《オフィシャルブログ》オーディオリプラス最新情報!

純粋な音楽信号だけを芸術的に再現する、ハイエンドオーディオアクセサリーメーカーです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SBT-4SZ/HG-SIG構造について

2010-11-25 09:25:37 | 電源関連について

SBT-4SZ/HG-SIGというハイエンド電源タップの製造過程をご紹介します。
弊社フラッグシップモデルのTrianglePower-6-SIGの次にハイエンドなモデルです。

HGモデルはコンセント部に掘り込みがあり、ノイズを吸収する層に特殊な合金パウダーが封入されています。
この上に銅合金プレートが装着されますので、広帯域ノイズ誘導に大きく影響しております。


インレット部も独立していて、ワイヤリングも別々の穴を通して給電されます。
ノイズ混入を極力防ぐための構造です。
この構造はノイズ誘導に非常に貢献しております。


インレットとワイヤリングはルテニウムプレーティングで接点や伝送時の量子ノイズが大幅に低減します。
絶縁材も高純度テフロン製を使用しています。


コンセントも別々の層で、ワイヤリングも別々の穴から給電しています。


SIG限定モデルはコンセントを特殊ポリマーインシュレーターによって後ろから固定する構造です。

これによって正確な描写が実現します。

HGモデルには銅、アルミ合金によってバックプレートでノイズの混入を防ぎます。


見た目は普通に見えますが、中身を見ていただけるとノイズ対策を徹底して施していることがわかっていただけると思います。




新製品コンセントプレート2機種発売予告

2010-11-22 12:52:55 | 電源関連について

新製品のコンセントプレートの最終工程が終わりました。
発売に向けて準備です。

CPP-2SZ/SE スペシャルエディションモデル。(写真左)
CPP-2SZと同じ形状で材質を見直しました。
音質変更でS/N比はかなり向上しております。
材質はあえて公表いたしません。

予価¥39800(税別)2010年12月上旬発売予定。

尚、CPP-2SZは在庫限りで発売を終了いたします。
CPP-2SZ/S(写真中央)、CPP-4SZ/S(写真右)、CPP-2SZ/HG(ハイエンドモデル)は従来どおり好評発売中です。

さらにCPC-35SZが終了いたしまして、
CPC-35SZ-SEにモデルチェンジいたします。
こちらも特殊合金を使用したスペシャルエディションです。

予価¥29800(税別)2010年12月上旬発売予定。


 

オーディオアクセサリー139号特集記事掲載されました

2010-11-20 12:38:53 | 広報関連

オーディオアクセサリー139号が発売されました。

弊社サウンドフィールドコンストラクションシリーズのパネルSFPとコーナーSFCが音元出版の試聴室でインプレッションされました。
筆者は井上千岳先生です。

今回SFCコーナーは今回初めて雑誌に掲載されましたが、既に多くの注文をいただいております。
特に2Pが売れているので、手始めに2個のコーナーから導入されるのかと思われます。

また、SFC-450/2Pも限定特価で好評でございます。

他にはない音場を構築する新しいルームアコースティックチューニングディバイスです。
有名音楽ホールが何故素晴らしい音色が出るのか?は、倍音にかかわってきます。
倍音がいかに音楽にとって大切か、がこのチューニング材で実感していただけると思います。

削り出し用のマシニングセンターについて

2010-11-08 18:46:38 | 技術について

旋盤やNCセンターでは刃物を使って切削していきますが、それの多くはダイヤモンドを使用しています。
先端の黄色い透明なチップが単結晶人造ダイヤモンドです。
これを使うことで非常に細かくて正確、綺麗な仕上げになります。


また5軸マシニングセンターの導入も検討しています。
5軸ですので3軸にプラスして傾斜軸、回転軸角度が加わります。
同時5軸加工なのでエンジンブロックやエンジンヘッドなども一度に切削可能です。
立派なマンションの金額位しますが価値ありそうです。





SAA-6SZMK2電源タップ筐体製造

2010-11-08 18:45:11 | 電源関連について


ただいま筐体の削り出し工程中です。
まだコンセントの穴が開いていない状態です。

航空機に使用されている特殊なアルミ合金のモノブロックから削りだしてだんだん形にしていきます。
航空機用といっても色々ある中から、オーディオの電源ノイズカットに相応しい材質を厳選しています。
LINNやJeffRowland、Ayreなどの筐体も、材質は違いますが同じようなCNCによって削り出しております。

いかに削りだしの筐体が高価なものかが、他社の製品群を見ていただけると分かっていただけると思います。

SAA-6SZMK2の電源タップは¥79800~ですが、とても頑張ってリーズナブルに製造しています。
もちろん、材質や製造過程はこだわりをもっていますので他社には負けないクォリティーを持ちます。