山とビールと仲間達

イクメンクライマーのボチボチ日記

仕事と子育てと家庭とクライミングの
融合失敗の記録 

くまん蜂の習性

2017年12月27日 | その他の話
薪をストーブの上にのせて乾燥を促しています
そんなある日虫の羽音に驚きました
「なに?」
ブォ~  コ~ン
羽音の後に煙突に何かが当たる音
その傍らには くまん蜂が落ちてもがいている
家のどこに潜んでいたのだろうか
辺りを見回していると
更にさっきと同じ大きな音が
目の前のストーブの上の薪から

他の蜂のように網目の大きな巣を作ったり集団で生活をしない
蜂って蜂の巣を作るものだと思っていた私にとって
新しい衝撃の知識だったのと家を燃してしまう罪悪感に
一筆したため候

くまん蜂は木に穴を掘ってその中で子育てして越冬します
その穴は何世代にも受け継がれ使われます
2年干した薪は二年前に作られたであろう家であるわけです

連続で4回音がして4匹の蜂が瀕死状態になってしまったので
そのまま火葬

ネットでなんでこんなことになったのか
調べてみたら色々解って
考えた

つづく のか?
コメント

最近はまってる法神流

2016年09月21日 | おすすめ
天狗剣法 法神流 須田房之助始末
クリエーター情報なし
PHP研究所
コメント

身の丈にあった

2016年07月26日 | 文章を書く 練習
最近ちょくちょく「身の丈にあった」なる言葉を見かける

これは果たして簡単に使える言葉なのだろうか?

始めから身の丈に合っていない
身の丈にあった行動を最初から取っていれば こんなことは言われない

身の丈がわからない
自分で自分の身の丈は測れない 身の丈は主観ではなく客観的判断が必要である

身の丈は変わる
昨日と今日でも代わるのだから2年前とはちがうのよ

主観な身の丈は危険
通れると思った出っ張りに頭をぶつけるのはよくあるじゃない

身の丈を図る第三者組織が必要
進んで良いのか行けないのか 身の丈に合わせるには誰かに手を引いてもらわねば

身の丈で動くと冒険が無くなる
頭がぶつかっても無理やり進ま無ければ変わったものには会えない 探検だ

身の丈に合わせるか身の丈を合わせるか/strong>
進んでみれば旨く合うかも かも



コメント

初スマホ 山スマホ 続続

2016年02月22日 | 山ぽい事
マジ! おじさんには思いもつかなかった

なんと!認識不良の原因は自分

壊れていると丁寧にクレーム入れて返品寸前だった

恥ずかしい 怒り塩梅で交渉しなくてよかった

危なかった ギリせー

チャントした説明書が付いていなくて

クイック操作ガイドもなかったので

ダメ元でメーカーサイトからDL

あれ?CIMの向きがありえない

この手のカードは切り欠きを下にして挿すに

決まっているという思い込み

まさかの切り欠きが上

これは試さなかったな~

試すっていうか正解なんですけどね
コメント

初スマホ 山スマホ 続

2016年02月21日 | 山ぽい事
装備が全部届きました

さて合体 あれ?すぐに認識するはずなのに?

まーいいか wifi 先に設定しよう

一通り遊ぶ

モバイルのアンテナ何故たたない!
認識すらしない!

楽天に書いてある簡単にできる・・・を試すも

うんともすんとも ちくしょー 

色々調べて あっちさして こっちさして

う~ん 本体に原因がありそう

サー問い合わせだ

電話に出ないU^nn

メールして返信待ち中 
コメント