Manabus Column

路地裏から尾根道を行く

怪我の功名

2022-01-20 | Weblog

先日、少し救われた事があった。

 

出かける前に家のトイレに入って用を足した後(小さい方)、ズボンを引き上げ水を流そうとした時に、ポケットから財布が落ちて便器の中に落としてしまったのだ。

すかさず財布を救い出したのは良いが、少し前に折角ミンクオイルで磨いた後だったのでやるせ無い気持ちになった。

中身はそれ程濡れてなかったが、カードなんかも一応洗って干すことにした。

 

それで、フト免許証を見ると、有効期限が平成34年の来月頭までになっていた。

あれ?今年って平成であったら何年だっけ?と調べてみたら、なんと平成34年である事がわかった。

本来であったら、更新ハガキが届くではずだが、そんなものはポストに入ってなかったから気づかなかった様である。

もしくは、チラシに混じって捨ててしまったのかもしれない。

いずれにせよ、今年が更新日だとは全く気づいていなかった。

 

いやあ、これは気づいて良かった。

もしトイレに財布を落としてなければ、来月の頭になれば期限が切れて非常に大変な目に遭うところであった。

神様のお告げというか怪我の功名である。

 

この日は予定(どうでもよい予定)を変更し、寒い中すぐさま東陽町の免許センターまで自転車を走らせた。

更新ハガキが無くても空いてたから事務的にサラリと講習を受け、無事免許の更新ができた。

 

 

平成から令和へと変わったから表示がわかりづらく、見落としていたのかもしれない。

新し免許には、しっかりと西暦表示がされてるのが有り難い。

5年前の免許の写真を見比べるとその分歳を取ったなあと思し、令和に入ってもう4年かと少し驚いた。

 

帰り際に川を覗くと、一人のアングラーがロッドを降っていた。

流石にまだシーズンでは無いしこれほどの寒さなので、僕はもう少し暖かくなるまで釣りはお預けだ。

 

 

 

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

GET BACK

2022-01-12 | Weblog

年明けの連休は、家でテレビを見て過ごした。

ビートルズのゲットバックを見たいがために、折角だからとテレビを買い替えてしまった。

 

ゲットバックセッションは今から50年くらい前に、ビートルズが新曲を作るドキュメント映画を企画したものだ。

最後に、出来た曲をライブで演奏し録音するというかなり大胆なプロジェクトで、そんなものをやろうとした所がまず凄い。

しかし、これは編集の仕方が良くなかったのか、かなりネガティブな作品として残ってしまった。

 

それを現在の最新技術でピータージャクソン監督が再編集したのが、今回の『GET BACK』である。

8時間弱もの映画だが、今までは音や写真や文章なんかで当時のビートルズを想像してたのだけど、それが映像となって見られるのが凄いというかちょっと不思議な感じがした。

カメラは殆ど廻りっぱなしなので、かなり赤裸々で生々しい映像作品である。

 

わずか1ヶ月あるか無いかで、ライブができるまでの曲を仕上げる事ができるのかと余計な心配もしてしまう。

実際に、ジョンレノンがスタジオに入ってくるのを待ってる時に、何気なくベースをギターのように弾いていた曲がゲットバックの前進であったりと、ここで誕生したのか!と驚く。

それに、ジョンの曲でも、ポールとジョージはああだこうだと、意見を出し合ってなかなか折れない。

曲を作った当人は黙ってるのが面白かった。

ただこんな映像を見ると、ビートルズの曲はメンバーがみんなで作り上げているのだなと改めて思わせる。

 

意外にも、ジョージは曲に対して意見をしてるのだけど、ポールもなかなか譲らない。

で、そんなこんなで結局ジョージが「やってらんないよ」と一時的にバンドを脱退してしまう。

ジョンも本気ではないと思うが「エリックを入れれば良いよ」なんて言ってその後スタジオに来ない日があり、流石にバンド解散かとリンゴとポールも涙目になってたのが印象に残った。

人間関係で言えばかなりドロドロな状態。

 

場所が大きなスタジオから小さなアップルのスタジオ(こちらの方がアットホームでいい感じ)に移って、ここでやっとジョージが戻ってくる。

バンドに加わると目と目だけで合図して、演奏が始まり一安心するも、結局おふざけになる所が面白い。

 

