伊方原発の廃炉のために

06年から「伊方原発のプルサーマル問題」として続けてきましたが、伊方原発の廃炉のために、に改名しました。15年。

環瀬戸内海会議の通信に書いた原稿より

2015-11-11 00:45:47 | 新聞報道
転記しておきます。この間の八幡浜市の果たした役割について解説。 . . . 本文を読む
コメント

最近の愛媛新聞記事より

2015-10-27 10:06:41 | 新聞報道
いくつか上げておきます。 . . . 本文を読む
コメント

愛媛新聞にみる、13年12月までの審査の進捗状況

2013-12-30 19:58:17 | 新聞報道
の資料をまとめてみました。 . . . 本文を読む
コメント

4月8日には愛媛県議選

2007-04-03 19:35:03 | 新聞報道
 原発現地に近い八幡浜市・西宇和郡の新人候補として、「福岡英二」氏がプルサーマル反対を述べて支持を訴えています。(南海日日新聞より) . . . 本文を読む
コメント (1)

原発の耐震指針が新しいものに変わったそうです

2006-09-20 10:45:53 | 新聞報道
原発の耐震指針が新しいものに変わったそうです。 . . . 本文を読む
コメント

毎日新聞記事によると四国電力だけではないようで

2006-08-26 10:56:10 | 新聞報道
原発:周辺の活断層 電力会社、想定される地震を過小評価 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060820k0000m040130000c.html . . . 本文を読む
コメント (2)

6月県議会が始まっています

2006-07-05 08:03:58 | 新聞報道
昨日の一般質問への答弁で、加戸知事は、国の安全審査の結果を受けてプルサーマルの受け入れ了承に前向きな発言をした、とのことです。(愛媛新聞) . . . 本文を読む
コメント

チェルノブイリ原発事故20周年を前に

2006-04-16 16:35:08 | 新聞報道
 この4月26日で旧ソ連のチェルノブイリ原発事故から20年になります。 もうそんなに月日も経ちましたか。 NHKさんでは、今晩から来週末に掛けて ◆NHK 「汚された大地で~チェルノブイリ 20年後の真実~(仮) 」   4月16日(日)GTV 21:00~21:49 http://www.nhk.or.jp/special/onair/060416.html ◆NHK「チェルノブイリ・20年目の歌声」   4月22日(土) BS1 22:10~23:00 の特集番組があります。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

南海日日新聞より最近3ヶ月の関連表題

2006-03-12 15:19:30 | 新聞報道
昨年11月までの出来事をピックアップした「最近2ヶ月の南海日日新聞の関連表題」の続編をアップしておきます。 06/03/09 . . . 本文を読む
コメント

ラブロック博士はもう温暖化対策は手遅れと語る

2006-01-19 09:38:14 | 新聞報道
 温暖化がらみの話を一つ。 (ブログ『温暖化いろいろ』の) 「'The Revenge of Gaia' (ガイアの復讐)は2月2日、ペンギン社から発行」 よりほぼ転載しておきます。 ---- . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (1)

1/17松山でも推進派の講演会(討論会ではなく)

2005-12-16 12:00:45 | 新聞報道
 今日16日の愛媛新聞に、資源エネ庁の講演会の案内の記事がありました。 講演者、パネリストは前回の伊方町のと全く同じメンバーだそうです。  国には討論会を開くよう、県から要請が出されているはずなのですが??五月雨式というか予算消化のためというか…そのくらいの融通も効かないお役所仕事ではみな不安になるばかりです。 . . . 本文を読む
コメント

最近2ヶ月の南海日日新聞の関連表題

2005-11-04 16:07:28 | 新聞報道
 続いて南海日日新聞から、9月、10月の伊方原発関連の記事を紹介しておきます。 11/3 ・伊方原発プルサーマル安全審査申請から1年 危険性大きく道理のないもの 県民共同の会が計画中止求める声明 10/29 . . . 本文を読む
コメント

南海日日新聞の30年

2005-11-04 14:51:39 | 新聞報道
 八幡浜市を中心に発行している南海日日新聞 の11月1日(火)号の1面には、社説:海鳴り「本紙、今日で満30歳になりました 読者の声を羅針盤にして30年」という記事がありました。  その中から部分的に引用をしておきます。  「30年前の11月1日、南海日日新聞は船出した。…当時は伊方原発の誘致と建設問題で揺れに揺れていた時代だった。その頃、筆者は新愛媛新聞という新聞社の記者をしていた。原発誘致の頃は伊方に何度も足を運んだ。土地買収や漁業権の売り渡しの事など、書いても書いても原発関係の記事がつぶされる事が続いた。直接の . . . 本文を読む
コメント