フィリピンのほほん生活記ー朝焼けに染められて

フィリピン・タガイタイの景色と日々の出来事を綴ったブログです。

妻の伯父の誕生会へ

2018年05月20日 06時13分50秒 | フィリピンの風俗習慣

 

 本日ののほほん生活記

2018.05.20 (日) AM5時30分 曇り 気温 23.2 湿度 50% 東北東 3.8m 軟風③

虐待を訴えていたフィリピン人海外就労者(OFW)を住宅から救出した行為をめぐり、
クウェート政府から逮捕状が出ていた比大使館員3人が18日、マニラ空港に到着、無事帰国した。
3人は非正規のOFW数百人の帰還を支援するために外務省から派遣されたが、
逮捕状発行後は在クウェート比大使館内に留まっていたとみられる。英字紙スターによると、
救出活動に関与したとして拘束されていた比人運転手4人も解放され、近く帰国する予定。
                              2018.05.20(マニラ新聞から)


 昨日でしたが、妻の伯父の、82歳の誕生祝いが、行われました。妻の伯父は、アメリカに、家を持ち、

アメリカ軍の、アーミーとして、暮らして、居たのですが、退役後、アメリカに半年、タガイタイの、

サブデビション内に、土地を購入し、半年置きの、アメリカと、フィリピンを、往復する、生活を、

していたのです。歳老いると、生まれ故郷が、懐かしいのですね、子息達は、アメリカに、仕事も持ち、

アメリカ住まいです。遺言として、アメリカで、亡くなった場合は、アメリカの墓地に眠り、フィリピンで、

亡くなれば、タガイタイの、墓地に、眠ると、廻りには、伝えて在るのです。アメリカで、パーキンソン病を、

発症し、帰国後、療養生活を、送って、居るのですが、先日は、アラバンの、アジアホスピタルに、

入院していたのです。入院中は、病院迄、お見舞いに出掛けましたが、退院後、住まいにお見舞いに、

出かけようと、しましたら、病状が、落ち着き迄、待って欲しいと、云われていたのです。そしたら、

先日の事ですが、誕生会を、開くのでと、招待を頂く、の、電話を、頂いたのです。私を取り巻く、

きょうだい達は、各々プレゼントを持ち、お祝いに、駆けつけました。親戚の人達も、大勢見えて、

居ましたね。現在82歳ですが、元気に人生の最期を、全うして、欲しいと、祈りながら、

サブデビションを、後に致しました。m(_ _)m



 本日の起床は、午前5時でした。目ざまし時計に、頼らない、自然起床でした。此の処、

午後に成ると、雨雲が立ち込め、雨が落ちるのです。雨季が近づいて、居るのでしょうね、

日本のように、四季が在り、季節の変わり目を、肌で感じられる、故国は素晴らしいですね、

着る物も、殆ど変わらず、お金は掛かりませんが、寂しいですね、根も無く、電線にぶら下がり、

雨季を待つ、ドラゴンフルーツを、見上げそう思うのです。m(_ _)m


 ◎ダニエル写真集  デジブック フォトチャンネル

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

義母の生まれ故郷から

2018年05月19日 09時26分08秒 | フィリピンの風俗習慣

 

 本日ののほほん生活記

2018.05.19 (土) AM5時10分 靄晴れ 気温 22.6 湿度 49% 東北東 4.4m 軟風③

       

イスラム教徒の断食月「ラマダン」が17日、始まった。ラマダン期間中は約1カ月間、日の出から
日没まで断食を行う。首都圏パラニャーケ市バクラランにあるアルワサットモスク(イスラム礼拝所)
では、信者がイスラム教の聖典コーランを読み、祈りをささげた。(冨田すみれ子)
                               2018.05.19(マニラ新聞から)


