ベルト・バックル修理 革漉き・裁断 伊東金属製作所

革ベルトやバックルの修理、革漉き、革の型抜きその他、幅広く紹介して行きます。

革の裁断 革漉き コバ磨き 2021.4.23

2021-04-23 07:44:31 | 革漉き・裁断

いつもご依頼ありがとうございます。
こちらはタグの裁断です。
革問屋さんへ発注したヌメ革半裁が弊社に納品され、預かっている抜き型での取りきりの裁断です。
月に何度かご依頼いただいています。


革漉き依頼です。
このように厚さごとに袋分けしていただけれると助かります。


こちらも革漉き依頼です。


野球のグローブの紐になります。
これも革漉き依頼です。


パスケースの裁断になります。
販売好調なようで、追加でご注文いただきました。


弊社にて床面処理したブッテーロの裁断になります。
裁断後はコバ磨きして、組み立て、縫製の職人さんへ送ります。
裁断から製品作りまでワンストップでお引き受けしています。


こちら裁断後にコバ磨きした半完成品です。
この後、組み立て、縫製となります。


特価品のヌメらしいのですが、かなり状態は悪いです。
それほどクオリティは重視しない製品用という事でした。
デシ単価聞いたら驚愕の安さでした。
表面は完全に日焼けしています。


床面はこのような感じで、漉きが失敗したような、厚さにムラのある状態でした。
この革を弊社で床面処理してからスリッターで細革裁断します。


半裁4枚分、結構な量です。
すべて15ミリ幅で裁断です。


弊社で使っているクリッカーのスイッチが壊れました。
同じ部品がまだ入手できるので交換しました。
この部品、耐久回数は1000万回以上となっています。
一日1000回で年間30万回、30年もすれば1000万回に届きます。
それ以上は使っているはずですし、一日1000回以上スイッチは押されていると思います。
スペック通りの性能を発揮してくれました。
次回、30年後かその先かわかりませんが、その時には部品が廃番になっているかもしれませんので、
もう一個予備で購入しておきました。
30年後、どこに置いたか忘れていそうですし、そもそも生きていられるかどうかもちょっと分かりません。

革漉き、裁断とそれに伴う、コバ磨き、床面処理、ご希望であれば製品化までお引き受けしております。
よろしくお願いいたします。

伊東金属製作所
コメント

コバ磨き

2021-03-25 09:10:36 | 革漉き・裁断

今まで積極的には引き受けていなかったのですが、コバ磨きもお引き受けできるようになりました。
あまりに相談が多いので、どうにかできないものかと、いろいろ準備しましたが、
それでもコバ磨きは非常に手間暇かかりますので、どなたからの依頼でも十分に対応できるだけのキャパシティはありません。
ですので、裁断のご依頼をいただいた場合のみ、オプションとして引き受けさせていただきます。
コバ磨きのみのご依頼にはお応えできません。ご自分で頑張って磨いてください。

お引き受けできるのは、もちろん、というか当然というか、タンニン鞣しの革のみです。
仕上がりは完全に革の質由来になります。


クロム革のコバ磨きも不可能ではないですが、あくまで趣味の範囲というか、実用性はありません。
写真はクロム革を貼り合わせてコバ磨きし、塗料を塗布したものです。
技術的には可能ですが、タンニン鞣しの何倍も手が掛かります。
一般的にはクロム革の製品のほうが安価になるのに、
コバを一所懸命磨くと簡単にタンニン鞣しの製品以上のコストになってしまうので、現実的ではありません。
革のデシ単価の差分など簡単に吹き飛ぶほど手が掛かります。

費用感ですが、今のところ、10センチ四方の正方形で税別200円程度、バッグの持ち手程度の長さで4-500円程度、
ベルト一本だと500-1000円程度を考えています。
もちろん変更になるかもしれませんので、「今のところ」です。
革の質、形、求めるクオリティにより作業内容は異なります。
あくまで参考価格として提示していますので、実際は作業してみないとわかりません。
作業前の「見積もり」もお断りします。事前に見積もりが必要な方は、他を当たってください。
あくまで作業量による請求となりますので、最低限、サンプル製作を行わないと金額は決まりません。


以降、ご存じない方の為に、クロム鞣しとタンニン鞣しの違いを簡単に書きます。
そんなこと知ってるよ、という方は読み飛ばしてください。




クロム鞣しとタンニン鞣しの違いは、私の場合は、デジタルサウンドとレコードに例えます。
昔からあるレコードは、ノイズ感も味がありますし、ファンも多いです。
使うほど劣化が進むのもレコードの特徴です。
コストも掛かります。
ダイヤモンド針とか高いですよね。
DJがスクラッチするのにも使いますね。

タンニン鞣しも古くからある鞣し方で、武骨な感じは味があり、ファンも多いです。
エイジングと呼ばれる革の変色?劣化も好む方もいらっしゃいます。
(私は好きではありませんが。)
製造に手間暇かかるのでコストも高いです。
タンニンは水溶性の為、水分を含ませると変形できます。
コバ磨きはそれを利用していますし、濡らした革を木型で絞って成型することもできます。

デジタルサウンドはレコードよりも新しいものです。
ノイズもなく、劣化もしません。
低コストで配信できますが、スクラッチなんかはできないですね。
デジタル的に音声を作ることは可能なのでしょうが。

クロム鞣しも同じで、古来からの植物由来のタンニン鞣し違い、薬品を使った新世代の鞣し方です。
エイジングもしませんし、上品に仕上がります。
デパートで売っている、特にレディース製品はクロム鞣しが多いですね。
武骨な仕上がりとは対極な製品になります。
クロムは薬品の為、水溶性ではありません。
このため、変形やコバ磨きには向いていません。

