ベルト・バックル修理 革漉き・裁断 伊東金属製作所

革ベルトやバックルの修理、革漉き、革の型抜きその他、幅広く紹介して行きます。

エルメス バックル 研磨 メッキ直し

2020-09-15 08:01:20 | トレンチバックル

エルメスのバックル、メッキ直しです。
大きな傷を付けてしまったようで、ご依頼いただきました。


作業前の裏面です。


メッキをすべて電解液の中で剥離して、真鍮生地になったバックルの傷を研磨で取り除き、
再度、シルバー色でメッキ、変色止め加工という工程です。


側面のロゴもきれいに残っています。
メッキがきれいに取り切れないと、この部分が潰れてしまいます。


裏面は、バックル完成品状態の凹凸のある形状では、オリジナルのような加工ができません。
オリジナルの艶消し処理は、バックルとして完成する前に、平滑な状態で加工するから出来るのであって、
ダボとベルトを通すコの字パーツを取り付けた後では、同じような処理ができません。
ですので、裏面だけはメッキ直しの場合、通常のシルバー色メッキの加工となります。

バックルのメッキ直しはエルメスのコンスタンスとエブリンのみ承ります。
これは処置したことのないバックルをメッキ直しするには、適切な工法をいくつか同じバックルをダメにしてでも検証しないと、ご依頼を安全にご提供できる状態にならないためで、ご理解お願いします。
メッキ直しは非常に難易度の高い作業で、工法が適切でなければバックル自体溶けてなくなってしまいかねない危険な作業です。

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのような状態なのか確認できませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
画像で真贋鑑定も行います。
これは、コピー品は使っている材質が違うので、バックルも溶けてしまって作業できないためです。
コピー品だから出来ないというわけではなくて、材質が向いていないという理由です。
ですので、かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになってしまいます。

値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。

伊東金属 バックル修理

ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、ブログには価格を数年前から掲載しておりません。

東京都のコロナウイルス感染者数増加に伴い、徒歩圏内以外の方からの持ち込みはお断りしています。
弊社では高齢者も働いておりますので、ご理解ご協力お願いいたします。
徒歩圏内以外の方からの修理受付は宅配便のみになります。
よろしくお願いいたします。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku


コメント

エルメス 交換用ベルト作成とメッキ直し

2020-08-04 07:51:24 | トレンチバックル

千葉県のお客様からの依頼で、エルメスの交換用ベルト作成しました。


リバーシブルのエルメスっぽいデザインです。
裏面はエルメス風にオフ白ステッチにしています。


オリジナルのベルトです。
糸がほつれて開いてしまっていました。
エルメスは糸が切れるのが多いですね。
もしかしたら糸が弱いのかもしれません。
どのベルトも糸がプチプチ切れているので、ポリエステルの撚り糸ではない感じがします。

ベルトは納品したのですが、その後、やっぱりバックルもきれいにしたいと連絡がありました。
当初は一緒にやるか、ベルトだけにするかお悩みでしたが、ベルトがきれいになるとバックルが気になりますよね。


2度目はバックルだけ送っていただきました。
擦り模様を入れて艶消し風にしたサテーナというメッキです。


裏面です。
ちょっとコの字パーツが曲がっていますが、このくらいなら実用上問題ありません。


メッキを剥離したのち、表面研磨で傷を取り除き、再度ニッケルサテーナメッキを施しました。
深い打痕は完全には取り切れません。
研磨して傷を取り除くので、深すぎるとかなりの量を削ることになってしまい、バックルが薄くなりすぎてしまいます。
どの程度でやめるのが適切かは完全に経験値判断です。

ただ光沢のあるメッキよりはサテーナのほうが、メッキ直ししたときに残った傷が目立ちにくいのでお勧めです。
通常のニッケルからニッケルサテーナへの変更も可能ですし、その逆も可能です。
もちろんゴールドからシルバーも可能です。


ロゴも残りますが、文字の溝までは研磨できないので、メッキが重なることになりますから、何度も繰り返すと徐々に潰れてくるかもしれません。


裏面は、完成品のダボやコの字パーツのついた状態では表面加工ができませんので、光沢のあるメッキの仕上がりになります。

バックルのメッキ直しはエルメスのコンスタンスとエブリンのみ承ります。
これは処置したことのないバックルをメッキ直しするには、適切な工法をいくつか同じバックルをダメにしてでも検証しないと、ご依頼を安全にご提供できる状態にならないためで、ご理解お願いします。
メッキ直しは非常に難易度の高い作業で、工法が適切でなければバックル自体溶けてなくなってしまいかねない危険な作業です。

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなベルトの状態なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになってしまいます。

値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、ブログには価格を掲載しておりません。

東京都のコロナウイルス感染者数増加に伴い、徒歩圏内以外の方からの持ち込みはお断りしています。
弊社では高齢者も働いておりますので、ご理解ご協力お願いいたします。
徒歩圏内以外の方からの修理受付は宅配便のみになります。
よろしくお願いいたします。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku


コメント

エルメス バックルメッキ直し

2020-07-22 08:47:29 | トレンチバックル

エルメスコンスタンスとコンスタンスミニのバックルメッキ直しを計4つ、お一人のお客様からご依頼いただきました。
お好きなんですね。
ちなみにエルメスコンスタンス以外のメッキ直しは承っておりませんので、ご相談は受けられません。


オリジナルの裏面はこのように梨地のホーニング加工がしてあるのですが、完成品となってしまうと、裏面は凹凸があり研磨できません。
メッキを重ねることになりますので、光沢のある仕上がりのみとなります。


同じコンスタミニのバックルでも、側面の刻印は年代によるもののなのかロットなのかで違います。
よくここを見て本物だ、偽物だと知恵袋なんかでもとんちんかんな回答を見かけたりしますが、これはいずれも本物です。


メッキを剥離してから表面研磨して傷を取りのぞきます。
深い打痕の傷は完全には取り切れませんが、細かな傷は無くなります。


違った角度から。


側面のロゴ部分です。


裏面の仕上がりです。

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなベルトなのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになってしまいます。

値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、ブログには価格を掲載しておりません。

東京都のコロナウイルス感染者数が、連日100人超えのため、徒歩圏内以外の方からの持ち込みはお断りしています。
弊社では高齢者も働いておりますので、ご理解ご協力お願いいたします。
徒歩圏内以外の方からの修理受付は宅配便のみになります。
よろしくお願いいたします。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku









コメント

ルイヴィトン ベルト ちぎれ

2020-07-16 07:49:51 | トレンチバックル

ルイヴィトンベルトの千切れです。
非常に多い症状です。
千切れた部分を切り落しますので、1センチ程度短くなります。


分解して作業開始です。


切り落して先端形状を作り直します。
難しい作業では無いですが、いろいろな形の刃物が無いとできないので、ご自身で道具を揃えるよりはご依頼いただいたほうが安いかと思います。


裏ブタを閉じて完了です。

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなベルトなのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになってしまいます。

値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、ブログには価格を掲載しておりません。

東京都のコロナウイルス感染者数が、連日100人超えのため、徒歩圏内以外の方からの持ち込みはお断りしています。
弊社では高齢者も働いておりますので、ご理解ご協力お願いいたします。
徒歩圏内以外の方からの修理受付は宅配便のみになります。
よろしくお願いいたします。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku



コメント

トレンチコート バックル修理

2020-05-19 07:40:38 | トレンチバックル

バーバリーのバックル修理です。
ウエストはすでに革が無くなっています。
袖の色から革の色合わせをして修理します。


このくらいの濃茶の革が良いようです。


ベルトに縫い付ける糸が非常に難しい修理でした。
似寄りの糸を3本ほど選んでその中から最も違和感ないものを使用します。


出来上がりました。


こちらはウエストのバックルが幅広ですので、アクアスキュータムのようです。
そういえば大手アパレルのレナウンが民事再生法申請となりましたが、アクアスキュータムブランドはどうなるのですかね。
確かレナウンが商標権持っていたと思います。


こちらの革で修理します。


修理して取り付けました。


古着屋さんからの依頼です。
定期的に送られてきます。
バックルを修理して販売単価アップですね。
バーバリーとアクアスキュータムのものです。


それぞれ色合わせです。


出来ました。


ちょっと特殊なバックルです。
通常のバックルにダブルピン仕様だと思っていたので、
この状態で依頼を受けた時には修理しようと思っていました。


はずしてみると、ちょっと想像と作りが違いましたので、新規に交換用を作成しました。


取り付けて修理完了です。
お客様からは、見積金額以上のご提示をいただきましたが、大丈夫です。
お気遣いありがとうございます。


これもアクアスキュータムのように幅広ですが、アクアスキュータムとは作りが違います。



色合わせして修理します。
バックルの取り付けは不要とのことでこのまま出荷です。


こちらもアクアスキュータム似ですが、作りが違います。



色あわせして修理です。
こちらのバックルも取り付け不要でした。


芯棒が折れています。


代替の芯材を使って交換用を作ります。
バックルのサイズによっては代替のものが用意できたりできなかったりがありますので、
ご相談の際はバックルの縦の内径(=ベルトの帯の幅)をお知らせください。
バーバリーのものですと、確認しているだけで4種類は存在しています。


こちらはトレンチではないですが、アスターのバックルですね。
このバックルの修理はできないので、代替のバックルを作りました。
お客様がご近所のお針子さんへ依頼して交換するそうです。
合皮で作られているので表面のゴムが剥けてきています。
合皮だと耐久性はないのですが、洗濯耐性はあるので、本革も合皮も一長一短です。

修理受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いと、今どのような状態なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
また、色合い、バックルの形状、状態もその際に確認したいので、ご協力お願いします。

値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。
こちらに価格を記載しています。

ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、ブログには価格を掲載しておりません。

納期はただいま、こちらへお荷物到着後1週間から10日程度です。
ベルトへの取り付け作業がある場合には、+1-2日いただく場合もあります。

コロナウイルスが心配な昨今、収束するまでの当面の間、持ち込みはお断りしています。
修理受付は現在宅配便のみになります。
よろしくお願いいたします。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku


コメント