日比谷囲碁同好会

日比谷同友会 サークル活動

例会模様 第192回

2020年02月24日 | 例会報告

第192回例会は年明けの2020年2月1日(土)神田「いずみ囲碁ジャパン」碁会所で18名の参加者で開催されました。熱戦の結果、島崎謙二さんが前回の例会に引き続き、4戦全勝で2回連続となる優秀賞獲得の快挙を達成されました。なお、今回3勝1敗の石川和一さん、西原口晃さん、前島紘さんと3勝の真崎の4名の方が次回優秀候補者となりました。次回、193回例会は4月4日(土)開催予定です。

<第192回例会模様>

なお、50周年記念囲碁大会を契機に毎月第二週の木曜日13時より品川の日比谷同友会談話室で

記念大会の運営委員を中心に「二木会」を開催していますので、奮ってご参加下さい。  

                                   (真崎 記)


第191回日比谷同友囲碁会例会(結果報告)

2020年01月23日 | 例会報告

囲碁同好会

日比谷同友囲碁会の第191回定例囲碁会は昨年12月7日(土)、JR神田駅北口の「新いずみ囲碁ジャパン神田」で19名の多数の参加を得て行われました。10月に行われた50周年記念囲碁大会後の定例囲碁会でしたが、優秀賞は3勝1敗が2回連続した島崎謙二さん、高島秀行さんのお二人が獲得されました。なお、今回3勝1敗の川上正晴さん、花岡弘昌さん林信幸さん、平野正則さんの4名の方が次回優秀候補者となりました。192回の例会は新年、2020年2月1日(土)の開催予定です。

さて、昨年の囲碁会を振り返るといくつかの注目すべき新しい動きがありました。

 先ず囲碁界に新星が誕生したことです。将棋界に中学生の藤井聡太七段が登場し、将棋界が大いに盛り上がりを見せているなか、囲碁界にも小学4年生9歳の仲邑菫(なかむら すみれ)さんが史上最年少でプロ棋士となり話題をさらいました。

 次の大きな話題は女流プロ棋士の活躍です。藤沢里菜四段がすでに女流トップ棋士として活躍、男性棋士との対局でも好成績を残しています。更に注目を集めたのが17歳の上野愛咲美女流棋聖の活躍です。10月には唯一全棋士が参加できる「竜星戦」で並みいるタイトルホルダーを含む男性トップ棋士を破り、準優勝を果たし囲碁界を驚かせました。囲碁はスポーツ、マインドスポーツを含め女性が男性と対等に戦える唯一のゲームといっても過言ではないと思います。その中での女流棋士の活躍は特筆されるものです。

 最後に10月に史上初、10代で名人となった芝野虎丸名人の活躍です。11月末には井山裕太王座を下し、20歳の最年少で2冠を獲得しました。今後の活躍に目が離せません。2020年は若手棋士の益々の活躍で囲碁界が盛り上がることが期待されます。また、国際戦での日本棋士の活躍にも注目したいと思います。

 

                                     (真崎 記)

 

 

 

 


日比谷同友会50周年記念囲碁大会(結果報告)

2020年01月12日 | 例会報告

日比谷同友会の50周年記念囲碁大会が50周年記念イベントの最初の行事として10月5日(土)に市ヶ谷の日本棋院で46名の参加者を得て開催されました。

【花岡 大会委員長挨拶】

【大会模様】
  
 

 

 大会はA,B,C3クラスに分かれ、持ち点数による3局手合いの個人戦で行われました。その結果、各クラスの表彰者は下記の通りとなりました。

 Aクラス 優勝 平野 正則氏、 準優勝 種谷 正氏、 三位 萩平 忠利氏
  
  

  Bクラス 優勝 富永 薫氏、 準優勝 糸日谷 彰氏、 三位 笠原 正昭氏

  Cクラス 優勝 宮脇 良秋氏、 準優勝 鈴木 昇夫氏、 三位 金平 修一郎氏

  

