自然学校発 黒松内だより

北海道の道南の小さな町、黒松内にある「ぶなの森自然学校」の毎日と周辺のできごとを自然学校のスタッフ達が紹介します。

第12回森のようちえん全国交流フォーラム in 北海道

2016年11月07日 15時46分48秒 | セミナー・研修

第2回大会以来、10年の時を経て森のようちえん全国交流フォーラムが北海道へ戻ってきました。

11月4日~6日にかけて、全道・全国から300名程の方々が集まった森のようちえん全国フォーラム。
託児・子ども自然体験プログラムもあった為か、お子様連れやご家族で参加される方も多く、
これだけの人達が子ども達の、日本の未来を考えて活動されているんだ、と肌で感じることができたフォーラムでした。

北海道大会実行委員会の会長がいぶり自然学校の上田さん、会場がPaad Musee(パド・ミュゼ/流山牧場)を含めた大沼、
ということで、旧ねおすのメンバーが(ほぼ)勢揃い。

我々黒松内メンバー(高木・リーハン・大類)も前日の準備から合流。

自然体験プログラムや受付、通訳、送迎…と全体の運営に携わるなかで、
参加者・会全体の熱気がビンビン伝わってきました。

そして解散後もこうした形で旧ねおすのメンバーと仕事ができたことも嬉しく。

<滞りない運営>の難しさ、当日を迎えるまでの周到な準備の大変さを感じつつ。
所謂<裏方>の仕事の楽しさも再確認しつつ。

来年は東京での開催。
今から既に楽しみです。
最終日の全体ワークショップでもありましたが、
それまでにまずは「明日からできることを、小さなことでも1つずつ」やっていきます。 

   

(ちこ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NICE国際ボランティア大賞 in... | トップ | 11月イエティくらぶ「森の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

セミナー・研修」カテゴリの最新記事