☆自己無限化・全知全能化☆  ~最高レベルのアセンデッドマスターへの道~  【アセンション情報実践研究会】へのお誘い

会合の目的は、自己アセンションしてアセンデッドマスターになる為に役立つ知識提供と情報の実践・体現のための疑問解消です。

【自己アセンション】 ラムサ (12) + 他 「喜び・自己愛」編 

2012-05-11 12:30:51 | 【自己アセンション1】 ラムサ

「喜び・自己愛」編 ~ラムサホワイトブック2004.9.30改訂初版より~


(1)●この教えを通して、あなたは自分がこの驚くべき旅を始めた頃の栄光にあふれた至高の存在となることを学ぶ。自分の内面の声だけに耳を傾け、喜びの道だけを歩むことを学ぶのだ。深く感じる方法を学び、この天界で他の何にもまさる本当の宝物、すなわち「感情」を手に入れるのだ。(P30)

(2)●どうしても自分自身の外側に進むべき道や崇拝すべき存在をもとめようとするならば、あなたは本当の意味で神の栄光を見ることはけっしてないし、知ることもない。自分自身を通して、そして自分自身への愛を宣言することを通してしか、自分の神性や覚醒や、可能性の開花といったものを実現することはできない。

(3)あなたの人生に平和や幸福をもたらし、望みを実現させる唯一の道は、自分自身を崇拝し、愛することである。というのもそれが神を愛することだからだ。そして他の誰よりも自分自身を愛するのだ。そうすれば人類全体を受け容れるための愛と不動の意志をあなたは持つことができるからである。(P34)

(4)●「父」は完全なる喜びである。というのも彼はそれ以外の在り方を知らないからだ。(P43)

(5)●「父」はその究極の存在状態においては、愛と喜びであり、それこそが彼の本当の姿なのである。(P152-153)

(6)●幸せになり、喜びに溢れることは、「父」のあなたへの唯一の望みである。それはまさに感情の中でも最高に素晴らしい価値をもつものなのだ。それは、人生における最も偉大な達成である。喜びを理解し、喜びそのものになることは、神が人類すべてに与えたただひとつの運命であり、それはどの天界にいようと、どんな理解を達成した者であろうと同じである。

(7)なぜなら、あなたが喜びと幸せの状態に戻ったとき、あなたは神の状態に戻っていることになるからだ。というのも、喜びこそが「父」そのものだからだ。「父」とは、いつでも喜びの状態に在ることなのだ。(P197)

(8)●なぜ喜びが最も偉大な在り方なのだろうか?それは、あなたが喜びの状態にあるとき、あなたは神そのものである流れの中にいるからだ。その流れの中では、嫉妬や怒りや苦渋、あるいは戦いといったものが存在する余地はない。

(9)あなたが喜びの状態にあるとき、誰かを憎んだり、責めたてたり、傷つけたりするのは難しい。あなたが幸せで喜び溢れる状態にあるとき、あなたはあらゆるものの中に見える神を愛しているのだ。

(10)喜びという高揚した状態にあるとき、あなたは自分の周囲にあるあらゆるものと調和している。あなたが生命と共に喜びの状態にあるとき、後悔したり、不安や恐れや怒りを感じたり、不足を感じたりすることはない。

(11)喜びの状態にあるとき、あなたは満たされ、完全な状態となり、生命と叡智と創造性が、まるで巨大な河のようにあなたの内側から流れ出てくる。喜びの状態にあるとき、あなたは内面から鼓舞され、最高の偉大さ、そして様々なフィーリングの深みへと達することができるのだ。

(12)喜びの状態にあるとき、人生は壮大な夜明けのように情熱的で、強烈なものとなる。すなわち人生は、この上なく美しいバラ色の空と燃えるような赤に染まった雲と共に、鳥たちが木々の上で歌う素晴らしい夜明けのような状態となるのだ。

(13)喜びと共にあれば、あなたは年老いることをやめ、永遠に生きるようになる。というのも、人生はもはや単調でつらいものではなく、さらに多くを求めたくなるような驚くべき冒険となるからだ。喜びが目に見えるとき、あなたは内面にある自己の王国とひとつになっている。そのような状態にあるとき、あなたはユートピアを見つけているのだ。

