★第7次 21世紀の朝鮮通信使 ソウルー東京 友情ウオーク      (2019・4・1~5・23)★

ソウルから東京まで(約2,000㌔)、毎日30㌔の道を日本人・韓国人・在日韓国人ウオーカーが共に歩き日韓交流を深めます

4月20日 蔚山⇒熊上(ウンサン=梁山市) 29㌔

2019-04-21 08:13:18 | 朝鮮通信使ウオーク

まずは朝食で腹ごしらえ。最高齢の金承南さんは食欲旺盛です

新しく再建された蔚山東軒の楼門で出発のセレモニー

 

出発セレモニーに参加

大きく広がる太和川の河川敷に向かう

 蔚山の市民、家族連れも多数が参加

太和川河川敷の竹林の中には「腹回り?」を調べる竹製の健康器具に挑戦。

路上のマンホール

休憩時には、足の裏を延ばしてストレッチ

夕食は大きな牛肉の炭火網焼き!大変なご馳走でした!

★ さあ いよいよ明日は韓国コースのラスト、釜山にゴールします!

コメント

4月19日 仇於(慶州市)⇒蔚山(ウルサン) 24㌔

2019-04-21 08:12:21 | 朝鮮通信使ウオーク

 

今日の天気は曇り。風が強くて体感温度が下がり、寒い!

慶州の町から 路線バスで仇於の小学校に移動。ストレッチ体操をして歩き出す

水田地帯の道は車が少なく歩きやすい

トンネルをくぐって

この坂道が結構きついのです

 

途中から昔の古道は個人所有の雑木林に入る。

途中の小川を渡れず、道なき道を台地から降りて、林の中に入っつて行く

ようやく雑木林を抜けてため池のある公園で休憩。

第1次の頃、このあたりは湿地帯で歩きにくかった

第1次から12年。このお寺の前の道にも歩道ができた

 釜山に近くなり、だいぶ新緑の若葉が目立ち始めた

朝鮮時代の軍役所・蔚山左兵営跡の小高い丘に到着

ハングルを普及させた故・崔鉉培氏の遺品が展示されている記念館でトイレ休憩

新しく再建された楼門を通り、蔚山東軒にゴール。

2年前にはこの楼門はまだ無く、再建をアピールする横断幕が張られていた

夕食後、太和楼に移動して歓迎会に出席した

室町時代の朝鮮通信使・李芸が息子に書いた手紙が朗読された

ライトアップされた楼閣で「鶴の舞」が演じられた

次いで「両班の舞い」と「朝陽の舞い」が演じられた

 

素晴らしい舞いを演じてくれた出演者と記念写真

公演後は地元ウオーカーと河川敷の竹林を歩くナイトウオークが行われた

コメント

4月18日 慶州⇒仇於(慶州市) 21㌔

2019-04-19 09:29:45 | 朝鮮通信使ウオーク

 

今日のコースは、交通量の多い国道を避け、田舎道を歩いた分、距離が伸びました

 

 慶州東軒をスタート。今日は韓国体育振興会慶州支部のウオーカーがコースリーダー。

今日から釜山まで日本隊2人、韓国隊5人の区間参加ウオーカーと飛び入り参加の日本人ウオーカーも加わりました。

 朝の繁華街は人通りが少ない

 大王陵の裏道には新しく造られた韓屋が並ぶ

 東洋最古の天文台といわれる、瞻星台(チョムスンデ)の前で記念写真

 古墳公園の道をノンビリと進む

 古墳公園を出て、菜の花が咲く国道の歩道を歩く

 おやつの差し入れはお餅にジュース

 交通量の多い国道から公園がある緑道へ迂回。車は全く通らず静かな雰囲気

農道の川沿いを進む

 

 大きな木の公園でちょっと一休み

 田舎の道は所々で工事中。

 青空に浮かぶ雲、雲、雲

午後のおやつは何かな???

 国道の両側に広がる広ーい田んぼの道には田舎の匂いがいっぱい

仇於の町にゴール!

