袋田病院ブログ

茨城県・大子町にある精神科・直志会袋田病院のブログです
当院の取り組みや各部署での活動の記録などを発信してます

袋田病院アートフェスタ2018・スタッフ・インタビュー vol.4

2018年08月09日 11時05分40秒 | アートフェスタ・2018
4回目に紹介するのは、ベテラン看護師の佐藤恵さんです。
名前から推測すると可愛らしい女性かと思いきや?男性の看護師さんです(笑)
今は看護師さんと“師”で呼ぶことが定着しましたが、ひと昔前は、看護婦さんと“婦”でしたよね。
なので、女性のイメージを持ってしまうのですが袋田病院は男性の看護師さんが全体の半分ぐらいです。
精神科は男性が多いのか?と最初は若干違和感があったのですが、すぐに理由が分かりました。
精神科は、体力面でも気力面でも「力」がいる。
患者さんに叫ばれ、怒りの声が鳴り響くと、怖いと感じてしまう事が私にはあります。
そんな中、男性の看護師さんがドンっと対応する姿に、心底安心します。
これまた昔のTVのCMで「男は黙って○○○」なんでしたっけね?
商品名は忘れてしまいましたが男は多くは語らずも優しさを秘めていることを表している内容でしたが、恵さんをはじめ男性のベテラン看護師さんは多くを語らずもみんな優しく、看護師さんに男性女性関係ないことを知りました。

以下、佐藤看護師:さ / 榎:え


さ:俺、アートフェスタ実行委員2年目だから、まだよく分からないんだよ。
え:私が担当しているこのブログ記事は、アート専門外の精神科分野のスタッフさんがアートを前に四苦八苦するリアルな姿を伝えるのが目的なので、分からなくって全然いいんです。
リアルな姿ですから(笑)
恵さんは、何年に入職されたんですか?

さ:昭和63年かな?ん、ちょっとまてよ62年だったかな。
え:勤続30年越えですね。すごい。
この間、病院で芸術に触れるということはあったんですか?

さ:安彦先生の「癒しとしての自己表現展」の本を読んで精神科病院(精神を患っている人)で、こんなすごい絵を描ける人がいるんだって驚いたんだよ。
その後、実際に平川病院へ行って研修も受けてきたよ。

※安彦耕平先生は東京八王子市にある平川病院(精神科)で造形教室を開かれていて、作者(入院や通院している方)が自作の前で語るギャラリートークがある自己表現展を行っています。この取り組みはドキュメンタリー映画にもなり、袋田病院には月1回来ていただきアトリエホロスにて造形教室を開いて下さっています。
え:患者さんを見る目が変わって、病院にアーティストがいるってことに気づいた?

さ:そう、うちの病院にも仏画を描いている人がいてね。すごかった。
え:仏画ですか。。。その時の病院ってどんな感じだったんですか?
さ:大変さもあったけど楽しかったよー。
大型バスを借りて大洗まで海水浴に行ったり、つくばまでミカン狩りに行ったり。

え:海水浴ですか。
大勢の患者さんで行って、しかも海で色々な面で危険というか、大変だったんじゃないですか?

さ:いや。外に出ると患者さん達は「しっかりしなきゃ」ってしっかりするんだよ。
患者さん同士で助けあうし、自分たちも助けてもらったり、みんなで協力していたね。
掃除や配膳も患者さんと一緒だったよ。
今は、みんな職員がやるようになったけど…。

 ※国の方針で、精神科病院入院患者の人権尊重や専門性の作業療法内でADL(Activities of Daily Living 日常生活を送るための最低限の動作)を維持、向上させるという流れに変わった為。
昔はおおらかだった。みんなで雑魚寝したりして…。
え(心の中で):[ 一つの大きな家族みたいで温かい気持ちがする。恵さんもイキイキと話されているなぁ。 ]
さ:海水浴の他にやぐらを組んで、患者さんとお揃いのはっぴまで作って二日連続盆踊りもしたよ。
え:2日間も!楽しそー。
さ:そこの久慈川の河川敷で打ち上げ花火も上げたんだよ。数は少なかったけど。
え:えぇぇ、打ち上げちゃったんですか。
さ:消防署にちゃんと許可出してさ。
でも、段々消防が厳しくなって許可が出なくなって普通の持つ花火に変わっちゃったけどね。

