袋田病院ブログ

茨城県・大子町にある精神科・直志会袋田病院のブログです。
当院の取り組みや各部署での活動の記録などを発信しています。

マインドフルネスヨガセラピー ~袋田病院・外来診療~

2018年07月23日 10時14分12秒 | 外来診療
日本ヨガメディカル協会では、心身の不調をケアするヨガセラピー、マインドフル コンパッション ベースドヨガセラピー「MCYTプログラム」(現:マインドフルネスヨガセラピー) の普及を目指されております。
5月から東京や横浜で開催されています。

当院でも体験して頂くという形で、9名の患者様に(入院・外来含めて)に5月18日~7月6日の週1回(計8回)参加して頂きました。
「マインドフルネスって何?」
から始まったこのプログラム。
回を重ねるごとに、
「今、この瞬間」
を大事にすること、体や呼吸に意識が向けられるようになり、終わった後の表情はイキイキされていました。




8回終了後の頂いた感想の一部を紹介します。

・心がしなやかに軽くなった気がする。苦手な人にも自分を出せるようになった。前向きになり、就職活動をしようと思っている。

・呼吸の大切さがわかり、今、日常にも取り入れている。

・気持ちが落ち込んでいても、この時間を終えると気持ちが落ち着き、とても安心した気持ちになれた。
 以前より落ち込むことが少なくなった。

・幻聴がひどくて脳が疲れていたけど、心と体がリラックスできてよかった。

・マイナス思考からプラス思考に変わった。

・マインドフルネスを続けていて、「脳が休まる」ということを実感している。自分をみつめるよいきっかけになった。

このヨガセラピーの時間の私は、看護師としての私ではなく、一人の人として、その人その人に寄り添い、共にヨガセラピーの時間を一緒に味わうことを大切に思いながら行っていました。
回を重ねるごとに、参加された患者様達は穏やかで、お互いを認め合い、その場は一つになっていました。
少しの変化も共に喜び、涙を流す場面もありました。
このような素晴らしい機会を与えて下さった、日本ヨガメディカル協会の岡部朋子先生に感謝しています。
そして、参加して下さった患者様達にも感謝しています。
貴重な経験をさせて頂き、ステキな時間を一緒に過ごさせて頂き、ありがとうございました。
これからも、沢山の方々に寄り添い、心に灯りを灯すような看護師でいたいと思います。

看護師 深谷 晴美

袋田病院ホームページ・外来診療

https://www.fukuroda-hp.jp/gairai.html
『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 音響機材チェック中 | トップ | 袋田病院アートフェスタ2018... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。