(14)喜びに溢れた状態になるためには、どうしたらよいのだろうか?もし自分が望むのであれば、自分の人生のあらゆる瞬間が、喜びを表現するための自由と機会を自分に与えてくれているのだと知ることによってである。

(15)そして幸せや喜びや神から自分を切り離すに値する程のものなど、何ひとつないのだと知ることによってである。実際にそんなものは何もないのだ。そして自分を完璧に愛し尽くすことによってである。自分を愛するときあなたは神を愛していることになるからだ。(P198)

(16)●人生の中で自己への愛より偉大な愛はない。それ以上に偉大な愛はないのである。なぜなら自己を抱き容れて、はじめて自由というものが存在するからだ。そして喜びが生まれてくるのはその自由からなのだ。

(17)そして喜びが生まれて、はじめて神を見ること、知ること、抱き容れることが可能になる。最も偉大で深く意味のある愛とは、体という壁の中に宿りながら動き、思い巡らし、創造し、許し、そしてただ在るこの素晴らしい生き物である純粋で無垢な自己への愛だ。

(18)あなたが自分であるものを愛するとき(つまり、どんな自分であろうとそれを愛するとき)、あなたもこの素晴らしい本質を知ることだろう。それはすべての顔の背後に隠れ、すべてのものの内にある、私が愛する本質である。

(19)そしてあなたがこの本質のことを知るとき。あなたは神が愛するように愛するだろう。そうすると愛することが簡単になる。許すことが簡単になるのだ。そしてすべての生命の中に神を見ることが簡単になるのである。(P199)

(20)●あなたが自分であるものを愛するとき、克服できないこと、達成できないことなど何もなくなる。本当の意味で自分を愛するとき、あなたは自分の笑いの光の中だけに生き、喜びの道だけを進むようになる。

(21)あなたが自分自身を愛しているとき、その光、その一体となった力、その幸せ、明るさ、陽気さ、歓喜に溢れる状態が、人類全体へと広がっていくのである。そして、あなたの素晴らしい存在の内面に愛が豊かに溢れるとき、いやなことにあふれたこの世界が美しくなり、人生が有意義で喜びに満ちたものとなるのだ。そして、あなたの存在の豊かさを通して、その喜びはすべての生命を高揚させ、その栄光を讃え、あなたの存在が純粋であることをはっきりと宣言するのである。(P199)

(22)●「父」へと向かう唯一の道は、何であろうと、「これが自分の喜びである」とあなたが決めたことなのだ。それこそが「父」へと到達するただひとつの道なのだ。その道によって、あなたは自分の故郷である神へと戻っていくことができるのである。(P201)

(23)●マスターよ、自分自身を完全に愛しなさい。生きることを愛するのだ。そのすべてを愛しなさい。それができた時、あなたは「ひとつである状態」へと戻る。それは本当に態度ひとつで、わずか一瞬の間にできることなのだ。必要なことはそれだけである。「ただ知る」ことなのだ。(P224)

(24)●自分であるものすべてを愛することがなぜ重要なのだろうか?自分のすべてを愛すれば、あなたはすぐに社会意識を超越するからだ。そのとき、あなたは周囲から受け容れられるかどうかというレベルを超越する。あなたは価値判断を超越し、時間という幻を超越するのだ。そのとき、あなたは自己を満たすためだけに生きる。あなたは自分の内なる声だけに耳を傾ける。あなたは喜びの道だけを辿る。そしてその道にこそ、在るものすべてを「知っている状態」があるのだ。(P271)

(関連情報)*********************

1.すべての肯定的なアイデアには、努力なく無限の豊かさが入る道がある。

(1)どんなアイデアにも努力なしに豊かさが全部入ってくる道というのがあります。あなたがやらなければいけないことは、スイッチをオンにして、自分がワクワクするような人生を生きることです。それによってまわりの人たちがどんどん引き付けられてきます。肯定的なアイデアというものには、どれも必ずそれに付随して、努力を必要としない豊かさ、無限の豊かさをもたらす道を持っています。ですからそれは完全にあなたの選択です。(バシャール 新書版2巻P166・旧1巻P227)

