丸刈りらいおんのしっぽ。

見た映像の感想や聞いたものの感想などをつらつら綴ってます♪

2人の美女が肥満のばばぁを奪い合う 『女王陛下のお気に入り』

2019年02月17日 | 映画&DVD~☆4☆~
オリビア・コールマンをばばぁと表現して申し訳ない

食欲と性欲にひた走り、外見はいい年こいたおばさん(女王だけど)なのに中身は子供・・・
でも女王・アンのその食欲も、彼女を叱咤激励する世話係・サラを信じて疑わない依存も、すべて理由があったんだなぁ・・・と思うとちょっと可哀想になる

そんな女王と、女王の幼馴染みで唯一の側近サラ(レイチェル・ワイズ)
そこへやってきた貴族から没落したアビゲイル(エマ・ストーン)

権力を手に入れるべく2人の美女が女王を奪い合うしたたかな戦いが繰り広げられる物語



サラ(レイチェル・ワイズ)女王(オリビア・コールマン)はできてるんだよ・・・
まぁそういう仲だから、女王はサラの言いなり
とにかく女王は気持ちが不安定で過食で痛風で糖尿で・・・
見てくれもよろしくないのでさらに不安定になるという悪循環

そんな女王に結構厳しく接するサラは、女王の世話に予算の取り決めに会議に出席と全部1人で回してる姿はカッコイイ
そんな知的で美しいサラと対照的な可愛らしい女中・アビゲイルは、サラと女王の秘密を知って自分も身体とテクを使って女王に近づくんですよ・・・

エマ・ストーンの乳見れた事がこの映画の唯一の収穫かな?

サラ役のレイチェル・ワイズのカッコ良さと、エマ・ストーンの小悪魔的な可愛さが全面に出てるよ

贅沢三昧な宮殿では馬鹿げた余興に男達の滑稽な化粧、宮殿の外では戦争が起こってるとは思えないこの温度差・・・

ざっと見るとバカげた作品なんだけど、こんな人たちに従わないといけない国民の悲惨さを考えると怖さすら感じる・・・
外の世界では娼婦たちも居るんだけど、宮殿の世界と外の世界があまりにも違いすぎてそういう風刺の意味もたっぷり込めたんだろうか?

映画館で見たので、宮殿の中は煌びやかで素晴らしく、音楽もとても美しく、映像としては見てよかったと思いました

ただ最後
さぁこの終焉をどう受け取るのかは君次第だ!!
って丸投げされたような終わり方だった

いや答え教えてくれよ・・・
コメント

松田龍平が怖いよ~!!『羊の木』 

2019年01月11日 | 映画&DVD~☆4☆~
予告見た段階では、もっとおどろおどろしい作品だと思ってたからちょっと拍子抜けした・・・



田舎の漁師町に6人の罪を犯した人間がやってくるんだけど、全員がおかしいのではなく完全におかしいのは
松田龍平だけ!!

心の内が全く見えず、人当たりが良いヤサ男だと思えば腕力は凄まじく、感情の全くない表情から、今ちょっとキレた??と思わせる空気まで
めちゃくちゃ怖かった・・・松田龍平

それぞれ刑務所帰りの犯罪者たちは、過去を隠したままこの街で暮らし始めるんだけど、事情を知ってなお優しくしてくれる住民がいたり、やっぱり過去を知って怖くなったり、罪を犯してなお足を洗いきれてない犯罪者がいたりと、のどかな田舎の町はこの6人が来てからパトカーが走る走る・・・

優香さんのかなりエロなシーンはちょっと見てて気持ち悪かったです・・・ごめんなさい
田中泯さん演じる元ヤクザは凄く雰囲気あってよかった

もっと1人を重点的に掘り下げれば奥の深い作品になってたかも知れないけど、なんせ6人もいるので中途半端感が否めません・・・
でも所々怖かったので(車で容赦なく人をはねるシーンは思わずギャ!!と声が出たよ)中盤からは結構面入り込めました

羊の木(DVD豪華版)(3DVD)
錦戸亮,木村文乃,北村一輝,優香,市川実日子
ジェイ・ストーム
コメント

やっぱり優しいアニメだった「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」

2018年11月23日 | 映画&DVD~☆4☆~
9月公開なのに、うちの地域は田舎なのか11月公開なのでやっと見れたよ



大好きな大好きな夏目友人帳
アニメは全シリーズ、どの回を見ても泣いてしまい未だに気分がただ沈みの時はDVD引っ張り出して見てるほど自分にとっては心のお薬的存在

そんな大好きな作品が映画になると知った時はそりゃ嬉しかったけど、細かな事が発表され出した時、声優さんの欄に高良健吾さんの名前を発見・・・

えっ???

役者さんとしては嫌いではないけど、こういう吹き替えに声優という職業以外の方を起用するのは
めちゃくちゃ苦手な私・・・
なぜ声のプロの方が居るのに、わざわざ声に関してプロで無い方を使うのか・・・
ましてや上手けりゃまだ良いけど、本当に酷い作品があまりにも多いから嫌なんだよ
※ジブリ作品が大好きだったけど「もののけ姫」を見てからあまりの酷さに遠ざかってしまった・・・

なので今回も夏目友人帳は大好きだけど、話に入り込めないほど酷かったらショックだなぁ・・・と
見に行く前にかなりグダグダ悩んだけど・・・

見て良かった

正直上手くはないよ・・・やっぱり・・・
でも聞いてて別に不快ではなかった
むしろ、小峠さんのほうが結構下手でびっくりした
まっすぐじゃん!!まっすぐ(棒!!)

夏目の暮らすちょっと田舎の風景が今回はアニメの時よりも美しく描かれていて、お話もやっぱり優しくて、いつものメンバーもちゃんと登場してた
アニメの前編・中編・後編を一気に見たっていう感じかな?
決して派手さは無いけど、いつも通りのほっこりするお話&にゃんこ先生が3匹に分裂するんだけど、そのビジュアルがめちゃくちゃ可愛かった

まぁ・・・
映画館で絶対見たいかどうかと言われれば、別に家でDVDになってからでも構わない気はしないでもないんだけど、私はやっぱり映画館大好きなので大きい画面で見れて良かった
あとエンディングの曲が凄くキレイだった
アニメもそうだけど、夏目友人帳は選曲がいつも素晴らしいと思う
コメント

家族って何だろう?『チョコレートドーナツ』を見て思った

2018年09月15日 | 映画&DVD~☆4☆~
ゲイでダンサーのルディ(アラン・カミング)


ゲイである事を隠しながら弁護士として働くポール(ギャレット・ディラハント)


麻薬中毒の母に育児放棄されたダウン症のマルコ


3人の家族になっていく姿を1970年代のアメリカ社会での差別を背景に描いた作品



序盤はゲイゲイしさを強調した感じなんだけど、ルディのおじさん的な面持ちなのに何故かエロさと
母性を感じてしまうのは彼の表情が魅力的だからかな?




破天荒なルディと対照的で冷静沈着なポールは、ゲイであることがバレて弁護士事務所をクビに
なった事から、ルディと2人でマルコの親権を勝ち取るために過酷な裁判に臨む
何が過酷って、ゲイだというだけでいろんな詮索されまくりな問いに答えなければならないのだ・・・


たった30分の面会時間しか与えられず、それでもマルコはルディの作ったおとぎばなしを聞きたがる


家族ってどういう定義なん?ってのを考えた内容だった

男とセックスする度にマルコを廊下に追いやりほったらかしの薬中女は、母親というだけで簡単に親権を取り返せて、
マルコを心から愛し、学校の宿題を一緒に考え、温かい食事と寝る前にはお話を聞かせ、イベントにはプレゼントと笑顔に包まれた温かい時間を注いだルディとポールには、ゲイカップルというだけで、どんなにマルコが大切か語っても親権は下りない


ハロウィンに女装姿見せたら子供の教育に悪いってどんな判断やねん

もう胸糞悪い質疑応答にイライラした時、ポールの言ったセリフに泣いてもた

子供では判断できかねるから法律で守られてるのもわかるし、その子供の将来を考えての親権選びはとても慎重に審議しないと駄目なのも当然だと思う
でもポールの言うように養護施設から一生抜け出せない可能性のマルコはどうなるのか?
自分達だったら絶対に立派な大人に成長させてみせると言い切った姿は素晴らしかった


8ミリで撮ったような3人の家族風景がとても美しく、アランカミングさんの愛に溢れるキレイな表情が
最高だった

マルコと出会えた事でルディは夢を掴み、ポールは本当の自分の生き方ができたんじゃないかなぁ・・・


少し短めの作品で結末も悲しいけど、見て良かった

マルコ、家に帰りたかっただろうね


ポールの声を当てていた、てらそままさきさん!!最高に素敵でした
あのお声で審議での発言聞いたから余計泣けてきたのかも・・・

チョコレートドーナツ [DVD]
アラン・カミング,ギャレット・ディラハント,アイザック・レイヴァ,フランシス・フィッシャー,ジェイミー・アン・オールマン
ポニーキャニオン
コメント