どちらが良いというか、好み、使い方によって使い分けるのが普通ですが、
コバ磨きするのであれば、必然的にタンニン鞣しとなります。

ただ、コバ磨きありきの革の選定ではなく、普通は製品イメージありきの革の選定があり、
ではタンニン鞣しの場合のコバ処理はどうしよう?ということろからコバ磨きの必要性が生まれてくるものだと思います。

興味があってもっと知りたい方はご自分でお調べになってみてください。

コメント

革の裁断 革漉き 2021.3.3

2021-03-03 07:45:22 | 革漉き・裁断
いつも革漉き、裁断ご利用ありがとうございます。


プエブロベリーのベタ漉きです。
形からして小型のラウンドファスナーでしょうね。


革紐の裁断です。
革紐はスリッターで裁断します。
作業できる最細は3ミリからです。


サンダルのソールの裁断です。


このような感じで方向を合わせて裁断します。


ベタ漉きの依頼です。
ベタ漉きはこのように厚さごとに分けてお願いします。
できるだけ、同じ革、同じ形、同じ厚さはまとめて作業した方が作業精度も向上しますし、失敗も減ります。


生地の裁断です。
今回、他の裁断業者に頼んでいたものが間に合わないという事でご相談もらいました。
もちろん、その日のうちに仕上げました。
仕事は早いのです。


生地は重ねないと裁断できません。
幅を揃えて粗裁ちして、重ねて裁断します。
裁断よりも粗裁ちに時間が掛かります。


花びらモチーフの裁断です。


こちらはバッグの手紐だと思います。


ベタ漉きのご依頼です。
厚さごとにまとまっていれば、丸めてあっても、袋詰めでも構いません。


ヌメ革の裁断です。
こちらは北海道からのご依頼です。
A4サイズの革が多数送られてきまして、取り切れない半端の部分がなんとも勿体ないので、この部分だけお返ししました。


昨日入荷したイタリアンレザー約5000dsです。
今週末に頑張って裁断します。
いつも仕事は溜めずに、急な裁断の要望に対応できるようにしています。

裁断のご依頼、時間がなくても諦めずにご相談ください。
可能な限り寝ずに頑張ります。

ベタ漉きは午前着の荷物は当日出荷、午後着は翌営業日出荷で作業しています。
持ち込みはご予約いただければその場で作業します。

東京都足立区足立2-34-2
有限会社伊東金属製作所
03-3886-6271
コメント

革の裁断 革漉き 2021.2.2

2021-02-02 07:57:31 | 革漉き・裁断

スリッターによる革紐の裁断です。
革紐は最細3ミリ幅からの受付になります。
料金は細革裁断のページをご覧ください。


久しぶりに簡単な革小物の製作依頼を受けました。
普段は多忙なのであまり引き受けないのですが、付き合いの長いお客様からだったのと、手離れは悪く無さそうでしたので引き受けました。
裁断、漉き、縫製までは引き受けて、素押しは他で行ってもらいました。


郵送での革漉き依頼で、これは毎週送って来られるお客様の分です。
厚さごとに小分けされていて助かります。


結構大き目な裁断依頼です。
半裁の革が数枚届きました。
何になるかは内緒です。


抜き型の刃物を代行で発注しました。
正円ですので、直径だけご連絡いただければ抜型屋さんへ発注します。
抜き型の代行は、図面をFAXしたりメールしたり、型紙をついでの際に持って行ったりと、都度発注方法が違いますが、
お駄賃程度しか私はいただいてません。
抜き型製作代行は商売としていないので、むしろその後の裁断をいただければそれでOKと考えていますから、
中間マージンを取って発注するレザークラフトショップよりはかなり安いと思います。
ほぼ、抜型屋さんの製作費のみですし、弊社が発注すれば、もしかしたら一見さんよりも安くしてもらっているかもしれないので、
割高ではないと思います。

逆に時々いらっしゃいますが、抜き型だけ発注したいというご連絡もいただきます。
そういった依頼はお断りしています。弊社は抜き型屋さんではありません。


で、その正円で裁断した段ボールです。
表面に印刷がされていて、その印刷に合わせて裁断します。


引き手の床面処理からの裁断、コバ磨きです。
この後にコバ磨きして裁断のバリ取りを行います。
詳しくはコバ磨きをご覧ください。


革タグの裁断です。
カラフルですね。
こちらは新しいお客様からのご依頼です。
コロナ渦で連絡がないお客様もいれば、ありがたいことに新しいお客様も沢山いらっしゃいます。
皆さん頑張って乗り越えましょう。

有限会社伊東金属製作所










コメント

革の裁断 革漉き 2021.1.20

2021-01-20 07:17:19 | 革漉き・裁断

ベタ漉きの依頼です。野球のボールですかね?
カラフルな配色です。東北のお客様からのご依頼です。


トートの裁断です。反物の生地なので作業効率よく、歩留まり良く作業します。


隣のクリッカーが今日は空いていますので、こんな感じでロールから引き出して二つ折りにして裁断しました。


年末に処分した抜き型です。
使わなくなった抜き型の処分に困っている方も多いようで、時々相談されます。
抜き型の処分依頼のみという、一見さんからの処分依頼は承ってませんが、日ごろ弊社とお付き合いあるお客様からでしたらご相談に応じられます。

有限会社伊東金属製作所

コメント