藤竹金属工業所、ホームページ(仮)へようこそ!。

藤竹金属工業所ホームページ(仮)です。
初めてのご来店の方は、カテゴリーの「はじめに」からどうぞ。

ホンダXL80、アンダーフレームの製作、その②。

2021年06月24日 | HONDA・4ミニ・縦型。
まいどでございます。

なんだか、夕方に 「にわか雨」が降りがちだから、 朝早く、昼帰ってくるパターンだな~。
という脳内思考・・・。
                            夏休みの宿題は ギリギリタイプ。 フジタケです・・・・。

結局、 なんだかんだ 昼過ぎに出かけて 雨降られて帰ってくる。 という・・・。   一生変わらんな・・・。


・・・さてさて。
という訳で、 前回に引き続きまして、「アンダーフレームから生やします。」、 続編。 でございます・・・。

写真を細かく取っておりませんで、 あっ!という間に 完成する今回・・・。


まずは、バー本体と合体いたします、 コの字部分を・・・。
コの字の内寸、 内面からの穴位置高さ、等々、寸法がウルサイ部分なので、造る数が少ない場合 
まずは、コの字造って 穴開けて、って段取り踏みます・・・。

という訳で、板の曲げ物って(最後に曲げる。の順番って) ソコソコ難易度高し。 でございまして・・・。


で、どがーん!と完成です・・・。  出来ちゃえば なんて事は無いですが、 ソコソコ 悩んでます・・・。



まず、 フレームに対して90°で4.5mm厚の板で外に出し、 ひし形プレートにコの字張り、
接触面積を増やしたかったので、曲がりパイプを分割、末広がりズ。 
で、 クラックきっかけ散らしの 捨てビード・・・。   です。

・・・・・・伝わりましたか???。


メインパイプ径が22.2なので、ソコソコの 外への出具合。  でございまして・・・。  ええ・・・。



そして、シフト側・・・。
バーは 出来るだけ 内側に収めたい・・・のですが、  ペダルの軸部が、独特で・・・・。

で、オーナー様に相談・・・。


「ペダルは、でっぱりの無いのにします。」 との事で、できるだけ 内側に追い込み、こんなカンジ・・・。

構造は、ブレーキ側といっしょ ですので、 考える時間はかかっとりません。 です・・・。


コチラ側は、スペース的な関係で 後ろ側は ボス形状にて・・・。
すえひろがり部が、メインパイプの 「R」 にかかりまして、 難儀度UP。 でございまして・・・。


で、車体に付きまして こんな塩梅でございます・・・。


で、剛性をマシマシ目的で、左右を連結します~。
溶接しますと、左右間が詰まりますので、 先を見越しつつ、大き目のスキマ管理のカラー造りまして、
合体致しました~。


で、完成。
造り進めて参りましたら、 思った以上のボリューミー・・・。  
重さ。 は 剛性の証。 という 事で・・・。     宜しくお願い致します・・???。


以上、「アンダーフレーム製作の巻」でございました~。
ではまた次回~。
コメント

ホンダXL80、アンダーフレームの製作、その①。

2021年06月16日 | HONDA・4ミニ・縦型。
まいど?でございます。

遅ーい、GW。  早ーい、夏休み。  こーんな言い訳、 いーかがですかー?。  
                          真のブログサボリニスト・・・。  フジタケです・・・。

すっかり梅雨の空模様でございますね・・・。   
単車に乗れない こんな世の中じゃ・・・、      Poison ・・・。

 
・・・さてさて。
ちょっと前のお話になってしまいました、
「アンダーフレームからステップを生やす アンダーフレームの製作」 の巻。でございます・・・。

ノーマルのステップ取り付け方法は、 クランクケース裏側に 直接ボルト止めされておりまして、
ジャーンプ! 等々、激しい走りをしますと、ネジ山を痛めたり、すっぽ抜けたり、ラジバンダリ・・・。
と、イマイチ強度的に、大?丈?夫?  大丈夫???。 

という事で、 アンダーフレームをこさえ、ソコに バーを付けちゃおー。 という 作戦でございます・・・。


バーの位置は 「ノーマルと同等にて。」 なので、位置出し。 ざっくりとした今後の展望。野望・・・。 
アタマん中で、イメージ 膨らませていきます・・・。    
ソコソコ、時間が必要な部分でございますね・・・。


そして、睡魔と闘いながら、「どーしょっかなー・・・。」と・・・。 
カタチ、仕組み、造る順番、等々を考えます・・・。
ノーマルは こんなカンジに 付いとりまして・・・。