 先日に伺った、タガイタイの隣町、メンデス町、アノリン.バランガイの、一角です。此の地は、

亡義母の、生まれ故郷です。義母は、生まれてから、91歳で、亡くなる迄、一回も炊事を、

した事が、御座いません。から、ただ畑仕事や、山仕事での、枝を切ったり、木を切り倒す事は、

男衆にも負けないと、豪語致して、居りました。此処フィリピンでは、自分の得意分野が、

在れば好いのです。料理や、洗濯が、不得意でも、その他の分野が、優れて入れば、

大家族内では、強く生きて行けるのですね、本日の、フォトチャンネルは、フェスタの、

一コマですが、スクラップ部品の、再生ジープですが、先ず初めて、持つ車は、再生車の、

中古を、持つ事が、夢なのです。自家用再生ジープを、オーナージープと呼ぶのです。



 本日の起床は、午前5時でした。目ざまし時計の、ベルの鳴る音に、目覚めたのです。

 暫し頭を、覚醒してから、徐に立ち上がり、居間のカーテンを捲り、パラスの展望台を、

眺めたのです。少し空が焼けていましたね、ただ暗すぎて、オートでは、撮れにので、

少し待っていたのです。風も適度に在り、素晴らしい夜明けでした。m(_ _)m


 ◎ダニエル写真集  デジブック  フォトチャンネル

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バランガイ教会の聖像を拝む

2018年05月18日 07時02分45秒 | フィリピンの風俗習慣

 

 本日ののほほん生活記

2018.05.18 (金) AM5時20分 靄曇り 気温 22.6 湿度 40% 東北東 2.0m 軽風②

大統領府麻薬取締局(PDEA)は17日、先に行われたバランガイ(最小行政区)、青年評議会
選挙で、違法薬物取引に関与している疑いがある議長、評議員ら役職者約60人が再選を
果たしたことを明らかにした。PDEAは4月末、麻薬犯罪容疑が持たれるバランガイ役職者
207人の名前を公表していた。テレビ局GMA電子版などが17日、報じた。(伊藤明日香)
                              2018.05.18(マニラ新聞から)


 先日から、ネット回線に、繋がらず、ブログへの、投稿を、断念したのです。ブログは休まず、

続ける事を、決め継続致して、参りましたが、私の身体の、不調で無い事は、幸いでした。(笑)

 私の暮らす、タガイタイですが、ネット環境も、段々良くなる、過渡期でしょうね、生活環境全てが、

良く成るのですから、寂しくても、我慢しますね、先一昨日は、亡義母の、生まれ故郷で在る、

カビテ州、メンデス町、アノリン.バランガイの、親戚宅へ、伺ったのです。亡義母は、生前の時から、

故郷での、バランガイ.フィェスたには、バランガイ(最小行政区)教会への、礼拝は、欠かさず、

行っていました。礼拝後、親戚の、家に寄り、お食事の、招待を、受けるのですが、今年は事前に、

暫く、寄らずに居た、親戚から、『今年は是非顔を拝ませて』との、メールを受けて、居たのです。

 此処のバランガイには、太平洋戦時下から、終戦後、72年経った現在も、延々と続く、習慣が、

在るのです。住民が教会に、礼拝の出掛けると、その人混みを、日本兵から、襲撃されるのを、

恐れた、住民達は、教会に祀られた、聖像を、責任者を決め、教会から、借受、巡回させる、

移動礼拝が、生まれたのです。哀しいその習慣ですね、私達家族は、教会での、ミサを終え、

教会に、祀られた、聖像にも、祈りを捧げます。其の後、真っ先に、メールを、頂いた、親戚を、

訪問したのです。教会での、午前9時のミサを、終え、伺った時間は、昼食時間の、12時から、

遥か手前の、午前10時30分でした。先方では、料理の準備も、整っては、居ませんでしたが、

此れから準備を、始める、時間ですね、顔を出す事に、意義が在ったのです。此の家を、皮切りに、

何軒かの、親戚を、訪問するか、分かりませんが、少しの料理を、お皿に盛りました。豚肉料理が、

柔らかく、美味しそうだったので、口に含みますが、ゴムのように、弾力が在り、肉に往生致しました。

 咬めそうで、噛めない、もどかしさ、此の屋の主人が、目の前に鎮座、見つめられてるようで、

吐き出す事も、侭為らず、我慢して、飲み込みました。歳と共に、頭の弱さは、歯にも、

伝染したのです。あぁ嫌だ!、歳老いるって、辛いですね、(笑)



