赤門記者のメタボな日々

笑いの街・大阪で、笑えることも笑えないことも追いかける因果な商売。明日は笑っていたいなあ…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キラリ!

2008-12-04 03:09:21 | Weblog
 今回は珍しく将棋の話を。
昨日、東京で女流名人位戦リーグ最終局の取材をして参りました。
もっとも、たまたま別件(これについては明日書きます)の取材で東京に行っておりまして、
その流れでちょっと拝見して帰ろうかと、そういった感じでした。
結果だけ申しますと、本紙的には狙っていた結果ではなく、記事にはなりませんでしたが…、

 久々に、あの3人そろい踏みを見ることが出来ました。

なんかご大層な書き方で恐縮ですし、
「あの3人」と言われても、正味の話、知らない方の方が多いでしょう。
それでもあえて書く「3人」。
5年後、10年後の女流棋界を間違いなくリードしている存在だと思われるからです。

 写真左から室田伊緒女流初段、里見香奈倉敷藤花、井道千尋女流初段。
もともと3人とも関西所属の女流棋士で、
2006年から「キラリっ娘」というユニットを結成。
井道さんは昨年、東京に移籍されましたが、
ユニットには変わらず参加しておられます。
里見さん、室田さんは最近も、本紙後援の棋戦
「きしろ杯争奪関西女流メイショウ戦」でお会いする機会がありましたが、
井道さんを交えての3ショットは久々。
思わず「1枚撮らせてもらえますか」と、ファンのようにお願いしてしまいました。

 今期は里見さんがA級、室田、井道さんがB級に在籍しておりまして、
この日は、里見さんが勝てば女流名人挑戦確定、室田さんが勝てばA級昇格確定だったのですが、
ともに無念の黒星。
井道さんは勝って、A級昇格、そして女流初段昇段をつかみ取りました。
終局後、井道さんは、やや涙ぐんだ様子で
「ずっと中盤悪かったけど、粘って逆転しました。本当にうれしい。相手がみんな強くなるけど、挑戦するつもりで努力します」
と話してくれました。
そんな井道さんに、星1つの差で昇級を逃した室田さんが、
本当に素直に「おめでとう」と祝福をしていた姿は、大変にさわやかでした。

 そんな室田さんは、現在地元・愛知の大学1年生。
「出席日数がギリギリです」
「表現の勉強をする学科にいるんですけど…、やっぱり変わった人が多いですね」
と、チャーミングな笑顔で話してくれました。
プロと大学、二足のわらじは大変だと思いますし、
また、あえて履く必要があるのか、とも思いますが、
なかなか対局だけで生活していくのは楽ではない女流棋界。
色々と自己を啓発していくことも、大事なことのようです。

 里見さんも、やや優勢に運んでいたかに見えた将棋を錯覚から落とし、
名人位挑戦は3人によるプレーオフに持ち込まれました。
ショックは大きかったと思われますが、取材に対する丁寧な対応は相変わらず。
終局直後、帰宅する間際のこの3人、
ある意味、悲喜こもごもの3ショットなわけですが、
そんな雰囲気を微塵も感じさせない笑顔は、何とも言えないものがありました。

 勝負師としては甘い、という見方もあるかもしれません。
ゴルフ担当をしていた先輩記者に、
「いい人は、最後には勝てない」
と言われたこともあります。
ですが、本当に甘い人なら、そもそもプロにはなれませんし、
里見さんのように、16歳でタイトルなどおよそ獲得できないでしょう。
世代が変わると、勝負というものに対する接し方も変わっているように思います。
「それはそれ、これはこれ」
と、勝負の時とそれ以外の時をきっちり使い分けられること。
これからの“プロ”に求められる、大事な要素ではないかと、漠然と考えました。

 これはすなわち、原稿を書くときに集中力が散漫になりがちな、
自らへの戒めでもあるわけです。
コメント

諸行無常

2008-12-02 00:38:37 | Weblog
 しばらく前の話ではありますが、
当方にとって今年一番の大仕事だけに、放っておくわけにもいきますまい。
11月4日に大阪地検に逮捕され、21日に大阪拘置所から保釈された、
小室哲哉被告。
20世紀最終盤、日本中を席巻した天才プロデューサーは、
およそ10年後、違った形で再び巨大ムーブメントを起こしたと言えます。

 “小室ファミリー”の全盛期、それは私にとっては高校生から大学生の時期。
春夏秋冬を問わず、街は小室ミュージックにあふれていました。
大げさではなく、もはや「小室にあらずんば人にあらず」的な状態。
カラオケに行くことが少なく、GirlにMeetsすることもなく、
なおかつ流行音楽に疎かった当時の私には
そこまで身近な存在ではありませんでしたが、
周囲は見事なまでに小室ワールドにはまりこんでいました。