邦画タイトルどうなん?『博士と彼女のセオリー』

2018年07月22日 | 映画&DVD~☆4☆~
理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士と彼の元妻であるジェーン・ホーキングのお話



頭の中が絶賛エディ祭りなので、この作品も正座して見た

スティーヴン・ホーキング氏が大学時代にジェーンと出会い恋をし、そして病気を発症するもジェーンと結婚、子供を授かり~という前半は景色も撮り方も本当に美しく、エディの眼鏡かけてちょっと小首をかしげてはにかむ笑顔にキュンキュンしフェリシティ・ジョーンズ演じるジェーンの力強い決断と愛の深さに魅入ってしまう

体の自由が利かなくなっていき、話すことも困難になっていく状態を演じたエディは凄かった
食べ方や車椅子の座り方、話し方から眼鏡の中からのぞく目線、ちょっと口を斜めにした感じ
私は本物のホーキング氏を数える程しか見たこと無いけど
エディがホーキング氏にしか見えない
むしろエディが画面から完全に居なくなっていて、ホーキング氏として見てたように思う

そして妻のジェーンがどれだけホーキング氏を想いどれだけ最善を尽くしてきたのかが伝わってくる
実際は映画で表現されてるよりもっともっと大変だったのかも知れない・・・と勝手に思ってしまうほど

家族の支えとなってくれたジョナサンの存在やホーキング氏の恩師・デニス、学生時代からの友人など周りを囲む人たちも全て温かく描かれていた

2人の愛の深さを表現した作品だと思い込んでいたから、エディの表現力の凄さで映画というより景色を綺麗に取り入れた実録映像としか思えなかった・・・
私には妻・ジェーン側の愛の深さしか感じられなくて、ジェーンがここまで愛情深くやってきたのに終盤にエレインとアメリカ行くって
ふざけんな!どういうことだよ!!
ってブチ切れた

なのでジョナサンとジェーンが結婚できて本当に良かった
だってジョナサンめっちゃ良い人やもん

エディの凄い表現力を見れて良かった
物語の運び自体は端折りすぎてわからない所が多く、結局自分で調べて
あ~そういう事があったんやぁ~
って納得しつつだったけど、役者さんたちが良すぎてそれを物語として発揮しきれてないのが残念だと個人的には思った
ブライアン役のハリー・ロイドって人、カッコ良かった~

エディは本当に凄かった
私の中のランキングは今の所『リリーのすべて』がぶっちぎりの1位のままだけど

博士と彼女のセオリー (字幕版)
アンソニー・マクカーテン,アンソニー・マクカーテン,ティム・ビーヴァン,エリック・フェルナー,リサ・ブルース
メーカー情報なし
コメント

戸田恵梨香さんの美脚に釘付け『無限の住人』

2018年03月03日 | 映画&DVD~☆4☆~
かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り・万次(木村拓哉)
罠に嵌められ、妹の町を失い自らも命を捨てようとした時、謎の老婆(山本陽子)に永遠の命を与えられ死ねない体になってしまう

それから50年後、永遠の孤独を生き続ける万次の前に、町とそっくりの少女・凜(杉咲花)が現れ、親の仇討ちのため用心棒になってほしいと頼まれる・・・



映画のあらすじに
凜が壮絶な戦いに身を投じる姿が描かれる
とあるけど
凜は全く戦ってないし
父の形見の刀を持ってひたすら万次に守られてるだけ・・・

でも杉咲花ちゃんが可愛いのでOK

父を殺した逸刀流の統頭・天津影久(福士蒼汰)を殺すべく凜を守りながら万次がひたすら戦っていくという、内容は正直ないに等しいんだけど、出てる俳優陣がとても素敵

市川海老蔵さんの話し方や立ち居振る舞いは本当に圧巻で、この世界観に凄く合ってる
纏ってる空気が他と明らかに違うのがビシビシ伝わってくる、本当にこういう凄い人居るんだなぁ・・・
戸田恵梨香さんも超絶に美しく万次と戦う時の美脚に目を奪われた

何をやってもキムタクだろうし今回もやっぱりキムタクなんだけど、凜を大事に大事に守ろうとする気持ちはすごくにじみ出ていて、この人なら絶対に守ってくれるという安心感が凄かった

100人斬り?200人斬り?大乱闘シーンは、手首が飛び足首が飛び血みどろで
園子温さんが撮ったの??
って感じで迫力がり、これは映画館の大きなスクリーンで見たかったかな?

斬られても心臓一突きにされても手首斬り落とされても、刀を抜けば傷口は塞がり手首を拾えば引っ付く・・・
死ぬことのできない万次の気持ちは薄くしか映ってないし表現されてないけど、乱闘シーンに重きを置いたんだと思えば仕方ないんだと思う
アクションも心理も両方深く掘り下げれば時間的にもムリだと思うし・・・
映画1本にまとめるって本当に大変だと思う
なのでこの作品は酷評多いけど、私は思ったほど(本当にもっと酷い仕上がりになってたんだとばかり)酷くなかったと思う
少し木村拓哉さんを好きになった作品でした

無限の住人 [DVD]
木村拓哉,杉咲花,福士蒼汰,市原隼人,戸田恵梨香
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


新装版 無限の住人 全15巻完結セット (KCデラックス アフタヌーン)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
コメント

ブスの気持ちはブスにしかわからない『犬猿』

2018年02月28日 | 映画&DVD~☆4☆~
真面目な弟・和成(窪田正孝)と、強盗で捕まって出所してきたばかりの凶暴な兄・卓司(新井浩文)
和成に恋する印刷所を切り盛りする見てくれの悪い←なんかブスって書けない由利亜(江上敬子)と、美人でスタイル抜群で巨乳の妹・真子(筧美和子)

兄に逆らえなくていつも弱腰な和成だけど心の奥底では本気で兄なんか死んでしまえ!!消えろ!!と闇抱えてるし、速攻切れて暴力振るいまくる兄のほうが裏表なくて真っすぐ

デブでブスなんだけど←あっ書いちゃった・・・責任感なんだか単にプライドが高いだけなんだかわからない仕事のこなしっぷりと父の介護もすべて引き受ける姉と、最初は印象悪く頭空っぽで顔と乳しか使えなさそうなんだけど本心はひん曲がった姉よりも真っすぐに思えた妹

それぞれ切っても切れない血縁関係の中でとうとうぶつかって本心さらしまくるっていう流れの話です



見た後で
ヒメアノ~ルの監督さんだ!!
って気付いてびっくりこいた

兄に逆らえないんだけど、表情に闇が垣間見える弟を演じた窪田正孝さん、上手かった
新井浩文さんは安定のこういう役でやっぱり安定の上手さ
この2人しか興味なくて見に行ったら、ニッチェの江上敬子さんがめちゃくちゃ上手くてブスが感じる理不尽さを振り切って表現されてて圧倒と同時にめちゃくちゃ共感してしまい自分と重ねて全然関係ないシーンで昔を思い出し泣けてきてちょっと恥ずかしかった・・・←ド田舎の映画館なのでまぁ今回も観客5人とかいう館内なんだけどね
そして本気でイライラさせてくれた頭空っぽの顔&乳だけ妹を見事に演じた筧美和子さん
やっぱりめちゃくちゃ可愛かったしスタイル良かったし、そりゃ男ならどう転んでもこっち選ぶだろ!!って思わせてくれた

兄弟姉妹おらんからわからん感情もあったけど
ブスの気持ちだけはめちゃくちゃわかった!!
ブスの気持ちも立ち位置も扱われ方もわかるが故に、私だったら妹にここまでしないだろうなぁ・・・とか最初から戦う気なんてないから、この姉の行動はある意味尊敬できた
だって同じ土俵に上がろうとしてるんだもん

人間の奥底にある感情を
すごくわかるわぁ・・・
って随所に思わせてくれた作品でした
そして男同士と女同士の感情の違いも絶妙に表現されていて、ヒメアノ~ルほどのむき出し感はないけど、この監督さんはこういう表現はだな!!と思った
コメント

良い意味でのB級映画『俺はまだ本気出してないだけ』

2018年01月31日 | 映画&DVD~☆4☆~
42歳で仕事辞めて毎日ゲーム三昧で娘(橋本愛)にご飯作ってもらって父親(石橋蓮司)に生活の面倒見てもらってるシズオ(堤真一)は、ある日本屋で立ち読みしてるとき突然
漫画家になろう!!
と思い立ち、父と娘に決意表明する