 本日の起床は、午前3時でした。目覚まし時計が、鳴る前に、床を離れたのです。思い出しても、

先一昨日の、豪雨は、凄かった。雨季が近づく中の、出来事でした。途中我が家方面は、

怪しい雲が、立ち上って、居たのですが、玄関前で、立ち往生を、道路を流れる、勢いの在る、

流れに、足元を掬われました。其れ後の、ネットへも、立ち入れず、現在に至りました。

 寂しい、フィリピン生活です。大相撲の、遠藤関の事も、大谷選手の事も、気に成って、居ましたが、

どうしても、叶わぬ夢でした。どうする事も出来ず、新聞も読めず、メールさえ見られません。(涙)


 ◎ダニエル写真集  デジブック  フォトチャンネル

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バランガイフィェスタでの一コマ

2018年05月15日 06時00分04秒 | フィリピンの風俗習慣

 

 本日ののほほん生活記

2018.05.15 (火) AM5時30分 靄曇り 気温 24.9 湿度 42% 東北東 2.0m 軽風②

全フィリピン約4万2千のバランガイ(最小行政区)と青年評議会(SK)の議長、評議員らを選ぶ
投票が14日実施された。中央選挙管理委員会によると、投票自体はほぼ順調に行われ、
結果は15日朝までに判明する見通し。(米元文秋)     2018.05.14(マニラ新聞から)


 本日は、カビテ州.メンデス町、アノリン.バランガイ(最小行政区)の、フィエスタに、出掛けますが、

フィリピン国は、人口の約83%が、カトリック教信徒の国、大きな教会も、多いですが、

バランガイには、一番身近に、小さな、バランガイ教会が、在るのです。教会には、守り神としての、

聖人が祀られ、聖人の、年一回の、祝日が、定められて、居るのです。祀られた聖人の、祝日が、

バランガイ.フィェスタです。此の日は、親戚や、知人を、お食事にお招きし、歓談しながら、親睦を、

深めるのです。本日のフォトチャンネルでの、一昨日お邪魔した、隣町で在る、アマデオ町、ミナトック.

バランガイ(最小行政区)の、フィエスタでの、一コマです。私は移住後、大家族と、共の生活ですが、

出掛ける機会も、非常に多いのです。此の家は、義弟(ダンテ)の、次女の嫁ぎ先、此れからも、

毎年伺わなければ、行けない家が、一軒増えたと、云う事ですね、私が生まれ育った、故国の田舎で、

戦後の復興期の、最中でした。貧しさの中、親戚は勿論、近所付き合いも、緊密に、結び付いて、

居りましたね、お互いが、助け合いながら、共に豊かに、成って来たのです。フィリピンと、同じように、

大家族制に、近い結びつきでしたね、そうしなければ、生きて来れなかった、気も致します。各々が、

経済復興に依り、共に成長し、核家族化に、拍車が、掛かりました。私が此処での、生活が、

好きなのは、貧しかった、故国での、生活に、似た場面を、懐かしく、思い浮かべて、居るからですね、

又あの頃は、親族も、強く結び付いて、居りましたが、近年の故国では、殺人事件の、50%以上が、

肉親同士の、殺し合いですね、悲しさに、震えも止まりません。親が子供を殺し、子が親や、祖父母をも、

殺す、こんなニュースが、飛び込んで来る度、此方フィリピンの、親族間との、関係と、対比して、

考えてしまうのです。故国日本は、何時からこんなに、恐ろしい国に、成ってしまったのでしょうか、

哀しいですね、m(_ _)m



 本日の起床は、午前1時でした。外は真っ暗闇、サボン(軍鶏)も、深い眠りに、付いて居るのか、

犬の鳴き声だけが、時折遠くから、響いて来るのです。夜明け迄は、時間もたっぷり過ぎる程、

残って居るのです。台所に立ち、這い出す、ゴキブリでも、見つけて、ハエ叩きで、叩くか、

石川五右衛門が、釜茹での刑に、遭ったように、熱湯を沸かし、注ぎかけて、疑似体験でも、

させましょうか、もう一度寝れば、好いのですが、目がランランと、輝いて来たのです。困りました。

サボン(軍鶏)が、啼き出しました。午前5時30分に、屋上へ、昇りました。


 ◎ダニエル写真集  デジブック  フォトチャンネル

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日のお出掛けは

2018年05月14日 06時17分13秒 | フィリピンの風俗習慣

 

 本日ののほほん生活記

2018.05.14 (月) AM5時20分 靄晴れ 気温 22.8 湿度 48% 東北東 3.0m 軽風②

全国約4万2千カ所のバランガイ(最小行政区)の幹部を選ぶ選挙の投票が14日午前7時から
午後3時まで行われる。バランガイ議長1人、評議員7人、青年評議会(SK)の議長1人、
議員7人をそれぞれ選出する。選挙運動の過熱による暴力沙汰が相次いでおり、
国家警察によると4月14日から5月9日までの間、選挙戦絡みで24人が死亡した。警察と
国軍が連携し警戒に当たっている。(米元文秋)     2018.05.14(マニラ新聞から)


 本日は、フィリピン国の、各バランガイでは、バランガイ(最小行政区)の、選挙が、行われますね、

本来ですと、もっと早期に、行われる予定でしたが、国を挙げての、シャブ問題に、取り組んで、

居ましたが、バランガイ役員迄もが、手を染める者が、発覚し、本日迄、延ばされて、来たのです。

 シャブが、国中に、蔓延していたのです。シャブ問題に、取り組む、大統領の、指導に依り、

急遽引き伸ばしを、余儀なくされたのです。それで、本日バランガイ選挙が、行なわれるのです。

 昨日は、以前より、誘われて居た、義弟(ダンテ)の、次女(ダイアン)の、嫁ぎ先で在る、アマダオ町、

ミナミトック.バランガイの、フィエスタでした。私達大家族は、移動用、ジプニーに乗り、出掛けました。

 途中タガイタイ市、ブホで、手土産の、ソフトドリンクを、購入致します。此のご夫婦は、私達夫婦が、

代父母(ニナン.ニノン)ですので、私とすれば、手ぶらでお邪魔する、訳には、気が咎めたのです。

 他の家族は、手ぶらでの、タダ飯ですね、でも此れは、仕方の無い事です、無い袖は、

振れませんからね、大家族と、共の生活は、平等では、無いのです。人の褌で、相撲取る、

家族も混じるのです。私も以前から、気が向いたら、燃料代も、出しますが、当初から、全てに、

ぶら下がる、家族も居るのです。大家族移動用ジプニーは、そもそも私が、40数年前に、買った車です。

 私は大家族の、功労者ですね、私が此の地で、気兼ね無く、暮らして行けるのも、此の事が、

在るからなのです。私独りだけが、思っている、事なのかも、知れませんが、(笑)



 本日の起床は、午前4時でした。夜明け前の空には、星も輝いては、居りませんね、ただ闇夜には、

サボン(軍鶏)の啼く声が、響いて居りました。夢でも見ているのか、『キャンキャン』と、子犬も鳴きだしました。

 本日の私の住む、バランガイでの選挙は、対抗馬が居ないので、全く盛り上がりません。選挙では、色々と、

貰える筈ですが、今回は何も、届きません。何時もは、お米が届くのに、貰うものには、遠慮しない家族も、

今回は寂しそうですね、そう云えば、門塀には、ポスターも、貼られて居りませんね、m(_ _)m


 ◎ダニエル写真集  デジブック  フォトチャンネル

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 897 PV UP!
訪問者 324 IP UP!
トータルトータル
閲覧 2,755,190 PV 
訪問者 583,064 IP 

文字サイズ変更

ブックマーク

  • RSS1.0 RSS2.0