ちゃみといっしょに ~わんことおでかけ

中型犬MIXの『ちゃみ』です。2000年生まれ♀です。
2015年9月30日お空に旅立ちました。

お知らせ

ちゃみさんの小さい黒い妹としてライラをお迎えしました。
ライラのブログを新たにたちあげました。

したから呼んでもライラ

まめな更新はしていませんが、よろしかったら新ブログでもおつきあいのほどお願いいたします。

2016年2月 ちゃみハハ(morninglover)

2018年9月30日

2018-09-30 | ハハのひとりごと
今日は2018年9月30日。
ちゃみさんを見送ってから3年経ちました。
綺麗な秋空の写真を撮ってアップするつもりでしたが、外は台風24号が吹き荒れています。

台風24号はチャーミー(TRAMI)というんだそうです。
おかーさんには誕生日&命日の30日を目指しているように思えてなりません。
被害は最小限で頼むよ~。

pic.twitter.com/1FaM5130zj@Kininaruutyu


https://www.jma.go.jp/jp/typh/182424.html



手前は昨年飾ったプリザーブドフラワー、奥は今年飾ったハーバリウム。
まだ納骨してないです。そろそろいいかなあとも思っています。


台風24号はこれから関東に接近です。
どちらさまも被害がないもしくは最小限ですみますように。



コメント (1)

9月30日

2017-09-30 | ハハのひとりごと
一年経ちました
ちゃみさん旅立ちましたちゃみハハです。ちゃみさんが本日旅立ちました。日曜日から立てなくなりご飯と水を摂らなくなって、あっという間の旅立ちでした。昨夜は深夜まで見守っていたのですが、......

(上記リンクは、「1年前に書いた記事の感想を書いてみませんか?」というgooブログのメールより作成しました)

9月30日はちゃみさんが空に旅立った日。
そして17歳の誕生日。
毎朝、フードとお水とお線香をあげるのは変わらないです。
お花はプリザーブドフラワーにしましたが。

秋の高い澄んだ空を見るとちゃみさんを思い出します。
今日というこの日が晴れてよかった。
ちゃみさんのサインは今年も健在^^



今年に入って、ブロ友さんとか愛読ブログのわんこさんが相次いで亡くなっています。
ブログで長い間見てきたので、そういう時期ではあるのですが、とても悲しいです。

最後まで自分の足で歩いて、倒れてからはパタパタと。
ちゃみさんの最期を見習いたいと思うこの頃。
コメント (1)

一年経ちました

2016-09-30 | ハハのひとりごと
ちゃみさん旅立ちました
ちゃみハハです。ちゃみさんが本日旅立ちました。日曜日から立てなくなりご飯と水を摂らなくなって、あっという間の旅立ちでした。昨夜は深夜まで見守っていたのですが、ほんの数時間......

(上記リンクは、「1年前に書いた記事の感想を書いてみませんか?」というgooブログのメールより作成しました)

ごぶさたしています、ちゃみハハです。
ちゃみさんが旅立って一年になります。あっと言う間です。

この一年ちゃみさんのことは毎日のように思い出さないことはなくて、
誕生日でもあり命日でもある今日はとりわけ頭の中がちゃみさんのことでいっぱいでした。

お空で16歳おめでとう。



この9月は本当に雨が多かったけれど、今日は珍しく晴れ間が見えました。
あの日、綺麗な秋晴れがちゃみさんのサインになったものね。ちゃみさんパワーかな?


あれからちゃみさんには黒い小さい妹ができたよ。
時々ね、黒い姐さんに聞いたのかな~?てポコちゃんと笑うことがあるよ。
ひょっとして指導してくれてる?ひきつづきよろしくね^^

コメント (2)

お知らせ

2016-02-16 | ハハのひとりごと
お久しぶりです、ちゃみハハです。
昨年末からわんこを新たにお迎えしています。
トライアルが終了し正式譲渡となりましたので、ブログをたちあげました

したから呼んでもライラ

通勤に往復三時間費やす生活ですのでまめな更新は難しいですが、
よろしかったら新ブログでもおつきあいのほどお願いいたします。

ちゃみさんは玄関でハハの出勤を毎朝見送っています。
毎朝フードとお水とお線香を供えながら、おはようとか普通に話しかけています。

コメント

クロージング

2015-12-31 | ハハのひとりごと
(死亡届の項加筆しました(2016年1月))

こんにちは、ちゃみハハです。
先日、ちゃみさんとの最後の旅行をアップしました。
目標としていた年内にできてよかったと思います。

それから死亡届を区役所に提出してきました。
犬の死亡届は出さなければ翌春に狂犬病予防注射の通知が来る程度のものですが、通知を受け取ったら切なくなるので。
死亡届を出したら、本当にちゃみさんがこの世から居なくなってしまったと思えて、寂しさが溢れてきました。

このブログはちゃみさんとの思い出を残すために2010年に始めました。
ちゃみさんを2015年9月に見送ったので、ブログはこのまま残しますが終了いたします。
これまで長い間、本当にありがとうございました。
ブログを通してたくさんの方に出会い交流できたこと、ちゃみさんが引き合わせてくれたご縁に深く感謝いたします。

ちゃみさんは今は玄関でハハの出勤を毎朝見送っています。
まだ納骨はまったく考える気になりません。しばらくはこうして見送ってもらいましょう。




実は…ですね、少し前からわんこを探していて、週末に里親会やシェルターへ行っています。
我が家のような共働き二人家庭は平日は長時間お留守番になるので、若い犬を希望すると「まだまだ子どもです」と断られます。
ちゃみさんが若犬の頃にとても寂しい思いをさせた自覚はあって、ちゃみさんに負担をかけるとともにちゃみさんとの暮らしが楽しく感じられるまで惜しいことに時間がかかりました。
かといって私が専業主婦になる選択肢はないし、定年退職まで待つと今度は高齢者フラグがたって申し込めないか後見人をたてるかになるし。
保護犬の幸せを考えた結果、それが却って我が家には不都合になってしまう、どちらも保護犬を幸せにしたい思いは同じなので落としどころはないものか。
共働きで(若犬の)里親を希望するのは我がままなのかな?どうしても犬をお迎えしたかったら購入しかないのかな?と思い悩みました。

…という話をかかりつけのペットクリニックでたまたましたところ、
保健所収容の犬を引き出すのは保護団体ばかりではなく、動物病院も引き出して里親を探す活動をしていると伺いました。(東京都のお話です)
かかりつけの先生の場合は、誰でもというわけではなく飼い主として人となりを分かっている方に譲渡していると言っていました。
ちゃみさんのことで挨拶に行った時に、幸せを待っている犬は居るから我が家なら幸せを提供できる席があるからということを言われていたのです。
伺った時はそんな心理状態じゃなかったものね。
もし保護犬のお迎えをお考えの方がいらっしゃったら、保護団体や里親募集サイトのほかに、お近くの動物病院や獣医師がそういう活動をしているか訊ねてみてください。
めぐり合いの機会がひとつ増えるかもしれません。



それではいつかまたどこかでお会いしましょう。


コメント (9)