日比谷同友会 王将会

日比谷同友会 サークル活動

王将会242回報告

2022年02月06日 | 王将会のご紹介

  第242回王将会活動報告

 

第242回王将会例会は令和4年2月4日に学士会館で開催されました。しかし、1月中旬以後に急激なコロナビールス(オミクロン型)感染者数の増大があり、対応に苦労することになりました。すなわち、1月10日以前に2月例会開催通知を出した時点では新規感染者数は100人以下と落ち着いていましたから、連絡担当の関様の開催通知の段階では【問題なく開催可能】と判断していました。ところが中旬以降になって東京都の新規感染者数は急激の増加を辿る様になりました。

この経過に驚いた筆者は急遽メールで全王将会会員へ連絡を入れました。すなわち、2月例会日以前に緊急事態宣言が出された場合には、例会は自動的に休会とする。蔓延防止措置法が適用されたままの状態では、直前に会員にアンケート調査を行い3名以上の人が出席希望を出した場合には開催する、としました。結果は2名(含む伊藤)が出席、他1名は「出来れば出席します」との内容でした。そこで、一応3名だから「開催する」ことにしました。伊藤は出席者が2名のみになる事を予想して事前に出席熱心な武田氏に「2名になっても出てくるか」と聞いたところ「出る」との返事。そこで、開催を決心しました。

結果は予想通り2名のみになりました。そこで武田・伊藤三段で4局対局しました。結果は伊藤にさわいしましたが、武田三段の棋力の進歩に著しいものがありました。NHKテレビ2チャンネルの将棋教室を聞いているとかで熱心さの結果が現れて居ました。

なお、現在「新春詰将棋に応募者募集中ですが、これもコロナのせいか1名の応募になっています。そこで、期限を3月20日に延長します。皆様どうか応募を歓迎します。

次回例会日は4月1日(金)です。コロナが収束し、多数の参加を希望いたします。

 

                            (2月6日伊藤記)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

王将会241回報告

2022年02月06日 | 王将会のご紹介

    第241回王将会活動報告

 

第241回王将会例会は令和3年11月6日に学士会館で開催されました。11月開催については最近、コロナヴィールス蔓延もようやく下火になってきており、開催の是非について会員の意向を事前調査することなく開催を決定致しました。

ところが当日の出席は武田三段、島田三段、それに伊藤三段の3名と相変らず低調でした。開催終了後、夜間になって欠席会員へ電話し欠席の理由を聞きました。その結果、1名は腰痛が回復しない、他の1名は体調が優れない等で健康上の理由を挙げる人が多かったことがわかりました。

さて、対局の成績結果は島田三段が3勝2敗、伊藤三段が1勝の順となりました。

今回の例会開催で我々の開催日程に大きな影響のある事態が発生しました。それは、学士会会員から構成される将棋会の開催スケジュールの影響です。学士会将棋会の存在は我々も周知していましたが、今回大きな制約を王将会に与えることになりました。すなわち、毎週土曜日はこの学士会将棋会が独占的に会場を使用することになったため、日比谷王将会は使用不可能となったのでした。この様な排他的な取り扱いは何も我々日比谷王将会に敵意を持って決定されたのではないことは直ちに理解できました。それはコロナヴィールス感染予防対策が大きな影響を与え、会場の対局可能席数が従来に比較して多きく減少したことによると思います。

従って、やむを得ない処置と考え善後策を取ることにしました。3人の結論は我々の開催日を学士会将棋会の使用しない第一金曜日に変更することです。すなわち、従来の第一土曜日を1日早める変更です(開催月は不変)。

この変更で日比谷王将会の会員へどのような影響を与えるかは不明です。皆さまに負の影響が少ないことを念願しています。実際に、コロナヴィールス感染予防対策がいつ頃解除になるのか、今回の変更が数年以上継続しなければならいのか、等は分かりません。しかし、当面このように変更をすることにします。

日比谷王将会の会員の皆様、どうかこの決定を了解され、次回の2月4日(金)の例会に多数の出席を期待致します。

 

(11月7日 伊藤記)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

王将会238回報告

2022年02月06日 | 王将会のご紹介

   第239回王将会活動報告

 

第239回王将会例会は令和3年9月4日に学士会館で開催されました。9月開催の是非については緊急事態宣言のもとにあるので、インターネット使用の王将会全会員を対象に、開催の是非についてのアンケート調査をすることにしました。王将会例会は4月例会に続き6月例会もコロナビールス蔓延を理由に中止しており、今回も中止すると半年間全く開催せず半年間休会となるからです。アンケート結果では3人以上の会員が出席の意思を表明されれば開催することにしましたが、4名の会員から参加の表明がりましたので開催することにしたのでした。

 当日は参加希望の1名が体調を崩して欠席しましたが、武田二段、島田二段、それに伊藤三段が出席しました。すでにコロナ対策を講じた将棋会場の様子は一部報告していますが、正直言って相変わらず「白けた感じ」の強いものでした。今回はその実態を写真でお示しします。写真は武田二段と伊藤三段が対局を始める直前のものです(武田さまのご好意でスマホにより、撮影しました)。目立つのは、ご覧のように、両対局者の呼気が当たらないようにアクリル板でカバーされています!!アクリル板のおかげで対局相手の表情が見にくくなりました。また対局者の横に座る席がすべて取り払われています。横から観戦者の助言がなくなり、この点正規対局になります。しかし、我々はプロではなく趣味で将棋を指しており、何か味気ない感じが致します。