さらに、最初は見学で来たビリープレストンに、エレピでセッションに加わった「ドントレットミーダウン」がもう格好良い。

ポールも思わずビリーのプレイにニッコリし、ジョンもビリーのキーボードの音が加わり「やっと良くなった」と漏らした。

ビリープレストンはビートルズとも意気投合し、タイミング的に本当にドンピシャで音使いも最高である。

 

このアップルスタジオから、ジョンレノンが元気というかおふざけと冗談が出まくり、ポールも直ぐにジョンの冗談に乗っかってくる。

そんなのだから、全然曲が出来てなくライブは大丈夫なのかと。

しかも、そのライブ会場もどうするのかメンバー同士で意見が食い違ってまとまらない。

(ジョージマーチンも居て、メンバーに色々アドバイスをしてたのは意外であった)

 

いろんな人がスタジオに来てその辺で寝てたり、その中で数テイクが録音されたりと、結構適当にやってるんだなと思ってしまう。

それでも、みんなでここはこうした方が良いとか、何だかんだで少しずつ曲が出来てくる。

でも、ライブで演奏する曲を改めて勘定すると、5曲位しか無いことに気づく(気づくの遅すぎ)。

さてどうする!?

それでも、ライブをやるのか、やらないのか?

 

 

ライブ会場はスケジュールが取れず、結局アップルスタジオの屋上でライブをする事で決まった。

もっと完璧にしたかったポールも、まあ仕方ないということで納得した。

ライブ前日になって、よし最後のリハーサルだと意気込んだのは良いが、結局替え歌になってしまって本当に何やってんだよと突っ込みたくなる。

 

当日になっても、まだ本当にやるのか決めかねてる。

しかし、これがいざ本番のライブになると鳥肌が立つくらい無茶苦茶格好良い!!

緊張感も臨場感も有り素晴らしく、さすがはビートルズだなと思わせる。

まあ、今くらいの時期なのでかなり寒かっただろうなと想像出来るけど。

 

「ディグアポニー」で、ジャン!と直ぐに曲が止まってしまうのだけど、何故かなと思ってた。

映像を見ると、リンゴが吸ってたタバコを消すためにドラムを叩けてなかったのである事が分かる。

その瞬間みんな一斉にリンゴの方に振り返ってるのが面白かったし、カウントもジョージが出してるのだなと気づいた。

これは映像じゃなきゃ絶対に分からなかった部分であるし、面白いから何度も見てしまった。

アルバムには、この失敗した箇所は残しておいて、なぜかイントロの出だしだけカットしたものが使われてる。

その他、屋上でライブ演奏され数曲もアルバムに入ってるのだ。

 

2テイク目の「ゲットバック」の演奏の途中で、警察の圧力に耐えかねたロードマネージャーがギターアンプを切ってしまってる。

(ロードマネージャーのマルエバンズは実に良い奴なのだけど)

この2テイク目が荒削りで非常に格好良い仕上がりで、僕はこちらのテイクの方が好きである。

 

レットイットビーやアクロスザユニバースなんかは、翌日以降スタジオ内で録音された。

もし、アコースティックな静かな曲もライブで演奏されてたら、これは凄いアルバムができたのではと思った。

 

ただし、今まで聴きまくったアルバムが少々違った趣でさらに楽しめる。

本当にビートルズというバンドは奥が深いバンドであるのだ。

 

これを観るためにディズニーの配信サービスに入らなくてはならない。

そしたら、STAR WARSシリーズのいくつかのドラマがあって見たらこれがシンプルに面白い!

色々と物語が繋がっていて、次回はどうなるかと気になってしまう。

年明け早々テレビっ子になってしまい、まさかディズニーにやられるとは思わなかった。

 

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寅年

2022-01-05 | Weblog

今年は寅年。

大晦日はテレビで『ゆく年くる年』を見てたのだけど、こんな寒いのによく夜中に初詣に行くよなと思ってた。

 

 

だけど、まさか自分も寒い夜中に初詣に行くとは思わなかった。

2年ぶりの初詣は夜中に出向いたのである。

 

 

それにしても、屋台の焼きそばはなぜあんなに魅力的なのだろう。

今年は良い年になると良いね。

 

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ホーロー看板

2021-12-29 | Weblog

先日、野暮用で神田を周辺を歩いた。

この辺りにスプライトのホーロー看板が存在していたのだ。

 

 

残念ながら商店は閉まっていたが、普段はタバコやちょっとした食品も売っているのだろう。

しかも、その脇の路地がまた良い感じだ。

 

 

その向こうにはまた昭和の香りがするアパートがあった。

このあたりは会社のビルが多いが、戦火を免れた古い家や店などがポツポツと見受けられた。

良さげな、天ぷら屋や、甘味処もあり、機会があればまた訪れてみたい。

 

店のスプライトのホーロー看板もそうであるが、現在は無くても良いものなのだ。

数々のテクノロジーで、今まで人間がアナログでやっていたものはいつの間にか消えていく。

灯台然り、火の見櫓然り…。

 

今年もあと少しだね。

 

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マテウスさんのレットイットビー

2021-12-25 | Weblog

マテウス・アサトさんは、日系ブラジル人の若きギタリストだ。

マテウスさんが弾く、ビートルズのレットイットビーは素晴らしいの一言。

この方の演奏は、もちろん凄い技術云々もあるが、それ以上に気持ちがこもってる所だろう。

 

そして、このレットイットビーの演奏は基本指引きなのだが、途中2箇所にピックを使う箇所がある。

本人は指にピックを挟んでるんだけど、まるで手品のようにピックを出したりしまったりする。

マネをしようとしたが、ピックがずれてしまって無理!

なのでピックなしで練習をした。

 

 

とにかく、マテウスさんはちょっと注目のギタリストである。

 

 

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

またまた餃子

2021-12-21 | Weblog

無性に餃子が食いたくなてきた。

 

奥多摩へ釣りに行った帰りに、南京亭というラーメン屋で食った餃子は美味かった。

残念ながらこの辺りにはその系列の店が無いのが残念。

 

飯能へ行った時に駅前に満洲餃子の店があったのだが、その時は中途半端な時間帯であったので入らなかった。

高田馬場で途中下車し、そこの中華料理店で食った餃子もなかなか美味かった。

 

仲間と釣りへ行ったその帰りに寄った、珍来の餃子もまあまあ美味しい。

 

よーし、餃子を作ろうじゃないか。

店で売ってる一番大きな餃子の皮を買ってきて、とにかく大きな餃子を作りたかった。

挽肉に調味料を適当に混ぜ、適当に皮に包む。

最初は皮にひだを作りながら包んでたけど、途中でめんどくさくなってひだ無しで包んだ。

 

 

うむ、なかなか見た目は良さそうだ。

肝心の味も、ちょっと砂糖を入れすぎたが全然悪くない。

いや、適当に作った割には旨い!

でも、もうちっとニンニクを効かせれば良かったかな。

それと、もう少しジューシーさも欲しいな。

 

次回は、ご飯のおかずというよりも餃子単体で完結するものを作ろう。

であるからもっと大きな皮で作ろう(でもあまり売ってないんだよな)。

試行錯誤だ。

 

 

 

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

帝釈天

2021-12-18 | Weblog

柴又にある帝釈天には何度か行ったことがある。

東京で一人暮らしを始めた頃も、アパートが自転車で来れるところであったので訪れたこともあった。

大して変わらない風景だと思ったが、駅前がオシャレになりスッキリしていて何だか残念。

まあ新しく綺麗になるのは良いことだけど、ずっと昔のままの景観を残すのは難しい事なのである。

 

 

帝釈天の参道脇には、名物の草団子を売っている店が幾つかある。

正直、どこの店が良いのだろうかと迷ってしまうが、伝統的にするかモダンなものにするかでまず迷う。

商店街のお団子屋や土産屋は、その辺はうまい具合にバランスを保たないといけないねと余計な事を思ってしまう。

 

 

古そうだけど立派な寺院門を潜る。

 

 

小ざっぱりした境内の中へ入ると、何やら聞き覚えのあるメロディーが流れていた。

何かな?と近寄ってみると、その小さい祠は寅さんおみくじという自動おみくじ販売機であった。

 

 

ネタでちょっとやってみようとおみくじを引くと、何と大吉であった。

『巡り逢いが人生ならば、素晴らしき愛情に巡り合うのも、これ人生であります。』とあった。

高望みをせず、地道に物事をこなしていけばきっと願いが叶うでしょうと。

 

まあ、そりゃそうだな。

 

 

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チョゲンボウ

2021-12-10 | Weblog

天気が良かったので、近くの海浜公園で昼飯を食った。

いやあ、青空で気持ちがいいなと上空をフト見ると、何やらちょっとした違和感。

 

ん?何だ?カラスか?

