オスモカラー塗装仕上げフローリング、滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングやペットに優しいフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


貴方のだけのフローリング

2010年01月30日 | フローリング系

乾燥機から出てきました新企画のフローリング、詳細はまだ内緒。

設計士さんとのコラボで現実化しました、このフローリングは
「カッコよくてハイセンスな空間」を演出してくれるはずです。
住宅完成は3月中頃、その時はまた画像を掲載致します。

アルブルインクなら無垢フローリングが思いのまま。
コメント

足裏が気持ちいい「杉フローリング」

2010年01月26日 | フローリング系


山の息吹を感じられる
フローリングが仲間入りしました。

徳島県の杉はなぜか「甘い香り」がするのです。


ボリュームたっぷりな厚み30ミリで
自然をしっかり感じる事ができます。

徳島杉フローリング30-180
サイズは4000×30×180(ミリ) 節付

販売価格はいつもリーズナブル


無垢フローリングはアルブルインク
コメント

ならワイドの紹介

2010年01月23日 | フローリング系

90ミリ幅のフローリングが市場を占めていますが
今回紹介するフローリングは150ミリの幅があり
塗装は艶有りと艶無しの2パターンを用意しています。
(上=艶消し 下=艶あり 共にオスモカラー)

産地・加工は北海道で塗装仕上げはアルブルインクですから
純粋な国内産となります。

少し広い目の陽がよく入り込むリビングルームに
採用頂けますと「ならワイド」の質の良さが十分に
発揮でき、いつまでも高品質な時間を過ごさせて暮れます。

価格は90ミリに比べ少し割高ですが、満足度と比べる事は出来ません。


高品質なフローリングの事ならアルブルインク



コメント

サンプル作成中

2010年01月22日 | 日々の話


もう14年位前からオスモカラーを使って頂いています滋賀県守山市の
有限会社ノリアキ工房さんの依頼でパイン壁材のサンプル着色を行ってる最中です。

ノリアキ工房さんは、不景気な時代でもしっかりお客様を捕まえて
確実に満足を与え続けておられます。
私は見習う事がたくさんあり、師と仰いでいます。

オスモカラーの事ならアルブルインク




コメント

やっぱりカッコいい

2010年01月21日 | 日々の話

プジョー406に乗って1年と4ヶ月
まったくフランス車に興味が無かったのに
今ではすっかり「ねこ足」のファンになりました。

仕事で使うからブレークなんですが
本当はクーペが欲しかったんだ。

こんなスタイリッシュなデザインは国産じゃ無理
クーペ欲しいけど、当面車は我慢。

いつもお世話になっているハシナガさんにて


カッコいい木材を扱っていますアルブルインク



コメント

カナダ檜の香り

2010年01月21日 | 木材系

カナダ檜の別挽きはアルブルインクの得意科目です。

少量の注文でしたので、愛車プジョー406ブレークに
押し込んで帰ってきました。

いくら少量とは言え、車内にすれば満室
当然ですが「カナダ檜臭充満」
過ぎたる及ばざるが如しで少し窓を開けました。

今回も美しすぎるカナダ檜は佐藤木材さん。


オスモカラー塗装フローリングとカナダ檜はアルブルインク
コメント

新製品

2010年01月18日 | 日々の話


ギョーザ+ビール
カレー+ライス
551豚まん+カラシウスターソース
キツネうどん+かやくご飯

旨い組み合わせは数ありますが

今回は「チョコレート」+「ビール」
共に大好きですが
これはどうも・・・・・・

残さず飲み干しました

サッポロ 
ショコラブルワリー
ビター テイスト

ビールとフローリングはアルブルインク
コメント

あかまつフローリング新色発表

2010年01月14日 | フローリング系


ロシア産あかまつフローリングにオスモカラーで着色してみました。
カジュアルなリビングルームや陽が良くはいる子供部屋に最適!

長尺フローリングの着色は難しいですが、こんなにカッコよく
なるなら苦労の甲斐があります。

もちろん着色後にフロアークリアーラピッド塗装でしっかり保護しています。


フローリングの事ならアルブルインク







コメント

くりのニューフェイス

2010年01月12日 | フローリング系


アルブルインク一番人気フローリングの「くり」に新顔が出てきました。

よくみると節があり表面がエンボス加工になり
床に敷き詰めるとアンティークな空間を演出します。

表面塗装はUVですが、皆様に喜んで頂けると思います。

価格はとびきりリーズナブルな「くりアンティークフローリング」


無垢フローリングの事ならアルブルインク
コメント

くりフローリングお色直し

2010年01月09日 | フローリング系

昨年から試行錯誤していた「くりフローリング着色仕上げ」が
ほぼ完成しました。
塗料は当然オスモカラーですが、ウッドワックス、ワンコートオンリー、
カントリーカラー、オパークと「くり」との相性もあるし
塗装行程、乾燥時間、諸条件を満たした物を使いました。

色は左からホワイト、グレー、ブラウン、ブラック
あとベージュ、グリーンを予定しています。

当初はホワイトに注目していましたが、出来上がると
グレーがなかなか良い感触になっています。

価格は未定ですが、ほぼ据え置きになると思います。

手間をかけると良いものが仕上がります。

最近、価格を下げる為に下塗り一回だけで済ます業者さんが
おられるようです。
なぜ、二回塗りが大切かを知ってほしいです。



無垢フローリングの事ならアルブルインク




コメント

中国の杉も良い物だ

2010年01月04日 | フローリング系


昨年12月にいっきに40坪程お買い上げ頂きました「柳杉節付フローリング」です。
内地杉の種を中国にて育成させ製品化した物で、若干赤みが薄いのと年輪が浅い程度で
見た目は区別がつきません。。杉は雪が積もる地方が良いとされていますが、
そんなマニアな事は言わないで、手軽に気軽に無垢の内装建材を利用してほしいものです。

価格は、かなり手頃です。

無垢フローリングの事ならアルブルインク
コメント