オスモカラー塗装仕上げフローリング、滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングやペットに優しいフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


お気に入りのソファー

2010年11月30日 | 日々の話
撮影が終わり、吹田のスタジオより自宅に連れて帰ります。


喜多俊之さんプロディースソファーのプロトタイブなので
私が持っている事がおかしいのかもしれません。

とっても綺麗なラインで太いミャンマーチークがボイントになり
私はとっても気に入っています。


製造はDEESAWAT

無垢フローリングとDEESAWATモザイクフローリングの事ならアルブルインク


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


コメント

完成現場見学会

2010年11月29日 | 納品現場
11月27/28日で有限会社大治工務店様の現場見学会に寄せて頂きました。
設計されたのはモダンな和風建築を得意とされる木村敏建築設計事務所様です。

アルブルインクは「くりランダムフローリングのオスモカラー塗装仕上」と
「ならナチュラルフローリングオスモカラー塗装仕上」を納品させて頂きました。

滋賀県産の杉・檜を構造に使い、内部造作は適材適所をしっかり押さえ美しく纏まっていました。


既製品はシステムキッチンとシステムバスルームのみで、後は全て職人さんの技術の見せ所、
大治工務店様は自社工場で構造材の刻み加工から造作材の仕上加工まで全て行われています。
メーカーの既成品を当然のように使う技術の無い業者さんが主流になる中、派手さは無いが
何時の時代にでも通用する住い作り実践されている工務店様だと思います。

無垢フローリングの事ならアルブルインク


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
コメント

タイ語のステッカー発売中

2010年11月26日 | 日々の話


6枚1組 送料込みで600円で発売しています。
めったに見ないですよタイ語のステッカー!!
意味は見たらわかりますね。

詳しくはアルブルインクのショップサイトまで

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
コメント (2)

メディア紹介「I'm home49」

2010年11月25日 | 営業報告


11月17日発売のI'm home no49
LIGHTS IN PLAY 柔らかな曲線と光が情緒的なシーンを生む
F邸 滋賀県大津市 
設計 フォルム木村浩一建築研究所


インドネシアTEKA社のオークスモークストライプフローリング。
多くの現場にて採用頂きましたが、輸入して頂いていた名古屋木材様が今後輸入業務を
行わないと言う事になり事実上最後の現場となってしまいました。
その後、TEKA社と直接コンタクトを取りアルブルインクで輸入を試みましたがロットと金額が
折り合わず断念した次第です。

設計データには何故かアルブルインクが表されていません。 

アルブルインク



コメント

ファニチャーショールーム DEESAWAT

2010年11月25日 | 日々の話
アルブルインクがエージェントを行っていますDEESAWAT社スクムビットショールームを紹介します。
バンコクに行かれた方ならご存知だと思います「エンポリアムビル」がある、ソイ24通りに面しています。

400平米の大きなショールームにヨーロッパを中心に営業展開されている魅力あるガーデンファニチャーが展示しています。


日本のインテリアショーでも展示したファニチャーもあります。

日本国内で取り扱われているインテリアショップは東京にはあります。
アルブルインクはフローリングの取り引きがメインですが、当然ファニチャーも扱えます。
英語版になりますが美しいカタログを用意していますので、ご興味お持ち頂いた方は
遠慮無く問い合わせ下さい対応させて頂きます。

アルブルインク
DEESAWAT


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


コメント

タイ文字ステッカー購入

2010年11月23日 | 日々の話
ずっと探していたのです。

タイ文字のステッカーをいぜんチャトゥチャッマーケットで偶然見つけた時は何故か1枚しか購入しませんでした。
その後、何処へ行ってもステッカーは見る事がなく今回は販売場所を事前に調べて行きました。
調べると行っても住所なんて解らないし店の名前も電話番号なんて知る余地もありません。
「何処何処の近くに売っていた」と言うだけの情報のみですが実際に行ってみるとステッカー問屋が存在したのです。

店自体はとても小さいのですが、中に入るといたるどころ棚があり、ステッカーがあるある
当然ですねステッカー問屋さんだから。車関係が多く、なにがなんだか解らない。

当然価格も解らないし、誰か店の人かも解りません。まず手前に合った、なんとなく意味のわかるのを買ってみました。

たぶん、トイレなどの男女表示だと思います。

お店の開店の印だと思います。

スイッチを押せだと思います。

撮影禁止だと思います。

近寄るなだと思います。

1パック10枚入り 帰国してから、もっと買っておけば良かった・・・・次回はたくさん購入して、販売をしてみます。

アルブルインクはバンコクのDEESAWAT社の商品を扱っています。



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト




コメント

皆から友達と言われています。バンコク編

2010年11月21日 | 日々の話
もう4年間ほど、訪タイの度毎日行っているソイ33にある「雪月花」
ここ数年感じていたんだけど、私はお客さん扱いされていません。
今夜なんて、私のテーブルに集まりタイ語で世間話していますし
彼女達の友達(アソークの日本料理店で働いている)がやってきて
これまた私のテーブルに座り、なんやかんやとタイ語で話していました。


戻りましたら新製品を紹介しますアルブルインク



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

コメント

モザイクフローリングのニュースタイル

2010年11月16日 | フローリング系
モザイクフローリングはヨーロッバにおいて不動の床材です。

ヘリンボーンやフィンガーブロックはクラシカルな雰囲気ですが
今回は全く新しいモダンなモザイクフローリングを紹介致します。


ホワイトオーク、チークウッド、ローズウッド、タイチェリー等を並べ、
敷き詰めると今まで無かった杢目の美しいモダンな雰囲気を出してくれます。

シンプルな壁と天井の組み合わせて、世界の銘木を楽しむ事ができます。

しかし、狭い日本の住宅では使いにくいかもしれませんね・・・・

人がたくさん集まる広めのパーティースペース等では杢柄が引き立つ様な気がします。

製造DEESAWAT
輸入販売アルブルインク

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
コメント

魅力あふれるヘリンボーンフローリング。

2010年11月15日 | フローリング系
最近は滅多に見なくなったヘリンボーンフローリングですが
「わくわくする空間」や「落ち着いた空間」に必ず使われています。

このヘリンボーンフローリングを敷き詰めると、
小手先だけの演出やアクセントは不必要だと思います。


ミャンマーチークを採用する事で高級感が増し、
まるでホテルやブティックにいる様な雰囲気を感じられます。

ミャンマーチークはとっても高級木材ですが
アルブルインクがお勧めするこのフローリングは
当社が直接メーカーより輸入することにより
とってもお手頃な価格になりました。


新築やマンションのリノベーションをお考えの方
一度チークのヘリンボーンフローリングの採用を考えて下さい。


アルブルインクではミャンマーチークの他にホワイトオークや
アンティーク調のヘリンボーンフローリングを用意しています。

製造元DEESAWAT

輸入販売アルブルインク


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


コメント

エイジング処理を施したアンティークフローリング

2010年11月10日 | フローリング系
エイジング処理を施した無垢フローリングを紹介致します。

アンティーク風と言えば、濃い着色やキズを想像しますが
この度、発売開始しましたエイジング処理フローリングは
自然な風合いを表現する事に重点を置き、無塗装仕上としました。

本来木の持つ長所はしっかり守り、欠点は上手く見せる事で
素晴らしい木質内装建材になりました。


かばナチュラルアンティークフローリング
東北かば無塗装フローリングのエイジング処理加工 
節や色違いが上手くアンティーク感を引き出しています。

たもアンティークフローリング
たも無塗装フローリングのエイジング処理加工
力強い杢目が引きだっています。


共に無塗装仕上で使用できますが、オスモカラーフロアークリアーラピットで
塗装をすれば更に耐久性が増し、いつまでも美しさ保つ事ができます。
目地は本来の色になります、ご注意下さい。

「自然な風合いのアンティークフローリング」の事ならアルブルインク

ご興味を御持ち頂きましたら、ご気軽に連絡下さい。


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト









コメント

若夫婦が叶えた29坪の平屋住宅

2010年11月08日 | 納品現場
いつもお世話になっていますフォルム木村浩一建築研究所様の
完成見学会が11月6.7日 滋賀県長浜市にて行われました。

いつも通り木村さんのプランはワクワクさせてもらえます。
この住宅は国道に面しているのですが騒音を抑え、かつ採光はしっかり取っていました。
まるで外国のリゾート地の住宅の様な室内構成は滋賀県の湖北だと言う事を感じさせません。

設計事務所管理だと非常に高価な住宅だと思われますが、
木村さんは30歳代の施主様でも無理なく建てられる
カッコイイ住宅建築を主に設計されています。


アルブルインクは木村さんのコンセプトに合った
フローリングを制作し納品致しました(米松幅広節付)

フォルム木村浩一建築研究所様 
木村さんが最近手がけた物件を紹介している外国のメディア
arch daily
dezeen

無垢フローリングの事ならアルブルインク


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

コメント

チークフローリング モザイク編

2010年11月03日 | フローリング系
チークフローリングの素晴らしさを知って欲しいです。
ルートさえ間違わなかったらミャンマーチークのフローリングは
採用していたたせける商材なのです。

なにより本物のミャンマーチークを一度見てしまったら絶対欲しくなります。

どうです、トラディショナルな質感。

ちょっと手の込んだモザイク柄でしょ。

6角型がとてもお洒落な雰囲気ですね。

これぞモザイクです。

この素晴らしいミャンマーチークフローリングはDEESAWAT社の製品です。

DEESAWATモザイクフローリングの事ならアルブルインク


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



コメント