(2)いままでこの社会では、もう何千年も何万年も言われてきたみたいです。
「自分で何かよいものを手に入れるためには、苦しまなければいけない」と。今まで質問した人の声を思い出してください。みんな言ってませんでしたか、「えー、そんなに簡単?ちょっとおかしいんじゃない」「ちょっとくらい努力しなければいけないんじゃないですか?バシャール」と。答えは「NO」です。(バシャール 新書版1巻P163)

(3)創造のすることはただひとつ「存在する」ということです。これはとてもパワフルです。何も行動する必要はありません。「人生を思う通りにするために最大限のことをしなければならない」、そう信じている人々は自分にはパワーがないと思っているのです。(バシャール7巻P164)

2.あなたは、たえず自分のハイアーセルフから可能なかぎり、最も簡単で楽しい方法で結果を達成することについて導きを受けているのです。(光の存在オリン クリエイティング・マネーP122)

3.あなたには、いつも次の段階が示されていることを知っていてください。それは常に明確で、単純で楽しい行動として、あなたのマインドにやってきます。(光の存在オリン リヴィング・ウィズ・ジョイP48)

4.あなたが重苦しさ、抵抗、あるいは続けたくない気持ちを感じるときは、いつでもそれは自分の最高の道に従っていないという合図なのです。ハイアーセルフは、あなたが自分の高い道に従っているときは、あなたを楽しい気分にし、そうでないときは、あなたに抵抗感と重苦しさを与えることで、あなたに話しかけるのです。(光の存在オリン クリエイティング・マネーP123)

5.どんなやり方でも自分が興奮して、ワクワクするようなものをやりなさい。それで奉仕しなさい。自分がワクワクするようなことをやって、そういうやり方でやる時、一番奉仕できます。(新書版2巻P174 旧1P236)

6.あなたの世界を救う最善の手段は、自分がワクワクして生きられる人生を生きることです。(新書版1巻P51~52 旧1巻P31)

7.自分には何が一番いいかを知るには?(新書版2巻P158~160・旧1巻P223-224)

(バシャール)現世であなたしかできないようなこと、何が一番いいのかということを知るのは非常に簡単なのです。今、あなたは何をしている時にワクワクするでしょうか?今、やっていないことで何をやったらあなたはワクワクするでしょうか?

(質問者)サイキックな体験を味わった時、たとえばチャネリングとか、霊体を見たとか、そういう時にワクワクします。

(バシャール)では、自分でそういうことをやってみたいのですね?

(質問者)はい、自分の中にあるサイキックパワーというのを全部オープンにして。具体的にどのようにしたらいいのでしょうか?その方法が分からないのですが。

(バシャール)非常に簡単なことです。よく聞いてください。本当に毎瞬毎瞬自分ができることの中で一番ワクワクするようなものがそれです。他に自分の頭の中では、これをやった方が、あれをやった方がいいんじゃないかというのがあっても、本当に自分がワクワクするようなものがそれです。

すべてのワクワクする気持ちというのは、すべての他のワクワクするものにつながっています。糸みたいなものです。自分でその時、自分にできる限りワクワクするようなことをしていれば、その糸にそって、今できないものも、だんだんとそこから発生してできるようになってきます。

非常におかしいくらい簡単なのです。あまりにも簡単すぎて、この文明ではなかなかそれを理解してくれません。なぜならこの文明では、そんな素晴らしいものはそんなに簡単に手に入るはずがないと信じられているからです。毎瞬毎瞬、あなたにはたくさんのチャンスが訪れています。その中には、自分ができると思うようなものも、もしくは自分ができないと思うようなものもありますが。

ですから、まず自分ができるようなものから始めてください。それをやってワクワクして行動を起こしているうちに、今度は自分ができなかったと思うようなものも、だんだんにできるようになってきます。その次に出てくるものというのは、表面ではぜんぜん似通っていない関係ないもののように見えるかもしれません。ですけれど、そのワクワクしている気持ちがつながっていきます。ですから全く関連性がないようなものが出てきます。そういうふうな機構になっているのは、あなたの人生がもっと自由に毎瞬毎瞬反応できるようにできているからです。退屈にならないように。 

