東埼玉病院 リハビリテーション科ブログ

国立病院機構東埼玉病院リハビリテーション科の公式ブログです

*表示される広告は当院とは一切関係ありません

第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会に参加してきました

2019年03月06日 | 活動報告
“栄養治療”とはあらゆる治療の基礎となるものです。いわば、どんな病気でもどんな病期でもどんな場所でもどんな人にも必要となる治療であります。 世の中には数多の専門的な学会がある中で、この学会は非常に幅広い医療従事者が関わる学会であり、10000人以上参加するとても規模の大きな学会として知られています。 今回私も“回復期脳卒中患者に対する栄養療法”における評価法についての口演を行ってきました。“脳血 . . . 本文を読む

Duchenne型筋ジストロフィー患児への呼吸リハビリテーション開始時期について

2019年02月15日 | 紹介
こんにちは。 記事の更新が少し遠のいてしまいました。 今回はDuchenne型筋ジストロフィー(以下、DMD)児の呼吸リハビリテーション(以下、呼吸リハ)の開始時期について、少しお話をしてみたいと思います。 DMD患児への呼吸リハは、「神経筋疾患・脊髄損傷の呼吸リハビリテーションガイドライン」をはじめ、DMDの呼吸リハについて書いている総説・解説の多くで「%肺活量(以下、VC)50%以下ある . . . 本文を読む

筋萎縮性側索硬化症と高次脳機能障害

2019年01月22日 | 臨床雑記
今日は筋萎縮性側索硬化症(ALS)と高次脳機能障害について、簡単にお話しようと思います。 まずALSと言えば、いわゆる運動神経だけが障害されることで手足や体幹、首回りなどあらゆる筋肉がやせ細り、力がなくなって最終的には寝たきりになってしまうという認識の方が多いと思います。 実際、教科書や参考書にもそのように書かれている本は多いですし、自分が国家試験を受けた時も認知症等高次脳機能障害は発症しないと . . . 本文を読む

重症心身障害児(者)病棟での勉強会 ~ポジショニングについて~

2019年01月09日 | 活動報告
12月12日に重症心身障害児(者)病棟向けの勉強会に参加し、僭越ながら「理学療法士から見た呼吸とポジショニングの実際」という題で講義もさせていただきました! 新人向けとの触れ込みで、講義内容も新人向けにシンプルな物を用意しましたが、当日はベテランさんも参加していただき、大変盛り上がりました! 実際に入所中の患者さんにご協力いただき、普段行っているポジショニングも紹介しながら講義した為、全 . . . 本文を読む

介護が足りないと悩む方へ 重度訪問介護を知っていますか?

2018年12月26日 | 紹介
こんにちは! 日本で介護を受けるとなると、「介護保険」を使った支援が真っ先に浮かぶと思います。 そしてそれ以外の支援を知らないという人も多いのではないでしょうか? 当院のような重度障害者の方が在宅で療養するにあたって、介護保険だけでの対応では家族の介護負担がとても多かったり、生命の危機に瀕することがあるなど、結果として施設や療養型病院を選ばざるを得ないといった話はよくあります。 ですが、在宅で . . . 本文を読む

健康長寿を妨げる!! 「サルコペニア」(一般向け)

2018年12月19日 | 臨床雑記
日本が世界を代表する超高齢社会であることは言うまでもないことですが、そういった中、いわゆる「健康寿命」を伸ばすことが声高に言われるようになりました。 そしてその「健康寿命」を縮めてしまう危険性の高いものとして「サルコペニア」というものが近年注目されています。 先日自分が参加した秋季リハ医学会でも、サルコペニアをテーマにした講演が行われていました。 今回はそこで聞かせていただいた話を元にお話しさ . . . 本文を読む

ALS 現在の臨床治験の紹介

2018年12月14日 | 紹介
こんにちは! 今回は筋萎縮性側索硬化症(ALS:Amyotrophic Lateral Sclerosis)の治験にまつわる新しい情報を見聞きしたので、紹介しようと思います。 たくさんあるとは思いますが、今回は2つ紹介したいと思います。 1つ目は慶應義塾大学で現在行われている抗パーキンソン病薬のALS患者への投与による臨床試験です。 これは最近よく聞くようになったiPS細胞の技術を使って . . . 本文を読む

平成30年度 信州高遠人材育成・交流研修

2018年11月27日 | 活動報告
 平成30年10月1日~10月5日までの5日間、国立病院機構関東信越グループ『平成30年度 信州高遠人材育成・交流研修』に参加してきました。この研修は、関東信越地区に所在する国立病院・療養所、国立高度専門医療センター、国立ハンセン病療養所の若手職員を対象に、共同生活を通じて協調性や連帯感を養うこと・これからの国立病院機構等を担う創造的な人材育成を目的に30年以上続いている伝統的な研修です。主催は . . . 本文を読む

第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術大会に行ってきました!

2018年11月19日 | 活動報告
先日、第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術大会にポスター発表へ行ってまいりました。 演題名は「fiber grating(FG)センサーを用いた筋ジストロフィー患者の脊柱側彎と呼吸時胸郭・腹部運動の関連性の検討」で発表させていただきました。 FGセンサーについては以前に記事で紹介させていただきましたので、そちらを参考にしてください。 Respiratory Movement Evalu . . . 本文を読む

療法士による吸引プログラム

2018年11月15日 | 活動報告
平成22年に理学療法士等による喀痰等の吸引(以下,吸引)の実施に当たって,養成機関や医療機関等において必要な教育・研修等を受けた理学療法士等が実施することと通知されました。吸引の実施に至っては,講習会などを講じる旨が記載されています。当院でも療法士による吸引の必要性は以前から検討されており、講義やシミュレーターによる実技研修が実施されましたが、諸々の事情により患者さんへの吸引を実施するまでに至り . . . 本文を読む