え(心の中):[ 普通の持つ花火に変わったって火気厳禁が常識だと思っている私には、すごいと思っちゃうよー。危なくなかったんだ…。 ]
さ:秋は運動会。しかも仮装行列してさ。Iさんに金太郎になってもらって。
え:Iさんが!適役~。
さ:冬はクリスマス。これも各病棟で出し物(演劇)をして。
え:確か患者さんのお誕生日には花を贈ることをされていたんですよね。
さ:そう、誕生日会もやってた。
患者さんの担当看護師が患者さんに対してバースディカードを書いたんだよ。
このコメントがさ。(ちょっと照れるなという感じで話されていました)


話しは尽きず…。
最後に、恵さんに、30年どうでしたか?と問うと、
「いいことも悪いこともあったな。」と。
30年という重みが含まれた一言が返って来ました。


男は黙って…シャイな佐藤看護師を隠し撮り(笑)
注:ご本人さんから写真撮影OKを頂いています。


【インタビュー後記】
ソフトボール大会やゲートボール大会の話なども聞かせて頂き、ほっこりとした幸せな気持ちになりました。
お話しを聞いていて、キーワードは「みんな同じ」と感じました。
患者さんと職員。

そこには分け隔てなく、ひとつにつながり得るからこその安心感がある。
一緒の釜の飯を食べ、一緒に働く。

今は、患者様の人権を尊重し掃除や配膳なんてもってのほかというけれど、私は全体性を基盤とし日常生活を通して心身を健康にしていく伝統医学アーユルヴェーダを仕事にしていますので、掃除や配膳という行為が立派なケアになると捉えます。
だからこそ、昔はなんて豊かなケアだったんでしょうと感じます。
でも、その反面、精神疾患の理解がまだ不十分で、患者さんの症状(言い換えると自由)を作用の強い薬で抑えるのも事実あったとのこと。

今、看護課の今年のテーマについて話し合いが重ねられています。
まだ仮ですが「旧体制の看護(管護)」について表現していく方向です。
精神科病院は、社会の縮図だと感じます。
精神科病院で起こっていることは時代を反映しています。
単純に昔は良かった悪かったの比較では語れない、そこにはドラマがあります。
 あの時代のケアがあり、今の時代のケアがある。。。
このドラマを表現することで、この同じ時代に暮らすみなさんの未来につながる、
「生きるヒント」
と言ったらいいでしょうか、「何か」を感じて頂けたらと思っています。
インタビュアー 榎 尚子
(アーユルヴェーダヒーリングコンサルタント)

袋田病院公式サイト

https://www.fukuroda-hp.jp/index.html

―袋田病院Artfesta2018『精神科病院によるアート的社会実践』―


袋田病院ホームページ/アートフェスタ2018ページへ
https://www.fukuroda-hp.jp/artfesta.html

アートフェスタ・2018/Twitterへ
https://twitter.com/artfesta2018_f


アートフェスタ・2018/Facebookへ
https://www.facebook.com/fukurodahp.artfesta2018/
コメント

着々と準備は進行中(アートフェスタ Facebookより)

2018年08月08日 18時53分53秒 | アートフェスタ・2018
【2018/08/08付けFacebookより】
昨日は飲食ブースの打ち合わせをしてきました。
今年初出店になる
常陸大宮市のコミュニティカフェ バンホフさんです。
コミュニティ創りをめざし、医療法人博仁会の有志の職員さん方が勉強を重ね作り上げた空間だそうです。



もしかすると、バンホフ×自然農法部門のコラボ企画がうまれるかも!?
アトリエホロス:渡邉


【2018/08/07付けFacebookより】
看護科も制作頑張っています。
新聞紙を貼ってどんなアートが
出来るのでしょう。






  
【画像をクリックで拡大します】
看護科 すずき

―袋田病院Artfesta2018『精神科病院によるアート的社会実践』―


袋田病院ホームページ/アートフェスタ2018ページへ
https://www.fukuroda-hp.jp/artfesta.html

アートフェスタ・2018/Twitterへ
https://twitter.com/artfesta2018_f


アートフェスタ・2018/Facebookへ
https://www.facebook.com/fukurodahp.artfesta2018/
コメント

2018・トマトの収穫が始まりました。

2018年08月07日 00時52分15秒 | アミーゴ
アミーゴの夏と言えば、トマトの収穫の時期です。



猛暑の中、熱中症に注意を払いながらの収穫です。



今年のトマトは例年に比べてかなり豊作で収量も上がっています。



過去最高となることを期待しています。
 
傷が付いたりして、商品として納められないトマトは自家製トマトジュースにして作業参加する利用者さんに飲んでもらい、明日のトマト収穫のために鋭気を養ってもらいます。



収穫したトマトは、JA常陸を介して、カゴメのトマトジュース用のトマトとして納められます。



農家の方々の高齢化に伴い年々生産農家も減少している現状にあります。
そんな中でアミーゴが地域の農家の皆さんと共に農業の担い手となって、この地域を支えていけたらと思います。


袋田病院公式サイト・アミーゴ荘へ
下記バナーをクリックするとジャンプします。



袋田病院公式サイト・ミナアミーゴURL
https://www.fukuroda-hp.jp/mina-amigo.html
コメント

似顔絵女子のショートステイ ~2018・夏~

2018年08月06日 23時54分53秒 | アミーゴ
今年も彼女がショートステイを利用してくれました。
毎年、この季節になるとアミーゴ荘のショートステイを利用してくれる彼女は、ちょっと不思議な雰囲気を醸し出す、とてもかわいい女性です。
利用の際には必ず職員や他の利用者の似顔絵をとてもよく特徴を掴んで、またユーモラスにホワイトボードに描いてくれます。


【ルフィー】


【たけしさん】


【秋本さん】


【フジタさん】

 何か今年のアートフェスタでやってくれないかなぁ~。


袋田病院公式サイト・アミーゴ荘へ
下記バナーをクリックするとジャンプします。

コメント

アミーゴ荘、MINA AMIGO利用者の就労先

2018年08月06日 23時51分41秒 | アミーゴ
(アミーゴ荘、MINA AMIGO利用者の就労先の一例をご紹介いたします。)

アミーゴ荘に入所利用して、生活訓練を約2年間された後に町内のグループホームで生活しながら、アミーゴ牧場(就労支援事業所)に通所されていた利用者さんです。
入所時からしっかりと畜産作業に参加され、また、人当たりも良く、他メンバーとも仲良く交流しムードメーカー的な存在でした。
長期にわたり大子町内での就労を希望されておられたため、就労移行支援として一緒に働く場所探しを検討してきました。
しかしながら、ハローワークや町内の求人に応募しても良い結果が出ずに思い悩むことがありました。
それでも本人のあきらめない気持ちで活動を続け、2度目の〝障害者合同面接会〟でご縁があり、〝障害者雇用枠〟にてH30年4月より町内の大手自動車販売会社に就職され、慣れないながらも自動車整備助手の仕事を頑張っておられます。

本人に様子を伺うと、
「アミーゴでの畜産作業が、力仕事や根気強さを養うよい練習になってたよ。」
と牧場作業とは全く内容の違う仕事でもアミーゴでの経験を生かすことができると話され、支援側としても本当にうれしい限りでありました。

最初の頃は、支店長さんが一緒に草むしりをして下さったり、細目に声をかけて下さり、本人の緊張を和らげて下さったと聞き及んでいます。
また、一緒に働く現場のスタッフの方々からも沢山のご理解と配慮を頂き支援して下さり、本当にありがたい限りです。

就職後もアミーゴが職場定着するための支援を継続して行い、日常生活面は、地域活動支援センターきらりのスタッフや、グループホームの世話人さん達に支えられており、今のところは就職によって大きな日常生活の負担はなく過ごせているようです。
最近では、働き出したことにより金銭面でも心理面でも少し余裕が出てきたようで主治医やスタッフと話し合い、〝軽自動車〟を購入され活用されているようです。

我々の活動としては〝町づくりや地域社会への貢献〟を前面に打ち出して活動している次第ですが、精神障がいがあったとしても、アミーゴを通じて生活訓練や就労支援を行い、大子町の会社やお店に〝事業の担い手〟として働くことが、地域社会の一員として大子町に貢献することに繋がればと考え、スタッフ一同、利用者さんと共に活動していっております。


袋田病院公式サイト・アミーゴ荘へ
下記バナーをクリックするとジャンプします。



袋田病院公式サイト・ミナアミーゴURL
https://www.fukuroda-hp.jp/mina-amigo.html
コメント