  大会終了後は日本棋院内で表彰式を兼ねた懇親会が開催されました。開催に際し、日比谷同友会 三ツ村副会長、日本棋院平野常務理事より来賓のご挨拶があり、桑原最高顧問の乾杯の音頭で懇親会が始まりました。懇親会の中では花岡大会委員長より、日比谷同友囲碁会の初回からの参加者である長山東氏に対し、特別賞が授与されました。懇親会は笠原大会副委員長の閉会挨拶で盛会のうちに終えることが出来ました。

【来賓挨拶 日比谷同友会 三ツ村副会長】  

   【日本棋院 平野常務理事】

【乾杯音頭 桑原最高顧問】

   

【特別表彰】 
永年大会参加   長山 東氏   


  
【閉会挨拶】 笠原副委員長


 


   記念大会の開催にあたっては1年間の準備期間を設け、毎月、花岡委員長の下、参加者の募集、大会形式など詳細にわたり、検討してきました。大会委員の皆さんにはこの場をお借りして、改めてこの間のご努力に対し、感謝申し上げます。

 

【大会委員】 前列 花岡委員長、笠原副委員長、宮脇、島崎、中川委員
         後列 寺内、川上、本多委員 (撮影 真崎委員)

 

 なお、記念大会を契機に大会委員を中心に毎月第二木曜日の13時より品川の日比谷同友会談話室で定例会を開催することになりました。会員の皆様でご関心のある方は是非、ご参加ください。
                                          (真崎 記)


第189回、第190回日比谷同友囲碁会その他(結果報告)

2019年09月01日 | 例会報告

 日比谷同友囲碁会の第189回定例囲碁会は令和元年6月1日(土)、JR神田駅北口の「新いずみ囲碁ジャパン神田」で19名の参加を得て行われました。令和に年号が改元されて最初の定例囲碁会でしたが、石川和一さんが4戦全勝、大友誠一さん、古川清二さんが前回に引き続き連続3勝で3名の方が優秀賞を獲得されました。第187回、第188回と2回連続して優秀賞が出ていませんでしたので今回の3名の優秀賞は久しぶりの快挙です。久しぶりに定例会に参加して頂いた桑原守二さんが3勝0敗で次回の優秀賞の候補となりました。

 引き続いて全国的に記録的な猛暑が続く中、8月3日(土)第190回定例囲碁会が「新いずみ囲碁ジャパン神田」で18名の参加を得て行なわれました。今回の定例会の成績が10月5日(土)の日比谷同友会創立50周年記念囲碁大会の持ち点になるということで会員の方も力が入った対局となりました。残念ながら実力伯仲で優秀賞は出ず、大友誠一さん、島崎謙二さん、島田博文さん、髙島秀行さん、中川徹さんの5名の方が3勝1敗で次回の優秀賞の候補となりました。

 8月28日(水)品川ビル日比谷同友会談話室でドコモ同友会と日比谷同友会の囲碁交流会を開催しました。かねてからNTTグループ内で囲碁交流会を実施してはどうかという話がありましたが、日比谷同友囲碁会幹事の中川徹さんとドコモ同友会囲碁サークル幹事の東壽さんが準備を進め、双方から10名参加者を選抜し、囲碁交流会と懇親会を開催しました。NTTグループ内での囲碁交流会は日比谷同友囲碁会としては初めて試みでしたが、NTTグループの囲碁同好の士が集い、親睦を深めることができ、大変意義のある囲碁交流会でした。

 日比谷同友会創立50周年を記念して、50周年記念囲碁大会が10月5日(土)正午より市ヶ谷の日本棋院で開催されます。現在花岡弘昌委員長の下で50周年記念囲碁大会実行委員会メンバーが毎月定期的に会合を開き精力的に大会の準備を進めています。50周年記念囲碁大会の参加予定者も現在58名となっており、日比谷囲碁同好会の会員でない一般会員の方からも13名の参加申込を頂いており、成功裡に50周年記念囲碁大会が開催されるものと確信しております。