空の彼方を凝視してみると、それは何と物凄い数のトンビであった。

最近、見かけるようになったが、これ程までの数は初めて見た。

 

 

山など自然がある程度ある所はトンビの数も多いが、この辺りはそんな山なんて無い。

一体どこからこれ程の群れが飛んできたのだろうか?

耳を澄ませば、ピーヒョロヒョロとトンビの鳴き声も微かに聞こえてくる。

何だか、ちょっとした田舎の海辺へ来た感じだ。

 

さらにパタパタと1羽が飛んできた。

最初は、鳩かなと思ったが、何となく猛禽類のよな鳥だ。

後で確認したら、やはりチョウゲンボウであった。

これは初めて見る鳥であった。

 

 

トンビの群れといい、チョウゲンボウといい、この時期は市街地でも猛禽類が多いのであろうか?

果たしてこの鳥たちは何処へ向かっているのだろう。

実は人間が気付いてないだけで、都心部にも猛禽類が寝ぐらにしてる場所があるのかも知れない。

 

 

これほど天気が良いと、鳥も気持ちが良いのかも知れない。

 

 

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飯能の町

2021-12-03 | Weblog

先月末に、埼玉県の棒ノ嶺という山に登ってきた。

それほど高い山ではないし、沢沿いを登っていくので、日頃の運動不足にはちょうど良い登山であった。

 

棒ノ嶺

久しぶりに、相棒のボンちゃんと埼玉県にある棒ノ嶺(棒ノ折山=960メートル)に登ってきた。 当初は、山梨の山へ…

FIELD DIARY

 

 

体力も余っていたので、その帰り少し飯能駅の周辺を歩いてみた。

 

 

行きのバスの車窓からの印象は、郊外の町らしく古い感じもするが、とても良い感じの街であった。

前に一度、車で通り過ぎた事があったがその印象は残ってなかった。

飯能の町を少し出ると、綺麗な川が流れ小高い山々も見え周辺に自然があっていいなと思った。

バスの案内からは、ヤマノススメというアニメのキャラクターがアナウンスしてたほど、飯能は山を推してるのだ。

 

徐々に暗くなってきた街並みも、古い街並みだが何だか暖かい感じがする。

 

 

そして、何度かガラガラガラという音とともに、雨戸を閉める音が周辺から聞こえてきた。

子供の時は、たまに雨戸を閉めるのを手伝わされたが、あれは結構重くて途中で引っかかってしまうとかなり重労働だった事を思い出した。

でも、何だかひさしぶりに聞いたよ。

 

 

 

街の洋菓子店とか花屋の明かりが何とも郷愁を誘う。

 

 

ちょっと、住んでみたいなと思わせる街である。

 

 

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

牡蠣フライとジョージ・ハリスン

2021-11-29 | Weblog

食欲の秋である。

トンカツ屋の前を通ると、「牡蠣フライはじめました」の看板が!

 

牡蠣フライもある意味限定品みたいな感じで、「冷やし中華はじめました」とか「新蕎麦」とかぐいぐいと煽ってきやがる。

よーしよーし食ってやろうじゃないかと、そうなるわけだ。

しかも、この店のとんかつはとっても美味しいので、間違いなく牡蠣フライも上手いだろうと想像できる。

 

ただし、結構な値段だ。

少々、怖気付いてとんかつに1個だけ牡蠣を付けようかなと思ったが、ここは男らしく牡蠣フライ5個の定食を頼んだ。

 

 

ソースと、タルタルソースと、カラシをたっぷりつけてもオイスターの風味が口いっぱいに広がる。

何とシアワセな感じにさせるのだろう。

とんかつも良いけど牡蠣フライも美味いんだよね。

ご飯と、シジミの味噌汁と、キャベツもお代わりしてお腹いっぱい。

 

エビフライとアジフライ、そしてイカフライなんかも気になる。

カツカレーまであるから、いつか食ってやろうじゃないか。

 

George Harrison - What Is Life

 

おっと、11月29日はジョージ・ハリスンの命日。

ビートルズを知れば知るほど、ジョージ・ハリスンの偉大さがわかる。

一番年下なのに、ジョンとポールのソングライティングチームに対抗してきたんだものな。

それに、一番難しいコーラスパートを歌っているのも凄い。

 

牡蠣フライの時期が来ると、ジョージ・ハリスンを聴きまくるのだ。

 

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする