モケーレムベンベ井澤聖一の「浮世の散歩」

モケーレムベンベのボーカル、井澤聖一のブログ

『カレーは玄米』を推し続けていきたい

2019-01-09 23:01:50 | Weblog
思春期を過ぎた男子たるもの興味を持つのはごく自然なことであり、むしろ健康な証拠と言っても良いであろう。
拙者、近頃すごい勢いでカレー作りにハマっている。

しばらくルーを使わずカレー粉で作っていたが、ついにスパイスを揃え始めてしまった。
棚に並んだ大量のこりあんだーやら、ふぇぬぐりーくやらを使い切るまで、もう後戻りはできない。
スパイスはお料理のラストダンジョンである。

しかしなぜ成人男性はある日突然、カレー作りに目覚めるのか。

ポイントはやはり「カスタマイズできる」という点だと思う。


多くの男性は幼少期から、自分のオリジナルな形にカスタマイズできるものに弱い。

ミニ四駆しかり、遊戯王カードしかり、ポケモンなどもまたしかり。
男子に流行る遊びには「カスタマイズ欲」を満たしてくれることが重要なのである。

そしてそのカスタマイズ欲、じつは皆わりと大人になっても隠し持っている。

車やバイクにハマる人しかり、盆栽をやりだすじいさんしかり。
デニム好きの色落ちを楽しむところも一種のカスタマイズと言って良いかもしれない。

そして皆ある日突如として、カレー作りに目覚めるのである。


カレーほどカスタマイズポイントの豊富な料理は他にないと言っていいだろう。

市販のルーを使うものでさえ、
メインは肉にするのか魚にするのか。肉なら牛か豚か鳥か。
ベジタブルカレーもアリだし、ヘルシーに豆腐メインという手もある。

他の具材も、定番のジャガイモにんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、ゴーヤなどを入れてもうまいし、角切りのアボカドなどもいい。

そして、隠し味。
コーヒー、ジャム、チョコレート、みりん、酢、ごく少量のウイスキーなんかもいいかもしれない。

こうして書いてるだけでむずむずしてくる。
カスタマイズしたい。自分だけのオリジナルのレシピを作りたい。

ましてこれがスパイスから作るとなるとどうなるか。

市販のルーを使わないことで、
「いわゆる日本流カレーライス」を基本にしたアレンジの呪縛から解き放たれたカレーは、世界中を自由に駆け回る。

なんせスパイスで炒めたり煮たりして、「これはカレーだ」と言ってしまえば、オー、フリーダム。
それはまごうことなきカレーなのである。

先日は、鰆の骨で出汁をとったところに白味噌をとき、
炒めた玉ねぎとにんにく生姜にスパイスを入れ、
それらを合わせたのち、菜の花と、片栗粉をまぶして焼いた鰆の身をぶっこむなどしてみた。

これ一体わしはなにを作っておるのか?
答えはもちろんカレーである。オー、フリーダム。

このカレー、なんかハイパーうまかったので、
今度はここにペースト状にしたカシューナッツなども加えてみたい。
白ごまとかでもいいかもしれない。
たぶんうまい。


こんなことを書いておいて実は拙者、全然料理が上手なわけではない。
手際は悪いし、けっこう失敗もする。

クローブ入れすぎた時はお風呂屋さんみたいなにおいのカレーになったし、
ムダに調味料入れすぎて、全てが打ち消し合っているようなよくわからん味になることもある。

それでも最終的になにかしら、必ずオリジナルななにかが完成する。
作曲に行き詰まってボツ続きな時などは、これがとても嬉しい。

自分にはなにかができる、完成させられる、ていうのはスゴイ。
その勢いで、また行き詰まった作曲に向かう。
自己肯定感の回復。人生におけるセーブポイントのようだ。

スパイスは後戻りできないお料理のラストダンジョンにして、セーブポイントでもあったか。

ぬ、これ完全な詰みであるな。南無。


またうまいレシピが無事カスタマイズされたら紹介するかもしれぬゆえ、よろしくお楽しみに、て、ちゃいまんがな、

いい曲をがんばって作りますので、
そちらをよろしくお楽しみにされたし。

スパイスラストダンジョンで詰んではいるものの、本業は音楽家である。
コメント (1)

賀!

2019-01-01 22:27:55 | Weblog
毎年恒例となった『愛と誠』と『STAR FESTIVAL』の2本のライブを終え、
年末の仕事をサバイブし、
家でひとりぼーっとしていたらそのまま気絶。

意識を取り戻したのは1月1日午前1時半であった。
まったくもってあけおめである。


ガラガラの道を歩き、ガラガラの電車に乗る。
いい具合に疲れて、頭も空っぽになっている。

いろんなことがあった2018年だったが、なんだかもう細かくは思い出せない。
ただ、終わってみれば、去年も必死で走り続けてきたな、と思う。
その中で、食べたもので身体ができているみたいに、
出会った人たちや、もらった気持ちなんかで自分ができている。

おかげで今年もまた走れそうだ。
拙者の半分は、皆からもらった優しさでできているといっても過言ではない。
ちなみに残りの半分は人間性の問題でできており、相殺されてゼロカロリーである。
すまぬ。合わせる顔が皆無。


実家に帰り、昼過ぎに行った初詣で引いたおみくじは、人生初の大吉だった。

曰く、

「願望 はじめ悪いが のちにて叶う」

「恋愛 はじめ憂いあれどものち吉」


のちなん? 大吉でも、のちなん?
今年もどうやらバタバタと、必死で走るようである。
皆さん本年もどうぞよろしくお付き合いを。
コメント (1)

レイトショーて響き、なんかそわそわするよね。

2018-12-22 18:11:26 | Weblog
エーオ!

2日目の更新である。
予告どおり、ボヘミアン・ラプソディを観てきた感想を記そうと思う。
ちなみに一切のネタバレを含まない。好きな作家は時雨沢恵一である。


映画館自体がもう何年ぶりかだった。
最後に映画館で観たのは、インスタント沼だったか、東京タワーだったか、
当時お付き合いしてた人が観たいというので、一緒に行った覚えがあるぐらい。

映画観ること自体は好きなはずなのに、なんでかなーと考えたら、
どうやら映画館=デートの定番みたいなイメージがあって苦手意識が芽生えていたようだ。

映画にしてもライブにしても演劇とかにしても、わりとひとりで観たいタイプなので、
映画なら家でDVDとかで観たい。
なんならできればネットカフェとか、狭くて暗くて閉鎖されたとこで観たい。

しかし、新しい映画が話題になるたび、
友人は皆「最高だった! これは絶対映画館で観るべき!」と言う。

気になってはいた。
マッドマックス 怒りのデスロード。
気になってはいた。
シン・ゴジラやカメラを止めるな。

そして、ボヘミアン・ラプソディに相次ぐ絶賛の声。

勢いである。迷った時に大事なのは、ひとえに勢いである。
行くぞ! わしは! 映画館に!

エーオ!!



その日の仕事はずいぶん忙しく、職場を出たのは20時過ぎだった。

予定がひとつダメになり、すっかり夜の表情になった町には、パラパラと雨が降り出していた。

今日だな、と思った。
疲れた頭が刺激を欲していた。

上映スケジュールを調べる。
ボヘミアン・ラプソディ、最終、20:50上映。

便利なもので、そのままネットでチケットの予約ができた。


空いた時間で一杯だけアルコールを入れて、頭と身体の凝りをゆるめる。
家より一駅先にある小さい映画館に入った時点でもう、なんだか少し泣きそうだった。

チケットを交換。レイトショー価格1300円。
レイトショーがちょっと安いの、どう考えてもおかしくないか。
暮らしの中のどこに映画があってほしいかって、こんな日の夜に決まってるじゃないか。
むしろ3割増しにしてよいと思う。


