山とビールと仲間達

イクメンクライマーのボチボチ日記

仕事と子育てと家庭とクライミングの
融合失敗の記録 

身の丈にあった

2016年07月26日 | 文章を書く 練習
最近ちょくちょく「身の丈にあった」なる言葉を見かける

これは果たして簡単に使える言葉なのだろうか?

始めから身の丈に合っていない
身の丈にあった行動を最初から取っていれば こんなことは言われない

身の丈がわからない
自分で自分の身の丈は測れない 身の丈は主観ではなく客観的判断が必要である

身の丈は変わる
昨日と今日でも代わるのだから2年前とはちがうのよ

主観な身の丈は危険
通れると思った出っ張りに頭をぶつけるのはよくあるじゃない

身の丈を図る第三者組織が必要
進んで良いのか行けないのか 身の丈に合わせるには誰かに手を引いてもらわねば

身の丈で動くと冒険が無くなる
頭がぶつかっても無理やり進ま無ければ変わったものには会えない 探検だ

身の丈に合わせるか身の丈を合わせるか/strong>
進んでみれば旨く合うかも かも



コメント   この記事についてブログを書く
« 初スマホ 山スマホ 続続 | トップ | 最近はまってる法神流 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文章を書く 練習」カテゴリの最新記事