で、一回、 「こんなかなー?」 と、アタマの中で造ります・・・。 
オーナー様にも 確認を取りつつ・・・。


打ち合わせの結果、 おおよそ こんなカンジで GOー!・・・。  の!前に 見積もりだします・・・。

という訳で・・・。
わたくし、「時間工賃いくら」 という計算の仕方をするので、なんであれ一度 アタマの中で造ります・・・。 
なので、「ざっくりおいくらですか?」 という質問にはホント 「ざっくりお返事」 しか
できませんのでございまして・・・。

とかなんとか言いつつ、 
造り進めて参りますと、カタチもどんどん変わっていく場合も多々 でなんですけどね・・・。


という訳で、 突起物が出っ張ってる クラッチ側より、進めます・・・。
前側のブラケットは、 パイプが斜めに侵入してくるので、必要な土地の広さが解らず・・・。 
ひとまず 取りしろ大き目に、 こさえておきます~。


後ろっ側のブラケットは、ブレーキペダルの軸とか、イロイロ ゴチャついてまして、こんなカンジで。  
張を出したいので フチを 少し折り曲げます・・・。

ちなみに・・・。
溶接構造で こさえる場合、 取り付け穴は、ゼロゼロ で開けときます・・。
今回は、M8ボルトなので 8.0mmで穴開いてます・・。  
で、のちのち必要であれば、最終的に8.5mmとかの バカ穴に します。  
という ワタシの進め方。でごじゃります・・・。


装置しまして、 こんなカンジ・・・。
ケースカバーの 「ホンダ」 の文字。  下の2本のラインと、水平に。 あわせました~。


そして、クラッチ側の高さと合わせつつ、シフト側をこさえます~。
シフト側は 干渉部分も少なく、2個目なので サクサク 進みます・・・。


以上、 次回に続きます・・・。  きっと 来週・・・。  きっと・・・。
コメント

最近の「藤竹金属工業所」、その149。

2021年04月16日 | その他。
まいどでございます。

ブログサボリ 常習犯・・・。      ブログサボニスト・ フジタケです・・・。

・・・・大丈夫です。  
オモシロクシヨウトシテオリマセンノデ・・・。   聞き流しヨロシクオネガイイタシマス・・・。

・・・さてさて。
最近は・・・  ブログの構成も考えつつ・・・作業進める余裕があんまり無くてですね、作業に全集中しまして ブリンブリン 進めております・・・。  遅れまくっておりますが・・・。

そんなこんな な、ここんとこ。 でございまして・・・。


寸法指示が有りましての、 ホイールカラー類の製作、させて頂きました~。


そして無事完成・・・。         寸法指示での製作の場合、
「ココは、逆たる型に肉ヌキしよー」とか、「面取り沢山して、カッチョクよくしよー」等々が、
思いつきで出来ませんで・・・。  ぐぅっっ・・と堪えます・・・。


ローターのアダプターも製作させて頂きました~。  割り切れない穴数の やーつ でございます・・・。  
まるでMCの様に・・・  を目標に 汎用でガンバリます・・・。


ビキニカウルを付ける ステーこさえてます・・・。  
「板曲げ構成で行こう・・」の当初の予定は、 複雑な角度ダラケで観念し、 
溶接構造でGOー。 でGOーざいます・・・。      ビバ! 溶接構造!。


寝っころがって、思考していた ダウンフレーム。 無事完成しております・・・。  
次回 詳しく・・・。

以上、「最近の~」 の巻。  でございました~。

ではまた次回。
コメント

最近の「藤竹金属工業所」、その148。

2021年03月25日 | その他。
まいどでございます。

就寝中・・・  鼻が詰まって、目が覚め、 くしゃみ3連ぱつ・・・。   あ~・・・快眠不足・・・。

完全仰向け・・・フジタケです・・・。

横向いてますと、 ツーっとね・・・。


・・・さてさて。

サボリ癖 ? が 付きつつあります、当ブログ。  今回も 「最近の~」 でございます・・・。

ボチボチ、いろんな行事が シーズンイン! でございまして・・・。
ただ今 最高に、花粉と戦いつつ、テンテコ舞い。しております・・。

そんな今日この頃・・・・。


でっか目な「アルミパイプ」、内径・外径の寸法を出します・・・。

条件があまり良くないので、回転おさえ目。 送りゆっくり目。  でございます・・・。
「んバコーンッ!」と 飛んで行くんじゃないか??? と ドキドキしつつ・・・。