上映時間になってもガラガラの客席。
次々に流れる予告編、STOP! 映画泥棒。

そしてついに始まった、ボヘミアン・ラプソディ。
ネタバレを避けるため詳しく内容は語らないが、2時間後の拙者は、どばどば泣いていた。

世界的ロックスターであれ、無名のインディーズバンドであれ、
バンドっていうのは、まさしくあんな感じなのだ。

流れるエンドロール。
羅列されたスタッフの名前。
その人数のあまりの多さにまた泣いた。

映画一本作るのにこれだけの人数が命を削っている。
彼らもまたでっかいバンドのようなものなのだろう。
最高であった。これは絶対映画館で観るべきである、て、
こいつあ今回も、まったくもっててへぺろであるな。
あなどっておったよ映画館。
すごくいいじゃないか。夜行くと特に。


エンドロールも終わり、明るくなる館内。
周りを見れば、クイーン世代であろうおばちゃんが目頭を押さえながら帰り支度をしていた。

レイトショーは価格3割増しでいいと思う。
そのかわり、終わった後ちょっとだけ明るくせず、無音のままで、
「もうちょい泣いててもかめへんでタイム」を作ってほしい。

ひとたび映画館を出れば、
夜な夜な泣いているおばちゃんがいれば何事かと驚くし、
夜な夜な泣いているメガネの地味な成人男性は、これ不審なことこの上ないからである。

しからば今回はこれにて。
エーオ!
コメント (1)

ボヘんどる? みんな、ボヘんどる?

2018-12-20 11:43:35 | Weblog
エーオ!
またしてもブログを放置してしまったのであって、全くもっててへぺろである。

てへぺろって死語化しすぎて、もはや新種のめっちゃ辛いトウガラシみたいよね。
なんとかスコーピオンみたいな強そうなのより、
かわいい語感のやつがじつはいちばん辛い。みたいな。テヘペロ。

しかしなにゆえわしのブログは続かぬのか。
考えてみると、これひとえに、気張りすぎなのだと思う。
書くこと自体はとても楽しい。
ブログひとつ書けぬほど忙しいわけでもないし、
べつにネタがないわけでもない。

ただ、書くからには。
書くからには作品として良いものを。
皆が読んで楽しく、詩的なニュアンスも漂わせつつ、尖っていながら誰も傷つけず。

言葉のテンポや、全体の流れや、意外かつ気持ちいい着地点や、などなど。

考えだすとキリがなさすぎて一向に進まぬ筆。進まぬフリック入力。
いかん。このままではいかん。

勢いである。迷った時に大事なのは、ひとえに勢いである。
書く! わしは! ブログを!

エーオ!!


そう、お察しの通り、ボヘミアンラプソディを観たあとのテンション。
その勢いでもって書き始めている。

次回は映画の感想などを述べようと思う。
そう、次回へのフリである。
ひとつひとつを短くまとめ、次回へのフリをつくる。
これもまた、ブログを続けるために有効である。
またしてもテヘペロについて語ることなきよう、がんばっていかなあかんな、おもてますけども、ええ。
また次回。エーオ!
コメント

ゆるやかな別れ

2018-09-03 13:58:55 | Weblog
おつけもの新時代の終焉である。

以前からブログに書いてたように、
ここ最近、拙者の唯一の友はぬか床であった。

発酵しすぎたり、水分が増えたり。
その度、塩を足したり、キッチンペーパーで吸い取ってみたり。

毎日欠かさず底からかき混ぜ、
毎日欠かさずぬか漬けを食べた。

おだやかな、しあわせな暮らしであった。


そんな関係に亀裂が生じたのは、先日のライブの日のこと。

その日の会場は空調の調子が悪く、ステージ上は灼熱。
代謝の悪さがチャームポイントの拙者もさすがに汗だく。
この熱いエモーション! 燃えるマイソウル!!
うおー!! どりゃー!!!
みたいなパフォーマンスをしそうになるところを必死でなだめ、

まてまて、落ちつくのじゃ。
熱いのは室温、燃えているのは体脂肪かなんかじゃ。
そのソウルは客席には届かぬ。
エモに乗せられるなかれ、エモを音に乗せるのじゃ。

と、丁寧に演奏しきった。
よいライブだったと思う。

ステージを終えた拙者は、珍しくTシャツがびっしょびしょ。
ふっふっふ。しかし案ずるな。
拙者こう見えてわりと無臭の男。
そして除菌強めの洗剤により、部屋干しでも臭わないTシャツ。

いかに灼熱のステージと言えども、
我が鉄壁の清潔感を損なうことは、




……………




ば、



ばかな、




我がTシャツからかすかにたちのぼる、

この臭いは、




この臭いは。




部屋干しのTシャツにうっすらと染みついたか、

あるいはぬか漬けばかり食べすぎて、汗のほうに臭いが出たか、

それは、まごうことなき、
我が友ぬか床の臭いであった。

おつけもの新時代の終焉である。



いかに唯一の友と言えど、ロックミュージシャンが臭くなるとあっては、
もはや天秤にかけようもない。

さらばぬか床。しかし捨てるのはしのびない。
食材に対する敬意はいつも大切にしているところであるし、
ましてやマイベストフレンド、ぬか床である。

それ以来毎日、北九州の郷土料理『ぬか炊き』が我が家の食卓に上ることとなった。
ぬか床を味噌のように使ってサバやいわしなどを煮る、おふくろ感満載の料理である。

ぬか床がもつ複雑な旨味。
いままで数えきれぬほど漬けてきた野菜たちの、
共に過ごした日々の旨味。

少しずつ、少しずつ、
友の残量は減っていく。
もうそこにぬかが足されることはない。

終わる時の見えた、ゆるやかな別れ。
塩はもう足した覚えはないのに。



孤独の夜はすぐそこにせまる。
すっかり我が血肉になった友が言う。


今 先が暗いのは、光のやろうがのろますぎるからさ。
そんなのは置いてけよ。
君はその先を見てろよ。

大丈夫だ。気にすんな。
孤独を知ったあとならきっと、
どんな場所にだって行けるさ。



さらばマイフレンド。
ぬか床フォーエバー。
コメント (2)

まるわかりロックギター入門

2018-08-31 14:29:08 | Weblog
どう考えたって逆だ
最前線切り拓く方にお前が合わせろ時代
まだ鈍くたって手放すな感性
10年経ってやっと 量産が追いついた頃になって
最近きてるねって言うの?
それが心底好きならべつにいいが

ベアフットエイジーズボーイズ&ガールズ諸君
せめて一度 自分の耳で聴いてみ
ベアフットエイジーズボーイズ&ガールズ諸君
せめて一度 詞を最初から読んでみ

それでもしダメならいーや
また10年後に会おうぜ


例えば好きなもんが周りと違ったって
それで孤立するクラスに未練はなくても怖いのはわかる
たぶんなんの足しにもならんが 俺のこと信じれる分だけ
そいつらより君のほうが千倍かっこいいってことは信じておけよ

ベアフットエイジーズボーイズ&ガールズ諸君
そんで一度 エレキギターなど弾いてみ
ベアフットエイジーズボーイズ&ガールズ諸君
俺が憧れたロックバンドの影響で

テレキャスターをお勧めするけど
見た目が好きなやつを買えばいーよ
コメント (1)

創業以来、言葉にこだわり続けるおじさん

2018-08-22 04:11:29 | Weblog
「暮れてく日のこと 朝焼けに見立てて撮ったんだって あのシーン」
日が長くなって
帰り道でちょうど 君を思い出してる