8.人生の目的・天命

(1)自分の人生の目的を見るとき、もし自分がひとりだったら自分は何をやるだろうかと尋ねてください。もし自分の人生で自分がしたことから得をしたり、損をしたりする人が誰もいなければ、そのことがあなたの選択を変えるでしょうか。あなたは、自分自身のために何をやるでしょうか。何があなたに平和と喜びをもたらすでしょうか。もし社会が存在しなかったり、全く違う価値観をもっていたら、それでもあなたは今やっていることを愛するでしょうか。(光の存在オリン リヴィング・ウィズ・ジョイP267)

(2)ちょっと考えてごらん。もし世界が消え失せて、地球上に自分ひとりきりになったら、あなたはどうする?ちょっと考えてごらん。もし人類が自分ひとりだけを残して地上から消滅したら、あなたはどうする?ちょっとたまに目を閉じて、自分がどうするかを想像してごらん。もし自分が踊るのが浮かんできたら、それがあなたの天命なのだ。踊りなさい!

それとも、もしただ木陰でリラックスして眠るのだと思うのなら、木陰に行って眠りこむがいい! それがあなたの天命なのだ。とにかく自分ひとりきりだと思ってごらん。それにあなたは本当にひとりきりなのだ。そうすればあなたは満たされることだろう。もしそれがあなたの実存と同調していれば、小さなことでも満ち足りる。が、たいそうなものごとでも、それがあなたと同調していなければ充足させてはくれない。(和尚ラジニーシ TAO・老子の道・下巻P270)

9.自分に「深く響くものだけ」を受け入れる。

以下3つの引用は、「光の存在オリン」シリーズの書籍、3冊からのものです。すべて同じことが述べられています。基本的に、「非常に重要なこと」であると思われます。

●私が勧めることは、自分の存在の最も深いところで真実だと響く考え方や提案だけを心に受け入れて、そうでないものは捨て去るということです。<リヴィング・ウィズ・ジョイ>P39(オリンの挨拶)

●私たち(オリンとダベン)の愛の贈り物として、この本の中の思考とアイデアをあなたに提供しています。私たちが言うことの多くは、あなたがすでにずっと知っていたことのように思われるかもしれません。私たちがあなたに勧めることは、自分の存在の最も深い部分に響く考えや提案だけをハートに受け入れ、そうでないものは捨て去るということです。<クリエイティング・マネー>P23(はじめに)

●あなたは多くの源泉から、新しい情報が洪水のようにたえず自分に流れ込んでくることを経験しています。そしてこのおかげで、何を自分の真実として受け入れたらいいかを決定するときに、「識別する才能」を育てることができます。人が完全にテレパシーのレベルで、自分自身を開いているときは、自分の意識の場に入ってくるものを選択し、自分の中心にいて、自分の考えや信念と合わないものを理解し、それから離れる能力をもつことが必要になります。<スピリチュアル・グロース> P20(地球の変化~オリンの挨拶)


自己アセンション目次】 【アセンション・スピ会合のお知らせ

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【自己アセンション】 ラム... | トップ | 【自己アセンション】 ラム... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-08-09 18:11:10
>何も行動する必要はありません。

行動しなくていいの?
行動 (HS33)
2016-08-09 18:27:11
>何も行動する必要はありません。

>>行動しなくていいの?

バシャールは

「創造のすることは、ただひとつ【存在する】ということです。これはとてもパワフルです。何も行動する必要はありません」

といっています。ここでの意味は、「存在するだけで創造的である」と述べているという解釈が正しいでしょう。

なぜなら存在しているだけで、私たちは波動の交流や変換が行われているからです。全存在に対して、大なり小なりの影響力があるわけです。すべては関係しあっているからですね。

ただ特定の事物実現には、ハイアーセルフの導きとして「行動のワクワク」が起きますし、必要です。

なので、ここでの意味はあくまで、「創造自体」は、「必ずしも行動を必須条件とするものでない」と読むべきでしょう。

以上です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【自己アセンション1】 ラムサ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事