 

当日の成績は武田二段が優れ2勝1敗でした。特筆されるのは,武田二段と伊藤三段の対局です。武田二段の「スズメ差し」(後手の場合、9筋に飛車・角・香などを集中させ、一点突破を狙う作戦。9三香、9二飛、4二角または3一角、8五桂の位置に攻め駒を移動させ、9七の地点に集中させる。)に伊藤三段が嵌まり一矢も報いることなく完敗となりました。昼食後懸賞詰将棋応募者の賞金授与を行いました。

次回予定は11月6日(土)です。なんとか開催に取り組みたいものです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

王将会第238回報告

2021年09月21日 | 王将会のご紹介

 

第238回王将会活動報告(No234号投稿)

 

第238回王将会例会は令和3年4月3日に学士会館で開催されました。参加者数は2名と僅少でした。この開催の是非については、開催の1ヶ月前から役員間で意見を交換して来ました。3月上旬頃にはまだコロナビールス感染に関し緊急事態宣言もありませんでしたので、会場で3密(会場はすでに厳重な対策が打たれている)に注意し、食事時には酒類は避ける等に留意すれば開催も可能と判断して実施することを決めました。しかしながら、その後、時間の経緯と共にコロナビールス感染状況が悪くなり、出席者数が激減する可能性が見込まれました。しかし、1月例会は休会しており、今月は何とかして実施したいと考えておりました。また、開催直前に急遽中止すると困惑者が発生する可能性があり、今月はそのまま実施しました。

 出席者数が激減の予想は残念ながら的中し、当日は開催予定時刻の10時になっても武田氏と伊藤の2名以外の会員は現れませんでした。そこで、やむを得ず2名で対局を始めました。

対局中も次回の例会の開催方法(改善法)について武田氏と伊藤は意見を交換しました。その結果、正式の例会通知(関幹事担当)を発出する前に、常連者にメール等で事前に出席可否を聞いておく方法をとることにします。そして、出席表明者が3名以下の場合には、全員に中止の連絡をすることにしました

 また、1月の例会に代えて電子メールにより配布した詰将棋問題の正解については次回の会報で説明します。今回の出題は王将会会員だけでなく日比谷同友会の会報(No.233号掲載)読者にも広げたものでした。そのため4月発行の日比谷同友会会員の皆様からの応募も5月末締め切りとして受け付けることにしております。王将会会員からはすでに応募者が出ていますが、同友会会員からの5月末締め切り応募結果を見て次回の会報で報告させて頂きます。

(5月10日 伊藤記)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

王将会第236回報告

2021年09月21日 | 王将会のご紹介

 第236回王将会活動報告

 

第236回王将会例会は11 月7日に学士会館で開催されました。今回の開催は出席者が4名と前回よりは1名増となりましたが、やはり寂しい会合となりました。すなわち、本田三段、島田二段、武田二段、それに私、伊藤三段だけで他の会員は風邪や持病等で出席できなかったようでした。

対局はまず島田二段と武田二段、本田三段と伊藤三段の組合せで開始されました。午前中の対局結果は次のようになりました。島田二段と武田二段の試合では、島田二段が終盤自玉の「詰めろ」を読み忘れていたらしく、武田二段の辛勝となりました。また、本田三段と伊藤三段の試合では、本田三段の終盤の猛攻が効いて伊藤三段に圧勝しました

食後の対局では島田二段と武田二段の試合は、島田二段が奮闘し勝利をおさめました。また、本田三段と伊藤三段の試合では、伊藤三段の序盤での駒とくが最後まで影響して本田三段に勝利しました。

食事の時の話題はなんと言っても米国大統領選挙でした。日本での総選挙などでは、2,3日後にならないと結果が明確にならない等の問題は到底発生しない事例なので、それになれている我々には、少々理解に苦しむ点があります。しかし、米国では、この事態は何ら異常ではなく、よく発生することであり、今回も真面目に選挙戦継続事態として多くの人々が注視しています。この事態は、逆に考えれば,「それが民主主義」とも考えられ、我々にも再考の機会を与えてくれている様に思われました。

次いで、新型コロナビールス感染の蔓延の話題です。有り難いことに、我が国は欧米に比べて新感染者数・死者数とも相対的に僅少ですが、気をぬけば今後大きく蔓延の可能性があり、我々も十分注意する事で意見がまとまりました。

次いで昨年11月に出題した懸賞詰将棋に応募した人々の成績発表でした。これは今年の4月例会で発表予定でしたが、やはりコロナの影響で今月に延期になったのでした。毎回の成績優秀者としては本田三段が一頭地抜いています。出題者の私はなんとかして正解不能なほどむつかしい問題をと出題しますが、毎回解かれてしまいます。出題者としては残念な気がしますが、同時に熱心に正解に向けて奮闘中の姿を想像すると大きな尊敬と感謝の念がわきます。

最後に伊藤幹事より会計報告を行いました。この中で休会した4,6月例会の活動費が残っており、今後の有効利用を指摘しておきました。

例会活動に使用している学士会館の娯楽室は、通常午前中の利用者が少なく10人余りですが、午後は碁打ちの人々を中心に100人以上に及び、席間を広くとってもほぼ満席状態になります。この日もコロナにめげず多くの愛好者が集まっていました。

次回の王将会例会は来年2月6日です。日比谷同友会会員の皆様のご参加をお待ちしております。

(11月14日 伊藤記)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする