ようこそ、ふし娘ちゃんのブログです

かつおぶしで健康、元気に!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手打ち蕎麦リベンジの巻

2021-06-06 18:15:51 | 食・レシピ

ふと思いつき創作意欲のおもむくままに、手打ち蕎麦にトライしてみました。

しかしいざ茹で始めると、お湯の中から浮き上がってくるそれは...。

ブツブツと切れまくっている!

ウーンくやしい!

皆さんこんな経験ありませんか?

うまくいかない言い訳はたくさんあります。

「のし台」がないので「キッチン台」で作業

「麺棒」はごますり用の「すりこぎ棒」を代用

「こね鉢」の代わりに「ステンレスのボウル」

「麺きり包丁、こま板」を使わず「家庭用万能包丁」

等々

今回は2つの新しい試みをレポートします。

1、直径2㎜のアクリル棒を2本

延ばし作業で麺の厚さをコントロールできるはず

2、パスタマシーン

折りたたんで包丁で切る作業を、機械でロール切りすることで、麺が切れにくくなるはず!

123

早速いってみましょう

・常陸秋そば140g

・強力粉60g

・ぬるま湯100ml

7割蕎麦になります。3回に分けて振りかけながら混ぜていきます(水回し)

コネコネ、200回目標(こね)

ここで秘密兵器「2本のアクリル棒」登場

両端が2㎜の高さに保たれるので、厚さが均一に

打ち粉をまぶし、次の工程を考えて縦長に延ばしていきます(延し)

主役のパスタマシーン

機械にはローラーが付いていて延ばす作業もできますが今回はパス

2㎜幅のロールカッターに通していきます

クルクル手回し

いい感じの麺がニュルニュルと

これは相当期待できそう?かも?

沸騰したお湯へ一気に投入

浮き上がってくる麺を待ちます

やりました!切れてな~い

つけダレは本業がかつお節屋なのでお任せください

かつお厚削りで濃厚にとった出汁:本返し=3:1

私のような素人でもとりあえず形になる「手打ち蕎麦」、もとい「手抜き蕎麦」のお話しでした。

ちなみに、

アクリル棒は、ホームセンターで60円

ステンレス製パスタマシーンはネット通販で購入。送料込みで10,090円

そば打ちの他に、生パスタ、ラーメン、焼きそば、餃子の皮など

これから色々活躍してくれそうです。

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 試食・販売会!! | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

食・レシピ」カテゴリの最新記事