一陽来復~近藤聡彦のファゴットブログ~

ニューヨーク帰りのファゴット奏者による下関音楽日記

硬さ分布確認

2018年09月23日 | リード
前回の記事からちょっとおさらい
イタリアから届いたケーンは、メーカーのページから、
白い糸で束ねられた方がソフト、赤がミディアムハードと確定。

そのまま直ぐにカンナ掛けしても良かったんだけど、
メーカーが言うところの硬さが、どんな風に分布してるのかを、
知っておきたかったので、いつも通りに硬度計で硬さを測ってみる事に

という訳で、結果発表~

下の写真の上段がソフト、下段がミディアムハード。
ソフトの方は、僕が今、主に使っているケーンの硬さ分布と、一見あまり変わらない感じ。
でも、メーカーやガウジングの厚さが違うと、数値に違いが出てくるので、
作ってみるまでは分からないかな

ミディアムハードも、一番枚数が多かった数値はソフトと同じだけど、
その前後は、もっと広範囲に散らばっている様子。
ただ、柔らかいケーンの上限はどちらも同じ数値。
まあ、どちらも同じメーカーのケーンだからねえ

それぞれ硬さの中心の数値がハッキリ違って、二手に別れるのかと思ったけど、
今回に関しては、そうじゃなかったな
ただ、これはあくまで僕の硬度計で測った結果によるもので、
密度計及び、その他の方法でメーカーが測っているなら、
もっと違う特徴が出て来る可能性もあるかも。

縦に同じ硬さで揃えて、並び順は左から軟⇔硬。

明日からカンナ掛けてみよう
コメント

イタリアから到着

2018年09月21日 | リード
この夏、いろんな人達をレッスンしたり、またダブルリード合宿等を通して、
僕自身学んだ事があったので、それを試してみなくちゃ
・・・という訳で、ちょっと前に注文していた新しいケーンが、ようやく到着

日本国内の楽器屋さんでは、扱ってるケーンの種類があまりに少ない
いろいろ調べた末、メーカーに直接注文。

試しに二種類の硬さを注文してみたら、
赤い糸と白い糸で束ねたケーンが届いたけど、
どっちがどっちだか、説明書きが何も無い
困ってメーカーのホームページをよく見てみたら、
それぞれの色の糸で束ねたケーンの写真があって、やっと判明。

届いたばかりにしては、いきなり糸があちこちほつれているな。
イタリアンクオリティ?
さあ、早速硬度計で硬さ測って作ってみよう良い材料だといいなあ
コメント

湿度84%!

2018年09月20日 | レッスン
秋雨の降りしきる中
Y高ファゴットパートのレッスンに行ってきました。

毎月会うと、それぞれの成長度合がよく分かる。
こっちも前回の感じをまだ覚えているから、その先へ導き易い

途中から3年K君もやってきて勢揃い。
勉強との両立が大変なんだろうなあ。がんばれー
Aちゃんは新品マイ楽器に導かれて、吹き方が変わってきている
Nさんはコントラを任されて、なんだか楽しそう

結果を焦っちゃダメよ。今は蓄える時
コメント

山下清展と次の防府音楽祭

2018年09月19日 | イベント
防府アスピラート学芸員にして、
防府フィルでファゴットを吹いている山本さんから、
「山下清展と音楽祭のポスター撮りました」と写真が到着

今年はドヴォルザークだ。
同じくアスピラートの西野さんと手にしている、
おにぎりとカップ麺はちょっと謎だけど

そういえば、ダブルリード合宿終えてすぐくらいに、
山本さんのレッスンしたけど、記事にするの忘れてたよ。
写真まだあったかな?お~あったあった

学生時代以来で、久々に参加したダブルリード合宿は、とても楽しかったらしい
社会人のオーボエ&ファゴットが、もっともっと増えていくといいなあ。
コメント

あれ? また?!

2018年09月18日 | レッスン
体育祭もそろそろ終わって、学校関係も秋のシーズン開始

M高ファゴットパートの2人がやって来ました。
「来年の定演の楽譜を渡されて・・・」
どれどれ?ん?チャイ5?えまたチャイ5なの
下関に帰ってきて、毎年のように、誰かにチャイ5教えてるなあ

チャイ5は名曲。カッコいいからみんなやりたがるのも分かる。
でもね~あまりに同じ曲ばかり、やり過ぎじゃないの?
オケなら、やっとかないといけない曲は、他にも山のようにあるよ

という訳で、歴代先輩達の汗と涙が染み込んだうえに、
既に僕の書き込みもある、ファゴット1の楽譜。

やるからにはいい演奏にしましょう
コメント

急患とデイリーニュース下関

2018年09月12日 | レッスン
本番直前のY大生Kちゃんから、本番用リードが古く吹き辛くなって、
生きてるのが1本発掘されたけど(笑)、これまた吹き辛くて、
「ほんとに死にそうなので助けていただけないでしょうか」(ホントにこんなメール
と、合わせの合間を縫ってやってきたので、朝から発掘リード調整大会

市販リードは2番ワイヤーユルユルだなあ
調整しながら隣であれこれ吹いてもらって、短時間でギュッと濃いレッスン。
そして彼女は、昼前には風のように去って行きました

そういえばJ:COMの「デイリーニュース下関」は、
下関チェンバーのコンサートの様子を、今日から放送すると言ってたな。
いそいそとチャンネルを合わせてみると・・・おお!やってるよ

全員揃った「くるみ割り人形」を使ってくれてる

会場の様子もちらほら。



インタビューも4人分

自分の喋りを見てる方が、本番よりドキドキした
「ダンディーな皆さんが~」とスタジオで言われちゃったよ
金曜日までに、10回ほど放送されるそうです。
コメント

秋の祭り終了

2018年09月11日 | コンサート
ヴァイオリニストの志村寿一君が、我が家に滞在する時は、
別府(べふ)の弁天池に行って歓待するのが、いつもの習わし。

いつも神秘的な青を湛える弁天池

朝から行って、養鱒場でマス釣りをしてきました。
今日はどんどん釣れて、1時間立たずに14匹
う~ん・・・なんか・・・いろいろすごい写真だ

早速、釣りたてを調理してもらいます。
塩焼き、あらい、そしてフライが最高

そして夕方、彼は宇部空港行きのバスで、下関を発っていきました
今年も遠路遥々来てくれてありがとう。またね~

さあ、明日からは事務処理やらねば。数字は苦手~
でも、その前に・・・
コメント

本番翌日だが

2018年09月10日 | レッスン
昨日、コンサートが終わったばかりだけど、
志村寿一君の下関来訪に合わせて、
レッスンを受けたいと連絡してきた人達がいたので、
今日はレッスンの日

北九州消防音楽隊の森下さん。今回は見学者も。

そしてヴィオラ弾きF君。

2人ともいろいろと良い情報を得たようでした。
下関では貴重な機会
あれこれ悩むより習った方が早いよね
コメント (2)

「下関チェンバーアンサンブルVol.5 名曲♪室内楽コンサート」終了!

2018年09月09日 | コンサート
蓋を開ければ、去年より多くのお客さんに来て頂いて、感謝感激です
御来場頂いたみなさん、ありがとうございました

午前中のリハーサルより。

そして本番開始
J.C.F.バッハ「フルート、ヴァイオリンとピアノの為のソナタ」

ウェーバー「フルート、ファゴットとピアノの為の三重奏曲 Op.63」

モーツァルト「ディヴェルティメント第3番」

チャイコフスキー:山本和彦編 「くるみ割り人形」
今回はここで全員が勢揃い。

フルート:石飛祥一 ヴァイオリン:志村寿一
ファゴット:近藤聡彦 ピアノ:山根陽一

おまけ:終演後、ケーブルテレビJ:COMから取材があり、
水曜日からの「デイリーニュース下関」で放送されるそうです。

イベントは準備に時間が掛かるけど、やるのはあっという間だなあ
来年の第6回コンサートは、9月8日(日)に開催決定
ぜひ御越し下さい
コメント

いよいよ明日は第5回目!

2018年09月08日 | コンサート
下関チェンバーアンサンブルのコンサートは、いよいよ明日
昨日のリハは、初めてやる曲が多くて、何となく様子見だったけど、
今日は本番前日という事もあって、みんな熱が入る入る

明日は楽しいコンサートになりそうだ
で、最近文章量少な目だなあ。緊張してるのかぁ
コメント

初日リハーサル開始

2018年09月07日 | コンサート
今朝の飛行機で、ヴァイオリニストの志村寿一君が無事到着
これで下関チェンバーアンサンブル全員勢揃い

このメンバーでの合わせは1年ぶりだけど、
手慣れた人達なので、挨拶も早々に片っ端からどんどん合わせ。
やっぱり室内楽は楽しいわ

本番はあさってやっと実感が沸いてきた
コメント

今年も祭りが始まる

2018年09月06日 | コンサート
明日から、ヴァイオリニストの志村寿一君がやって来て、
下関チェンバーのリハが本格的に開始
我が家も必然的に合宿状態に突入

その前にちょっとでもリード作っておこう。
しばらくじっくりやってる暇は無いからな

今のところ、天気予報は週末雨マーク
リードの反応が鈍いと辛いなあ

まあガタガタ言わずに、明日から頑張ります
コメント

引退直前!

2018年09月05日 | レッスン
C高ファゴットTさんが、レッスンにやって来ました。

僕が係わっていた高校3年生達は、もうほとんど引退して、受験に突入した中、
最後の1人だった彼女も、この週末の文化祭ステージで引退。
今からいろいろ大変だろうけど、頑張ってね

コメント

1週間切ったが

2018年09月03日 | コンサート
「下関チェンバーアンサンブル」のコンサートが近づいてきているけど、
イベントって準備に長期間かけるので、本番がいよいよ近付いているのに、
正直まだ実感が沸かないんだよなあ

ともあれ9月9日はこれですよこれ
クリックすると大きくなります。
フルート奏者の石飛祥一先生から、
「3人で出来る、ウェーバーのトリオを合わせてみませんか?」との事で、
ピアニストの山根陽一さんと3人で、今回の初合わせ

元々はチェロの譜面なので、ちょっと感じが掴めない所もあったけど、これでだいぶ分かった。
週末のリハーサルまでに、もっとさらっておこう

今日の昼頃、ケーブルテレビのJ:COM下関から電話があり、
『「デイリーニュース下関」今週の放送分から、コンサート告知を流します。』というので、
テレビの前で待ち構えていたら、後半のデイリーインフォーメーションに出た出た。
山Dが「下関チェンバーアンサンブル」と読み上げてくれてるよ
画面撮りながらこんな感じ。

やっぱり本番近づいているなあ(まだ分かってない)。
コメント

出会いに立ち会う

2018年09月01日 | レッスン
N高ファゴットHさんが、ついに楽器を買う事になり、
夏休み明けのテストが終わったので、
先日、東京から届いていた荷物をついに開封

今回彼女が買うのはアドラー。
あれ?この楽器ケースは見慣れないなあ?と思ったら、
以前の四角いケースから、より軽くて背中に背負うタイプに。
アドラーのマーク入り。

最近のアドラーは、全機種これが標準装備になったらしい。
他の複数メーカーも、このケースに仕様変更したとの事。

そして驚いたのがこれ。なんと雨合羽内蔵
雨が降ったらケースから取り外して、
外側からガバッと被せるようになっていて、これは便利

ピカピカの新品楽器は心躍るなあ

今回はこの2本から選定。さあ、いってみようか

Hさんと僕とで、それぞれを試奏
でも今回は長々吹くまでもなく、一発で意見が一致。

そして、今回選んだ楽器がこれ。
音色も良いし、いい響きを持った、とても良い楽器

いいのに出会えて良かったね。おめでとう
下関にまた1本、良い楽器が増えてうれしいよ。
さあ、これからいい子に育ててね
コメント