《オフィシャルブログ》オーディオリプラス最新情報!

純粋な音楽信号だけを芸術的に再現する、ハイエンドオーディオアクセサリーメーカーです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リプラスの電源タップの秘密

2010-06-29 10:05:22 | 電源関連について
今回はSAA-6SZMK2(¥79800~)という一番リーズナブルな電源タップの秘密を明かします。

内部配線ですが、高純度銅に高純度シルバーコーティングしてあります。
被覆は誘電率の非常に低いPTFEです。

リプラスでは全て方向性管理をしております。
両極では電子の流れる方向は逆ですので、線材も片方を逆にして電子がスムーズに流れるように工夫しております。
マーキングしてあるほうがN側でコンセント側です。
マーキングしていないほうがL側でインレット側(ハンダ)です。


ハンダにはドイツのハイエンドパーツメーカー、ムンドルフ社のものを採用。
種類は企業秘密です。


インレットに全てパラレルにて溶接します。
パラレルに接続することで各機器のノイズの干渉をできるだけ防ぐことができます。


左側がN、右側がLで、配線の干渉も別々の配線になる構造を採用。(実用新案登録)
NとLの干渉も防げるので非常に音質に有利です。


各コンセントへ別々にワイヤリングされています。
スペースも全て独立スペースでノイズの干渉を防いでいます。(実用新案登録)


本体は航空機アルミ合金(2017)の削り出しで形成されています。
ボトムプレートは8mm厚の同素材です。


脚は調整式スパイクです。


リプラスの全ての電源タップはシリアル管理されており、
個別にPSE試験を施し、合格したものだけが出荷されます。


表面からは普通の電源タップに見えますが、


裏面ではその構造が音質に多大に貢献していることがわかっていただけると思います。


理論と音質に徹底的に拘り続けて、基本技術を大切にし、
むやみにモデルチャンジすることなく、
ロングセラーは本物の証だと思っています。

品切れHGモデルが出荷できます。

2010-06-28 09:53:15 | インシュレーターについて
新製品スパイクコーンインシュレーター、OPT-30HG-SC HRと
OPT-30HG20HRが品切れしてましたが、本日長き工程を経て出来上がってきました。

OPT-30HG20HRは超高純度HG-HR石英でφ30×20mmで、OPT-1HRと同じ20mmの高さという理由で
買い換えられる方が多く、品切れをしてました。


OPT-30HG-SC HRは、新製品ですが、初回ロットが一気に出荷されてしまい、
品切れしておりました。

いづれにしましても、超高精度削り出し加工のため、製造には時間がかかります。
また、オーディオ用に音速を合わせるための特殊な物性処理も施されるために
長き工程に渡って出来上がってきます。

オーディオリプラスは、
インシュレーター1つ1つにまで精度を求め、拘り続けています。
すべて音質や性能向上のためです。

新製品SPケーブルの初輸出

2010-06-25 12:20:27 | 輸出関連
海外への輸出はここ最近円高の影響で減りましたが、
先日発売しました、量子ノイズを徹底的に追求したオールルテニウムプレーティングスピーカーケーブルが、今回初輸出されます。
海外はついでの仕入れ等もあるので他の製品も一緒に出荷されるケースが多いです。

アナログスタビライザーOPS-1SHRです。日本円で¥52290.
こちらは製品最終検査待ちです。

最近アナログブームで、アナログ関連製品は国内でもよく売れております。

スピーカーケーブルは製造途中ですが、最終検査を受けて出荷されます。
SP-REF-RU9000SZ1.5m、日本円で¥189000.

取扱説明書やパッケージシール等は英文になります。

海外への輸出は、正規輸入代理店(ディストリビューター)に送られますので
気に入ってもらえると、各販売店からまとまって注文をいただきます。
円高が早く緩和されるといいのですが…


ロングセラー品がビジュアルグランプリ受賞

2010-06-18 12:57:08 | インシュレーターについて
今回、音元出版様からビジュアルグランプリの受賞の知らせをいただきました。
どうもありがとうございます。

ビジュアルグランプリ受賞商品、OPT-100HG-FLAT HRというインシュレーターと

ロングセラー品、OPT-1HRという定番インシュレーターの2機種です。

http://www.audio-replas.com/www1/insulator

弊社の高純度HR石英へのこだわりは振動をいち早く逃がすという理論で、
機器の性能や潜在能力、音色などすべてを発揮することを理想とした考えの下、
設計されています。
以前の石英は低域が少し薄くなったり、厚みがなくなって聴こえるといった
評価でした。
理由は音速が速過ぎることと、歪が全く生じないので、
低域と高域の伝播速度差が顕著に音に表現されたからです。

現在のHR石英は、低域から広域までの振動伝播速度を揃えることに成功。
よって位相がずれない。
そうすることで、低域も本来の骨格が再現され、
音像もリアルに立体的になるというわけです。

あらゆる機器やスピーカーで試聴を行ってきました。
また、多くの他社製品や素材との比較試聴、理論的分析等、徹底的に行ってきました。
もちろん現在も進行形です。
すべてを超える素材が見つかれば、HR石英にはこだわらないのですが、
発売して15年以上経ちますが、負け知らずのロングセラーです。

安心して長く使える製品を目指しております。
また本当の機器の音を知るためにもHR石英を使用することをお勧めいたします。




販売店様をご紹介♪

2010-06-16 21:36:23 | 販売店様紹介
実際に展示、実演されている販売店様の写真や詳細を掲載していこうと思っております。

①写真(複数OKです)
②販売店様の屋号、ご住所、お電話番号、URL等の情報
③セールスポイント、ワンポントアドバイス等

をメールにてお送りください。
(info@audio-replas.com)

是非情報をお待ちしております。