内径を 仕上げまして  次、外径です・・・。 
自動送りを かけてしまうと、 機械の前で 「待ちぼうけ」 でございます・・・。

慣れない加工は 気疲れしますわ~・・・。
で、無事完了~。


「こんな仕組みで。」の指示の元、変則型の「フロントホイールカラー」 製作いたしました~。

イマドキの車両は アクスルシャフト太いですなー。と。  「径の変換カラーの肉厚が・・・。」
という感想・・・。


寝板に 寝っころがりまして・・・  ダウンチューブを 検討しております・・・。
睡魔と闘いつつ・・・。


曲げ物で寸法を出すのが、あまりカンタンではなくてですね・・・。
何度か試し曲げ(試作的)して帳尻合わせます・・・。  なので、1~2こ。と 数が少ない場合
は、曲げた後で 穴開けます。 するってーと、時短です・・・。

数をたくさん作る場合は、試し曲げを繰り返しまして、正確な展開寸法を出すわけで御座いますね・・・。
の、方が早いので・・・。


ワタクシのXTも、ボチボチ お化粧が済んで パーツ類が戻ってきております・・・。
少しづつ くみ上げつつの たのしいひと時・・・。でございます・・・。  

1/1プラモデル感覚・・・。


と、いうカンジの ここんとこ。  でございました~。

あいもかわらず、 予定が予定通り進んでおりませんで・・・。
両手両足 バタバタさせつつ ブリブリ 進めて参ります・・・。

そんな中、 やっとこ 「インスタ」 はじめまして・・・。

では。また次回。
コメント

わたし流、キャリパーサポーツの造り方。

2021年03月04日 | 仕事。
まいどでございます。

「えーつとと・・・  この人は なにで連絡取ってたっけな・・???。」  で 悩みがち・・・。
                               そんな マイルド初老・・・  フジタケです・・・。

パソコンメール?  携帯メール? ショートメール?  フェイスブック? 鳩? 念力?
イロイロありまして・・・、  便利な様で・・・・   むにゃむにゃむにゃ・・・・。


・・・・さてさて。

ブログはサボり気味・・・ ではございますんが、お仕事の方は 絶賛全開進行中。でございましての、
今回。 でございます・・・。

リアのキャリパーサポート 造ります・・・。
当工場、基本コンピューター制御の機械は無く、汎用の機械で「できる形状」で進めて参ります・・・。

最終的に機能する部品ができれば、段取り・順番・しくみ は作るヒトそれぞれ・・・。
そんな 「ワタクシの。」 でございます・・・。  手造り感、まんてんでございまして・・・。


まずは、採寸。
その寸法から、当工場で出来る(削れる)形状を思考しまして、手造りの基本(?)
ケガキ線を入れていきます・・・。  でこんなカンジ・・・。


で、「長口」の 手前のRを取ってから 長口の加工をしたい・・・。
でもR取っちゃうと、ケガキ線が解らなくなっちゃう・・・。  

で、 まずは 外線を考え事をしながら気長~に、コンター切り。
で、手前R近辺の外線を まず仕上げちゃいまして、やっとこ 手前R取りを 行います・・・。

で、 長口加工の為の「バイス咥えシロ。」を 少し残しときます・・・。  の、 状況です・・・。


でで、汎用フライスを駆使しまして、角にはコーナーRを取りつつ 一段沈めます・・・。    
刃物のひき目も気にしつつ・・・。      外周も、仕上げちゃいます。  の、状況・・・。


そして、 「いーっぱい 仕事してる感。」を 醸し出しつつ・・・。


キャリパーの収まる面も さらに一段 引きまして、面取り加工。
で、 ざっと完成・・・かな・・???。
今後、思いつきで さらに「肉ヌキ」を追加するカモ・・・ですが・・・。


で、刃物の「走らせ忘れ」は無いか?、 確認しまして、 アクスルシャフトの通る穴を
旋盤で加工致します・・・。   寸法を追っかけたい穴は 旋盤がラクチン。 ですワタシ的・・・。


彼のキャリパーサポート人生、 最初で最後の 「回転。」 でございます・・・。


シュパッと 完了・・・。   シャフト径より 大き目で あいとります。


サポートを はさみ込みます、左右のカラー をこさえまして・・・。


ひとまず完了。でございます・・・。  今後、プチ肉ヌキ加工を追加する・・・予定・・。

のち、 スイングアーム側の  引っかけオス部を 製作してゆきます・・・。

という訳で 今回は以上で・・。

ではまた次回~。
コメント