通り過ぎる町になってしまったって
帰る場所をなくしたぶんだけ
どこかに向かおうとして

光ある景色を今 ここで見たかった
ここで見たかった
これで最後みたいな気がしてさ
窓の外ずっと見てた


暮らした日のこと
朝焼けに見立てて
「どう終わったんだっけ あのシーン」
日が長くなって
帰り道でいつも それを思い出してる

変わらないこの車窓から、染まっていく町へ

帰る場所じゃなくしたぶんだけ
これで悪くないと思ってるよ
どうかな

光ある景色を今 ここで見たかった
ここで見たかった
最後みたいに笑ってさ
ゆっくりと遠くなって
光ある景色を今 ここで見たかった
どうしても見たかった
これで最後みたいな気がしてさ
窓の外ずっと見てた


「暮れてく日のこと 朝焼けに見立てて撮ったんだって あのシーン」
日が長くなって
帰り道でちょうど 君を思い出してる
コメント (1)

ビバ・阪急オアシス あべの店編

2018-08-09 23:59:54 | Weblog
遅くなってしまったが、nanoのライブに来てくれた皆さん、ありがとう。

しんみりとはするまいと思っていたが、
MC中、マイクスタンドの緩んだところを直してくれたミノウラ君にぐっときてしまい、
それ以降はいささか歌声が詰まり気味じゃったか。

それはそれでいいライブだとは思うが、プロらしからんですまぬ。
マイクスタンド直してもらうのも最後かと思ってしもたのだった。

nanoのミノウラ君は無事フォーエバーした。
これからはnano2階にあるバー、◻︎◻︎◻︎ん家(だれかんち)のミノウラ君である。

門出はとてもめでたい。



ライブ翌日、たまにある西成での仕事の帰り。

ふだんと違う道で家に帰ろうとすると、見慣れたマークの看板があった。

前回のブログで書いたスーパー、阪急オアシスの違う店舗だった。

チェーン店のスーパーの中はどこも雰囲気が同じで、
やはり野菜が安かったので、あやうくうちの鍋を溢れさせるところだった。
一人暮らしの普段の生活には、鍋いっぱいのシチューはちと重たい。

閉店したあの店舗の、あのいつもの、落ち着いた接客の鼻の高いおばちゃんが、
もしかしてここの店舗に移動してたりせんかなー。
なんて思ったが、さすがにそうドラマチックにはいかない。

トマト缶を買って、めんつゆとオリーブオイルで、冷製パスタっぽいトマトそうめんにしてみた。
取り返しのつかないほどではなかったが、まあまあうまかった。



生活は続く。
それなりに元気に暮らしている。

阪急オアシスフォーエバー。
永遠は一瞬の出来事だ。
だからこれからも、きっと何度もあるだろう。


次のライブは12日、神戸にて。
武装衝突主催のフェス。

ライブもたぶん一瞬の出来事だけど、すごいもんを見せるよ。
よろしくお楽しみに。
コメント (1)

ビバ・阪急オアシス

2018-08-05 00:17:14 | Weblog
最寄りよりも一つ遠いスーパーが閉店していた。
7月31日をもちまして、ご愛顧に感謝、
との張り紙。
またひとつ好きな店が看板だけになった。


昔、お付き合いしていた人が隣町に住んでいて、
月に一度、大きい鍋にシチューを作りに行くことにしていた。
その人の家からはそこが最寄りのスーパーで、野菜が安いので、いつもつい買いすぎて鍋があふれた。

最後になって「何か足りない気がする」とか言って、調味料をあれこれ足すのは素人の料理あるあるだろう。いつも味が迷子になりがちだったけれど、
いつだったか作った、
かぼちゃをレンジでへろへろにして、つぶして溶かし込んだシチューは、
たぶん取り返しがつかないぐらいうまかった。




形あるものはいつか壊れるというが、
形のないものもわりとバンバン壊れる。

恋は終わるし、友情は失われるし、思い出は薄れていく。

それはそれでいい。なにも残そうとしなくていい。
そのうち新しい店かなんかになって、すっかり忘れてしまうだろう。

阪急オアシスフォーエバー。
永遠は一瞬の出来事だ。

その人は、いつもすまないねえ、なんて言って笑ってたんだっけか、ぜんぜん忘れてしまったけれど、
あのシチューは、たぶん取り返しがつかないぐらいうまかったのだった。




ぬ、いささかエモ意味深風であるな。

じつはまったくもって深い意味はない。
ただただ、パートのおばちゃんたちの勤め先が心配なばかりである。


日付変わって今日はnanoでライブ。
スタッフのミノウラくんの最後の日。
なにも残そうとはしないけれど、
取り返しのつかないぐらいフォーエバーするつもりでいる。
皆さんよろしくお楽しみに。
コメント (1)

