本郷山村留学センターの紹介

山口県岩国市の山奥にある、本郷山村留学センターを保護者目線で紹介するブログです。

参観日

2021-10-16 21:47:06 | 参考
久しぶりに、県外の保護者も参加OKの参加日となりました。
先月の運動会は、県内の保護者のみ行くことができました。運動会では、一輪車競技があります。

今月の参観日には、運動会に参加できなかった保護者のために、一輪車競技が披露されました。

今月は、文化祭もあります。県外の保護者も参加できる予定です。コロナ次第です。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子どもの写真

2021-05-02 12:52:14 | 参考
子どもが山村留学に行くと、普段の様子が見えなくなります。
そこで貴重になるのが、普段の様子が映っている写真です。
保護者は、学校のHPや留センのHPで、そのときどきのわが子の写真を見ることができます。
親にとって貴重な情報源です。食い入るように見てしまいます。

特にコロナ禍になってから、保護者は本郷に行ける機会が減っています。
何でもないちょっとの情報が、とっても貴重だったりします。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

35期、始まっています。

2021-04-06 19:17:44 | 参考
この4月から35期が始まりました。

本郷山村留学センターの公式HPでは、36期の募集も始まっています。

写真は、34期修了式での神楽です。34期では、神楽を上演する機会は2回でした。
今年度は、何回あるでしょうか。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年度の卒業生

2021-03-19 21:22:19 | 参考
卒業式の季節となりました。
今年度、中学校の卒業生は1名(地元生)、小学校の卒業生は12名(うち留学生は7名)でした。

写真は、小学校の卒業生たちです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

百人一首大会

2021-02-28 15:33:21 | 参考
今月、本郷小中学校で百人一首大会があったようです。

企画運営は8年生、参加者は中学生と3・4年生と先生がた。
場所は中学部図書館にて。

子どもたち、緊張もしたでしょうけど、読み上げが始まると集中し、白熱したようです。
小学部、中学部、先生で、それぞれ順位をつけました。
上位の人には表彰状が送られました。

参加賞は実行委員による手作りのどら焼きでした。

子どもたちは、冬休みに百人一首を全部覚えたようです。スゴイ。

ちなみにわたしの好きな一首はこちら。
ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本郷こども弁論大会

2021-02-23 09:49:45 | 参考
5、6年生全員が、5分の持ち時間で各自調べたことなどを発表します。2月に行われるので、冬休みあたりから準備を始めるようです。
今年度は、コロナの関係で、審査員の方はおらず、全員に参加賞が送られたようです。
例年であれば、優秀賞が選ばれます。校長先生や地元の方が、審査を行います。

主催は、地元PTAで、司会はPTA会長さんが務めます。

また、中学2年生の立志式も同時に行われました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

和紙の修業証書

2021-02-22 14:25:45 | 参考
3月に行われる留センの修業式で渡される修業証書は、各自、自分で紙すきをしたものです。2月上旬に紙すきをして、準備をします。
今年度も、あと1カ月ほどとなりました。

写真は、和紙を乾かしているところです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スキー教室

2021-01-29 20:17:58 | 参考
今日は学校のスキー教室の日でした。

朝は、30センチほど新雪があったそうです。
昨年は雪がなくてできるかどうか危ぶまれましたが、今年は大雪で中止?の可能性もあったみたいです。

ベストコンディションで、スキー教室ができたようです。
お世話になった先生がた、ありがとうございました♪

もう一回、今度は、留センのスキー教室がある予定です。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

持久走大会

2020-12-08 09:22:52 | 参考
12月になって、だんだん寒くなってきました。本郷も、朝は靄で真っ白になっていると思います。

先日、本郷小中で、持久走大会が行われました。参観日もかねており、保護者も応援に集まりました。お天気もよかったです。

学校の周辺を走ります。ゴールは、校庭です。1周800メートルで、
1・2年は1周
3・4年は2周
5・6年は3周
中学生は4周
を走ります。

ゴール後に表彰状をもらっていたのは、留学生が多かったです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小中合同文化祭

2020-11-02 09:31:57 | 参考
本郷小中学校では、中学生と小学生が一緒に文化祭を行います。
今年度も、コロナの影響でバザーや軽食コーナーはありませんでしたが、無事に行われました。

1年生から9年生(中3)の全学年がそれぞれ、学習発表と、合唱・合奏を披露しました。
例えば、百人一首の暗唱、職場体験で学んだこと、本郷学とは何か、など。中学部女子は琴を弾き、中学部男子は本郷らかん太鼓をたたきました。

山代本谷子ども神楽の発表もありました。今年度は、留学生だけでなく、地元の中学生も1名参加しています。演目は『八岐大蛇』です。

先生がたの歌の発表もありました。

『春』
桜並木の下に
かわいらしく咲いている
小さいタンポポ
ピンクの花の中に
ぽつんと黄色く咲いている
小さいタンポポ春風が
桜もタンポポも揺らしてる
「一緒に遊ぼう」
って言ってるみたいに
一度に二つの春が来た
桜並木の下の
黄色いタンポポ

ある生徒の詩に、曲をつけたものをサプライズ発表でした。プログラムにも載っていませんでした。

スローガンは『故郷~輝かせよう本郷を~』でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「おすもうさんよ!」