 かくも大物の、突然の逮捕。
もっとも、私が逮捕の初端に触れたのは、実は1年以上も前のことでして、
さほど突然とも思わず、
「そういえば…。ようやく来たか」
という感じで受け止めておりました。
流行という仮面を被って踊り狂っていたような、そんな人生の急転直下。
にしても、詐欺で得た5億円の主用途とされている、
前妻への慰謝料7億円という額のすごさといったら。
額を決めた当時はまだバブル華やかなりしころだったでしょうか。
7億円ぐらい右から左、という時期が、
小室被告にとっては確実にあったわけですね。
いずれにせよ、とてもCELEBRATEできる結婚ではなかったのでしょう。

 小室被告は接見した弁護人に「拘置所は寒い」と泣きを入れていたようですが、
大阪拘置所前で毎日のように張り番をしていた我々も、
寒い夜、ならぬ寒い昼の中で、訪ね来るやも知れぬ誰かを待ちわびていました。
まあ、これは別に小室被告のせいではなく、
張り込みをするという選択をした我々側の問題なので、
別に恨み辛みをこぼすつもりはありませんが、
なぜだか、あの間だけは猛烈に寒さが増した印象がありますね…。
ただ恋しくも、心強くもなく、切ないだけでした。

 裁判はいつになるでしょうか。
また冬の寒い時期に並ぶことになるかもしれません。
どこまでも限りなく降り積もる雪の中だけはご勘弁願いたいものです。
事件としては、裁判が始まったところがある意味本当のDEPARTURES。
半年になるか、1年になるか…。
あまり興味本位でGONNA CRAZYにならぬよう、
PROUDの報道を貫きたいと思います。

 それにしても、収監された夫をひたすら信じ、支える妻・KEIKOさんは
相当の精神力の持ち主のようです。
結婚から6年が経ちますが、未だにCant stop fallinloveなのでしょう。
そんな2人が、平穏な暮らしを取り戻す日はやってくるのでしょうか。
直接騒がせる立場の我々が言うのもなんですが…。

 いずれにしても、当分は繁忙期が続きそうです。
あきらめましょう。
(最後だけ仲間はずれ)
コメント

そらそうよ

2008-12-01 01:35:41 | Weblog
 どこかでしばしば耳にした言葉。
今回はその「どこか」には関係ありませんけど…。

 昨日までのハロプロ強化週間(?)に続き、
昨日はAKB48から生まれた3人組ユニット「ノースリーブス」の取材に行って参りました。
場所は、大阪におけるアイドルイベントの聖地・千里セルシー。
主催者発表によると、およそ2000人の熱心なファンが集結しました。

 あらましは、今日の本紙朝刊に書いてあります(あまり大きくはないです)ので、
そちらも合わせてご参照願いたいのですが、
なんせ「ノースリーブス」ですから、
3人とも衣装はノースリーブ。
オープニングで小嶋陽菜さんは「全然寒くないです!」と叫びましたが、
やはり端から見てても寒そうなのは明らか。
ファンの方も「寒いでしょー!」と気遣っておられました。

 それでも、デビュー曲「Relax!」と、カップリングの「ハートの温度」を熱唱。
その後は、上着を着ながらですが、30分以上もの握手会を笑顔でこなしておられました。
握手会終了後に、軽くお話をうかがったのですが、
小嶋さん「こういうこともあるとは思ってたんですけど、やっぱり寒かったですね…」
そらそやろ。
ただ
「それでも、踊ってたら全然大丈夫でしたし、ファンの方々の熱さで大丈夫でした」
と、ニッコリ笑いながら話しておられました。

 正直、最初は昨日までの「ハロプロ」と比べると、
良い悪いは別にして「普通っぽい」=「プロっぽくない」印象を受けていたのですが、
やはりあれだけのファンを惹きつける存在。
しっかりとしたプロ意識に裏付けられていることは間違いありません。
「普通っぽさ」は、あえて演出している部分かもしれませんし、
それが魅力の1つでもあるのかもしれません。

 ちなみに、寡聞にして存じ上げなかったのですが、
ユニット名の由来は、
「AKB48は制服なので、制服を脱いで華やかな雰囲気なユニットというイメージなんです」(峯岸さん)とか。
この時期にデビューするには微妙な選択だったような気もしますが、
ご本人たちのやる気は十分、熱く燃えているようです。

 今後については
「クリスマスが近いんで、クリスマスイベントに出たいですね」
と高橋さん。
それはまた寒そうな…と思いつつも、
「じゃあ衣装はやっぱり、ノースリーブスのサンタ風ですかね」
と質問してみると、
「それいい!かわいいですね!」
とノリノリのお返事を頂きました。
「もっと寒いですよ」、「新聞に出たらやらなきゃいけなくなっちゃうかも」
などと、取材陣も心配したのですが、
「大丈夫です!ぜひ書いておいてください」
と力強い言葉。
瓢箪から駒、などと申しますが、もしかしたら実現するかもしれませんね…。
コメント