こんなロクデナシ父を冷静に応援する娘(橋本愛)
バイト先で知り合った生きる目的を見つけられない市野沢(山田孝之)
幼馴染みでサラリーマンしている優しすぎる男・宮田(生瀬勝久)
シズオの持ち込む漫画をとにかく褒めまくってはボツにする担当編集の村上(濱田岳)

いつになったら本気出すねん
と思いながらもシズオの周りだけはみんな一生懸命生きている様が何だか切なく見えてくる

人生こんなシズオみたいな生き方絶対できないってわかってるけど、こういう人が居ることで周りは救われたり気付けたりすることだってあるんだよ!!と教えられる作品
安定が幸せか自由が幸せか結構考えさせられた・・・

人生1回っぽっきりなら、シズオのように毎日ニカっと笑って、ボツ原稿抱えて帰らされても美味しくビールが飲めるポジティブ思考でもいいんじゃないかな?
もちろんこんなにしっかりした娘・鈴子が居てて成り立ってるんだろうけど・・・

初めて福田組と呼ばれる?作品見たけど、はっきりした答えはないのに要所要所でちょっと元気を貰える作りだった
堤真一さんも素晴らしいし、周りの山田孝之さんや生瀬さんに濱田さんもいい味出してます
ムロツヨシさんはちょこっとしか出ないのに存在感凄かった・・・

俺はまだ本気出してないだけ
福田雄一
メーカー情報なし
コメント

手作りの糖蜜が本当に美味しそうだった『海のふた』

2018年01月28日 | 映画&DVD~☆4☆~
都会を離れて生まれ故郷で「カキ氷」屋を始める・まり(菊池亜希子)と、顔に火傷の痕があり心にも傷を抱える・はじめちゃん(三根梓)とのひと夏の物語



原作がよしもとばななさんの時点で、言い方悪いけど雰囲気映画でさらりと終わると思ってたら
やっぱりさらりと終わった

私は実際に飲食店やってる両親の姿見てるから、そんな趣味でやる商売なんて…って思う気持ちと、本当に自分が良いと思うものしか作りたくないというまりの心意気は尊敬できたり、でも最後は"糖蜜""みかん水"しか作らなかったシロップの種類に"いちご"を加えるという軟らかさ拍手を贈りたくなった

廃れていく町並みを見つめ
愛のないお金のつかい方をしたせいだ!
と言うまりの言葉はじーんときた

安かろう添加物まみれだろう合理的だろうな世の中に、こういう手間をかける事はすごく大切なのかも知れないね
穏やかな気持ちになれて、無性に本物のカキ氷が食べたくなった作品でした

海のふた [DVD]
菊池亜希子,三根 梓,小林ユウキチ,天衣織女,鈴木慶一
バンダイビジュアル


海のふた (中公文庫)
よしもと ばなな
中央公論新社

コメント

ただただ中村優子さんが素晴らしかった『ストロベリーショートケイクス』

2018年01月27日 | 映画&DVD~☆4☆~
デリヘルの電話番・里子(池脇千鶴)

その店のデリヘル嬢・秋代(中村優子)

OLのちひろ(中越典子)

ちひろと同居してるイラストレーター・塔子(岩瀬塔子)

4人それぞれの何でもない、でも本人たちにはいろんな事が起こり過ぎな日常を切り取った作品



名前の知っている女優さん・池脇千鶴さんと中越典子さんの印象が凄く弱くて あまり存じ上げなかった中村優子さんと岩瀬塔子さんのお2人が凄く印象に残った作品、いや、デリヘル嬢の秋代さん(中村優子)が1番焼きついた作品だった
※後で調べたら塔子役の岩瀬塔子さんは何とこの作品の原作者・魚喃 キリコさんらしい!
凄い!この人も脱いでるんだよ!


秋代さんは同級生の菊池にずっと想いを寄せてるんだけど、菊池と飲みに行くときは髪を縛ってメガネにラフな格好で話し方も小ざっぱりしていて色気の欠片も感じられないのに、お仕事では色気炸裂で過激な衣装というギャップに萌えた

この女優さん本当に凄い!

最後菊池との激しいSEXは身体張りまくりです

ぼんやり穏やかに流れる日常に少し過激さを入れつつ、奥に仕舞い込んでた感情を吐露してまた穏やかに終わっていく流れが、見終わって何年かした時にまた見たいなぁ〜って思わせるのかな・・・

7、8年ぶりに見たら、前より好きになってた作品だった

ストロベリーショートケイクス [DVD]
魚喃キリコ,狗飼恭子
ハピネット・ピクチャーズ
コメント