ベルト・バックル修理 革漉き・裁断 伊東金属製作所

革ベルトやバックルの修理、革漉き、革の型抜きその他、幅広く紹介して行きます。

革裁断後のコバ磨きについて

2020-05-19 15:04:28 | 革漉き・裁断
コバ磨きのご相談を時々受けますので、ブログを書いてみました。
コバ磨きは一番手のかかる部分でもありますし、大好きな人はいろいろ工夫して独自の工法を行ったりしています。
そういった方法はレザークラフトに詳しい方々に任せるとして、弊社への相談で多い内容を整理するとこちらのケースが大半を占めています。
それは、「裁断した後の裏のぼそぼそを取りのぞきたい」というご依頼です。
確かに裁断した後は床面に細かいぼそぼそが出て、それがポロポロと革によってはこぼれ落ちます。
パッケージした製品から革のカスが落ちるのは、あまり見た目がよろしくありません。
店頭で販売したりする際に、できるだけ低コストでクオリティを上げたい、そのためにコバ磨きを行いたいと言った相談です。


裁断したヌメ革です。
確かに床面にバリが出ていて、これがポロポロと擦れた際にこぼれ落ちます。
ただ、これをコバ磨きで抑えるというのは、いささか方向性に疑問があります。


トコノールを塗りこんでコバ磨きしたものです。
コバの仕上がり具合よりも床面のバリにピントを合わせています。
どうでしょう?
残ってますよね。
コバ面と床面の角なので当然と言えば当然です。
むしろコバ面が磨かれて押し付けられるので、逆にエッジが立ってきています。
これでは逆効果です。
では効果的な方法はどういった方法なのか?

弊社でのお勧めはこちら。


トコノールをコバ面に塗って磨くと、ある程度コバが硬く締まっています。
その状態でベタ漉きします。
どうでしょうか?
きれいにバリが無くなってます。
もちろん手を掛ければいくらでもきれいにはなりますが、製品のコストを考えると、このくらいが妥協線だと思います。
床面も処理したい場合は、この段階で床処理をすればよいと思います。

費用感ですが、裁断費用は別途として、トコノール、コバ磨きで60円程度、プラス革漉きが1gあたり1円計算です。
もちろんこの画像くらいの大きさ、形状が基準で、複雑な形状だったり、大きなものはこの限りではありませんが、
ざっくりこのくらいなのかというのをわかっていただこうと思いまして、ご紹介させていただきました。
(工賃は2020年5月現在、税抜きです。)




コメント

緊急事態宣言に伴い、持ち込みをお休みさせていただきます。

2020-04-07 08:26:13 | 革漉き・裁断
本日、緊急事態宣言が発令される見込みです。
不要不急の外出自粛を促すために、すべての持ち込みを宣言解除までお休みします。
ベルト修理については早々に持ち込みをお断りしていましたが、
本日より、クリッカーの利用、持ち込みによる革漉きの依頼もお休みさせていただきます。
郵送による作業は、ベルト修理、革漉き、裁断いずれも営業中です。
ご理解ご協力お願いいたします。
みんなでコロナを乗り切りましょう。
コメント

革の裁断 革漉き 2020.3.12

2020-03-12 09:24:47 | 革漉き・裁断

毎日沢山のご依頼ありがとうございます。
緊急の革漉き依頼をいただきました。
割と近くのお客様で、2時間後にまた取りに来るとの事でした。


ヌメ革パスケース本体の裁断、革漉き依頼です。
これは弊社で用意している抜き型を使ってのご依頼です。


弊社にある、ストラップの抜き型を使った裁断依頼です。
ヌメ革パスケースの付属です。


セレクトショップのバックパックの内装メッシュの裁断です。
以前量産した分の追加になります。
Uで始まる有名なセレクトショップ様分です。


裁断待ちの革たちです。
連日沢山ご依頼の革が届きますが、土日休まず裁断してお待たせいないようにしています。
ここのところイタリアの革の入荷が多いのですが、イタリアではコロナウイルスで移動制限とのことですので、今後、安定供給されるかどうかの不安もあり、前倒しで手配しているお客様もいらっしゃいます。


これも最近多い、グローブの革漉きです。
赤とか青とか黄色とかカラフルですね。


これもイタリアの革です。
関西方面の工房様からの裁断依頼です。


裁断、革漉きはお待たせしません。
仕事は溜めない主義ですので、安心してご依頼ください。

料金はこちらをご参照ください。
革の裁断
革漉き

有限会社伊東金属製作所

コメント

革の裁断 革漉き 2020.3.5

2020-03-05 09:31:43 | 革漉き・裁断
革の裁断、革漉きのご依頼、連日ありがとうございます。

こちらは今週月曜日の到着荷物です。
なぜだか月曜日は毎週革漉きの依頼の宅急便が多く届きます。
土日は割と作業していますし、宅配便の配達も来るのですが、なぜだか月曜日の荷物は多いのです。
月曜日着ということは、日曜日か、遠方であれば土曜日に発送しているはずです。
一般の趣味でレザークラフトしている方ならわかりますが、あちこちの工房様が多いのです。
皆さん、土日も作業しているのでしょうかね。
弊社だけではなさそうなので、ちょっと安心します。