2020-10-29 09:15:18 | 参考
うちの子が、まだ小学校入学前、なぜか力士が好きでした。
テレビで大相撲中継をしていると

「おすもうさんよ!」

と喜んで見ていました。
その様子が面白く、大相撲の雑誌を、試しに部屋に置いておきました。
それを見つけると、やはり

「おすもうさんよ!」

と喜んで見ていました。

本郷では、毎年10月15日に、こども相撲大会があります。
地域の氏神である、八幡さまの境内で行われます。

ただ、今年度は、コロナのため、学校の体育館で行われました。
以前にも、雨のために、体育館で行われたことがあるようです。

小学生全員が、まわしを締めて相撲を取ります。

地元の保護者であるお父さんたちが、行司役などしてくれます。

うちの子も、本郷に行ってなければ、「おすもうさん」になる機会はなかったかもしれません😄 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山代地方史・抄

2020-10-12 09:12:15 | 参考
以下、『山口県文書館諸家文書目録 3』(平成8年発行)より。

●山代地方は、大永年間迄には大内氏の支配下に入ったと言われているが、その後、天文23年(1554)の折敷畑の戦い、翌弘治元年(1555)の厳島合戦を経て、次第に毛利氏の勢力が及ぶようになっていく。
この時期の山代地方は、大内氏(陶氏)領国と毛利氏領国との「境目」に当たり、山代の地侍に対しては双方から烈しい引き抜きと謀略が繰り広げられた。
ただし、山代八ヶ(現在の本郷村<→※平成18年以降、本郷町>を中心とする地域)が最後まで毛利氏に敵対したのに対し、山代五ヶの地域は、早くから毛利氏側に与してその傘下に入ったようである。

●江戸時代、請紙制度が実施されていた山代地方では、紙は藩の紙蔵があった奥山代宰判<→※萩城下に近い西部は前山代、遠い東部は奥山代>の南桑村(現美川町)に一旦集められた後、川舟によって岩国川<→※錦川>河口今津の御紙蔵に運ばれ、さらに、今津の山代附と呼ばれる船によって大阪・萩へと運送されたと言われている(御薗生翁甫氏『防長造紙史研究』)。

山代地手子とは、萩藩が、寛永8年(1631)の請紙制度の実施を契機として、山代地方にのみおいた独特の役職である。
渡隆光氏「山代地手子について」(『山口県地方史研究』37号)によると、
萩藩は、戦国期に大内氏や毛利氏の被官として活躍した地侍の系譜をもつ村落の有力者を山代地手子として取り立て、彼らに
①請紙制度の円滑な推進、
②諸普請や新田畑の開拓、
③猪鹿追捨狩と鉄砲稽古
などの役割を担わせたとしている。
山代地手子は寛永12年(1635)に6人が召し抱えられた後、人数は順次増加し、幕末期には41名を数えたという。

現在のところ、山代地手子に関しては前掲渡隆光氏の研究が唯一のものであり、その性格・役割がすべて明らかになっているわけではない。

●享保17年(1732)夏に、未曽有の虫害が山代地方を襲った

●寛保2年(1742)に、萩藩主毛利宗広が領内初巡見(=「御国廻」)を行い山代地方を訪れた

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

学校の部活動

2020-10-11 09:12:31 | 参考
本郷小中学校では、3年生から部活が始まります。
インドアクラブとアウトドアクラブがあるようです。

♪インドアクラブの内容♪
バトミントンの羽根でコースターを作る
レース編み(基本のリング、前編み、後ろ編み)

♪アウトドアクラブの内容♪
ハンドベースボール(野球と同じルールで、道具は使わない。手で打ち、手で捕る。ボールはドッジボールくらいの大きさで柔らかい。)

また中学生(7年生~)の部活動としては、卓球部があります。
卓球部の練習には、5年生、6年生も参加できます。月曜日と木曜日に、中学生と一緒に活動するようです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お土産の話

2020-10-10 19:21:12 | 参考
当初、山村留学というと、何だかストイックな印象だったので、子どもたちは、甘いおやつも食べたりしないのだろうと思っていました。

山村留学して、食事が変わったおかげで、スタイルがよくなり、みるみるきれいになって女優になった、そんな方もいるということです(本郷ではありませんけど)。

あるとき、留学センターで、子どもたちが食堂に集まっているときに、ある子が、部屋の隅に置いてある箱を開けて、お菓子を取り出し、パクっと食べるのを目撃して、驚きました。

えっ?お菓子、自由なの?

しかも、そのお菓子は、保護者がセンターに来たときに置いていったお土産だということでした。

お菓子をセンターに持ってくるなんて発想がなかった私は、文字通り、びっくり仰天でした。

それ以降、時々、子どもたちにお菓子を持っていったりするのですが、確かに感じる、子どもたちの期待のまなざし。

もちろん、お土産は強制のものではありません。

今年度はコロナで、県外からの移動が制限されていたこともあったので、子どもたちに届けられるお菓子は少なめではないかと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本郷歴史民俗資料館

2020-10-01 09:07:40 | 参考
本郷小中学校のすぐ近く、というか目の前に、本郷歴史民俗資料館があります。
まだ一度も、入ったことがありません。門が開いているのを見たこともない・・・やってるのかな?

入館したい場合は、どうも、連絡して鍵を開けてもらう必要があるようです。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする