充実した毎日を送るための独り言

私が毎日感じたこと思ったことを気ままに書くところです

【映画】リンカーン

2013-04-22 20:29:46 | 映画

・映画 リンカーン (2013年4月19日より上映 ダニエル・デイ=ルイス,トミー・リー・ジョーンズ出演)

スティーブン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ。貧しい家に生まれ育ち、ほとんど学校にも通えない少年時代を送ったリンカーンだが、努力と独学で身を立て大統領の座にまでのぼりつめる。しかし権力の座に安住することなく奴隷解放運動を推し進めたリンカーンは、一方でその運動が引き起こた南北戦争で国が2つに割れるという未曾有の危機にも直面していく。奴隷制度廃止を訴えた共和党議員タデウス・スティーブンスにトミー・リー・ジョーンズ、リンカーンの妻メアリー・トッドにサリー・フィールド、息子のロバート・トッドにジョセフ・ゴードン=レビット。脚本はスピルバーグ監督作「ミュンヘン」のトニー・クシュナー。第85回アカデミー賞では同年度最多12部門にノミネートされ、デイ=ルイスが史上初となる3度目の主演男優賞受賞となった。(映画.comより)


リンカーン役のダニエル・デイ=ルイスの演技が歴史のリンカーンのイメージにぴったりで良かったです。普段リンカーンとは性格上合わないが、奴隷の解放のため、己の信念を対象曲げても法の改正に動くトミー・リー・ジョーンズの老議員も良かった。でも彼の髪型はちょっと変でした。

奴隷解放と南北戦争の終結の二つの重大な出来事、下手すれば「二兎を得るもの一兎も得ず」状態になってさらにアメリカ国内が大きな不幸になりかねない状況の中、とても買収や裏工作などクリーンとは言えない方法ながらも何としてでも法改正を下院に承認させたいというリンカーンの熱意を彼の言葉を通して国務長官などの閣僚はライバル議員や兵士、そして家族やその召使いに至るまで伝わっていきました。

そして一つの家族の父として、息子を戦場に送ることを強いられ、それに反対する妻との言い争いがあり葛藤に苦しむ姿も印象的でした。(史実上のリンカーンもうつ状態だったようです)

彼は結果的に奴隷解放と戦争終結の両方を成し遂げました、でもその過程で戦争での多くの死者を出してしまうことになります(さすがスピルバーグ監督というべきか戦死者の映像が生々しかったです)

そしてリンカーン自身も暗殺という大きな代償を払う形でこの物語は終わります。(個人的にもう少し強調してほしかったシーンでもあります)

そして150年余りたったつい最近、オバマ大統領が提出した銃規制の法案を上院が否決されてしまいました。オバマ大統領自身もこの映画をホワイトハウスで観たようですが、銃の規制という奴隷制度と同じくアメリカの文化に根付いている事をストップをかけようとしています。彼がこの映画をどのように感じ行動していくか注目です。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 【撮り鉄】 2013年ポケモン... | トップ | 4月22日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (redhappiness)
2013-04-23 01:15:20
突然のコメントで失礼致します。

銃器規制が米上院で否決された最大の要因は全米ライフル協会とアメリカ合衆国憲法修正第2条が有るからと感じております。映画のコメントをせずに済みせんでした。
Unknown (けん)
2013-04-24 19:19:20
TBさせていただきました。
またよろしくです♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