ビバ・日清食品

2018-08-03 06:40:06 | Weblog
先日のトイレットペーパーに続き、切れかけていたティッシュまでも購入した。
いちいち報告せんでもよいかね? いやいや、生活なくして音楽なし。
すなわち、ノーティッシュ、ノーミュージックである。
て、これ、拙者のような成人男性が言うといささかアレなセリフであるな。
決して他意はないので、皆くれぐれも、
「拙者がぬか床のフタ付近の汚れをぬぐうシーン」など、あらぬ想像をしたりせぬように。
雑菌はぬか床の大敵である。



先日のブログにて、カップヌードルの謎肉について余すところなく語った拙者であるが、
読んでいて、ひとつ引っかかる点はなかっただろうか。

前回ご紹介した「珍種謎肉 ガーリックシュリンプ味」
これ実は、珍種謎肉シリーズの第2弾だったのである。
ラブ・日清食品などと語りながら第1弾をスルーしてしまうとは、まったく迂闊。

すまない日清食品よ。拙者が馬鹿であった。
もし、もう一度やり直せるのなら。

祈るような気持ちで向かったカップ麺コーナーの棚に、それはあった。

「カップヌードル珍種謎肉 スモーキーチリしょうゆ味」

入っているのは、珍種謎肉第1弾、チリ謎肉。
パッケージには、
「チリ謎肉とは、唐辛子を練り込んだ辛みがクセになる新しい味わいの謎肉です。」とある。

二礼二拍手ののち購入。帰宅してお湯を注ぐ。

そして黄金の3分間を過ぎ、フタをめくれば、
慣れ親しんだカップヌードルに浮かぶ、やや赤みがかった立方体、チリ謎肉。


期待と不安入り混じる中、それを口に運べば、



…………



風である。


南の大地を駆ける、風である。



口の中に広がる、熱っぽい夏の香り。
いやこれはもはや、恋の。恋の、香りなのか。

拙者はメキシコへ飛んだ。
情熱的な年頃の娘さんとの、恋を探しに。

最後のスープを飲み干すまで15分余りの、
それは素晴らしい旅であった。


「珍種謎肉」などをシリーズ化したり、
奇をてらったようなバリエーションも多いが、
カップヌードルはいつも君を裏切らない。

どんなテイストになろうとも変わらず、万人の「ちょうどいい」を煮出したようなスープ。
謎肉に負けず劣らず謎な、あの妙にふわふわとしたたまご。
というかそもそも麺からしてすでに謎である。
各社こぞって本格ラーメンを再現しようとする中で、一貫してあのでろんでろんの麺。

謎麺、謎肉、謎たまご。
それらを包み込む、ちょうどいいスープ。

スモーキーチリしょうゆ味であれ何味であれ、
そこにあるのはやはりいつもの、おれたちのカップヌードルなのであった。

偉大なるかな日清食品。ビバ日清食品。



しかしやはり、
自ら「謎肉」と言ってしまうところだけは、ちと小粋さに欠けておるな。うむ。
日清食品には、もうちょいファンを信じてもらいたい。

みずからことさらに「謎肉復活!」とアピールせずとも、あの肉がそこにあるだけで、

我々ファンは、「謎肉が……! ついにおれたちの謎肉が……!!」
と狂喜し、真夏の海へと繰り出し、
スパイシーな出会いを求めるも空振り、
帰りの車内で、今更思い出したかのようにサザンを流し、涙するのである。
おんまいまい、いんよーさい。
コメント (1)