最近多い、グローブのパーツの革漉きです。
ここのところ、急速に依頼が増えました。
それも一軒ではなくて数軒の工房からの依頼が一気に増えたのです。
グローブ自体流行っているのか、はては何か口コミで広がっているのかわかりませんが、嬉しいことです。
しかも見たことないような赤とか黄色とか派手な色で、野球ではないのでしょうかね。
わかりませんが、形状が複雑なので作業には細心の注意が必要です。


コロナウイルスで学校が休みなので、簡単な裁断は子供も手伝わせています。
今年小学校卒業なのですが、卒業式は今のところ未定。
がっつり小遣い稼いでます。
まだ幼いですが、裁断や革漉きもしっかりできるようになりました。


一年待ちという人気の財布の裁断です。
安定して仕事がいただけるのはありがたいです。


何かの中に入るスポンジ(あんこ)ですね。
形が特徴あるので、歩留まり良く裁断します。

裁断、革漉きはお待たせしません。
仕事は溜めない主義ですので、安心してご依頼ください。

革漉きはお客様のブログでも驚きの早さと紹介されています。
お帰り革達!

料金はこちらをご参照ください。
革の裁断
革漉き

有限会社伊東金属製作所
コメント

革の裁断 革漉き 2020.2.20

2020-02-20 09:35:43 | 革漉き・裁断

セレクトショップ様納品分のサコッシュのパーツです。
外装、内装、ショルダーの裁断になります。
今回は取り切りのご依頼で、3色で160セット分裁断しました。


これがそのショルダーの部分です。
20ミリ幅で160本裁断しました。


こちらはバッグのパーツ裁断です。
ボストン20本分で、30パーツからなるバッグです。


バッグのパーツだと思われます。
予定数取れていないので、材料の追加待ちのの状態です。


宅急便で届いた革漉きの依頼です。
弊社では重量で料金を算出します。
その方が毎回同じ単価で作業できますので、大変ご好評をいただいています。
最初の500gまでは税別1000円、そこから1あたり1円で計算します。(2020年2月現在の料金です)


裁断用の刃型の注文代行もしています。
こちらは神奈川県からいらっしゃったお客様の分です。
こちらでいろいろアドバイスしたり、原形となる型紙の作り方などをお教えしています。
発注代行料として若干の駄賃は乗せさせてもらいますが、レザークラフトショップなどのマージンよりは遥かにお安くしています。
もちろんご自身で直接刃型屋さんへ発注してもらった方が良いと思っていますが、なかなか初めてだと要領がわからないようで、直接頼むのはちょっと怖いというような方々へのサービスとして承っています。
発注に掛かる手間賃はいただいていますが、刃型屋さんとは日ごろから取引があるので、発注や引き取りに関する送料は掛かりませんので、もしかしたらご自身で宅急便でやり取りするのと大差ないかもしれません。
ただし、当然のこととして、弊社で作業するものに限らせていただいてます。


長尺の裁断です。
ゴム板の大きさが90センチ×45センチですので、そのサイズ以内でしたら裁断可能です。
この抜型はバッグのショルダー部分です。
ただし、クリッカーでの裁断となりますので、一度で裁断できません。
裁断しているうちに刃型が刀のように反ってきますので、高精度の裁断には適しません。


弊社にある丸の抜型での裁断依頼です。
何種類か丸い抜型は用意がありますので、ご希望のぴったりサイズがあれば、改めて製作せずとも裁断可能です。


こちらも弊社手持ちのパスケースの抜型での裁断依頼です。
このほかにもiphoneケース用の抜型(フラップ付き)もあります。


昨日届いた裁断待ちの革です。
約4000デシあります。
イタリアの革ですので、これだけあると片手くらいの金額は行くと思います。

弊社では、個人のレザークラフターさんから、メーカーさんまで、幅広く裁断依頼を承っておりますが、
最近、特に多いと感じるのは、クラウドファウンディングで受注を狙う方々ですね。
中には革小物だけで数千万という支援額を集めた成功者様も出ています。
クラウドファウンディングは支援額が集まらないと生産がスタートしませんから、
見積もりだけで終わってしまう方々は当然多数おられます。
生産にこぎつける方はほんの一握り、その中でも大成功するのは本当に難しいと思いますが夢があります。
クラウドファウンディングでのリターン商品を計画している方からの見積もり依頼も御遠慮なくどうぞ。

昨今、裁断所は減る一方で、なかなか裁断できる所も減っているようです。
弊社をネットで見つけてきてくれるお客様には、切羽詰まってネットで検索してくる方もいます。
ですので、できるだけお待たせしないように、仕事をためないように日々心掛けております。
結果、全然お休みないのですが、仕事は嫌いではありませんので苦になりません。
急ぎの注文大歓迎です。
もちろん、計画的な注文のほうが助かりますが、なかなか皆様、こちらの思うようには行かないのが現実です。
いつでもすぐできる体制を用意してお待ちしております。

料金はこちらをご参照ください。
革の裁断
革漉き

有限会社伊東金属製作所
コメント