ニッキのようなもの。

犬と暮らせば。趣味は映画観賞。
 

「ソウル・フード」

2005年02月28日 | 映画 さ行
BSで観ました。

期待してなかったのに、思わぬ拾い物でした。バラバラになった家族を10歳の少年がまとめる家族ドラマなんですけどね、笑いあり涙ありでよかったです。佳作でした☆
オール黒人映画なんですけど、珍しくないですか。出る人すべて黒人なんて、あまり記憶にないような気がしますが。黒人ばかりといっても人種問題を扱ってる訳ではなく地味なお話なんですが、ひとりひとりのキャラクターが魅力的で楽しめましたよ。
ヴァネッサ・ウィリアムズはじめ三姉妹がきれいでしたし、なによりソウル・フードが美味しそうなんですよ。


第77回のアカデミー賞決まりましたね~!!
「ミリオンダラー・ベイビー」早く観てみたいです。
コメント

「レイジング・ケイン」

2005年02月27日 | 映画 ら行
レンタルで観ました。

デ・パルマ監督のサスペンスです。
ええと、おもしろくないことはないと思いますがね、オチがですね、なんかもう飽きたというか、あまり驚きがなかったですねぇ。
ジョン・リスゴーって演技は上手い人ですけど、どう見ても主役の顔じゃないぞぉ、でもどっかで見た顔だなぁと調べてみたら「フットルース」のあの厳格な父親を演った人でしたね。あぁ、すっきりした(笑)。


来月放映のBS映画チェックしてみましたが、またまた同じ作品の使いまわしですよ~~!! BS民放サン、何度も何度も同じ作品やらないでェ~!!
レンタルビデオにも観たい作品は置いてないし・・・う~、困ったなぁ。。
コメント (3)

洗車すると雨が降る

2005年02月25日 | くるま
お約束どおり、洗車したら雨~!!
天気予報は夕方から降るといっていましたが、
朝から降っていましたよ。しょぼ~ん。。


写真:姉のくるまを撮っていたら私のくるまが・・・マッチ箱みたいだぁ~☆
コメント (2)

「アポロ13」

2005年02月24日 | 映画 あ行
BSで観ました。(1995年 アメリカ)

恥ずかしながら、こんな奇跡の生還劇があったなんて知りませんでしたよ。有名な話なんですよね?
映画はこの手の話にしては、たいくつな部分がちょっと多かったですが、やはり最後は感動~!! 泣けました。
無重力状態の撮影がすばらしかったですよ!!
どうやって撮ったんだろう?!
出演者は上手い人ばかりで、そのせいか目立つ人がいなくて、つまんなかったです。
コメント

ピザ

2005年02月23日 | たべもの・おでかけ
姉のところでお昼ごはん。
コメント

実録!!ドロボーに入られた話

2005年02月22日 | ひとりごと
ええと、今まで「ビッグ・フィッシュ」観てたんですけどね、どうしても入り込めないんですよ。流して最後まできましたが、頭に何も入っていないので、感想は書けませんね・・・

なので突然ですが、昔おんぼろアパートでひとり暮らししていた時の話なんですがね、ドロボーに入られたんですよ!!ある日のこと、天井裏をナニかが歩いてるなぁ、ネコかなぁ、ネコにしては天井がぬけそうだなぁ、なんて思って見ていたら押入れの上段がガバッと開いて人間が降りてきたんですよ!!もぉ~、そりゃあ、驚いて靴も履かずに外に飛び出しましたよ。で、中の様子をうかがってると、その人が出てくる様子もなく静かなんですね。それで戻って聞いてみたんですよ。

花太郎「あのー、何してるんですか?!」

ドロボー「屋根裏にドロボーがいたので自分はそいつを追いかけてきた!!」

花太郎「へっ??????(気を取り直して)じゃあ、今すぐ110番して下さい!!」(←そんな事ある訳ないだろーが、ウソつくな!!と言いたいところですが、刺激しないように)

ドロボー「ハイッ!!」

すぐ近くに公衆電話があったのですが、もちろん電話なんかする訳もなく逃げていきました。ドロボーのくせに嘘までつくとは、盗人猛々しいとはこのことです。それより何故騒がなかったかって?日頃から大声を出したり騒いだりに慣れていないので、たとえ相手がドロボーでも大声は出なかったんですよ。それより殺されないでよかったーー。
つうか、少しアタマの弱い女だと思われたのでしょうかねぇ?!失礼な~!!
コメント (2)

「コーリャ 愛のプラハ」

2005年02月21日 | 映画 か行
BSで観ました。

55歳の独身男性のチェリストと5歳の少年の心の交流を描いた作品です。
地味なんですけど、心温まる佳作でよかったですよ。
チェコスロバキアの歴史とか背景があまりよくわからなかったのですけどね、わからなくても楽しめました。
ロウカがコーリャのために映画館で5人分のチケットを買って貸切上映してもらうところが好きでしたね。ふたりの別れのシーンとかもあっさりしてて、それがかえって胸にせまってくるんですよ。
子役の演技も自然だったし、余韻の残るいい作品でした。
コメント

「スティーヴン・キング/痩せゆく男」

2005年02月20日 | 映画 さ行
レンタルで観ました。

これホラーなんですけどね、怖くなかったです。う~ん、なんて言っていいのか、文字で読んだほうが怖いような気がしましたね。
「ドリームキャッチャー」みたいに訳のわからない化け物は出てこないので脱力はしませんでしたよ(笑)。
だいたいね、呪いをかけられてかわいそうだなんて思えないですよ。だって自分のことしか考えないジプシー蔑視のトンデモナイ弁護士なんですよ。まあ、最後には自分にかえってきますけどね。

あぁ、こんなふうにどんどん痩せられたらいいなあ。なかなか体重へらないなぁ。減りだしたら早いんですけどね。冬は脂肪を蓄えなきゃいけないのでダイエットには向かないですよねぇ。夏にやろうかなぁ。ケーキ思いっきり食べたいなあ。ぶつぶつ・・・
コメント

「クイズ・ショウ」

2005年02月19日 | 映画 か行
レンタルで観ました。

アメリカで実際に起きた話です。
テレビ界の裏側を暴露してあって、なかなか楽しめましたよ。
監督はR・レッドフォードです。
レッドフォード監督作品では「普通の人々」がなんといっても好きですね。
出演者全員がよかったのですが、レイフ・ファインズとジョン・タトゥーロが対照的な役を好演してます。上手かったです。
ジョン・タトゥーロの子供役の子役がどこから探してきたかと思うくらいそっくりで可笑しかったですよ。一見の価値ありです(笑)。
ラストがね、あまり納得できませんでしたが。
コメント (2)

「チャイナタウン」

2005年02月18日 | 映画 た行
BSで観ました。1974年の作品です。

スタイリッシュな映画なのでしょうが、あと味悪かったですよー!!
あんな父親いらない。
それに、あのラストはなんですかー、やりきれないですよ!!
それから、ジャック・ニコルソンに言いたい!!
自分が松葉杖で殴られるシーンでは手加減させて(?)ちっとも痛くなさそう
なのに、(つうか、フリだけで当たってないですよ)フェイ・ダナウェイを
自分が殴るとなったら本気で殴ったり突き飛ばしたりして、ズルイぞぉ~!!
いったい、どういうつもりですかねぇ(笑)。

フェイ・ダナウェイきれいでしたよ。
最近はこんな雰囲気をもってる女優さんいませんよね。
タバコが似合ってかっこよかったです。
コメント