 最後に日比谷同友囲碁会の体制を強化するため8月から真崎秀介さんに新たに幹事に就任して頂き、中川徹さんと私宮脇良秋の3名の幹事体制となりました。日比谷同友会の会報の原稿は来年1月号から真崎さんに担当して頂くことにしましたが、真崎さんはNTT退職後に日本棋院で和田理事長の下、事務局長として活躍されたご経験もありますので、囲碁に関する面白い話題を会報に提供して頂けるものと期待しています。

                                  (宮脇記)

第189回定例会

第190回定例会

ドコモ同友会との囲碁交流会(1)

ドコモ同友会との囲碁交流会(2)


第188回定例囲碁会およびアマ団体戦への参加(結果報告)

2019年05月04日 | 例会報告

 日比谷同友囲碁会の第188回定例囲碁会は平成31年4月6日(土)、JR神田駅北口の「新いずみ囲碁ジャパン神田」で16名の参加を得て行われました。平成最後の定例囲碁会でしたが残念ながら今回は優秀賞を獲得された方はなく、石川和一さん、大友誠一さん、古川清二さん、真崎秀介さんの4名の方が3勝1敗で次回の優秀賞の候補になりました。第187回、第188回と2回連続して優秀賞が出ていませんので優秀賞候補の方は次回頑張って頂きたいと思います。

 4月28日(日)、市ヶ谷の日本棋院で第15回オールアマ囲碁団体戦が開催されました。5人一組の団体戦ですが、今年は日比谷同友囲碁会から2組選抜して参加しました。Aチーム桑原守二さん(主将)、平野正則さん(副将)石川和一さん、本多慶成さん、中村孔三郎さん、Bチーム西原口晃さん(主将)糸日谷彰さん(副将)中川徹さん、島崎謙二さん、真崎秀介さんというメンバーで参加しました。今回特筆すべきは大先輩の桑原守二さんに久しぶりに日比谷同友囲碁チームのAチームの主将として参加して頂いたことでチーム一同大変感激しておりました。なお、桑原さんは2回戦までの出場で3、4回戦は笠原正昭さんに参戦していただき、Aチームの主将は平野正則さんに交代しました。残念なことはBチームの主将として参加予定であった花岡弘昌さんが右腕負傷のため参加できませんでしたが、治療中にもかかわらず当日会場に応援に駆けつけていただき、最後まで熱心に応援して頂き感謝しております。チームの成績は残念ながら目標とした上位入賞は果たせませんでしたが、新たな目標に向けた第一歩として有意義な大会になったと思います。

 日比谷同友会創立50周年を記念して、創立50周年記念囲碁大会を10月5日(土)正午より市ヶ谷の日本棋院で開催することが正式に決定しました。花岡弘昌さんに委員長に就任して頂き創立50周年記念囲碁大会実行委員会を発足し、毎月定期的に会合を開き大会の準備を進めています。現在50周年記念囲碁大会の参加者の募集を行っていますがすでに40名を超える方からのご参加申込を頂いています。大会の詳細については、日比谷同友会会報7月号の号外に掲載されていますので参加ご希望の方は記念囲碁大会実行委員会事務局の宮脇良秋(携帯電話09026537897)もしくは中川徹(携帯電話090-56321231)までお申し込み下さい。記念囲碁大会は日比谷同友会の会員の方ならどなたでも参加できるオープンな大会ですので、日比谷同友会の囲碁愛好の皆様には多数ご参加くださいますようお願い申し上げます。また、日比谷同友囲碁会では年間を通して新会員の募集を行っていますので日比谷同友会の囲碁愛好の皆様のご入会を心からお待ちしています。

                                 (宮脇記)

第188回定例会にて

アマ団体戦に参加された皆さん

Aチーム対戦中

Bチーム対戦中