたいでしょう、鷺たち

穂をつけてしまってカラスムギ揺れてもう後戻りできないけれど

0番のホームでまかりまちがえばサンダーバードに乗れる朝だね

おとなしく山科で降り自販機に「北陸麦茶めぐり」を探す


(「未来」771号 2016.4月)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「いきもにあ」出展

2017-01-27 00:31:32 | 短歌
[画像注意]と断らなくていい場所のてのひらにのせられるもぞもぞ

ホモサピ幼体休憩室の記された地図をひらひら(はしってはだめ)

服部真里子をしらないひとが連れてゆく『ノーザン・ラッシュ』みどりの皮を

     アリの触覚カチューシャ・キノコのヘアピン……

休憩に行って戻ってくるときにみんななにかが生えてるあたま

     自ブースで最も人を呼んだのは、ミドリヒドラ生体だった。

標本としてうたを売るこころみを忘れて午後は語ってばかり

金色の速さで記事は直される ×オオゴンマダラ→○オオゴマダラ

     夜の交流会で、長竿の実演をみる。

お客さんの帰ったあとの天井にまわりつづける夢/捕虫網



(「未来」770号 2016.3月)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

窓から歌を

2017-01-27 00:30:58 | 短歌
八時半のパンとパンとに挟まれて左のひとのほうが甘そう

「右袖にアオバハゴロモとまってます」言えないままで向日町駅

     乗車駅不明のアオバハゴロモは降りていった。

あたたかいものは入っていないのに膝にのせたらねむたい鞄

     きょうは直翅目をみるという意識で川沿いを歩く(と、見えてくる。)

葛の葉の窓から歌を(邯鄲の)夢のながさにふるえるうたを

近寄ってわたしの影でのみこんだ バッタとバッタの影をいっしょに

そこにいることはわかっているんだと葉裏のコバネイナゴに告げる

まちがえたわけではなくてほんとうに今日咲きたくて秋の菜の花


(「未来」769号 2016.2月)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キマダラカメムシ

2017-01-27 00:29:42 | 短歌
親に似ていないキマダラカメムシのこどもはひんやりと苔を踏む

    キマダラカメムシの幼体は黄色を持っていない

ビロードのやわらかい脚さようなら石榴の粒を埋めた背中も

あっさりと親に似てゆく虫を見るワタシハソンナフウニナラナイ

Amazonの箱にかすかな波音を響かせて着くオーシャンドラム

海の切れ端をさがした 歌碑よりも子猫の多い歌碑公園で

秋に追いつけ マルバルコウソウの縷をおおきく書いて覚えなおして


(「未来」768号 2016.1月)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔓草の道

2017-01-27 00:29:02 | 短歌
駅前のオブジェは雲量計になるかようびすいようびもくようび

蔓草の蔓のはしっこさまよってこの筆跡はだれでしたっけ

ゆらゆらはさよならのことメヒシバは風にヒドラは九月の水に

アレチウリしなやかな蔓わたくしはいきものですがまきつきますか

じっとしていたらいつかは蔓草のどれかひとつが触れにくるから



(「未来」767号 2015.12月)

写真の草は次回登場するマルバルコウソウ。
このあたりではアレチウリ・クズと三つ巴のたたかいをくりひろげていました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加