23 トラックバック

リンカーン・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
真のリーダーに、求められるもの。 所謂伝記映画とは少し違う。 アメリカの歴史上、最も敬愛され、そして最初に暗殺された大統領となったエイブラハム・リンカーンは、南北戦争末期に戦争の終結と奴隷制度...
『リンカーン』 本当は弱い大統領 (映画のブログ)
 「世論、民意に従うのが本当の政治ではない。」  小峰隆夫氏のこの言葉は印象的だ。  民意を汲み取らずして、何の民主主義だろう。  そう突っ込みたくなるかもしれないが、そも民主主義なる用語は誤訳...
映画「リンカーン」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
リンカーンの記録映像を見ているような、そんな不思議な臨場感を感じる映画。 この映画の成功は、修正案13条の成立に的をしぼった事にある。立身出世物語でもなく、暗殺モノのミステリーでもなく。合衆...
劇場鑑賞「リンカーン」 (日々“是”精進! ver.F)
鉄の意志… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304190002/ LincolnSoundtrack Sony Classics 2012-11-06売り上げランキング : 59543Amazonで詳しく見る by...
リンカーン (あーうぃ だにぇっと)
リンカーン@TOHOシネマズ日劇
リンカーン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
リンカーン オリジナル・サウンドトラック [CD]理想の実現のために権謀術数も厭わないリンカーン像が新鮮な「リンカーン」。スピルバーグ渾身の作品だが、重苦しく生真面目な作りで ...
リンカーン~奴隷を巡る政局 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Lincoln。数々のアメリカ大統領の伝記を執筆しているドリス・カ-ンズ・グッドウィンの“Team of Rivals: The Political Genius of Abraham Lincoln”をベースにしている。スティーヴ ...
リンカーン (Akira's VOICE)
賛成なう。  
リンカーン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LINCOLN】 2013/04/19公開 アメリカ 分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、デヴィッド・ストラザーン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ジェームズ・スペイダー、ハル・ホルブルック、トミー・リー・ジョーンズ 命を...
『リンカーン』 (こねたみっくす)
アメリカ合衆国憲法第13条の修正。それが達成されない限り、奴隷解放宣言さえ無意味なものになる。 「人民の、人民による、人民のために政府」という有名な演説も、南北戦争最大の ...
「リンカーン」みた。 (たいむのひとりごと)
スティーブン・スピルバーグ監督によるアメリカ合衆国第16代大統領:エイブラハム・リンカーンの半生が描かれた物語で、主に南北戦争における悲惨な現実と、奴隷制度廃止のためにどうしても必要不可欠な「憲法第1
リンカーン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(10) 大して盛り上がらないが歴史を知る上では面白い映画だった。
リンカーン (心のままに映画の風景)
南北戦争末期。 国を二分した激しい戦いは既に4年目に入り、戦況は北軍に傾きつつあったが、2期目を迎えた大統領エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)は、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法...
リンカーン (本と映画、ときどき日常)
監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 ダニエル・デイ=ルイス     トミー・リー・ジョーンズ     ジョセフ・ゴートン=レビット 南北戦争の時代。 リンカーン大統領が奴隷解放に奮闘するお話。 『シンドラーのリスト』の感動をふたたび! そんな気持ちで....
リンカーン (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Lincoln監督:スティーブン・スピルバーグ出演:ダニエル・デイ=ルイス、トミー・リー・ジョーンズ、サリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レビット、デビッド・ストラザーンダニエル・デイ=ルイスの名演技でした!
『リンカーン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「リンカーン」 □監督 スティーブン・スピルバーグ□原作 ドリス・カーンズ・グッドウィン□脚本 トニー・クシュナー□キャスト ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、トミー・リー・ジョーンズ、デビッド・ストラザーン、 ...
映画「リンカーン」 (FREE TIME)
映画「リンカーン」を鑑賞しました。
法の下の平等~『リンカーン』 (真紅のthinkingdays)
 LINCOLN  1865年1月。再選を果たした第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リ ンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)は、南北戦争を終結させる前に、なんとして も合衆国憲法修正第...
映画「リンカーン」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「リンカーン」観に行ってきました。スティーブン・スピルバーグ監督製作による、アメリカ第16代大統領エイブラハム・リンカーンの伝記作品。リンカーンと言えば、去年も彼が...
昔も変わらぬ政治劇 (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「リンカーン」を鑑賞しました。 南北戦争は4年目、再選したリンカーン大統領は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を 下院議会で批准させるまでは戦いは終わらせないという強い意思があり・・・ スピルバーグ監督による リンカーンの...
リンカーン ★★*☆☆ (センタのダイアリー)
リンカーン大統領が再選を決め、南北戦争が泥沼の様相を呈して4年目に突入する年が舞台。 奴隷解放宣言を行ったリンカーンはその法的根拠と奴隷制度の永久的な根絶を達成するため、 「憲法修正第13条」...
リンカーン (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が、大統領に再選された1865年。アメリカを内戦状態に追い込んだ南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を下院議会で批准させるまでは戦いを終わらせないという...
「リンカーン」平等の人権を与えるために平和と信念で奔走した1か月の攻防 (オールマイティにコメンテート)
「リンカーン」は第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの奴隷制度廃止に奔走する28日間を追ったドキュメンタリーである。19世紀までアメリカでは奴隷制度があり、ア ...