ゴール地点からはバスに乗って慶州に戻る。

夕食会では新しく加わった仲間とカンパイ。久しぶりの中華料理を楽しんだ

コメント (1)

4月17日 慶州・歴史探訪日

2019-04-18 15:06:44 | 朝鮮通信使ウオーク

今日の歴史探訪は大邱(テグ)と永川を訪れました

朝食は慶州の名物伝統食「ムックヘジャンク」。

練り固めた細長いそば粉の練り物とたくさんの モヤシが入り、ちょっと辛い

まず永川市のバスで大南部にある達成韓日友好館・鹿洞書院を訪れた。

この地には文禄・慶長の役で豊臣軍から朝鮮軍に投じた「沙也可」と呼ばれる日本の武将の子孫が暮らしている。

後に朝鮮軍の金忠善将軍として功績をあげた人物で、「韓日友好の象徴」とされている。

 

見学後、鹿洞書院の前で記念撮影

歴史資料館には朝鮮通信使の行列や馬上才の絵巻物が展示されていた

市の「漢方の村」で昼食

永川市に移動し、永川郷校を訪問した。

郷校というのは朝鮮時代に儒教の教えを建学の精神とし、支配階級・両班の人材の育成を目的に造られた、

地方の教育機関のこと。

儒教の祖、孔子などが祭られている大成殿での祭祀に日韓ウオーカー全員が昔の衣装にも身を包んで参加した。

 

神妙に作法の方法を聞き、厳粛な面持ちで、館に向かう

祀られている孔子の像に深々と頭を下げる

祭祀の後には昔ながらのお菓子とハス茶がふるまわれた

記念のペナントが遠藤・日本隊長から贈呈された。

今までのウオークで、ウオーカー全員がこのような昔の衣装に身を包んで祭祀に参加したことは無く、

貴重な経験となった

昔の衣装を着たまま、ウオーカーと祭祀の関係者が記念写真

その後、永川市の生んだ歴史上の著名人、鄭夢周(朝鮮建国期の高麗の儒学者)の墓所に移動して記念写真

夕食は慶州名物「サムパップヘエ」。テーブルいっぱいに並んだたくさんのおかずを葉に巻いておいしくいただいた。

 

 

 

 

コメント (1)

4月16日 永川⇒慶州(キョンジュ) 37㌔

2019-04-17 10:11:02 | 朝鮮通信使ウオーク

今日も晴天! 昨日ゴールした朝陽閣をスタート

朝陽閣(中央後ろ)を後にして、川を渡り慶州を目指す。今日の距離も長く37㌔

午前のおやつはクリームパン

沿道の桜並木はすでに葉桜。峠の上には大仏像(左上)

すれ違った国会議員さんから励まされる

峠への道の横のシバザクラのピンクの花が鮮やか

気温がぐんぐん上がり、休憩した峠のお店では、日陰に座ってほっと一息

昼食場所の町に到着。韓国はあちこちににキリスト教会が多い

慶州に近い金尺古墳群には大きな円墳がいくつも並んでいた

菜の花が咲く峠を越えて、慶州市内を目指す

4年前には突然の突風と雷雨に襲われた道も今日は穏やか。

川を渡り慶州の中心地に向かう

慶州市内の繁華街には所々に昔の雰囲気のお店があり、昔の写真も飾られていた

今日の目的地、慶州東軒(昔の役所)にゴール

慶州文化院の院長さんが歓迎のあいさつ

遠藤・日本隊長と黄・台湾隊長に花束が贈呈された

にぎやかな農楽隊の演奏を聞き、皆で記念写真

2日間共に韓国体育振興会の応援ウオーカー(左から洪淳彦さん、一人置いて孫明坤夫妻、姜鎬甲さん)

に宣相圭・韓国隊長が「ご苦労様」と感謝の言葉

夕食会は盛り上がり、「アリラン」や「故郷」をみんなで手をつないで唄いあった

 

 

 

 

 

 

 

コメント