オスモカラー塗装仕上げフローリング、滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングやペットに優しいフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


オスモ社の標準塗装仕様を守ったフローリングは違います。

2017年10月23日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

ちょっと忙しくしていた為にブログが書けませんでした。

さてさて、確認と念押しですが、アルブルインクの塗装フローリングは
巷で出回っている「ステイン系塗料を着色」しただけのフローリングではありません。
「違いは油」のドイツ製植物性オイル塗料のオスモカラーを使っています。

▲オスモカラーウッドワックス

▲オスモカラーフロアーカラー

たまに見かける既製品のオスモオイル塗装フローリングと言うのは
着色だけの一回塗りになります。
ほとんどか中国でオスモと言われるオイルステインでの塗装仕上げです。

私のオスモカラー塗装フローリングは、着色塗装後に
オスモ社の標準塗装仕様に基づいた仕上塗装を施しています。

▲オスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し

仕上げ塗装をするかしないかで撥水性、耐久性、防汚製が変わって来ます。

簡単なお手入れだけでいつまでも美しいフローリングでいてほしいですね。
コメント

ボルドーパインフローリング宜しく頼みます。

2017年10月16日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

「なら・くりフローリング」に対しての問い合わせは相変わらず多いですが
ボルドーパインが今ひとつなんです。

コスパだけで言うと、あかまつ(パイン)フローリングが良いのですが
なぜだか、全く問い合わせがありません。
建築雑誌を見るとパインフローリングばかりが目立つのになぜなんでしょうね?

配送や現場キズ等々の問題で「あかまつパイン」から「ボルドーパイン」にシフトしかけていますが
なんか今ひとつです。

引き合いの無い材はサッとやめれば良いのですが、ボルドーパインフローリングの
質感や感触は他の材種では味わえないので未練が残ります。

だったらボルドーパインのカラーバリエーションを増やして、プログやフェイスブックでの
露出回数を増やそう!! と作戦を練っていたら
ボルドーパインフローリング/オスモカラー塗装仕上げの問い合わせが一件入りました。

ホワイト系色〜ブラウン系色、お洒落系色のサンプルを作って準備にかかります。

【画像情報】
上から下
■着色塗装
ウッドワックス#3122アンチックパイン
ウッドワックス#3166チーク
ウッドワックス#3191アンチックファー
フロアーカラー#3072アンバー
■仕上げ塗装
フロアークリアーエキスプレス#3362艶消し

【商品情報】
ボルドーパインフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/2000mm×15mm×120mm
入り数/1ケース、7枚入り、1.68m2



コメント

着色塗装後は仕上げ塗装してください/オスモカラー塗装フローリング

2017年10月13日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

私は以前から着色した後のフロアークリアーでの仕上げ塗装の大切さを伝えてきましたし
自社のフローリング娘は必ず仕上げを行なっています。

ウッドワックスやフロアーカラー塗装だけの塗装ではフローリングの場合
耐久性、撥水性、防汚性が100%では無いのです。
私は売り手サイドですから100%もしくは100%に近い形を目指しています。

DIYやそこまでの性能を必要とされない場合は着色だけでも良いと思います。
最近、早く経年変化を楽しみたい方がおられ、その方達はワザと着色だけにされます。


現場塗装では着色後の仕上げ塗装を行う事は難しいみたいですね。

■フロアーカラー#3072アンバー色での着色後、
フロアークリアーエキスプレス#3332三分艶で仕上げ塗装を施しています。

オスモ社は床の場合「下塗り+仕上げ塗り」を基本としています。
1回塗りでも良いと言ってる塗料メーカーもありますが、家具塗装と床塗装とを
一緒にするのはダメだと思います。
コメント

続いてのフローリング娘も床暖房仕上げ対応品てす。

2017年10月12日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

ならN挽き板フローリングのオスモカラー塗装仕上げです。
小節付きの挽き板フローリングはほとんど流通していません。
何故かというと「小節」は「節付」扱いになるので「節付」になると
大小様々な節が付いてきます。床暖房仕上げには節に熱が溜まり
あまり良くないので小節材を集めないとならないので
手間暇かかるの「小節付き」は嫌厭されてしまいます。

小節付きですが、あまり節は目立たないですね。

着色の塗料はオスモカラーフロアーカラー#3072アンバー色です
乾いてないので艶が出ています。


画像はほとんど無節に近いですが「小節付き」ですので。
仕上げ塗料はオスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3332三分艶になります。
東京都世田谷区に嫁ぎます。

【商品情報】
ならN挽き板フローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×150mm
形状/表層3mm挽き板1枚貼り、小節付き、床暖房対応三層芯材
着色塗装/フロアーカラー#3072アンバー
仕上げ塗装/オスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3332三分艶
入り数/1ケース、6枚入り、1.638㎡
コメント

対価/オスモカラー塗装仕上げフローリング

2017年10月10日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

「最安値」とか「激安」とかをセールス文句に使っている会社の商品を
使われていると知ったらお施主さんはどんな気持ちになるんやろ・・・・
自分の扱う商品を何故「安売り」するのか全く分からない
安い高いはお客さんが決める事であって、売り手が勝手に言っているだけだと思います。

アルブルインクのオスモカラー塗装フローリングは、
私が無塗装仕上げフローリングを信頼できる輸入商社から直接仕入れて、
お客さんの希望する色合いを手探りで引き出し
私が無塗装フローリングを全てチェックしてから塗装を施し仕上げて行きます。
クレームが出ない様にとても気を使います。

大手業者の様に返品交換を簡単に受けれないので、出荷直前までしっかりチェックしています。
だから、「最安値」「激安」なんて事は決して言えません。
他所様の事だから関係ないですね!


コメント

無垢フローリングの塗装仕上げは任せて下さい。

2017年10月09日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

最大手フローリング商社の看板フローリングより、岡角さんのフローリングが良いから
よく似た色合いに仕上げて欲しいとの依頼が届きました。

この建築業者さんとは長い付き合いで、いつもこの様な感じで問い合わせが入ります。

実はこの商社のこのフローリングは以前に2〜3回扱ったことがあり
よく理解しているつもりです。
商品と価格は合っていますが、市場のニーズには合っていない気がし
ブランド力だけで設計士さんが選んだ様な気もします。


設計指定のフローリングはほんのりと乳白色系だったので、
オスモカラーフロアーカラー#3041ナチュラルで着色して後
オスモカラーフロアークリアーエキスブレス#3332三分艶と#3362艶消しで仕上げました。
ほとんど同じ感じに仕上がっていると思います。
さらに艶消しと三分艶を選べるのですから良いと思いますよ。

明日、設計士さんに確認してもらいに行ってきます。


【商品情報】
なら150Nフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/ランダム×15mm×150mm
形状/ランダム、節付
着色塗装/フロアーカラー#3041ナチュラル
仕上げ塗装/フロアークリアーエキスブレス#3332三分艶と#3362艶消し
入り数/1ケース、1.62m2
コメント

全て確認してから出荷します/オスモカラー塗装フローリング

2017年10月07日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

パソコンと電話があれば、誰だって何処だって「ネット通販」ができるんです。
何を今更って言われかもしれませんが、ブローカー的にやれば誰だってできます。
ただ、売れるか売れないかは知らないですか・・・・

フローリング屋もウレタン塗装品や無塗装品の既製品だけを扱っていたら
倉庫なんて必要ありません。問屋さんや輸入商社の物流センターから
現場に直送したら終わりですから。
何も手が掛からないので、激安とか最安値と言う言葉で商売はできますよね。
手が掛からないとと言うことは、送られた商品を確認していないと言う事です。
そりゃクレームも多いはずですよね。

アルブルインクには受付や事務のお姉さんはいません。
ライトアップされたショールームもありません。
美味しいコーヒーもありません。

打ち合わせも倉庫の片隅で行います。


良い格好より、安心のフローリングを選びました。

私のフローリング娘は、ここで仕上がって嫁に行きます。

手間暇かけるから納得できる物になると私は思っています。



コメント

無垢、床暖房対応、オイル塗装 これ以上のフローリングはありません

2017年10月07日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルプルインク

昨日今日と雨模様、明日は運動会だというのにグラウンドは大丈夫なんだろうか

フローリング娘は雨でも大阪空港近くの住宅新築工事現場に嫁ぎました。



阪急伊丹駅前に行くのは2回目ですが、やっぱり阪急沿線は街並みが整って綺麗です。

現場で挨拶終えると、工務店の社長さんが職人さんに「荷下ろし」を命じました。
よく言うのですが、関西圏ではとても珍しい事です。
職人さんの仕事がし易い場所に降ろす、工事部外者の私を早く現場内から出てもらう
関東では当たり前の事の様ですが、関西はそのようなルールがないみたいです。

ほとんどのフローリング販売業者は運送業者さんに現場納品を依頼します。
私もそうすれば良いのですが、お客さんや職人さんに会う機会が無いので
極力現場納品は自分で行うようにしています。
でも、山形県4現場、北海道2現場、福島県2現場、岩手県2現場、沖縄県1現場、福岡県2現場
熊本県2現場、まだあったなあ・・・・自分で行けず西濃運輸さんにお願いしました。
ごめんなさい


今回嫁入りしたフローリング娘は
アッシュ130Sサーモフローリング/塗装仕上げ
サイズ/ランダム×15mm×130mm
形状/ランダム、無節、床暖房対応サーモ処理
下地塗装/BonaDriFast アンティークブラウン
仕上げ塗装/オスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し
入り数/1ケース、1.62m2







コメント

新色グレー系の紹介/オスモカラー塗装フローリング

2017年10月05日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク
オスモカラーの新色が出たのが年明けで、今頃ですが新色塗装仕上げフローリングの紹介します。
ブラウン系のフローリングがほとんどですが、今年の春以降「淡いグレー系」に人気が集まり
問い合わせが多くなっていました。

今まであったグレー系はウッドワックス#3191アンチックファー
ワンコートオンリー#1212シルバーポプラ、カントリーカラー#2704ダスクグレーの3種類でしたが
年明けにでた新色7色
フロアーカラー#3067ライトグレー
ウッドワックス#3118グラナイトグレー
ウッドワックス#3119シルクグレー
オパーク#3132グレーベージュ
カントリーカラー#2708ペプルグレー
カントリーカラー#2735ライトグレー
カントリーカラー#2742トラフックグレー
全部グレー系です (外部用は含まず)

きになる2色のサンプルを作ってみました。

着色塗装/ウッドワックス#3119シルクグレー
仕上げ塗装/フロアークリアーエキスプレス#3362艶消し
左→右 2枚無づつ
かば90N、なら90N、くり90N


着色塗装/フロアーカラー#3067ライトグレー
仕上げ塗装/フロアークリアーエキスプレス#3362艶消し
左→右 2枚無づつ
かば90N、くり90N、なら90N

あんまり色が濃いと美しく無いから、難しいな・・・・




コメント

万人受けしなくて良いです。オスモカラー塗装フローリング

2017年10月03日 | 日々の話
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

知り合いの設計士さんが近くまで来たという事で、私の事業所に寄ってくれました。
その方は分譲を行なっている不動産会社の依頼で住宅の設計を行っておられ
結構仕事があるようみたいですが、私のフローリングは採用してくれた事がありません
「一度くらい図面に書いてよ」と言ったところ「岡角さんのフローリングは高いの?」と
なんか変な問いかけになったのです。
 (普通は「安いの?」って聞くでしょ、それに高いか安いかはお客さんの判断だし
皆さん喜んでくれているから安いんじゃ無いのかな)

まあ、私の答えも
「その辺で売っている出来合いの既製品に比べたら高いよ、
一件ずつ対応して塗装を仕上げているんだから満足度が違うからね
一緒にしたらアカンよ・・・・」

やっぱり採用してもらえそうに無いと気づきました。
新建材フロアーは万人受けして扱い易い商品ですが、
アルブルインクを選んで頂ける方だけに喜んで頂けます様に努力しています。


ついでに、材を1枚つづ確認しながら塗装仕上げを施しているフローリング屋は
私ぐらいしか居ないと思います。(塗装だけしている業者さんは居ますけど)

コメント

他社と違います/DEESAWATヘリンボーンフローリング

2017年10月03日 | DEESAWAT
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

週に2〜3件必ずヘリンボーンフローリングへの問い合わせがあります。
ほぼお施主さんからの問い合わせで、インターネットを駆使して情報を集めまくっている様です。

どこのフローリング販売サイトを見ても、ほとんど同じ物しか見つけられず
グルグル探してアルブルインクにたどり着く様ですね。

■画像説明
左/アルブルインクが扱っているDEESAWAT社のヘリンボーンフローリング
右/どこでも扱っている中国製の汎用ヘリンボーンフローリング(1枚づつバラバラ)

一目瞭然、アルブルインクのヘリンボーンフローリングは左右14枚で1組になり
合板下地でもコンクリート下地でも施工できる様に裏面加工を変えています。
釘を使わない接着施工なので施工時間の大幅短縮と
組み上げているので施工コスト削減を行えます。


■画像説明
左/カジュアルな空間にマッチするホワイトオーク
右/品と格があるミャンマーチーク
仕上げは無塗装、オイル塗装、オスモカラー塗装、ラッカー塗装、ポリウレタン塗装

在庫はしていません、仕上げ、加工、数量、現場所在地をお聞きしてから概算見積書を作成します。












コメント

波音とフローリング娘

2017年10月01日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

29日の金曜日は快晴で納品日和です。

今日の納品は三重県熊野市という事で楽しみにしていました。
お施主さんは、以前に大阪の建築会社にお勤めされていましたが
(その事務所にもフローリング娘を採用頂いていました)
故郷の熊野市にもどられ、新たに建築業を行われるにあたり
事務所兼ご自宅にフローリング娘を採用頂いたのです。

現場の前は太平洋、雲ひとつ無い好天で気分は上々です。


ここ数ヶ月、浜がある海が見たかったので水際までいきました。
砂浜では無く、丸い石ばかりでしたがとても美しく
心が洗われた気がしました。

大小6個色違いをひらって持ち帰りました。

事務所兼ご自宅は広い道路に面し、その向こうは太平洋と
素晴らしい景色です。


近々に納品でこれる事をたのしみにしています。





コメント