Smile Engineering blog ( スマイルエンジニアリング・ブログ )

ジェイエスピーからTipsや技術特集、プロジェクト物語を発信します

Ubuntu 18.10 備忘録

2018-10-30 09:15:00 | JSP-knowledge

はじめに

Ubuntu 18.10(Cosmic Cuttlefish)がリリースされました。インストール直後の設定や躓いたポイントなど備忘のために残しておきます。

備忘録

不完全な言語サポートの修正

Proxy 環境下では GUI の言語サポートがうまく機能しません。GUI の Network で設定した Proxy 設定が効かず、パッケージをインストール(ダウンロード)できないようです。そんなときは CUI で済ましてしまいます。 check-language-support コマンドで不足しているパッケージをリストできるのでこれを利用します。

$ sudo -E apt install $(check-language-support) 

Papirus アイコン

18.04 で導入された「Yaru」テーマも悪くありませんが、個人的には抜けの良い Papirus アイコンが好きなので変更します。

$ sudo add-apt-repository ppa:papirus/papirus $ sudo apt-get update $ sudo apt-get install papirus-icon-theme 

Papirus icon theme for Linux

アイコン(テーマ)の変更は gnome-tweaks を使いました。以下のコマンドで 2 つのパッケージをインストール後、いったんログアウトします。

$ sudo apt install gnome-tweak-tool $ sudo apt install gnome-shell-extensions 

ログイン後、gnome-tweaks を起動し、

  • Extensions

    • User themes -> ON
  • Appearance

    • Themes
      • Icons -> Papirus

とします。Dock のアイコンサイズは 22 が良いなー。

open-vm-tools

VM 上で利用するときは open-vm-tools をインストールします。ホストとクリップボードの同期ができたり、ファイルのコピー&ペーストができたりして便利です。

$ sudo apt install open-vm-tools open-vm-tools-desktop 

さらに open-vm-tools にはホストのウィンドウにフィットするようにゲストの解像度が自動的に調整される機能があるのですが、18.10 ではうまく動かないことがあります。そんなときは open-vm-tools のサービスを再スタートすると直ります。

$ sudo systemctl restart open-vm-tools.service 

Docker

cosmic(18.10)のリポジトリは存在しません。bionic(18.04)のリポジトリからインストールして hello-world までは確認できました。LTS のリポジトリしか提供されないの?

$ sudo add-apt-repository \ "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu \ bionic \ stable" 

Get Docker CE for Ubuntu

Visual Studio Code

オフィシャルの手順どおりでインストールできます。「Markdown Preview Github Styling」と呼ばれる Extension は忘れずに入れます。Markdown プレビューの見た目が GitHub 風になります。

Visual Studio Code on Linux

カーネル情報

ubuntu-18.10-desktop-amd64 インストール直後のカーネルバージョンです。

$ uname -rv 4.18.0-10-generic #11-Ubuntu SMP Thu Oct 1115:13:55 UTC 2018 $ cat /proc/version_signature Ubuntu 4.18.0-10.11-generic 4.18.12 

さいごに

なにか気づいたら適宜追記します。


moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ 

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Audactyで周波数分析 | トップ | 音声合成ライブラリ OpenJTal... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

JSP-knowledge」カテゴリの最新記事