《オフィシャルブログ》オーディオリプラス最新情報!

純粋な音楽信号だけを芸術的に再現する、ハイエンドオーディオアクセサリーメーカーです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オーディオショーでの存在

2010-05-31 17:42:48 | オーディオショー関連
毎年10月ごろに、東京インターナショナルオーディオショー
が開催されますが、各メーカーさんや輸入商社さんが
できる限りいい音で紹介できるようにアクセサリーを駆使しております。
オーディオリプラスも陰ながら貢献させていただいております。

↓ディナウディオさんのブースですが、倍音拡散パネルSFP-450を使用しております。

↓こちらも同じくディナウディオさんのブースで電源タップSAA-6SZ-MK2-RUを使用しております。


↓こちらは、エソテリックさんのブースです。
TrianglePower-6を使用しています。

↓同じく、エソテリックさんのブースです。
TrianglePower-6を前段機器にも使用しています。

↓パワーアンプ部にTrianglePower-6を使用しています。


グランドマスターパワータップ

2010-05-18 11:08:32 | 電源関連について
リプラスが提案する「グランドマスターパワータップ」
2機種あり、MQP-2-SIGとMTP-2-RU

発売から1年たちますが少しずつ認知されてきておかげさまで最近売れております(^^)
筐体は共通で、先日在庫がなくなったのですが、ロット生産があがってきました。


2個口のタップの使い道とは?
①CDプレーヤーとプリメインアンプというシンプル構成の場合
②パワーアンプセクション用(モノーラルアンプなど)
③CDプレーヤーとプリアンプの前段に使用
④CDトランポやCDPなど駆動系ノイズは壁コンセントから、
  マスタータップから重要なものを給電
など、使い方はいろいろあります。
とにかくこのマスタータップは最高峰の筐体と共通構造で、
ノイズ低減性能は非常に優秀です。

シンプルなものを使いこなしてこそ、
本当の音楽の真髄が聴こえてきます。
色づけの組み合わせではなく、機器の性能を余すとこなく
本当のサウンドを引き出してこそ
オーディオの枠を超えた音楽の世界が見えてきます。

是非オススメしたい電源タップです。


新カタログ完成しました♪

2010-05-17 09:53:14 | 広報関連


新製品が3機種発売するに伴いまして、カタログを作成しました。
商品自体に広告宣伝費を極力乗せたくないので、
デザインは知り合いのデザイナーにお願いし、印刷はダイレクト入稿で
コストをめいいっぱい落としています。
広告もオーディオアクセサリーだけにしてますので地道に活動しております。
カタログ請求はファックスでもお電話でもメールでも結構ですので
お気軽にお申し付けください。
また、PDFでダウンロードもできますので、是非ご利用くださいませ。
カタログダウンロード←こちら

総合カタログVOL.4から、新製品リーフレットカタログが5枚になってしまい、
そろそろ総合カタログもVOL.5を考えないといけません。(^_^;)

また同時に海外向けの英文カタログも製作中ですが、
コストをなるべくかけずにやるのは時間がかかりますね。(^^ゞ

電源タップの製造とノウハウ

2010-05-07 12:59:20 | 電源関連について
アースを除くすべての接点にルテニウムプレーティングを採用し、
筐体にはTrianglePower6-SIGのデザインと性能を凝縮したモデル、
MTP-2-RUの製造過程です。

下から、非接触量子ノイズ吸収素子、ルテニウムプレーティング線、アース線、
ルテニウムプレーティングインレット、左はルテニウムプレーティングコンセント。
ルテニウムの接点は他のどんな材質に比べても接点ノイズが極限に低いので、
音楽のディティールまで表現することが出来ます。

こちらも航空機や宇宙開発に使用されるアルミ合金を
CNCマシニングでモノブロックから削り出しです。






コンセントを固定する強固な金具です。
もちろん、筐体と同素材です。


内部完成。シンプルですが、素材1つ1つは特別なパーツ群です。
コンセントのマウントも面でガッチリ固定するので、非常に安定しています。


リプラスのバッチが埋め込まれます。
ここも削り出しで処理されています。




スパイク先端は刺さるくらい尖らせてあります。
先端の処理は音質に非常に影響があるので高精度な切削が求められます。


PSEの検査です。
リプラスでは全数試験しており、すべてシリアル管理で記録しています。


箱詰め出荷されます。
手袋が付属しています。


1台1台すべて日本国内で丹念に組み立てられることによって、
音楽というデリケートな信号までも芸術的に精度高く表現できるよう
細心の配慮をしております。

リプラスブランドは世界にも

2010-05-01 18:17:17 | 輸出関連
リプラスには日本国内モデル以外に
輸出モデルがあります。

ディストリビューターが提案した企画でロット生産する場合もありますが
電源事情で出荷する場合もあります。
こちらはアメリカ仕様のケーブルノイズスタビライザー。
インチ規格です。

組立途中です。

取説もすべて英文で対応しております。


こちらは、ヨーロッパモデル(OEM)のTrianglePower6の筐体です。
ヨーロッパは200VなのでアウトレットはSCHUKOです。
形状が特殊で特別な設計が必要です。

非常に強固な航空機アルミ合金でマウントされ、大変ハイエンドな仕様です。

入り組んだ内側の削りだし加工は放電加工を行います。

今やコストのために中国等で生産しているアクセサリーも増えましたが、
リプラスは日本製です!

こだわりの「Made in JAPAN」を誇っております。